5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小林一三,今西林三郎,金森又一郎,大塚惟明,太田光熈

1 :名無しでGO!:03/05/21 16:22 ID:al7FVSQ0
これら関西大手私鉄の基礎をつくった創業者たちについて語ろう。

小林一三(阪神急行電鉄(現阪急電鉄)第3代社長 1927〜34)
今西林三郎(阪神電気鉄道専務:事実上第3代社長 1907〜17)
金森又一郎(大阪電気軌道(現近畿日本鉄道)第4代社長 1927〜37)
大塚惟明(南海鉄道(現南海電鉄)第4・6代社長 1910〜17,23〜24)
太田光熈(京阪電気鉄道第4代社長 1925〜36)

2 :名無しでGO!:03/05/21 16:23 ID:H++rxx/A
早見優で2ゲット

3 :名無しでGO!:03/05/21 16:47 ID:RfjgL7wZ
小林一3ゲット

4 :名無しでGO!:03/05/21 19:56 ID:wERSuNu7
井内彦四郎(関西急行電鉄代表取締役)はだめですか?

5 :名無しでGO!:03/05/21 19:59 ID:ysXFZpol
1の客を獲得しました。どうもありがとさん。
南谷昌二郎でした。

6 :名無しでGO!:03/05/21 21:21 ID:hSPN/yW8
>>4
『東への鉄路 近鉄創世記』(木本正次著)を読まれましたね。

7 :名無しでGO!:03/05/22 02:14 ID:/699L0Rq
小林一三(こばやしいちぞう)1873〜1957
明治6年山梨県に生まれ、明治25年に慶應義塾大学を卒業後、三井銀行入行。
三井銀行の上司の岩下清周(箕面有馬電気軌道初代社長)の薦めにより阪鶴
鉄道の監査役となり鉄道業界に足を踏み入れる。その後、阪鶴鉄道は国有化
され、箕面有馬電気軌道(のちの阪急電鉄)の創立発起人として名前を連ねる。
明治40年専務取締役に就任。梅田−宝塚と石橋−箕面間を開通させた後も旅客
誘致に取り組み、沿線の池田に大規模な分譲住宅地を販売した他、娯楽施設
「宝塚新温泉」を開園、同温泉の娯楽サービスの一貫として現在の宝塚歌劇の
前身である「宝塚唱歌隊」を結成させた。大正6年には灘循環電気軌道の特許を
譲受し、念願の神戸に進出。これが現在の阪急神戸線となった。これを機に社名
も「阪神急行電鉄」と改め(大正7年)、昭和2年には平賀敏社長の後を受けて
第3代社長に就任。昭和4年には日本初のターミナルデパートを梅田に開設し
(現在の阪急百貨店梅田本店)、その最上階に設けた食堂のライスカレーは大好
評だった。この創業期における多角的経営手法はその後全国各地の私鉄経営の
モデルとなった。
●参考文献
「逸翁自叙伝 青春阪急を語る」 小林一三
「わが小林一三 清く正しく美しく」 阪田寛夫
「阪神急行電鉄25年史」      阪神急行電鉄

8 :名無しでGO!:03/05/22 02:15 ID:/699L0Rq
今西林三郎(いまにしりんざぶろう) 1852〜1924
嘉永5年愛媛県に生まれ、のちに上京して三菱商業学校を卒業後実業家として
海運業、石炭業に従事する。やがて重化学工業の進展に伴い阪神間が発展す
ることを見越して、大阪−神戸間を結ぶ鉄道の計画を推進し、阪神電気鉄道説立
の発起人の一人として名を連ねる。明治38年に阪神電気鉄道が開業、大阪神戸
を結ぶ高速電気鉄道の先駆けとなる。その後、同社専務取締役に就任、外山脩造
初代社長退任後、空席となっていた社長に代わり代表権を継承する。その間、旅客
収入を増加を図るために小冊子「市外居住のすすめ」を発行し、沿線各地に賃貸住
宅を建設する。一方、灘循環軌道を巡り小林率いる阪神急行争うが敗北、阪急の神
戸進出を余儀なくさせるが、北大阪電気軌道を設立させ天神橋に進出しのちの阪神
国道線の基礎をつくる。また、それまで豊中で行われてきた全国中等学校野球大会
を沿線の鳴尾に誘致に成功し、これが甲子園球場のルーツとなった。この時始まった
阪神と阪急のサービス合戦は今でも語り草となる。
●参考文献
「阪神電気鉄道八十年史」 阪神電気鉄道

9 :名無しでGO!:03/05/22 02:15 ID:/699L0Rq
太田光熈(おおたみつひろ) 1874〜1939
明治7年山口県で生まれる。31年に東京帝国大学を卒業後逓信省鉄道局に入省するが
京阪創業のひとりである渡辺嘉一専務(のち会長)の誘いにより京阪電気鉄道に総務課
長として入社する。その後、出世街道を進み大正6年に第4代社長に就任。日本初の色
灯三位式自動閉塞信号機を導入したのも彼であった。また、京阪間を越え各地に雄飛を
試み京津電気鉄道(現在の京津線)を併合し滋賀県に進出したほか、和歌山軌道線をも
手中に収めた。その最たるものが淀川右岸を走る新京阪線(現阪急京都線)の建設であ
った。この路線に関してはゆくゆくは名古屋までの延伸を計画していたそうである。
しかし、奈良電気鉄道および東大阪電鉄を巡る5大私鉄疑獄事件にも巻き込まれ、多額
の負債を抱えることとなりその計画も頓挫する。その一方で旅客誘致策として枚方駅(現
枚方公園)で菊人形展を開催したり、公共性の高い施設である学校を沿線に誘致したり
するなど特色のある沿線開発を行う。
●参考文献
鉄道ピクトリアル No.695 「【特集】京阪電気鉄道」
「鉄路50年」        京阪電気鉄道
「京阪七十年のあゆみ」 京阪電気鉄道

10 :名無しでGO!:03/05/22 02:16 ID:/699L0Rq
金森又一郎(かなもりまたいちろう) 1873〜1937
明治6年大阪市に生まれ、小学校中退後大阪府に出仕するが後に退庁し実業界入りする。
府庁時代の上司だった七里清介の誘いにより大阪電気軌道の設立発起人に名を連ねる。
明治43年に大阪電気軌道(以下大軌)が発足、同社取締役兼支配人に就く。難関であった
生駒トンネルの開通にも尽力し、大正3年の上本町−奈良間の開通にこぎつけた。
生駒トンネルは工費がかさみ、一時は会社存続の危機に苛まれたが、そのときの逸話として
金森支配人が生駒宝山寺で賽銭を借りて社員の給料を確保したという話は今でも語り草である。
その後、片岡直輝(南海鉄道や大阪瓦斯社長を歴任)や大林芳五郎(大林組社長)の援助など
により、経営は軌道にのり、大軌は転じて積極策に乗り出す。昭和2年第4代社長に就任してか
ら半年後、子会社、参宮急行電鉄を設立し伊勢方面への進出に乗り出す。参急は同社支配人
井内彦四郎(のち参急専務取締役)の尽力もあり伊勢電鉄を併合、関西急行電鉄の設立により
名古屋へ進出した。彼こそ現在の「近鉄帝国」の基礎をつくった社長であったと言えよう。
●参考文献
鉄道ピクトリアル No.727 「【特集】近畿日本鉄道」
「東への鉄路 近鉄創世紀」  木本正次
「80年のあゆみ」      近畿日本鉄道

11 :名無しでGO!:03/05/22 02:16 ID:/699L0Rq
大塚惟明(おおつかこれあき) 1864〜1928
元治元年に熊本県に生まれ、東京帝国大学を卒業後逓信省鉄道局に入省する。
その後、山陽鉄道、讃岐鉄道に転じ、阪堺鉄道(後の南海鉄道 現南海電鉄)に
入社。讃岐鉄道時代は女性列車給仕を採用するなど斬新なアイデアを展開し、
「旅客吸収策の天才」とまで謳われた。そのアイデアを活かし、それまで非電化
だった南海鉄道の難波−和歌山市間の電化複線化工事を推し進め、明治44年
には完成、当時としては最も長距離の電化工事を完成させた。また南海にとって
悩みの種だった競合区間を走っていた阪堺電気軌道を併合し、同一地域内にお
ける競争状態を解消させた。鉄道事業以外でも浜寺海岸を整備し海水浴場を開
設したり旅客誘致を図った。明治43年以来5年にわたって社長の座にあったが、
その席をかつてのライバルだった片岡直輝(元阪堺電気鉄道社長、南海に移って
からは専務取締役)に一度譲るが、8年後の大正13年に再び社長の座に返り咲く。
彼もさまざまなアイデアによって南海を発展させた社長であった。
●参考文献
「南海電気鉄道百年史」 南海電気鉄道
「阪堺百年」        阪堺電気軌道

12 :名無しでGO!:03/05/22 17:42 ID:OZ2MBslt
age

13 :名無しでGO!:03/05/23 12:22 ID:7XMGbsPD
>>5
南谷って何や?

