5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洒落になる位の怖い話を集めてみない?part1

1 :1:03/06/17 18:54
このスレは、洒落になるくらいの怖い話を集めるスレです。
洒落にならない怖い話とは、全くの別物です。

それでは、スタート!

2 :ゆき♯かいるr:03/06/17 18:55
ゆきがいま〜すぅ☆



3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 18:55
2

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:06
浮気・不倫・売春婦にする拷問で、鋭い刃がついたマジックハンドもどきをマソコに差し込み思いっきり刃を開く!
そのままぐりぐりかき回し、二度と淫乱な行為が出来ないようにマソコの中をズタズタにする。
あと、筒状の金具を肛門にさして、糞垂れ流し。
そのうち化膿して肛門が腐っちゃうらしい。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:12
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Lavender/7709/blueb21c.swf


6 :1:03/06/17 19:34
こわいよ〜洒落にならないじゃんよ〜


7 :1:03/06/17 19:49
↑4さんについてです

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:52
下校中尾けられてる気がしたので、タイミングを見計らって
後ろに蹴りかましたら、友人だった。顎が外れたらしいよ(;´∀`)

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 19:54
・・・・・・8はDQN

10 :ちょ:03/06/17 21:44
>8
いまとなっては話のねたになると思って

11 :yari:03/06/17 22:32
age

12 :1:03/06/17 22:50
俺も話しましょう、消防のころ原っぱで遊んでたらボールがあったんで
思いっきり蹴ったら急に飛び散ったんだよ、皆ぎゃぁぁって叫びながら逃げたら
蹴った奴の体にはミミズがくっついてたんだよ

そう、ボールの正体は、ミミズの塊だったんだよぉぉ

13 :ルーイン ◆G9/zak/lKQ :03/06/17 22:51
最近バス釣りに凝ってるんです。
で、そこそこ近所(30km位離れてる)の池に釣りに行くんですよ。
その池って山沿いにあって、1周しようと思うと
林の中を通らなきゃならないんですね。
で、いつも通りポイントを攻めながら林に入ったんですけど、
今日に限ってやけに蜘蛛の巣に引っかかるんです。
いつもはぜんぜん無いのに。
以前蜘蛛の巣が多いときは霊気が濃くなってるときだ、
って聞いたんでもうビクビクですよ。
しかもルアー投げても全然食ってこないし。
やべ、なんかおかしい、と思ってたんです。
で、その林を抜けるときに小さな鳥居をくぐるんです。
うわっ!この鳥居に蜘蛛の巣がびっしり!
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

さて、帰ろうか、と思って、車に近づくと、車の中になにやら影が。
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

じゃあ、出発、と思って、ヘッドライトをつけると、
そこには水死体を思わせる男の幽霊が、
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

帰り道に前を走ってる車が、やけに脇道にそれていくんです。
やべ、俺の車の上に何か乗ってるんじゃ、
と、思ったけど、特に何もありませんでした。

14 :ルーイン ◆G9/zak/lKQ :03/06/17 22:53
俺って小心者なんだな、って改めて実感した一日でした。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:26
このあいだ、タロットを買ったんですよ(3つ目)
そしたら、呪われてるタロットらしくて…1500円なのに。
2回占ったあたりから不可解な現象が起き始めたので
後日友人に押し付けました。
なおさら酷くなってショボーン

16 :ジョン:03/06/17 23:41
洒落になる話だって?
ならいい話があるZE!!

ついこの間の話さ。
オレはその日ボブの野郎と飲みすぎちまったせいで、夜中にトイレに起きたんだ。
その途中ふとリビングの方に目をやると誰か浮いてるんだよ!!
暗くてよく分からなかったが女のようだった。

オレは昔っから霊感が強くって、よくこういうモン見ちまうんで
無視して寝たんだ。そうしたら翌朝ビックリさ!!
リビングで浮いてたのはカミさんの首吊り死体だったんだyoHAHAHAHAーーー!!!!

