5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【金田一温泉】座敷童子について【見ると幸せ】

1 :1 ◆Ra50.com22 :03/07/01 14:09
みなさんはもう既に見ましたか?
私は平成17年の1月1日に平成18年の予約を入れます

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:12
ほんと2?

3 :1 ◆Ra50.com22 :03/07/01 14:14
ほんとに予約します
仕事二の次で必ず行きます

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:17
行くと何かいいことあるんですか?
だれか詳細キボンヌ

5 :ν酋長 ▼CGrsi.YPSE :03/07/01 14:20
5げとー

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:48
座敷童子見ると出世したり玉の輿にのると言われるけどどうなんでしょう?
あと、まれに精神崩壊するひともでるらしいですが、、、

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:52
私が勤めていた職場の常連さんから聞いた話。
金田一温泉の件の旅館には、男の子、女の子の座敷童子がいたそうな。
とあるお客さんがそのうちの男の子を自分の家に連れて帰ってしまい、
旅館には女の子の座敷童子が残ったそうな。
どうやったら連れて帰ってこれるのだろう。(^^;)

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:54
桜金造さんも、座敷童子体験を書いているね。
仕事で旅館に泊まったら、ドタバタ散々な目にあわされて、
「なにが幸運の座敷童子だ!」って怒っていたら…。

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 18:58
>>8 検索したけどなかった
そのあと何がおこるの?

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 19:38
>>9
その旅館の出来事からしばらくして、
JTから仕事が来たのよ。「ガツンと1mm」だかのキャッチフレーズのやつ。
広告の撮影などが終わった後、JTの担当者に、
「ところで、なんでボクだったの?今までの路線と全然違うじゃん」と素朴な質問をしたら、
「いや、われわれも、失礼ですけど、なんで金造さんになったのか、誰一人として
知らないんですよ。いつ誰が金造さんの名前を出したのか、誰も知らないんです」
ってことがあって、まあ座敷童子が仕事をくれたのかな?って思うようにしたとか。

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:46
>>10 なるほど!
ところで見ると良いということばかりではなく精神崩壊するという人もいるらしいけれど
その辺ご存知の方はみえないですか?

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 18:41
昔の知り合いの実家に座敷童子がいた。
築100年ぐらいの大きな家。
小さな女の子の霊がうちわで顔を隠して
枕元に座っていたり、鏡に後ろ姿が写ったりしていたそうな。
しかし実家を建て替えたために
その座敷童子は居なくなってしまったらしい。
それと前後して知り合いの家が没落し始めた。
商売の不振、オヤジさんの病気、弟の精神病……。
遂には家が競売にかかって夜逃げするように出ていったよ。



13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 23:39
>>1
この前、泊まったよ。
部屋に入るなりぴよぴよと鳥のおもちゃが鳴きびっくり。
座敷わらしには会えなかったけど、デジカメで部屋、大広間を
写したらオーブが写ってましたでつ。
夜中に廊下から足音が聞こえたけど怖いと思わなかったYO

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 01:47
どうだか

15 :座敷おやじ:03/07/03 01:57
私は、もう既に23年前に会ってますよ。
今みたいにテレビや雑誌で騒がれる前だったけどね。
当時は、座敷童子の部屋は閉鎖されてたんだけど、私の泊まった部屋
に入ってきました。鍵を掛けていたのに・・・
姿は見えなかったけど、気配はあったし、声も聞いた。
「おじちゃん。遊ぼ」って言っていた。
悪意は全く感じられなかったし、気配から察するに、ホントに子供の
無邪気さを感じましたよ。
仲居さんの話では、私が出会うまでは大正時代先代のご主人が見たのが
最後だったそうだけど、私が出会ってからは、地元のテレビや雑誌など
で、出た出たって目撃者が登場し、旅館に問い合わせが殺到して、それ
ならと旅館側も件の部屋を空けたらしいね。
今考えると、どうやら私が先鞭を付けて、そこから今のブームになって
いるみたい。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 02:03
>>1の言ってる意味がよく分からない。