14 :名無しでGO!:03/05/23 17:52 ID:/vk+SzN2
JR酉社長
このスレに出る資格は無い。

15 :名無しでGO!:03/05/23 19:39 ID:4PBCVO0X
>>14
南谷は会長


16 :名無しでGO!:03/05/23 19:58 ID:7KM31BFd
スマソ
逝ってくる

17 :名無しでGO!:03/05/23 20:41 ID:eSBO1HJS
小林一三以降の阪急の社長の名前を教えれ。

18 :名無しでCO!:03/05/23 22:15 ID:pF4Usqve
>>1
関西系鉄道会社功労者スレは立てて欲しかった。お疲れ。
それにしてもこの人たち地元関西出身の人が少ないなぁと

>>17
百三と不公平しか知らんなぁ

19 :名無しでGO!:03/05/23 22:51 ID:4PBCVO0X
昔から近鉄は三菱とのつながりが強いね。
でもなぜ関西で三菱なんだろうか?

阪急と南海は三和系だし

京阪と阪神は住友??

関西の企業って三和と住友系列が多いのに

20 :名無しでGO!:03/05/23 22:53 ID:dUIgCRQD
>19
電気部品の供給の関係。

21 :名無しでGO!:03/05/23 23:14 ID:rlwkory6
>>18
岩下→平賀→一三→上田寧→佐藤→太田垣→米三・・・柴谷→公平→菅井→大橋

ここまでは知っとる。
・・・の部分がようわからん。

22 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/05/23 23:39 ID:TYPJg4Jq
>>17
1927年に小林一三が就任し、1934年まで在任。
小林退任後、暫く社長は空席だったが、1936年に副社長だった上田寧が昇格し、
1ヶ月後、小林一三が後任に選んでいた佐藤博夫にバトンタッチさせる。
1946年、追放令を前に佐藤は辞任し、再び小林の眼鏡にかなった太田垣士郎が
就任。
1951年、太田垣は乞われて関西電力の社長に就任し、後任は、これまた生え抜き
の和田薫が就任。
1959年に、小林一三の三男、小林米三が就任したが、1969年に急逝。
急遽、生え抜きの森薫が就任。
1978年に、柴谷貞雄に交代。
1987年には、小林米三の女婿である小林公平が社長に就任。
1993年に菅井基裕にバトンタッチ。
1999年から大橋太朗となり、バブルの後始末を付けて、大幅な赤字の
責任を取って退任。
今年から角和夫となるらしい。

23 :名無しでGO!:03/05/23 23:56 ID:uRv2fry7
>>22
なるほど、米三さんと柴谷さんの間にはひとりしかいなかったんですね。
社史で調べたんですけど50周年までのしかなくてね・・・
どうも有難うございました。

24 :名無しでGO!:03/05/24 00:00 ID:LjFfIvFR
>>22
ちなみにその森薫氏とは確か北大阪急行電鉄の初代社長をされた方ですよね?

連続カキコすまそ

25 :名無しでGO!:03/05/24 11:03 ID:q+B2goTN
>>8
北大阪電気軌道、北大阪電鉄,それに北大阪急行電鉄とどういうわけか似たような
名前が出てくるな。

26 :名無しでGO!:03/05/24 14:51 ID:VHRC9K0B
●北大阪電気軌道(明治43年10月1日創立)
明治44年1月に阪神電気鉄道に吸収される。 阪神北大阪線(野田阪神−天六)
阪神国道線(野田阪神−上甲子園)とともに昭和50年5月5日廃線。

●北大阪電気鉄道(大正7年11月24日創立)
現阪急千里線。
昭和3年3月1日、京阪電気鉄道に吸収。
昭和18年 阪神急行電鉄と京阪が合併。
京阪分離後、新京阪とともに阪急に残る。

●北大阪急行電鉄(昭和42年12月11日創立)
江坂−千里中央間、昭和45年2月24日開業。
大阪市営御堂筋線に乗り入れ。
阪急系。

27 :名無しでGO!:03/05/24 21:28 ID:ySeOSe8Q
age

28 :名無しでGO!:03/05/25 00:24 ID:Rg4p4VQ9
>>26
北大阪電鉄と北大阪急行電鉄はどちらも阪急が絡むのは面白いな。
しかもどちらも千里地区に大いに関係深いし。

29 :名無しでGO!:03/05/25 00:32 ID:+Img+Fd/
>>26
北大阪の車両が信貴生駒電鉄に譲渡されてたわな。あと同線の使用車両の製造元は阪急の池田工場だったらしい。

ちょうどこの頃は京阪のバブル的経営政策であちらこちらの事業を買収拡大していた時期だね。

30 :名無しでGO!:03/05/25 10:35 ID:LRXaNjko
北大阪電鉄は一時京阪土地という会社になっていたわな。

31 :名無しでGO!:03/05/25 13:09 ID:Ktswc/OG
京阪電鉄和歌山市内線とかあったね。

32 :名無しでGO!:03/05/25 13:54 ID:YcvTWBdg
>>31
太田社長時代の話だね。
その後和歌山軌道線は和歌山水力電気、合同電気、和歌山電気軌道と数奇な運命を
辿り南海電鉄の傘下に入り、昭和46年に廃止。しかしそれにしても何で京阪があんな
ところに路線をもっていたんだろうね。

33 :名無しでGO!:03/05/25 19:12 ID:hXDFAdA5
>>32
電力事業や副業の拡大が関係あったと思われる

34 :名無しでGO!:03/05/25 21:11 ID:6p8tmqiz
age

35 :名無しでCO! :03/05/25 21:57 ID:2i+om+iw
何か昔京阪っていろいろ手出しまくってたんだな
まあここで損してたからこそバブルでひどい目見なくて済んだし
まさに塞翁が馬ってやつですな

36 :名無しでGO!:03/05/25 22:01 ID:nuqKLYZ1
>>35
その辺に関してはピクトリアルの京阪特集に詳しい記事があったはず。
結局、太田社長時代の拡張主義が裏目にでて、ドル箱路線といわれた新京阪を阪急にとられた。

37 :名無しでGO!:03/05/25 23:12 ID:1Sahkxvu
>>36
はっきり言って新京阪線はドル箱路線には程遠い経営状況だったよ、創業当初から。
子会社でスタートさせたものの惨憺たる経営状況の為親会社に合併(似たパターソは千葉急→京成?)されたぐらいだから。
で後に京阪・阪急合併するもお上の強制的な推奨に折れただけで必然性はなかった。
>新京阪を阪急に盗られた
国鉄と競合する関係上、淀川東岸の本線を重点的に設備投資したい京阪は新京阪線を阪急に渡した方が得策と考えていたみたい。
また新京阪線は路線単体で見ると大幅な不採算路線だったので、とばっちりで本線系の経営状況も悪化させかねんとの判断で旧京阪系の幹部から分割を提唱した訳。
実際に「儲かる路線」になるのは昭和39年以後の高度成長期からだから>京都線

某掲示板で「阪急は泥棒」というタイトルには笑ったなぁ(w

38 :名無しでGO!:03/05/26 00:25 ID:d0TS8nm7
>>37
新京阪の分離は組合の行動などが影響したと何かで読んだような気がする。
本当の理由が良くわからないが、線路がつながっているのは大きいと思う。


39 :名無しでGO!:03/05/26 00:45 ID:XESWQBc9
近鉄・南海の分離のときは綺麗にもとのまま分離したのに対し、阪急・京阪の
分離は今でも何か不可解な部分ってあるよね。前者が昭和22年という戦後、
結構早い時期の分離だったのに対し後者は昭和24年まで一緒だったのだからね。
場合によっては近鉄・南海の分離に際しては同じ狭軌だった旧大鉄の路線が南海
についていってもよかったのにね。

40 :名無しでGO!:03/05/26 00:56 ID:Y+km9aQa
終戦直後の航空写真を見てみるとわかるけど京都線沿線は田畑ばかり。
ドル箱というには程遠い状況だったと思われ。

41 :名無しでGO!:03/05/26 11:05 ID:JRhwUJQz
>>35-40など
これだな。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=rail&key=../dat9/1050043102&ls=55

42 :名無しでGO!:03/05/26 19:15 ID:8JdBg94y
age

43 :名無しでGO!:03/05/27 00:40 ID:UIiknT0m
奈良軌道                                 河陽鉄道
  │                                     │
大阪電気軌道                              河南鉄道
  │                                     │
  │←天理軽便鉄道        参宮急行鉄道         大阪鉄道
  │←生駒鋼索鉄道           │     . 南大阪電鉄→│
  │←城東電気鉄道           │←伊勢電気鉄道    .│
  │←長谷鉄道               │←関西急行電鉄    .│
  │←伊賀電気鉄道←伊賀軌道  .  │←養老電鉄        .│
  │←吉野鉄道                │               │
  │←──────────-───┘               │
  │                                     │
関西急行鉄道←─────────────────────┘
  │
  │←南和電気鉄道 
  │←信貴山急行電鉄
  │←南海鉄道
  │
近畿日本鉄道

44 :名無しでGO!:03/05/27 00:41 ID:UIiknT0m
近畿日本鉄道
  │
  │──(南海鉄道分離)─→南海電気鉄道
  │←奈良電気鉄道
  │←信貴生駒電鉄←──大和鉄道←──田原本鉄道
  │←三重電気鉄道
  │←東大阪生駒電鉄
  │
  ↓                       

45 :ト○×:03/05/27 05:00 ID:4gJFx6iW
>>41
ちょっと見づらいですが、どうぞ。レス番は225あたりですね。
http://www28.tok2.com/home/hokusetsu/2chlog/kyoto09.html

上階層のフォルダは無視してくださいまし...