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 23:46
アメリカンジョーク キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 00:27
>>ジョン
それ普通に洒落になっとらんだろw

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 20:24
浅草の浅草寺に、昔幽霊が出たことがあると、
六区で商売をやっている古老に聞いたことがある。
「それはいつ頃の話ですか?」
と尋ねると、古老は青ざめた顔をして、こう答えた。

「せんそうじ」


20 :あるアニヲタの死:03/06/18 21:50
30歳を過ぎて無職だったU君は、無類のアニメおたくだった。
とくにCCさくらのファンで、さくらタン、ハアハアというのが口癖だったが、
ある日自宅でひっそりと死んでいるのが発見された。
武蔵丸事件で世をはかなんで自殺したのでは? 
とも言われたが、真相は、寝食も犠牲にしてひたすらアニメグッズを買いまくったための
栄養失調死だった。

相当現世に思いが強かったらしく、その後、彼の幽霊を見たという者が何人も現れた。
幽霊ならば、夜中に自分が住んでいた部屋にでも現れればいいものを、
U君の幽霊は事もあろうに真昼間の有明・コミケ会場に現れた。
最も目撃情報が多かったのは、コスプレ広場の近くの、
ホールの日陰になるあたりで、疲れきって休息する一般参加者に混じって、
痩せこけたU君がボーッと立っていたのを、友人が見かけたというものである。
声をかけようとすると、人ごみに紛れて見えなくなったという。
西館のブースで、オカルト本を売るスタッフの中に紛れ込んで、
うらめしそうな顔をしてこちらを見ていた、という情報もあるが、
これはどうも眉唾くさい。


21 :あるアニヲタの死:03/06/18 21:51
U君を目撃した者によると、彼は生前好きだったCCさくらのプリントTシャツを、
はじめは着ていたというのだが、奇妙なことに、コミケが回を重ねるにつれて
(U君の幽霊は継続して、夏にも冬にも現れた)
シャツの柄は、その時代に合わせて、「まじかる☆アンティーク」だったり、
「彼氏彼女の事情」だったり、「NOIR」だったりした。
果たしてU君が、新しいキャラクターグッズを買う術を心得ていたのかどうかは定かではないが、
CCさくらはともかく、U君の着るシャツのキャラは、
どうも今ひとつ大ヒットには結びつかないようだということが評判になり、
製作会社のスタッフは、次にU君がいかなるキャラのグッズを身に着けて現れるか、
恐怖におののいたという。


22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:42
こ―――ゆ―――スレか?!

こ―――ゆ―――スレだったのか ?!!

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 22:45
池田先生が鎌倉市にある、往時、日蓮大聖人様が弟子達との会合に使われた庵の跡を訪れた際、池田先生は、
「あの時は、六人だったかのう」
と、鎌倉時代を懐かしむように、言われました。

そして小湊にある、日蓮大聖人様のお生まれになった場所を訪れた際、池田先生はそこに生えている松ノ木を手でぽんぽんと叩きながら、
「大きくなったのう」
と、やはり鎌倉時代を懐かしむようにおっしゃいました。

池田先生は、鎌倉時代の記憶をお持ちです。
だから、日蓮大聖人様の生まれ替わりなのです。


今こそ池田先生の名言を、21世紀に伝えましょう。
20世紀の奇跡です。

奇跡!700年前の記憶を持つ男!
00000000000000000000000000000


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:03
中国に行っちゃいな

25 :もこ:03/06/18 23:20
ある日のこと・・・僕はふいに目が覚めた。だが布団の横には見知らぬ女が。おかんやった。

26 :ダヌル・ウェブスター:03/06/18 23:26
池田大作が死んだら、学会員は北朝鮮の人々のように嘆き悲しむんだろうか。

だとしたら、見てみたいなぁ。(笑)