でもどうせその座敷童も商売道具にされたのにムカついて旅館を
出てってるだろうよ。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 02:22
10年ぐらい前に緑風荘に行ったなぁ。
その頃は一週間ぐらい前に予約しても座敷わらしの部屋が取れた。
今は1年以上先まで予約で一杯らしいな。
共同の汚いトイレだってのは憶えてる。
風呂はまぁまぁってとこか…
廊下には著名人の色紙がズラ〜っと並んでいて、そこに
つのだじろう のアノ絵も飾っていた。
座敷わらしの部屋で夕食を取ったんだけど、他の部屋の人たちは
広間で取ってたんじゃないかな、朝食は俺等もその広間で取った。
夜は飲む所が館内に無いので外に出たが、カラオケバーが一軒
向かいに有っただけで、そこでカラオケを歌って酔っ払って部屋に帰った。
座敷わらしの気配すら感じなかったが、朝サイレンの音で起きて
「何事だ?」と時計を見たら、まだ6時前だった。
朝食の時に女将さんに聞いたら近くの川で釣りをしてた人が溺れたか
何かしたかで死んでて、それのパトカーと救急車のサイレンだって話してた。
まぁ2泊したんだが、一泊2食込みで一人8000円ぐらいだったな。
夕食のときに刺身とかビールとか頼んだからもっと取られたが…
座敷わらしの為にスケッチブックが置いてあって、
俺はセーラームーンの絵を描いてきた。
まだ残ってるのか…?あったらソレは俺が描いたものだ。
緑風荘から車で一時間ぐらいの所に「キリストの墓」が有って
帰りにソレを見て、墓の入り口の所にあった小汚い商店で
お土産の「清酒キリスト」を買って帰った。
めでたしめでたし。

18 :1 ◆Ra50.com22 :03/07/03 12:12
>>12 偶然なのかそういう話よくあるそうですね
>>13 この前ということは去年か一昨年に予約をされたのですね?うらやましい〜
>>15 座敷オヤジ様は緑風荘にとっては幸福のおやじ様だったのですね!うーむ、すごい体験談だ、、、
>>16 この間予約入れようと電話したら来年まで予約はできませんでした 邪念をもっていくと良くないようですよ
>>17 たしかにHP検索するとあの間以外の設備とかもてなしとかは期待できないようですね 自分はもっと酷い宿に泊まっているので並レベルだと思いますが
今年の夏もしかして他の部屋を予約していくかもしれません
逆に稀に何かに憑かれるとかいう話も聞くので少し怖いですが、、、

19 :座敷おやじ:03/07/03 13:57
あっ。緑風荘って名前を出しても良いんですね。
先方に迷惑がかかるんじゃないかと、名前を伏せていました。

当時の私は、東北に住んでましてね、仕事の関係で出張が多く、
緑風荘は定宿にしていたんですよ。
小綺麗とは言い難いけど、何となく自分に合った感じの旅館でした。
当時から結構繁盛していたみたいです。これも座敷童子のおかげ?
私は殆ど予約無しの飛び込みでしたが、なぜかスンナリ宿泊
できました。
それで肝心の座敷童子ですが、最初から御利益を期待していっても
会えないときは会えないようです。欲を出すとダメみたい。
運が良ければ、私みたいに新館の部屋でも出てくるようですよ。
(座敷童子の部屋は旧館にある)

それからキリストの墓の話ですけど、そこは青森県戸来村ですね。
現在は別の名前になっていると聞いてますが。
戸来(へらい)は、ヘブライが訛った言葉だそうですね。
東北には一戸〜九戸などの地名がありますが、元々は「一の戸来」
「二の戸来」と呼んでいたものが、今の一戸、二戸になったとか・・・