46 :名無しでGO!:03/05/27 21:58 ID:njO6dc+g
阪神の今西林三郎専務は何で社長にならなかったの?
当時、社長職は空席だったのに。

47 :名無しでGO!:03/05/27 23:48 ID:6EpnV6LW
で、ここにはしRの社長は入れるの?

48 :名無しでGO!:03/05/28 00:32 ID:eoBHlzLK
入れない。それ程の大人物がいない。

49 :名無しでGO!:03/05/28 00:38 ID:xxenaOXy
完全な民間会社になってからどうぞ

50 :名無しでGO!:03/05/28 00:41 ID:7F2K9b/S
申告漏れを「他もやっているやん」と正当化する社長じゃぁね…
その前にJRは歴史がまだ浅いよな。かといって大鉄局等を語るにもいささか(ry

51 ::03/05/28 01:06 ID:yibEroeG
JRファンの方、誠に申し訳ありませんがご遠慮ください。
JRグループに「創業者」と呼ばれるような方がおられるかどうかも疑問に思いますし・・・
但し、現JR路線でも戦前の阪和電気鉄道、阪鶴鉄道などこれら私鉄創業者に関連する
話ならOKだと思いますよ。

52 :名無しでGO!:03/05/28 03:13 ID:FDuGy57v
>>29
その北大阪電鉄の一部車両,愛宕山電鉄を経て京阪にも逝ったな。
確か大津線系統で使われてたと思われ。
最初四宮車庫火災の補充車かと思ってたけど,入線したのは意外と戦前だったらしいね。

53 :山崎渉:03/05/28 08:39 ID:BbSFvh1O
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

54 :名無しでGO!:03/05/28 10:40 ID:jC/g7+CS
JRの創業者は中曽根康弘。

55 :名無しでGO!:03/05/28 14:46 ID:1JKhhFl/
腐れ銀行の経営者どもは阪急の公平さん、菅井さんを見習って退職金を辞退しる!
とくにりそな、お前だよお前。

56 :名無しでGO!:03/05/28 17:02 ID:4KyBheTY
>>55
これだから、ヒキーは困るんだな。

http://www.resona-hd.co.jp/ir/pdf/i_01/150517_1a.pdf

これ見て勉強シル。そして判ったら、回線切って(ry。

57 :名無しでGO!:03/05/28 21:37 ID:ZlghsBts
age

58 :名無しでGO!:03/05/29 21:35 ID:xv9raLJh
「君よ日に新たなれ 鉄路を走り続けた男佐伯勇伝」は「東への鉄路」の続編として読めば面白い。
奈良電の合併を巡る京阪電鉄の村岡社長とのかけひきが非常に興味深かった。

59 :名無しでGO!:03/05/30 21:46 ID:JW0QSN5v


60 :名無しでGO!:03/05/31 16:47 ID:Zfx8SaK3
厨房消防    

61 :名無しでGO!:03/05/31 18:18 ID:8b1pe0xl
>>44
正確にはこう。

近畿日本鉄道                            高野山電気鉄道
  │                                      .│
  │─────────(南海鉄道分離)───────→南海電気鉄道
  │←奈良電気鉄道                            │
  │←信貴生駒電鉄←──大和鉄道←──田原本鉄道.       │
  │←三重電気鉄道                            │
  │←東大阪生駒電鉄.                          .│
  │.                                       │
  ↓.                                       ↓

62 :名無しでGO!:03/06/01 00:18 ID:zQQ+pRlO
ピク増刊号か。

63 :名無しでGO!:03/06/01 01:33 ID:H5/Qyb0S
高野山電気鉄道と高野大師鉄道、大阪高野鉄道とはどう違うのですか?

64 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/01 02:17 ID:IqTSkMqC
>>63
最初は、堺と橋本の間の堺橋鉄道として出願したが、1894年6月に高野鉄道と
して資本金150万円で会社を設立し、1898年に大小路(堺東)〜狭山〜河内長
野を結ぶ。
しかし、南海鉄道に接続するのは種々の状況から出来ず、1900年に道頓堀
(汐見橋)〜堺東を結んで、大阪に直結。
ところが、不況で経営が思わしくなく、長野以南は一旦放棄し、減資を二度に
わたって断行。

1906年に高野登山鉄道を設立し、高野鉄道の事業一切を引き継ぐこととなる。
1910年に漸く、延長申請を提出し、経営権が地元資本の寺田一族から根津
嘉一郎に渡り、根津嘉一郎社長、早川徳次のラインで積極経営を展開。
1915年までに狭山から河内長野を経て、橋本、更に紀ノ川口まで延長。
1915年4月に大阪高野鉄道と社名変更。

65 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/01 02:18 ID:IqTSkMqC
続き。

一方、橋本から高野山への路線早期建設を目指し、1917年9月に高野大師
鉄道を設立し、橋本〜高野山麓の免許を持つ。

1922年、南海鉄道と大阪高野鉄道は合併し、建設中の高野大師鉄道も南海鉄道に
吸収され、1925年までに高野下まで開業。
1925年3月、京阪電鉄から高野下〜高野山への敷設権を譲渡してもらい、高野山
電気鉄道を設立し、1930年に開業。
で、この子会社が戦後まで存続し、南海電気鉄道の母体となる。

66 :名無しでGO!:03/06/01 17:29 ID:9yi89yDq
age

67 :名無しでGO!:03/06/02 22:05 ID:It2/2jx5
大阪堺間鉄道   紀泉鉄道    紀阪鉄道   
   │         .│       .  │
阪堺鉄道        └──┬───┘ 
   │           紀摂鉄道 
   │             │            高野鉄道
   │           南陽鉄道            .│
   │             │              ↓
   │           南海鉄道        高野山登山鉄道
   │             │              │
南海鉄道←───────┘   大阪馬車軌道  .│
   │                     ↓      │
   │←───浪速電気軌道←─大阪電車軌道 . │
   │                             │
   │      阪堺電気軌道              .│
   │          │←───阪南電気軌道   │
   │←──────┘                  ↓                             ↓
   │←────────────────大阪高野鉄道

68 :名無しでGO!:03/06/02 22:05 ID:It2/2jx5
   │←────────────────高野大師鉄道
   │←────────阪和電気鉄道
   │←─────加太電気鉄道←─加太軽便鉄道   関西急行鉄道
   │                                    │
   │─────→国鉄阪和線                    │
   │                                    │
   └─────────────┬───────────┘
                       .↓    和歌山水力電気
 高野山電気鉄道         近畿日本鉄道    │      
     │                 │        ↓
 南海電気鉄道              .│    京阪電気鉄道(和歌山営業所)
     │←──────────-.┤        │
     │                 │        ↓     山東軽便鉄道
     │                 ↓     合同電気      ↓
     │                (近鉄)      .│      山東鉄道
     │                          ↓        ↓
     │←──────────────和歌山電気軌道←和歌山鉄道
     │
     │──────────────→阪堺電気鉄道

69 :名無しでGO!:03/06/03 23:06 ID:yZX4nMMA


70 :名無しでGO!:03/06/05 00:01 ID:sQs2loGB
阪鶴鉄道と阪急ってどういう関係があるの?