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/18 23:48
>>13が好き

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:18
N県のK湖畔に出ると言う幽霊の話。

夜中に水辺を通りかかると、黒っぽい服を着た男が釣糸を垂れている。
こんな時間におかしいなと思いつつ、横目で見ながら通り過ぎると、
しばらく行ったところにまた黒服の男が立って釣りをしている。
どうもさっきの男のように見えるのだが、時間的、距離的にありえない。
変だと思いつつ、通り過ぎると、また黒服の男が釣りをしている。
さすがに気味が悪くなり、早く帰りたくなったが、
逆に好奇心も湧いてきて、男の近くにおそるおそる近づいてみた。
何だか男の下半身が闇に溶け込んでいるように見える。
こちらには気づかないようで、一心不乱に釣糸を垂れている。
勇気を出して、
「釣れますか?」
と声をかけると、男は勢いよく竿を上げて


29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:25
わくわく

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:37
はやくっくるー。くっくるー。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:38
               
     /⌒彡   __
   /  冫、) /__/
   /   ` /)/   /|  スタークロストラバーズを奏けてくれないか?
  /    ヽヽ,   /|  ジャズはいいね。癒されるよ。
  ヽ_ニつ旦    /|
  | /      /|
  /       /|



32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 21:59
つづきまだ――?

33 :28:03/06/19 22:03

「釣れたあ〜〜〜〜! 釣れたあ〜〜〜〜!」

男は(゚∀゚)アーッヒャッヒャッと笑いながら、
狂ったように竿を振り回した。

男の竿の釣糸には針がついていなかった。








34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:04
立ちションかと思った…
ホモ話期待してた漏れは真性ホモ…

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:06
やったーーーーー

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:08
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね
ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね ダヌル・ウェブスター 死ね

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/19 22:49
オフィス・オートメーション殺人事件

オートメーションの粋をこらした、近代的なオフィスでも、
その寸分の隙もない精巧さを逆手に取った恐るべき完全犯罪が・・・。

N物産の社員Aは、ささいなことから同僚のBと口論になった。
興奮したAは、手近にあったFAX用紙のロールを手に取ると、Bの後頭部を強打した。
打ち所が悪かったのか、Bは血も流さずに昏倒し、そのままコロリと死んでしまった。
Aはとっさに機転を働かせ、Bの遺体を隠すとともに、
Bを撲殺したFAXロールを何食わぬ顔で、FAX機にセットした。
凶器を隠滅するためである。

翌朝、仕事をしていたオフィスの女子事務員が突然悲鳴を上げた。
ファクシミリから排出されてくる用紙は、真っ赤に染まっていたのである。


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 00:33
>>37
ど こ が オ ー ト メ ー シ ョ ン の 粋 だ ?

39 :mogera~:03/06/20 17:26
あげましょう


40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:33
たまには窓拭きでもするか、とベランダに出て窓の方へ向き直ったら
ガラスに点々と血の様な赤いのが付いてますた。何だろう?
ここしばらく、手に怪我なんてしてないです。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 17:47
ここの三つ目の人は、どういう思考をするんだろ?
ttp://www5.plala.or.jp/OBA9ANI/sideshow/face/

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/20 21:10
「ある種のサボテンには知性がある」
ということは、植物学的に証明されている。
霊的、超聴覚的な機能により、人間の言葉を解し、反応を示すというのである。
嘘だと思うのなら試してみるといい。
サボテンの鉢植えを窓辺に置いて、語りかけてみるのだ。

「お――い、サボテン。そんな所で何やってるんだ?」
「うん、サボッてん」


43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 02:03
>>41
これは本物?すごい…

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 04:15
誰か42に突っ込んでやれ。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 06:00
洒落になるくらい、じゃなくて、こんなクソおもんないダジャレじゃ

    コ  メ  ン  ト  で  き  ま  せ  ん

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 08:04
洒落になるくらい、じゃなくて、こんなクソおもんないダジャレじゃ

    コ  ン  ト  で  き  ま  せ  ん


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 10:22
>>42
これは本物?すごい…

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:25
今年で74になるうちのじい様の話。

じい様が20代の後半の頃だから、もう40年以上前。
左官をしていた彼はその日の仕事を終え、バイクにまたがって家路についた。
当時は道路も舗装されてなくて、また街灯もない。
暗い夜道をバイクのヘッドライトだけを頼りに走っていた(8時過ぎだったらしい)。