20 : ◆Ra50.com22 :03/07/03 14:10
>>19 あっ、名前出しちゃってました
奥座敷だけだと思っていましたが、
普通の部屋でも遭遇されるのですね
座敷おやじ様の書かれてる様に見る人は予約無しでも偶然あの間に泊まれて見ることがあるそうですね

21 : ◆Ra50.com22 :03/07/03 14:16
実は私はこわがりで東北地方に行くのも怖いのです
恐山や八甲田など本当に怖いです
こんな私も座敷童子ならあまり抵抗がありません
ただ、人によっては何かに憑かれて精神異常をおこすということも地元の人の話であったのでその辺が怖いです
仕事なら仕事だと思えば行けるのだけど、単なるプライベートなので不安もあるのです

22 :座敷おやじ:03/07/03 18:57
>21さん
東北地方=丑寅の方角=表鬼門=鬼が住む場所=艮の金神
平安時代の昔から蝦夷(えみし)の土地として恐れられてきましたが、
実際住んでる人は純朴で親切な人が多かったように記憶してます。
私的には水が合いましたね。
百聞は一見に如かず。あれこれ東北の土地柄を論う人もいるかもしれま
せんが、風評は当てにならないと思いますよ。
ただ。唯心所現とでも言いますか、自分本来の心の姿が表出する現象は
あるようですね。
心が濁っている人には、もしかすると「怖い場所」かもしれませんけど。
何かに取り憑かれて精神に異常を来すという話も、その辺に原因がある
のではないかと思います。

八甲田山は、映画にもありましたように、冬は「白い地獄」です。
そのため、冬場は通交禁止です。
夏の八甲田は、一変して花々が咲き乱れ風光明媚な天国なのに。
まさしく天国と地獄。
恐山は、夏に行っても不気味でした。

23 : ◆Ra50.com22 :03/07/03 20:38
>>22 座敷おやじ様はお詳しいのですね
私は中部地方に住む者です。
今年の夏は東北地方へ行こうと思います。


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 23:10
少し前に友人が泊まってきましたよ金田一温泉。
そこで座敷童子に遭遇したらしいんですけど・・・
生まれて初めての金縛りより座敷童子より
飾ってあるたくさんのおもちゃが何よりも怖かった
と言っておりました。


25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/04 03:25
萌え系なら見てみたい…

26 :***********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 10:39
あれ、座敷童子じゃねーだろ

27 :17:03/07/09 23:56
ありゃ、俺が書いたレポートが消えてるやんけ、どないなっとんじゃ!

28 :座敷おやじ:03/07/10 00:12
>>27
ここにログが残ってましたよ。
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057036192/

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 00:26
オーブはただの埃って結論が出てるんだけど
埃っぽい部屋を夜間撮影すると簡単に沢山映るよ
良い結果が出た人は暗示効果か偶然だろ


30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 00:31
ふとした疑問。
座敷童子って男の子なの?それとも女の子?


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 16:01
>>30
>>7

32 :座敷おやじ:03/07/11 20:14
>>29
夜間撮影には必ずフラッシュを使いますね。そうすると、たまたまカメラ前に漂っていた埃がハレーションを起こし、それがオーブと誤認されることもあるそうです。
座敷童子の部屋はかなり古くて埃も多く、それらが写り込んだ可能性は高いですね。
そこまでは、あなたの言うとおりです。
しかし、それだけでは説明の付かない現象があることも事実です。
飾られた玩具の楽器が突然鳴り出したり、人形が動いた話などが報告されています。
また、オーブにしても色つきのものが撮影されています。単純にハレーションだけでは起こり得ないことです。
以前テレビの特番で、暗視カメラにオーブが写ってました。今の暗視カメラは、昔のような赤外線ライトを使わないそうですね。すると、写っていたオーブは
ハレーションじゃないことになる。
じゃあ。一体なんでしょう?