71 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/05 01:22 ID:5GR5S0Ut
>70
1891年に開業した尼崎〜伊丹を結ぶ、1067mmの川辺馬車鉄道が起源。
その免許線を一部使って、1893年に宝塚〜池田を結ぶ、762mmの摂津鉄道の営業が好調であった
ことから、関西財界の雄である岩下清周が介入し、1897.2.16にこの鉄道を譲渡してもらい、1067mm
の軌間に改軌して1897.12.27に、池田〜宝塚まで延長したのが阪鶴鉄道。
これは、小刻みに延長し、1904.11.3に尼崎〜福知山に達し、福知山から舞鶴まで、鉄道作業局の路線を
借り入れた。
今も昔も舞鶴は軍港。
で、国策上、これを国が買収して福知山線とした。

買収した資金を元手に、岩下等関西財界の人々が新たな投資先として選んだのもまた鉄道。
大阪〜宝塚及び、石橋〜箕面の路線免許を軌道で取得し、1910年に開業したのが箕面有馬
電気軌道で、1918年に神戸線の免許を取得したのを機会に、阪神急行電鉄と改名。
1920年に神戸線を開通させ、各支線を開業し、京阪を併呑して京阪神急行電鉄となり、1973年に
阪急電鉄となる。

72 :名無しでGO!:03/06/05 17:36 ID:oPSkpMy6
なるほど、福知山線と阪急宝塚線はそういう関係にあったのか。
しかし、現在大阪−(西)舞鶴間の直通列車がないのが何とも寂しい。

73 :名無しでGO!:03/06/07 00:02 ID:028Lyaxm
age

74 :名無しでGO!:03/06/08 10:01 ID:g+sVimV1
小林一三は日比谷に東宝系の映画館群を作る際に、
最寄りの有楽町駅を利用するサラリーマンをターゲットにしたといわれている。

これと同じことは阪急の沿線でもやっていたろう。

75 :名無しでGO!:03/06/08 12:42 ID:GXoYmh3C
東宝って東京宝塚の略称だったんだね。
知らんかった。
ちなみに元テニスプレイヤーの松岡修造って一三翁のだってな。

76 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/08 13:43 ID:0eaSG8nP
>74
スレ違い気味になるけど、郊外に延びる住宅地に住む人々に娯楽を提供するため、
有楽町駅の乗降人数、日比谷から銀座への人の流れから換算して、日比谷交差点を
通る通行人が20万人/日あることを把握し、銀座に近くて丸の内のオフィス街に近い、
日比谷に目を付けた。

一三は、乞われて、1927年に東京電灯の再建に注力するため、取締役に、1933年には、
その社長に就任している。
そして、実業の拠点を東京に置くため、1934年に阪急の社長を辞し、会長に就任したが、
その前の1932年に浅草とは違った、家庭本位の朗らかで明るく清新な娯楽を提供する
アミューズメントセンターを作るため、(株)東京宝塚劇場を設立。
東電の副社長時代に、その東電の日比谷の土地1200坪を購入し、此処を中心とした一円
の土地に、1934年に東京宝塚劇場、日比谷映画劇場を開場、同時に東宝劇団も設立。
1935年に日本劇場を傘下に治め、有楽座を開場、1937年に東宝映画を設立し、その年には
帝国劇場も買収している。
また、1935年には横浜、名古屋、京都に東宝劇場を建設し、東宝劇場チェーンを確立した。

その後、1938年に、山手層の中流サラリーマン階級だけでなく、ブルーカラーとその家族を
対象に、しかも、その家庭は深川、千葉方面に多く点在していたことに目を付け、工場センター
娯楽街として、錦糸町に江東楽天地を設置している。

77 :名無しでGO!:03/06/08 14:22 ID:ZLSRTRWo
>>76
一三さんの三人の息子さんのうち次男の松岡辰朗氏が東宝グループを継ぎ、
三男の米三氏が阪急を継いだみたいだけど長男の人は何をしてた人なの?

78 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/08 14:38 ID:0eaSG8nP
>77
小林一三の長男冨佐雄は、一三の後の東宝社長(1955〜1957)、
東洋製罐社長などをしていたが、病身で1957年、東宝社長在任中に死去。
長女春子はサントリーの創業者鳥井信治郎の長男吉太郎に嫁ぐ。

ちなみに、この前辞めさせられた小林公平は、三菱財閥の金庫番の孫で、
三菱銀行取締役を父に持ち、母は緒方洪庵の孫娘だそうな。
弟は三菱商事の元会長。

79 :名無しでGO!:03/06/08 17:43 ID:5L4sfpA8
>>78
どうもありがとうございます。

80 :名無しでGO!:03/06/08 19:01 ID:orFVfEVJ
一三と米三各氏には男女合わせてそれぞれ何人子供がいたんだろう?
逸翁の息子は3人でその三男に子供はいなかったってのはわかったけど

81 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/08 22:10 ID:0eaSG8nP
>80
小林一三の息子は3人(冨佐雄、松岡功、米三)、娘1人(春子)。
米三には子供がおらず、松岡功の娘、喜美子を養子に貰いました。
春子は鳥井家に嫁ぎ、息子が1人、これが鳥井信一郎。

松岡功の子供が、例の松岡修造。
喜美子の入り婿が小林公平。

82 :名無しでGO!:03/06/09 12:24 ID:dHdOA5Wa
age

83 :名無しでGO!:03/06/09 21:18 ID:qPXoKU/A
>>81
どうもです
なるほど、公平夫妻ともに父や祖父と血が全くつながってないのね。
そりゃ阪急グループをめちゃめちゃにしたんもわかるわ(w

84 :名無しでGO!:03/06/09 21:30 ID:Veohoerr
「小林一三,今西林三郎,金森又一郎,大塚惟明,太田光熈」が創始者だとしたら
「小林米三、野田誠三、佐伯勇、川勝傳、村岡四郎」はそれぞれの中興の祖だと思うんだけど如何でしょう。

85 :名無しでGO!:03/06/09 21:36 ID:/PP+RVq2
>>84 異議なし!

86 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/09 23:53 ID:dop6EWOX
>>83
いあ、喜美子は、一三の次男の娘ですから血が繋がってない訳じゃない
でする。
ま、女婿の方は鉄道経営などどうでも良かったのかも知れませんが、寧ろ、
堤清二の様な感じの経営者タイプなのでしょうかね。

87 :名無しでGO!:03/06/10 01:04 ID:IVgTYDUd
>>86
米三氏は三菱銀行の三村家ということで公平氏に目をつけたのではないでしょうか?

88 :名無しでCO!:03/06/10 23:51 ID:4kwBej0x
>>84
OK。全く問題なし。

89 :名無しでGO!:03/06/12 12:29 ID:+xUu+yj9
age

90 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/14 13:16 ID:UPaxVB8/
>87
どうだろうね。
こういうのは結構、色々な思惑が絡む訳ですからね。

ただ、大三菱銀行とは言え、取締役ですからねぇ。

91 :名無しでGO!:03/06/14 18:53 ID:CUE3Q+ZY
age

92 :名無しでGO!:03/06/17 12:29 ID:W0+3tXOB
大喜橋

93 :名無しでGO!:03/06/19 01:32 ID:S9qiOeyU
厨房消防 

94 :名無しでGO!:03/06/20 12:16 ID:pMQOmBAa
>>90
北浜銀行って何銀行系?

95 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/20 23:35 ID:LtaYk1tE
>>94
元々は国立大阪第42銀行(不吉な名前や)。
と言っても、国が作ったんや無く、National Bankの邦訳やから、詳しくは
国法銀行と言うべきものやったらしい。

これらは兌換紙幣の発行が可能と言うことで設立が許されたが、第四国
立銀行までで後が続かず、設立を促進するために、不換紙幣の発行も可
能にした…と言うことで、北浜銀行は後者やね。
資本は藤田組とか大阪の新興商人の方から出たみたい。

大正3年に取付騒ぎが起きて、その銀行は三和に吸収され、今はUFJ銀行
になっている。

96 :名無しでGO!:03/06/21 02:15 ID:BYnRoEai
>>95
ちょっと横道に入るかもしれないんだけど、
藤田組って大倉組などといっしょに明治の鉄道建設に
関係なかった?

97 :名無しでGO!:03/06/21 02:55 ID:iLafPNZl
>>96
関西私鉄における鉄道建設に関しては大林芳五郎(大林組)の名前なくして語ることは出来ないな。
生駒トンネルの建設は大林組によるものだし、片岡直輝らとともに大軌の危機を救ったのも彼だったし。

98 :名無しでGO!:03/06/21 11:21 ID:aIJa5EtF
中上川彦次郎は駄目ですか?

99 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/21 11:40 ID:YvI5Li7Q
>>96
藤田組は藤田伝三郎(略して藤伝)が作り上げた会社ですね。
藤田伝三郎は、長州の造り酒屋で、明治2年に上阪し、まず革靴の製造から
入ります。(日本で初めて革靴を作ったのが、藤伝だったりする)
その製靴業を足がかりに、兄と共に藤田組を設立し、兵部省に兵隊用の革靴
を納めるようになり、また大阪府とも革靴の納入を通じて関係が生まれ、やがて、
食い詰めた士族などを活用して、橋、建物の建設請負業に進出します。

西南戦争では、軍夫の調達などで資本を蓄え、藤田組の基礎を固めます。
で、その資本を元手に、官営の小坂鉱山の払下げを受け、これを経営し、その
効率化を図った上で他にも、石見の大森鉱山、台湾の瑞芳金山の開発に努める。
一方で、児島湾干拓も彼の事績であったりする。

建設請負業では、大阪〜京都間の官営鉄道、天神橋などの大阪五大橋梁、琵琶湖疎水
の開削、佐世保、呉の軍港建設も彼の会社によるもの。

100 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/21 11:40 ID:YvI5Li7Q
続き。

実業界では大阪紡績(今の東洋紡)、大阪毎日新開(毎日新聞)、北浜銀行(三和銀行)、
湊川改修会社、汽車製造(川崎重工)、宇治川電気(関西電力)の設立や経営に参加して
いる。
鉄道界では、先程の小坂鉱山の積出し用に敷設した小坂鉄道もあるが、何と言っても、
阪堺鉄道の発起人で、路線敷設は藤田組、また最初に敷設した釜石鉄道の鉄道施設払
い下げ陳情にも積極的に関わっている。
にも関わらず、阪堺の経営前面に出ることはなかったが、阪堺の後身の南海鉄道が、
浪速電車軌道を合併する際に、調停に活躍している。