川沿いの道を走っていた時、一瞬目の前の道がわからなくなった。
どこが道路でどこが川なのか判らなくなったらしい。
どうやら道から川に下りるスロープ状の通路があって、そこに入ってしまってたらしい。
よく見ると彼は川の中。といってもほとんど枯れ川のような状態なので水に浸かったりはしなかったらしい。


49 :48:03/06/21 11:30
しかし、その川は道路から3メートルほど低くなっている。
当時彼が乗っていたのは250ccのバイク。
今のよりもずっと重いから、川から道までバイクを上げるには誰かに手伝ってもらわなければいけない。
一番近い集落まではちょっと離れていて、ここから呼んでも聞こえそうにない。
かといって呼びに行けば、バイクの重み+荷台の道具の重みでスタンドがめり込んで倒れてしまう。
どうしよう・・・としばらく悩んでいたそうだ。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:30
>>42これって、やばくない・・・?

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 11:32
やばいよ やばいよ

52 :48:03/06/21 11:36
しばらくそうしていると、道のほうで女性の声がした。
どうやら近所の寄り合いの帰りか何かのご婦人たちが数名いるようだ。
助かった、これで助けを呼んでもらえる。
そう思って彼は真っ暗な川の中から彼女たちに声をかけた

「おーい」

「ぎゃ〜〜〜〜〜!」

彼の声を聞いたご婦人方は大きな悲鳴を上げて一目散に走って逃げたそうだ。

10分ほどして、さっきのご婦人方と、鍬やら鎌を持った近所の男衆十数名がやってきたらしい。
で、彼は事情を説明して助けてもらった。

以上、ウチのじい様の笑い話でした。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 14:21
>>41
ttp://www5.plala.or.jp/OBA9ANI/sideshow/face/will/
後から描いたんだって。

54 :mogera~:03/06/21 17:39
agerunn

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:44
D氏にはかねてから悩みがあった。
食卓のキャベツには醤油をかけるべきなのか、ソースをかけるべきなのか?
コロッケの場合はどうなのか? 醤油をかけてはいけないのか?
寿司には醤油を用いることになっているが、なぜソースではいけないのか?
両者を区別することによる精神的ストレスの大きさに人は思い至るべきではないか?

ある日、D氏はひらめいた。
それなら醤油としてもソースとしても使える調味料を販売すればよいのだ!
D氏は巨費を投じて、新製品「ソー油」を開発、売りに出した。

・・・半年後、D氏は自宅で首を吊って自殺した。


56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:46
F氏にはかねてから悩みがあった。
毎日料理に使う味噌はなぜいちいち専用の桶に保存して、
調理のたびにヘラですくって使わなければならないのか?
似たようなものでマヨネーズやケチャップは直接ビニール容器から搾り出すではないか?
味噌を容器に貯蔵することによる主婦の労力の大きさに人は思い至るべきではないか?

ある日、F氏はひらめいた。
それなら味噌も搾り出し式の容器に入れて販売すればよいのだ!
試作品の実験の結果、味噌は勢いよく容器からほとばしり出た。
これはいける! F氏は巨費を投じて新製品を売りに出した。

・・・半年後、F氏は自宅で首を吊って自殺した。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 18:54
教訓:見た目も重要。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:19
で、俺は今味噌汁を飲んでいるんだが。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:22
>>57
でも、カレーはQPから出てるよな。パンに塗るやつ。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 19:31
チョコのもでてますわよ

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:01
リアルさの差と、味噌が日本の伝統的食文化である点の違いと思われ。

62 :京都人:03/06/21 21:07
姉貴の友達が昔、祇園祭に行こうと思って、仕事のあと家に帰って
シャワー浴びて水色の浴衣来て、洗い髪をさらりとなびかせ
タクシーを停めようと道に出て手を挙げた。
しかし来るタクシー来るタクシー、すべて彼女を見ると停まるどころか
猛スピードで走り去ってしまう。

そりゃそうだ。
彼女の家は深泥が池の側だった。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:19
>>62
どゆこと?