暗示効果と偶然。これも大いに可能性があります。
占いが当たると信じ込むと突然当たり出す。反対に、絶対当たらないと思うと、面白いように外れ出す。これと同じことでしょう。
ところが、私の体験上、不可解なことがあるんです。
私が座敷童子に遭遇してから20年ほどは、あれは錯覚だと思っていました。
気のせいだと信じ込んでいたのです。その間を振り返ると、私は自分の人生を破綻させかねない危険な目に何度も遭ってきました。ところが、不思議な力が
働き、私はそれらの危機を乗り越えることが出来たのです。
中には命すら落としていたかもしれないトラブルもありました。今考えても、よく生き延びたものだと思えて仕方ありません。
座敷童子の御利益を期待するどころか、その存在まで否定していた20年間に訪れた「幸運」は、自分の力じゃない、何か別の外部の力が働いたとしか思え
ないのです。
つまり、私の幸運は暗示効果とは考えられない。
それに、20年間も偶然が続くわけないですよね。
さる人に言わせると、私は、まれにみる強運だそうです。
その強運は、どこから?

ちなみに私も心霊現象に関しては懐疑精神を信条としています。鵜呑みにせず出来るだけ自分なりの説明を試みます。
それだけに既存の科学では説明の付かない現象もあるという結論に達しているんですよ。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 21:28
>>32
逆説的ですが、そんな紙一重の事態に連続で遭遇した事を、不幸とは受け取らなかっ
たんですか?幸運感は相対的ですよ。

それはそうと座敷童子、いいなぁ。会ってみたいな。
こんな屁理屈こねる奴では無理か?w

34 : ◆Ra50.com22 :03/07/11 23:32
>>32 座敷おやじさんのレスはいつ見ても惹かれますね〜
いつもはどのスレにいらっしゃるのですか?
HNも同じですか?
私はオカ板はあまり見ないので知らないのですが、、、

35 : ◆89kulSdEWQ :03/07/12 08:30
あの部屋じゃないけど、再来月逝ってきまつ。

結構楽しみー。

ところで、純粋に旅館としてはどうなんでしょう?
ご飯美味しいのかな? 温泉はよさそうでしたが

36 :座敷おやじ:03/07/13 18:20
>>33
いやいや。屁理屈どころか、その疑問は私もずっと抱いていたんですよ。寸前の所で「救いの一手」が介入したとはいえ、本当に幸運なら最初から奇禍に見舞われるわけがない。そう思っていたのです。

ご多分に漏れず、私も自分を不幸だと思っていました。他人のエゴに振り回され、自分は苦しみ苦悩するために生かされている。それは私の宿命だと諦めてもいました。
ギリシャ神話には、大地と空がぶつからないよう支え続けるアトラスの話があります。彼は、永久に続く苦痛から逃れるため、ペルセウスに頼みゴルゴンの首を使って自分を石に変えて貰います。
アトラスが苦痛から逃れるには、それしか救いの道はなかったのです。一方、人々はアトラスの犠牲によって安穏と暮らしている・・・そんなアトラスに自分を喩えるのは一度や二度ではありませんでした。
禍津(まがつ)神に魅入られたように降り注ぐ奇禍の数々。それは他ならぬ他人の業の肩代わり。こんな私に誰がした?などと歌の文句じゃないけれど、天を呪い世を呪う毎日だったのです。
その私が座敷童子に出会えただけでも奇跡です。もっとも当時の私は信じてませんでしたが。

きっかけは、最近、さる人が発した一言でした。
「あなたは強運ですね」
自分は「重要文化財的不幸者」と思っていただけに、些か面食らいました。
よりにもよって、この私が強運? この人どこ見てるんだろ? しかし、気になる言葉だな。
数年前ふとしたことから、やはりあれは座敷童子だったのかなと思い始めた私には、この言葉が最後の留めに聞こえたのです。
それからは、私の中で推考の繰り返し。ああでもない、こうでもない。
そのうち、あることに気が付きました。
「強運」と「幸福」は別物である、と。