更に、山陽鉄道の設立委員にもなり、こちらは常議員となっている。

藤田組自体は大倉商事破綻の際、大倉組を救済して、建設部門は日本土木会社(大成
建設)となり、鉱山部門は同和鉱業となり、その観光部門は藤田観光になっている。

101 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/21 11:46 ID:YvI5Li7Q
>>98
"Mr. One Hundred"(藁ですね。

藤伝について補足すると、台湾阿里山の森林鉄道も藤田組の手に
よるものです。

102 :名無しでGO!:03/06/21 19:55 ID:oHaQzcxn
大電鉄の創業者ではないけれど,
各地で手広く鉄道事業を興した雑賀藤吉はどう?
尤もこのお方実業家というよりは山師みたいな気もするが…

103 :名無しでGO!:03/06/21 23:43 ID:8JAnlto7
わお、大成が元は大阪の会社とは知らなかった。

104 :名無しでGO!:03/06/21 23:45 ID:xdHYQDx8
>>102
どちらかというと雨宮敬次郎とかと一緒に
やると面白そうですな。

105 :96:03/06/22 10:40 ID:HCxmwBd8
眠い人 、Thank you
藤田と大倉にそんな関係があったって知らなかった。

106 :名無しでGO!:03/06/22 20:10 ID:5wQv71en
>>102
才賀藤吉は電気事業が多い。

107 :名無しでGO!:03/06/22 21:35 ID:45XK2gCn
age

108 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/22 23:09 ID:jxzto79G
>103 >105
大成建設については、漏れのMisreadだわ、スマソ。
1887年に渋沢栄一、藤伝の出資で、大倉組商会の土木建築部門を継承した
有限会社日本土木会社を設立しただけで、藤田組の会社組織とは関わりが
ないみたい。
それは後に解散して、再び大倉組に戻り、1946年に分離独立したのが大成建設。

109 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/22 23:23 ID:jxzto79G
>102
才賀藤吉は、1870年大阪生まれ。
商家の小僧から電気技師になり、京都電気鉄道の電気工事を担当して鉄道業界と関わりを持ちます。
1909年、和歌山水力電気の取締役となり、市内線の開業に一役買いました。
王子電気軌道の資金援助も彼によって行われ、1910年にその初代社長に選任されています。
他に、彼が手がけたのは、磐城軌道、信濃鉄道、成宗電気軌道、立山軽便鉄道、美濃電気軌道、岩村
電気軌道、三河鉄道、伊勢鉄道、松坂軽便鉄道、一畑軽便鉄道、防石鉄道、鞍手軽便鉄道、宮崎軽便
鉄道、沖縄電気軌道と多方面にわたっています。

松山では伊予水力電気を経営していましたが、伊予鉄電化と市内線建設のため、伊予水力が、その伊
予鉄の路線を借り受ける話も出ていました。
そして、彼は伊予鉄の監査役になり、1908年に愛媛県から代議士に当選、1912年に再選されています。

彼のやり方は、雨宮敬二郎と違い、「資金調達力のない地方の中小電灯、電鉄会社への販促手段として、
工事代金の相当部分を新設会社の株式で賄う」という自転車操業。
だから、一旦崩れると崩壊は早く、1912年に幹の才賀商会は砂上の楼閣となり、倒産。
1915年には失意のうちに没しています。

ただ、この人、甲南学園の創立者でもあったりします。

110 :名無しでGO!:03/06/24 12:48 ID:U247sVI/
>>109
京阪創立に関わっていた田辺貞吉も甲南学園に関係してたよね。

111 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/06/24 23:11 ID:+mjZdQWe
>>110
住吉村に住んでいた関西の実業家が、自分の子弟を通わす、私立の幼稚園、
小学校を作ろうとしたものです。
田邉貞吉・才賀藤吉・弘世助太郎・平生釟三郎・生島永太郎・岸田杢・阿部
元太郎・野口孫市・山口善三郎・中島保之介・小林山郷の実業家が資金を出し
合いましたが、間もなく、才賀藤吉が破綻するなど、経営的に苦しくなり、
久原房之助、進藤嘉三郎の援助を得て漸く軌道に乗せました。

更に、安宅弥吉や伊藤忠兵衞の尽力により、高等教育機関の7年制中学校を
作り、安宅弥吉が中心となって、子女教育のための甲南女学校を創設してい
ます。

平生釟三郎は、東京海上を経て、日本製鉄会長となり、平沼内閣の文相ですし、
田辺貞吉は京阪などに関わった人、阿部元太郎は雲雀ヶ丘の開発者、弘世助太郎
は日本生命の中興の祖、岸田杢は日本総合貯蓄銀行の専務、阿部元太郎は住吉
の開発者で船主、野口孫市は住友の建築部技師長、小林山郷も実業家だったようです。
また、久原房之助は日立銅山を皮切りに日立製作所の創設者、進藤嘉三郎は大阪ロー
タリークラブの創設者、安宅弥吉は安宅産業の、伊藤忠兵衛は伊藤忠商事のそれぞれ
創設者です。

112 :名無しでGO!:03/06/25 22:46 ID:NGAjF8wR


113 :名無しでGO!:03/06/25 23:27 ID:/GE08GCM
なるほど
そういう関係がもとで伊藤忠が安宅産業を吸収したのか

114 :名無しでGO!:03/06/27 22:19 ID:0/vIwe+u
age

115 :名無しでGO!:03/06/28 10:08 ID:kgLHuamX
五島慶太は問題外ですか?

一緒に三越乗っ取ろうとした仲じゃん。

116 :名無しでGO!:03/06/28 13:36 ID:yk84pjY+
>>115
以前、「小林、五島、堤、根津スレ」ってあったよね?

117 :名無しでGO!:03/06/28 14:09 ID:NxUv1BbR
強盗慶太

118 :名無しでGO!:03/06/28 20:48 ID:XgELwshU
五島慶太はガチ。早川徳次はヤオ。

119 :名無しでGO!:03/06/28 21:10 ID:5wnH+Mvn
意味がわからん

120 :名無しでGO!:03/06/28 22:07 ID:FcQM5Rfn
ゴ ッ チ ン L O V E

121 :名無しでGO!:03/06/30 12:14 ID:/5VJberr
age

122 :102:03/06/30 16:41 ID:WpfjzKxE
>眠い人殿
遅まきながら詳細な御教示多謝。
雑賀も必ずしも山師って訳じゃないですね。
ワタシの田舎(大糸沿線)では開業を前に破綻し
信濃鉄道そのものを頓挫させかけた雑賀を良く言う人は皆無なもので。

123 :名無しでGO!:03/07/01 23:25 ID:R+JCKrkg
「さては地獄を乗っ取りにいくのか」(新聞各紙)昭和34年、強盗慶太とあだ名された東急グループの総帥:五島慶太の訃報の見出し。

124 :名無しでGO!:03/07/01 23:26 ID:R+JCKrkg
鉄道を敷設する用地を買収するために“こえだめ”をぶちまけて地主に対するいやがらせをしながら、路線を延長していた“強盗・慶太”(五島慶太・東急電鉄の創業者)


125 :名無しでGO!:03/07/01 23:29 ID:R+JCKrkg
●なによりの健康法は新たな仕事を考え出していくことだ【五島慶太】
 親父が生きていたときから撤収作戦は考えていた   【五島昇】

126 :名無しでGO!:03/07/01 23:34 ID:ziKUR+DF
根津家や不公平みたいにその強盗家の3代目が出てこないねぇ。何してるんだ(それ以前に3代目はいるのか)?


127 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/01 23:45 ID:xAYWFljz
>126
哲は不肖の息子で、不動産の社長を既に解任されていますね。

128 :名無しでGO!:03/07/04 02:03 ID:g453RAEb
厨房消防 

129 :*************************************************************************************************************名無しでGO!:03/07/08 22:02 ID:Dcza957B
阪神マジック49点灯で今西林三郎age

130 :名無しでGO!:03/07/09 14:18 ID:ddRN/j/S
7月4日の途中から7日の途中までの記事は消滅した模様。普通に板が移行するだけ
なら前板のスレは移行直前までの記事を全て含んだ状態でhtml化され、更に新板に
スレが引き継がれ書き込みを続けられるが、今回は新板にスレが引き継がれ書き込み
を続けられるものの、前板のスレは記事の一部が消滅しなおかつhtml化もされていない。

5月の下旬に起きたトラブルと同じような症状(このときは新板への移行ではなく
完全に故障だった・・スレはhtml化されず中途半端な形で保存)だが、そのときは
記事が10日分ほど消えていたのでそれに比べれば今回の被害は小さい。飛んだ部分の
記事を保存されている方はご報告下さい!