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 21:32
「あたしってぇ ゲラ子だからぁ」

そう言って、素っ裸のままゲラゲラと笑い転げた豆タンクのブスはと言えば
てるみにそっくりのカバ面(づら)で
異様に大きく薄茶色の乳輪から、7センチはあろうかという剛毛が1本だけ生え
ケツには赤黒い吹き出物がブツブツと

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:03
>>64
神降臨ですか?


66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:21
飼ってるタランチュラが逃げた、アレは怖かった
¥8000もしたタランチュラだったし

67 :東京人:03/06/21 22:27
>>63
−浴衣を着た髪の濡れた女が、花魁淵の近くに立っていた

そんなの見たら速攻逃げるだろ?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/21 22:51
>>66
タランチュラって2〜30万くらいするって聞いたけど

69 :66:03/06/21 23:22
>>68
たしかにその位のも多いが、俺には¥8000が限界
米、欧で養殖されてるのは若い個体は5000〜1万が普通。

70 :agemasyiu:03/06/21 23:46
ageagepa

71 :age:03/06/22 01:43
age

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 17:33
>>56は分かるけど、>>55のD氏が自殺した理由が分からん。
誰か解説キボンヌ

73 :洒落にならん・・・:03/06/24 17:35

64 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:03 ID:X7zMTvw/
友達のハムスター食べた。(実際には噛み千切ったまでで、飲み込んでは
なかったらしい)


67 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:34 ID:vuZWp+1l
>>64
あ、あの・・・


68 :おさかなくわえた名無しさん :02/10/16 22:35 ID:Ua7XHsZN
>>64
ひいいぃぃぃぃ!ハムスターが可哀想!!



74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 17:35
>>72
ソー油は失敗だったんじゃないか。せめてマヨケチャップだったら・・・

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 20:40
たまには掃除でもするかと部屋を引っかき回してたら、
セブンイレブ●で売ってる100円シリーズの
フライドポテト(ビニール袋入り)が出てきた。
私の記憶が正しければ、これを最後に口にしたのは数ヶ月前。
ビビってたら、ビニール袋の端から強い粘性の黒い液体が。
即効でゴミ袋に突っ込んで表に出した。
しかもその物体からクサイ匂いがまるで感じられなかった。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/24 22:15
>>75
それはもしやゴキブr(ry

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 02:33
昔、知り合いの家で1年前のフルーツ牛乳なら飲んだ。
冷蔵庫開けたら入ってたんで、紙パック持ちながら飲んでたら
ふとそれを見た友人がなにやら固まって絶句。
味も舌触りも普通だったので何喰わぬ顔でゴクゴク飲んでた俺。
賞味期限表示を見ろ、と。その後お互いにギャー。
2〜300mlくらい一気に飲んだけど、結局腹は壊しませんですた。
俺の体異常なのかもしれん。

つーか捨てろよな。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:08
age

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 15:17
>77 がコワー!

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/25 17:25
>77
他人の家のモノ勝手に飲むなよ。
・・・っていうか、冷蔵庫を開けるところからして、何か間違ってると思う。

81 ::03/06/26 22:55
ageagepannmann

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/26 23:03
>>77
食品添加物の入りっぷりがコワー

83 :ma :03/06/27 17:04
agepannmanndayoli

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 18:00
韓国って水死体の身元調査のために平気で駅とかに
水死体写真(モザイクなし)を貼るんだよ。
まぁアジアでは格下の存在だけど、それでも文明社会にある
国じゃんか。旅行したときその写真見てびっくりしたよ。
妻もモロそれ見て、初日に見たからもうその後台無し。
ロッテワールドに行っても焼肉食べても
顔がパンパンに張った水死体の顔がちらつく。
チョンの脳がどうなってるのか洒落にならんくらい怖いと感じた
旅行だった。