「強運」は、必ずしも「幸福」に繋がるとは限らない。使い方次第では、他人を不幸にすることだってあり得る。そうなれば、それが巡り巡って自分の不幸のタネにだって成りうる。
現に、私が強運でありながら不幸でしたからね。
(続く)

37 :座敷おやじ:03/07/13 18:22
(続き)
幸福感は相対的。その通りです。
人は、何かと比較して自分の幸不幸を判断します。(たいていは他人との比較が多いですが)
しかも幸福の有り様は、人の顔に違いがあるように千差万別、人それぞれ相違があります。裕福な家庭に育った人が必ずしも幸福とは限らないように。
私がもし、座敷童子の福徳を無条件に受け、得意絶頂のままだったら、今頃は傲岸不遜で鼻持ちならない奴になっていたでしょう。己の幸運を自前のものだと勘違いし、他人に感謝もしない居丈高で嫌な奴にね。
それでは、たとえ「幸運」ではあっても、決して「本当の幸福」とは言えません。
それほど、私は業が深いと言うことです。
そんな業深き者が強運を発動してもロクなことがない。周囲に迷惑を掛けるだけ。
その前に、業の洗濯が必要です。私の中に隠された「膿」を洗い取る作業をせねばならなかったのです。
その膿(業)を洗濯する際に生じる「汚水」が、20年もの間様々な奇禍となって現出したのでしょう。
そして、手遅れになる前に、座敷童子の「幸運」が働き、事なきを得ていた。(洗濯で言えば、すすぎの作業)
業の洗濯は、何より私が望んでいたことです。座敷童子はそのために助力してくれたとも言えます。

禍福はあざなえる縄の如し。我々は常に、不幸と幸福の拮抗する綱渡りをしているのかもしれません。
些細なことがきっかけでバランスを崩し不幸に傾くこともあれば、幸福側に落ち着くこともある。
その差こそが、まさに紙一重でしょう。
しかし、今では、こう思ってます。
「不幸を知らずして、真の幸福を知ることは出来ない。幸福のただ中にありながら、それを幸福と感じられないことほど不幸なことはないからだ」
これで答えになってるでしょうか?

参考までに。
座敷童子は、その人の童心に共鳴して出現するようですよ。
大人になるに連れ、遠い彼方に置き忘れてきた純真で素直な心に。
(長文失礼)

38 :座敷おやじ:03/07/13 18:23
>>34
私はROM専でして、たまたま座敷童子のスレがあったので
思わず書き込んでしまいました。
ハンドルもこのスレに合わせて思いついたものです。
しばらくは、このスレ専属でオカ板に居ようかと考えていますよ。

文章にも、音楽と同じリズム・メロディ・ハーモニーの要素が
あるように思います。
俗に、読みやすい読みにくいと言われる文章にしても、書き手と
読み手の生理的リズム感が一致するしないが左右するのかも。
作詞作曲をする歌手には、結構、話上手な人が居ますよね。
分かっていても、私はまだまだその域には達してませんが。w

>>35
東北では米と水が良いので、ご飯が美味い。ひたすら美味い。
私なんか、1年で10キロ以上太った実績があります。w
東北の太平洋側では、夏は、海のパイナップル「ホヤ」がお奨め。
酢で浸すと臭みも取れて酒の肴にグー。
冬はやはり毛ガニですな。安くて美味い。お土産には最適。
あと、金田一周辺に果物屋があれば、
「世界一はありますか?」
と訊いてみてください。
運が良ければ、お目にかかれると思います。
とにかく、どでかいリンゴです。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 18:44
>>36
なるほど。童子はそういう「心の洗濯」をしてくれる神、って感じですかね。
確かにそれは、まごうことなき幸運ですね。

...いいなぁ。

40 :まる:03/07/13 23:56
昨年泊まりに行きました。
緑風荘の方々は親切ですよ
食事はボリューム有った。
私は美味しく頂きました。
うちの彼は明け方トイレに行って用を足している時に
誰も入って来なかったのに他の揃えて有ったスリッパの向きが
ものの2〜3分で変わっていたので不思議がっていました。
寝ぼけてけ飛ばした訳では有りません。
そろってたのですから。。。カワイイ悪戯?