↓前板の前スレ(7月4日の途中から7日の途中までの記事は消滅・書き込み不可)
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/train/1053501750/l50
↓前板の前スレ(携帯版・7月4日の途中から7日の途中までの記事は消滅・書き込み不可)
http://hobby3.2ch.net/test/r.i/train/1053501750/i
↓前板の前スレを引き継いだこの板のスレ(7月4日の途中から7日の途中までの記事はなし)
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/train/1053501750/l50

131 :名無しでGO!:03/07/11 07:38 ID:r02gEql2
>>130
129 名前:名無しでGO! 投稿日:03/07/05 01:35 ID:Zy+4OQZt
oh Yeah !

130 名前:名無しでGO! 投稿日:03/07/06 22:33 ID:uJRpkgL8
保守

一応、このようなカキコがありますた。

132 :名無しでGO!:03/07/11 23:28 ID:8/RXoHKS
山陽電鉄と神鉄ではどちらが大きいの?

133 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/11 23:47 ID:TdLyv9ua
>132
山陽電気鉄道
◆設 立 昭和8年6月6日(創立/明治40年7月2日)
◆資本金 100億9,029万158円
◆従業員数 1,127名
◆事業内容 ◎ 鉄道事業 営業キロ 70.4km (第1種鉄道事業 63.2km 第2種鉄道事業 7.2km )
           車両数 222両 (客車221両、その他1両)
        ◎ 自動車事業
          ・乗合事業(一般乗合バス、高速バス) 営業キロ 796.1km(うち高速路線 743.7km)
            車両数 146両(うち高速バス12両)
          ・貸切事業
           車両数 10両
        ◎ 索道事業(須磨浦ロープウェイ)
        ◎ 遊園事業(須磨浦山上遊園)
        ◎ 土地建物事業(不動産の賃貸・売買等)
◆営業収益 21,634百万円(平成14年度)
◆輸送人員 不明

134 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/11 23:47 ID:TdLyv9ua
神戸電鉄
◆設 立  大正15年3月27日 (営業開始 昭和3年11月28日)
◆資本金 111億1,581万8,088円(平成15年6月末日現在)
◆従業員数 622名
◆事業内容 ◎ 鉄道事業 (営業キロ69.6km)
         ◎ 不動産事業(土地建物の販売、賃貸および仲介)
        ◎ 注文住宅・リフォーム事業
       ◎ スーパーマーケット(神鉄一番街・食彩館)および駅売店の経営
        ◎ 飲食業
       ◎ 賃貸ビル、駐車場・駐輪場の経営
       ◎ 介護サービス事業、保育事業
       ◎ 植木管理・造園事業
       ◎ シロアリ・害虫駆除事業
       ◎ 携帯電話ショップ、コイン洗車場の経営
◆営業収益 19,081百万円(平成14年度)
◆輸送人員 52,641千人(平成14年度)

135 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/12 00:50 ID:Ruhz4/1v
昔から電気鉄道会社は、電力需要の大口受入先(当時は電化製品と言っても、電灯程度)だったから、電力会社は
その取り込みに結構必死だった訳で。
何しろ、電鉄会社を買収してしまえば、電力を効率的に利用できるだけではなく、路線に沿って電線を張り巡らすこと
が出来、電力供給事業を沿線に展開できるからだったりする。

山陽電鉄沿線は元々、瀬戸内海航路が発達しており、大阪〜兵庫〜明石〜高砂〜飾磨〜岩見〜室津〜坂越と言う
航路は、瀬戸内海の海運業者によって設立された大阪商船の第14本線として一日一便運航されていた。
しかしながら、山陽鉄道が開通すると、スピード、頻度共に太刀打ちできなくなり、1897年に廃止されている。

しかし、山陽鉄道は駅間が長く、1907年7月、兵庫電気軌道が地元資本によって設立された。
1910年3月15日に兵庫〜須磨が開業し、その後、1912年7月に須磨〜一ノ谷、1913年5月に塩屋迄延長し、1917年4月に
明石に達した。
それ以降、姫路まで延長する予定だったが、第一次大戦後の不況により、兵庫電気軌道としては延長を断念し、別会社の
神戸姫路電気鉄道が、1919年に設立され、新たに資本を集めて1923年8月に、
明石〜姫路まで達する。
ちなみに、兵庫〜明石までは軌道線、明石〜姫路までは電鉄線だった。

136 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/12 01:14 ID:Ruhz4/1v
一方、神戸電鉄は有馬温泉の観光誘致と、1943年に廃止された国鉄有馬線を利用しての山陰方面
短絡路線として、山脇延吉他7名の発起人により、有馬電気鉄道として上三條町〜有馬の鉄道敷設
免許を1922年に申請したのが最初。
1923年に発生した関東大震災の不況に伴い、設立が遅れたが、神戸有馬電気鉄道となり、起点は
湊川に変更された。

ちなみに、山陽水力などの社長で、後に川西航空機の社長となる川西清兵衛が予約していた10,000株を
発足直前に取消すという事態もあったが、何とか乗り越え、朝鮮半島で鉄山を経営し、建設事業もやっていた
日本工業合資会社社長の小林長兵衛が路線の建設工事を引き受けることになった。

この発起人代表の山脇延吉と言う人は、富農出身で、実業としては神戸有馬電気鉄道の創立しかしていないが、
兵庫県農会長、帝国農会副会長となっており、農村恐慌が起きていた1931年には、関西2府17県の農会連合会
理事長となり、「農民の神様」「農民の父」と呼ばれている人物。
神戸有馬電気鉄道の初代社長、5代社長、初代会長に就任している。

1927年5月に神戸〜有馬間、1928年1月に三田〜唐櫃間の工事に着手。
その建設工事は難渋を極め(地方鉄道規程第15条に規定されている1000分の35を越えるところが多々あったのは
当然のことだが)、工事進行中に二度の大規模争議があり、路線進捗は尺進を余儀なくされた。

137 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/12 01:20 ID:Ruhz4/1v
一方、路線開発の一環として、1925年10月に山田電灯を創立し、沿線に配電を行い、小部駅(鈴蘭台)を中心とした
132万平方メートルの土地を買収して、「関西の軽井沢」として1928年9月から分譲開始。
1928年11月28日に湊川〜有馬間が開業し、12月18日に三田〜唐櫃が開業した。
1929年10月には、長田〜京阪神急行六甲間の延長線申請が出されたが、却下
され、東西連絡は、神戸高速鉄道まで待つことになる。
一方、小部(鈴蘭台)〜三木の間は、資金調達が難しかったため、1936年に三木
電気鉄道を設立し、1936年12月に鈴蘭台〜広野ゴルフ場までを非電化で開業、
1938年1月に鈴蘭台〜三木福有橋までが開業した。
なお、この会社は設立に当たって、広野ゴルフ倶楽部の会員に出資を仰いだので、
展望車付のゴルフ電車を走らせている。

また、開業と同時に乗合自動車事業を行い、有馬〜神戸と三田〜下唐櫃の路線を運行。
1931年、摂丹自動車、摂北三田自動車運輸、摂北丹波自動車を傍系会社とする。
これらは、摂丹自動車に合併され、1943年に、神姫合同自動車(今の神姫バス)に合併された。
このほか、1929年に有馬町から有馬ラヂウム温泉を10年無償貸与され、温泉と旅館を経営したが、
1939年の大水害で消失している。

138 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/12 01:47 ID:Ruhz4/1v
さてさて、小さな電灯会社は、より大きな電力会社に飲み込まれて行っている。
当時、日本には一三も絡んでいた関東を中心とした東京電灯、福沢桃介、松永安左ヱ門が絡んでいた、中京、北九州を地盤とする
東邦電力、その売電事業の核となっていた木曽川水系の大同電力、そして、関西地方が地盤の宇治川電気とその売電元の日本電力
の五社が中核。

その中で、宇治川電気の初代社長は、大阪商船の中橋徳治郎であり、その関係で、大阪商船より幹部社員が多数送り込まれていた
が、林安繁が中興の祖とも言うべき人。
大阪商船の神戸支店長から、宇治川電気に出向し、営業課長、取締役支配人、常務、副社長を経て1924年に社長となる。
この人の時に、琵琶湖東岸をテリトリーとした近江水力電気を傘下に納めたが、この会社は近畿進出を目論む東邦電力も狙っていた
会社だった。

1925年、近江水力電気の余剰電力活用のために、資金不足に悩んでいた近江鉄道を傘下に組み込み、1927年には神戸より西に進出を
目論んで、明石付近で配電事業を行っていた兵庫電気軌道と、鉄道専門ながら姫路にまで線路を延ばし、神戸〜姫路間の交通を独占
できる上、それに要する電灯電力の供給と、沿線地域への進出を目論んで、神戸姫路電気鉄道を買収している。
しかし、その二つの会社は片や電気鉄道、片や電気軌道で、電圧も違う、更に明石の駅の場所も違っていたので、鉄道線の電車を複電圧
対応とし、線路をつなげて直通を果たした。

1933年6月に、再び電鉄事業は分離独立して、山陽電気鉄道となり、林安繁が初代社長、会長を勤めた。

139 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/12 02:08 ID:Ruhz4/1v
あ、>138の中橋徳治郎⇒中橋徳五郎

一方、神戸有馬電気鉄道は、開業当時、日本電力が電力を供給していた。
しかし、山脇社長が政友会兵庫県支部長であった関係から、当時の商工大臣、中橋徳五郎(宇治川電気初代社長、
ちなみに、この人、原敬、高橋是清両内閣で文部大臣を務め、党勢拡張のために小川平吉のように、各種学校の
認可権を振り回し、「二枚舌」という言葉を人口に膾炙した人物として有名)の力添えで、日本電力の借入金を宇治川
電気に肩代わりさせ、小部の経営地区を宇治川電気に引き渡した。

1930年、宇治川電気から山崎主計を社長に迎え、山脇社長は会長に退き、同時に監査役は興銀から送り込まれ、
日本電力派遣の役員は辞任した。
しかし、昭和の大恐慌で経営成績は振るわず、宇治川電気に対し、電力料金の値下げ、興銀に対しては借入金利息の
引き下げを願い出たが、却って事態は悪化し、宇治川電気と興銀の間に運賃収入の争奪戦が起きている。
結局、1933年、山崎社長は退陣、興銀から青柳一太郎を社長に迎え、1936年に漸く業績安定を見、元神戸市長の黒瀬
弘志を社長に迎え入れ、積極路線に転換。
三木線の開通、阪神大水害の復旧に努め、1939年12月に再び山脇社長となる。
彼は、1941年に死去し、興銀から推挙された清水時好が社長となったが、すぐに退陣し、日本工業合資会社社長の小林
長兵衛が社長に就任した。
彼は1943年に死去し、清水時好を中心に、小林秀雄(小林長兵衛の息子)、白井秀吉のトロイカ体制となった。

140 :虚飾の小林一三:03/07/12 08:37 ID:UQOQucyX
近鉄の礎を築いた金森又一郎さんはやっぱり偉い。
金森又一郎さんは中卒だが、その子供の乾次さんも孫の茂一郎も東大卒。
小林一三は金森又一郎さんの足元にも及ばない。
金森又一郎>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>小林一三
小林一三も小林一三、阪急ヲタも早く氏ね。
って小林一三はとっくの昔に死んでる(W

141 :名無しでGO!:03/07/12 14:48 ID:Pmi+ECpt
>>135
>別会社の神戸姫路電気鉄道が、1919年に設立され・・・

お尋ねしますが、明姫電気鉄道という会社もあったと思いますがそれは神戸姫路電気鉄道の前身なのですか?
神明急行電鉄なんていうのもあったような気がしますが。
あと神戸高速鉄道が出来るよりもずっと前の兵庫電軌時代、神戸市電を通じて阪神軌道線と線路が繋がっていたって本当ですか?


142 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/12 16:12 ID:Ruhz4/1v
>141
明姫電気鉄道は、大正8年8月29日に設立されています。
これが、後に神戸姫路電気鉄道と改称しています。

また、神明急行電鉄は、その明姫電気鉄道に免許権を譲渡しています。
当時は、免許権だけ取得して、それを本当に線路を敷設しようとした会社に売りつけると言うことが、
広く行われていました。

また神戸市電とは、1922年に神戸市電が上沢線を延長し、長田神社前から南下する兵庫電軌の
建設によって、尻池北町付近で平面交差が発生しました。
この時、新湊川西詰めにあった長田駅を交差点に移設しますが、山陽と市電の乗り換え客が多く、
1944年に新湊川東詰の専用軌道部分に島式乗降場を設けて移設しています。

もう一つ、旧線の須磨駅西外れは、市電の須磨駅に極めて近接していたため、1944年、市内市場向
生鮮野菜を明石から神戸中央市場に輸送するのと、逆に市内で処理に困っていた汚物を明石近郊
に輸送し、肥料として役立てるために、市電東行き線と山陽電鉄の下り線を接続しています。
ただ、前者は山陽の電動貨車を用いる予定だったが、車輪輪縁寸法の都合で実施されず、汚物輸送
用には市電の散水車を改造して林崎まで試運転をしましたが、これも散水車の固定軸距の都合で実施
されませんでした。

143 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/13 01:44 ID:SBaUULVF
いかんなぁ。書いた後から資料が出てくるか(苦笑。

もっかい、山陽の始めの頃から書き直し。

1905年8月、神戸市兵庫〜明石郡明石町の敷設を目論んで、兵庫電気鉄道として出願されたのが最初。
兵庫の部分は、神戸電気鉄道(後の神戸市電)の出願範囲から漏れ、兵庫地区内の循環も考慮されていました。
同じ時、ほぼ同じ区間を明神電気鉄道が出願しており、1906年3月に両者が合同して再出願を行っています。
この時には、神戸市内循環は神戸電気鉄道の絡みもあって削除し、本当に都市間インターバンとなっていました。
1906年11月に特許状交付、1907年7月に兵庫電気軌道が設立され、1910年3月に第一期線として兵庫〜須磨間の
路面軌道が開業します。

しかし、第一期線は営業不振で、神戸電気鉄道への経営委託も取りざたされ、12月に役員刷新となり、明石延長を
延期しました。
この時に、川西清兵衛が社長となり、小林一三が兵庫電気軌道の取締役に就任したりしています。
また、兵庫駅から神戸電気鉄道に乗り入れる交渉も不調に終わり、1911年12月に塩屋延長、次いで明石まで再延長
を決定し、それは1917年に開業しました。

144 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/13 01:45 ID:SBaUULVF
明石延長後、姫路延長が視野に入ってくる訳ですが、一部株主が強硬に反対し、その延長事業は別会社で行うことに
なり、1918年6月に明姫電気鉄道を設立します。
ところが、明石〜姫路は既に、播磨の素封家である伊藤英一(後の播州鉄道(JR加古川線)二代目社長)が播州鉄道
として出願しており、彼は明姫電気鉄道を脅威と見なして、兵庫電軌の株を買い占めようとします。
しかし、事態は急転し、1918年6月に川西清兵衛らの旧経営陣は退陣し、伊藤が社長となって、改めて10月に明姫電気
鉄道が明石〜姫路の鉄道敷設の認可を受けた訳です。

で、その退陣した川西清兵衛はと言うと、神戸湊川から山側を通って姫路に抜ける神明急行電鉄を出願します。
伊藤率いる兵庫電軌はこれに対抗しようと、1920年3月に既設線の複々線化を申請しますが、これは1922年12月に却下、
それに先立つ1920年8月に、伊藤社長は退陣し、神戸の財界のドン、岡崎藤吉が社長となり、電灯供給事業に進出して
いきます。
此処に、配電事業との関わりが出来、宇治川電気との合併の布石に成っていくのです。

145 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/13 01:45 ID:SBaUULVF
神戸〜姫路間二社並立は流石に差し障り有りとして、1921年6月に鉄道敷設免許権は明姫電気鉄道から神明急行電鉄
に譲渡され、1921年11月に許可を得、12月に神戸姫路電気鉄道と車名を変更しました。
で、1923年8月に開業したものの、東京地下鉄道と東京高速鉄道の対立と同じく、兵庫電気軌道と神戸姫路電気鉄道とは、
歩み寄らず、直通運転も、連絡運輸も出来ていませんでした。

偶々、電力供給事業絡みで、宇治川電気が兵庫電気軌道と合併交渉を進める際に、神戸姫路電気鉄道を巻き込んで合併
を進めています。
そして、宇治川電気鉄道部が、両者の直通運転の素地を整えた訳です。
しかし、世界恐慌の波は此処まで押し寄せ、宇治川電気は減配状況に陥り、リストラを進める意味で、鉄道部を山陽電気
鉄道として分離独立していった訳です。

146 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/13 02:12 ID:SBaUULVF
ついでに、此処に出てくる岡崎藤吉という人は、佐賀鍋島家中出身の石丸藤吉と言う人で、兵庫県庁に勤めて
いたところを、兵庫の素封家に認められ養子になったので、岡崎藤吉となりました。
1894年に財産をはたいて、英国の中古船を購入し、船舶業岡崎汽船を設立します。

日清戦争後領土となった台湾に、この船舶会社の船が定期航路を就航させましたが、大手に食われ、北洋漁業の
釣果を輸送するカムチャツカ〜函館航路を開拓します。
日露戦争時には傭船を4隻に増やして陸軍に提供。
1907年には神戸・北海道間日本海経由西廻航路の権利を、日本郵船から譲渡してこれを辰馬、岸本と共同運航する
日本西廻汽船商会を設立し、その後、岡崎汽船と日本西廻汽船商会を継承して岡崎汽船を設立。
直後に、第一次世界大戦によって日本は未曾有の好況になり、会社は躍進。
その後、1917年に神戸岡崎銀行(神戸銀行、太陽神戸銀行、さくら銀行を経て、今の三井住友銀行)、神戸海上運送
火災保険会社をそれぞれ設立し、社長も就任。

1923年に岡崎汽船は、横浜〜大阪〜神戸〜門司〜天津航路と、大阪〜神戸〜門司〜博多〜営口航路を開設し、1937年に
岡崎汽船とそのほかの業務を行っていた岡崎合資会社を合併して、岡崎本店となり、1943年に三菱汽船に吸収されるまで
存続しています。
ちなみに、岡崎本店汽船部は、今の日豊海運(川崎汽船系)になっています。

147 :名無しでGO!:03/07/13 13:24 ID:wQlVTDA9
>>146
眠い人、いっつもサンクス
おれはあんまし知識内から、
もうちょっと勉強したら、
質問しまくるから、
よろしくね。

148 :名無しでGO!:03/07/13 22:43 ID:0EtKdJUu
良スレあげ

149 :名無しでGO!:03/07/13 22:50 ID:zyetxjt8
阪神の今西だけ何で専務?