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 05:40
かーいいコだったら(;´Д`)ハァハァしたい

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 05:55
物凄くギターが上手い座敷童子見つけますた。
http://www.gita.idv.tw/movie/Speed_Kills.wmv


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 11:06
>>42 空気読め! だがワロタ

44 :山崎 渉:03/07/15 09:00

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 13:40
一年先まで予約でいっぱいってことは、それだけ目撃者も多いの?

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 14:46
むしろ貧乏神を追い出したい・・・・

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 17:41
いや、逆に福の神が危ないという説あり。
貧乏人が一生懸命働いて裕福になったとき、
「いやー、めでたい、めでたい」と
家の中にずかずかあがりこんできて、勝手に飲み食いして帰っていくのが
福の神だと言っていた人がいた。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 19:14
>>47 面白い意見だ
漏れならそれでも福の神にきてほしいね
パンかじってる生活より他人を招いてご馳走できるくらいになりたい

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 21:48
>>47
それは「むらりひょん」では?

50 :>>49:03/07/15 21:52
訂正 ぬらりひょん

引越し前などの忙しい家に入ってきて勝手にお茶とか飲んでいなくなる妖怪。
やってることはすこぶるせこいのに、何故か妖怪の総大将とか言われてる。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 12:22
遠野地方とは別なのかな?

52 :座敷おやじ:03/07/18 01:43
>>40
座敷童子は、時としてトリックスターの働きをすることがあるそうです。
ちょっとしたイタズラで、それまで気が付かなかった自分自身に気づかせたり、間違った方向へと動いている考え方に警鐘を鳴らしたり。

>>41
それが字義どおりの、あっち方面の意味なら、夢魔の標的になる可能性があると忠告しておきましょう。
スレ違いなので、こちらに詳細は書かないけど。

>>42
>>43
私もワロタw

>>45
座敷童子の福徳は、その人にとって何が大切かを優先するようですから、目先の願掛けとは違う効能があると思います。それだけに、気が付かない人もいるでしょうね。

>>50
ネットで調べると、めらりひょんの効能に、人の気持ちが分かるようになるというのがありました。
「忙」という字は、立心偏に亡くすと書きます。人は忙しいときほど心をなくしやすいものです。必然、他人への心遣いも疎かになります。そんなとき、ひょっこり現れるんだから、まさにトリックスターですな。

>>51
遠野と同じものかどうか分かりませんが、こんな考え方も出来ます。
ユング心理学には、潜在意識の投影としての神秘体験という考え方があります。
つまり、座敷童子は、その人の童心が投影されたものではないかということですね。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 05:55
遠野に限らず、岩手県はまああれがあるからな、・・・・・○し○仏

54 : ◆Ra50.com22 :03/07/18 20:49
座敷おやじさんの人柄が伝わってくるようなレスですね
>座敷童子の福徳は、その人にとって何が大切かを優先するようですから、目先の願掛けとは違う効能があると思います。
よくわかるお話ですね
あと狐がつくという話も
>それが字義どおりの、あっち方面の意味なら、夢魔の標的になる可能性があると忠告しておきましょう。
というところから出てきたんでしょうね
なかなか気軽に行ける距離でもないので夏が楽しみです。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/19 23:26
hoshu

56 :**********************************************************************満天星 ◆4fRS1Zeaew :03/07/21 23:54
座敷童子スレ発見!記念カキコ。

遠野で聞いた話ですが座敷童子は地元の方々にとって
「神様」なのだそうです。
だから「出る」のではなく「いつでもそこにいる」んだとか・・・

57 :なまえをいれてください:03/07/22 13:42
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)