150 :旧制7年制武蔵高等学校卒業生:03/07/14 23:46 ID:u9d5hRQe
>>111
甲南は旧制7年制高等学校です。中学じゃありません。
我が武蔵同様、設立に鉄道人が関わっているとはしらなんだ。
武蔵が大正12年設立、甲南高校は大正13年設立だが、
武蔵が尋常科1年生から順に募集、としたのに対し、甲南は高等科の募集も設立当初からしたので、
帝國大學への卒業者を出したのは甲南の方が早い。戦後学制改革の時、新制高校・中学に移行したのは
我が武蔵と甲南のみだったのだが、甲南はすぐ大学を設立し中高を大学付属にしてしまった。
武蔵も武蔵大学を設立したが、旧制武蔵高校の正当な後継者は新制武蔵中高であって武蔵大学ではない。
武蔵中高はキャンパスを大学と共有するも武蔵大学付属ではない。よって旧制高校を母胎とする新制高校が
我が武蔵のみとなってしまったのは残念だ。GHQは旧制高校を英国のパブリックスクールのような
一部の階級にのみ開かれたエリート養成機関と勘違いして潰してしまったが、そのことが残念でならない。
戦前の社会では旧制高校の入試さえ突破すれば無試験で帝國大學に入れたのだから受験戦争は1回で済んだのだよ。
今じゃ中学高校大学で3回も受験戦争をしなきゃならんし、旧制中学5年間の内容は今の中高6年の内容+αだったから
現行制度は1年無駄だ。ゆとり教育とか馬鹿なこと行ってないで旧制高校を復活させなさい、文部省の役人ども!!

すれ違いな内容でスマソ。

151 :名無しでGO!:03/07/15 01:36 ID:EFMeEgG6
>>150
ほんまの卒業生?

152 :名無しでGO!:03/07/15 08:39 ID:L/uOvAxh
芦原義重氏=元関西経済連合会会長

 電力会社9社で初の原子力発電所となった美浜原発(福井県)の建設など電力業界の発展に尽くす
一方、関西経済連合会会長として大阪万国博覧会の成功などに努めた関西電力名誉会長(元社長)の
芦原義重(あしはら・よししげ)氏が、12日午後10時45分、肺炎のため、入院先の関西電力病院で死
去した。102歳だった。
 近親者のみで密葬を行い、後日関西電力主催の「お別れの会」を行う。自宅は兵庫県尼崎市塚口町
3の29の1。
 1924年に京大工学部を卒業し、阪神急行電鉄(現阪急電鉄)に入社。関西電力の前身である関西配
電を経て、51年に関電常務となった。戦後のエネルギー不足を補うため、火力発電所で石炭と重油を
混焼する技術の開発を進めた。黒部ダムの建設で知られる太田垣士郎氏の後を継いで59年に社長に
就任してからは、他社に先駆けて美浜原発の建設に踏み切った。
 財界では66年から10年6か月間、関経連会長を務めた。70年の大阪万博では、経団連の石坂泰三
氏を万博協会長に迎えるなど、東京の政財界を巻き込んで開催資金の手当てに尽力し、成功に導いた。
また、関西国際空港の建設推進運動の先頭にも立った。
 70年に関西電力会長となり、83年には代表取締役名誉会長に就任。その後も社内外に強い影響力
を保ったが、87年2月の関電取締役会で解任動議が出されて取締役を退いた「関電二・二六事件」以
降、経営から遠ざかっていた。

http://www.yomiuri.co.jp/obit/news/20030712zz22.htm

153 :名無しでGO!:03/07/15 08:54 ID:L/uOvAxh
>>126-127
一応、五島哲の近況ね。(五島哲は社団法人茶道裏千家淡交会の東京支部のトップだそうだ)
http://www.urasenke.or.jp/textm/headq/soke/news/news043/news043.html

ちなみに鉄道実業家で茶道に関係がある人物って、小林一三は逸翁、根津嘉一郎は青山、
五島慶太は古経楼という号で数寄者として知られる存在だったが
(いずれも茶道具のコレクターとして有名で、蒐集した作品の中には有名なものもたくさんある)、
ほかはあんまり知られてないね。

154 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/16 07:44 ID:wLfhXjCJ
>153
淡交会って、淡路交通の関係だったかな。
あっこの社長も文化人だったですからね。

ついでに言うと、兵庫には郷土出版社が殆ど無くて、淡交社くらいしか
無いんだよね。
だから、郷土史とか探すのにいつも苦労するのよ。

155 :150:03/07/16 08:08 ID:OvIkwibF
>>151
本当は新制武蔵中高の卒業生で現在某大学在学中。
でもあの学校出ると、本当に旧制高校出た気分になっちゃうんだよね。

156 :名無しでGO!:03/07/16 10:33 ID:3R3wGA+P
>>154
淡交会と淡交社は京都なんだけど。淡路交通とは関係ないよ。

157 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/17 00:15 ID:JXIKDI9n
>156
そうなのか?
どっかで淡路交通の社長が云々って言う記事を見たような。

158 :名無しでGO!:03/07/17 08:20 ID:0ZUpVamr
>>157
これが淡交会のサイト。
http://www.urasenke.or.jp/textc/tan/index.html

>  淡交会は、宗家の直轄団体として、それまで全国に既存していた裏千家茶道のいろいろな会や団体
>を まとめる形で、昭和15年(1940年)に結成され、昭和28年に文部省から社団法人の認可を受けました。
> 宗家の指導のもとに、茶道文化に関する種々の研究調査を行い、同門の相互協力と親睦をはかり、現
>代に適応した 真の茶道人の育成を目的としています。
>
>  「淡交」とは、十四代家元淡々斎宗匠の斎号からの命名されました。荘子の「君子之交淡若水」 (君
>子の交わり、淡きこと水の若し)に依っており、淡々としてあたかも水が流れるようになにごとにも執着せ
>ず、 どんなときにも感情に流されない平常心の交わりをいいます。

だって。

159 :名無しでGO!:03/07/18 12:14 ID:BWluOpeu
昔、淡路島には鉄道があったんだね。
橋が出来て本土と繋がった今、淡路島に鉄道を再建しようとする動きはないのかな?

160 :名無しでGO!:03/07/18 21:49 ID:gkDvJPew
>>159
バカ曽根がその動きをぶっ潰した。

161 :名無しでGO!:03/07/18 21:56 ID:a+jschuy
>159-160
津名−洲本なんかにそこそこ高規格の路線引いたら儲かりそうなもんだけどねぇ。。。

162 :名無しでGO!:03/07/19 08:01 ID:QSYWVolr
川島本に書いてあったんだけど南海が紀伊水道に海底トンネルぶち抜いて和歌山から
淡路経由して徳島に至るルートってどうよ?

163 :名無しでGO!:03/07/19 08:56 ID:oyBiGp7+
>>162
妄想

164 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :03/07/19 11:28 ID:Xb4wayww
>158
ああ、すまね〜。今の今まで、淡路交通と関係があると思っていたよ
首吊って(AA略)。

>159
バブリーな頃、淡路島北端辺りで観光鉄道を走らせる計画はあったみたいだけどね。

淡路鉄道(淡路交通)は、1911年、賀集村の有力者、賀集新九郎他29名が発起人となって
地方鉄道敷設免許申請を行い、1912年に免許を交付されます。
1914年に資本金45万円の淡路鉄道が設立され、社長に賀集新九郎が就任し、線路を起工
しますが、第一次大戦による、資材の高騰などの要因で工事は停滞し、津名郡、三原郡、
洲本町からの援助と、賀集社長の尽力による銀行からの借り入れで、洲本口〜市村までの
路線が1922年に竣工、ところが、其処で資金が尽き、再び株主を募集し、1923年に市村〜賀集
が、1925年に洲本〜宇山と賀集〜福良が全通します。
当時は、輸送人員/日1,836名、輸送貨物21.3t、収入430円だったそうで。

賀集新九郎は、1942年1月に死去するまで社長を続け、次の社長は国鉄から1938年に天下った
土屋恒治となり、その後全淡自動車を合併し、淡路交通となり、1948年に電車運転を開始、1966年
廃止という道筋を辿っている。

165 :なまえをいれてください:03/07/19 23:45 ID:gcJpCEl5
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

166 :[ここ壊れてます](1):[ここ壊れてます]
[ここ壊れてます]
65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★