85 : :03/06/27 20:33
何でも書いていいそうだ
http://8414.teacup.com/meiget51/bbs


86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 20:54
先日、ワイフとテレビで野球観戦していたんだ。
三振ばかりしている4番バッターに向かってオレは言ってやったんだ、
「オレだったら子供用のバットでホームランを量産できるのにな!」
そしたらワイフがこういったんだ
「あら、あなた野球のルールも知らないのに?」
オレは言い返したね
「何言ってんだ、これでもガキの頃はスラッガーで通ってたんだぞ。
 野球のルールなんて生まれたときから知ってたさ!」

そしたらワイフが言ったんだ

「あら、それはごめんなさい。あなたが子供用のバットだなんて言うから
 野球では自前のバットと同じサイズの道具を使わなければならないと
 勘違いしているのかと思っちゃったわ。」

ってね。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:23
>>86
人造人間とその女房

88 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/27 21:24
大阪での話しだ。
化け猫の怨念のはなしや。
こわいぞ〜、ションベンちびるかもしんない。

ええか、よく聞くんやで、、、じゃあ、話すで。
わてがな、御園座いうたらとこの横にある居酒屋の二階に居候
してた頃の事や。
夜遅うに帰ってきて、真っ暗な店を通って2階へ上がろうとした時や、

あのなあ〜、かいだんに ねこがおんねん。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:34
>>88
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 21:35
学校の階段


























ぷっ!笑っていいぞおまえら、
ほれ、遠慮すんな、笑え。

91 :淫槍ぐんぐにる ◆MIHOsEVEpo :03/06/27 21:36
裏返し
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030627-00000076-kyt-l26

92 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/27 23:30
この話は、元妻から絶対に話さないでくれと念を押されていた。
妻は2年前に高速道で追突されて、半月後に死んでしまった。

その妻が結婚して間もない頃に、始めて郷土料理を作ってくれた。
もち米に山菜を入れて炊いたご飯だった。

わたしは、できたての「山菜御膳」を口にほうばった。
しかし、水が足りなかったのか、

「こわくて こわくて、、、、、、」。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/27 23:37
>>92
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル


94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 00:19
>>92
東海地方では、「硬い」ことを「こわい」と言いますね。
うちの婆ちゃんがイカ刺し食う時によく使います。

95 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/28 00:46
新婚の頃は、毎日お互いに貪り合う様に身体を求めて抱き合った。
わたしは或る夜、妻にバイブを使おうとした。だが、妻はかたくなに拒んだ。
「わたしはそんなの使うのは嫌、絶対にゆるせない。馬鹿にしてるの。」

それでも、どうしても使いたかったわたしは、嫌がる妻を捻じ伏せるように
して強引に外陰部に押し付けた。それから数分後、妻は信じられないような
喘ぎ声を出して果てていった。
その後は、妻の方から要求するようになった。どうも人一倍敏感な性感を
あそこに持っていたらしくバイブの虜になった。

妻が事故で死んで納棺する時に、誰にも知られないように、身体の下に妻の
お気に入りのバイブをそっと入れておいた。黄泉の国へ行っても不自由な思い
をさせたくはなかった。焼却前にそっと出せばいい。

焼却室に入って、簡単な読経が済んだ後、わたしは棺の蓋を少しをずらして
もらって、最後のお別れに妻の両脇をそっと抱いた。そして下に手を差し入れて
バイブを出そうとした。しかし、あるべきところになかった。車で搬送中に動いて
しまったに違いない。しかし、いつまでもゴソゴソ探している訳にはいかない。
妻の遺体から離れた。

その時だ、どういう訳かバイブのスイッチが入ってしまったらしい。
ウイ〜ンという音がしたかと思うと、棺おけの底板が共鳴しだして、ガガガガガ、
ブルブルブルブル〜〜〜グイ〜〜と、あの独特なノイズが静かな焼却堂いっぱ
いに響きだした。

親戚縁者一同は、凍りついた様に固まってしまった。妻の妹を見たら、肩を揺す
らせて下を向いていた。泣いてるのではなく、必死に笑いをこらえているのだ。
何が起こっているのか分かっているのだ。他にも何名かは事態を察したらしく、
後を向いて肩を揺らしていた。

その時の、義父の顔は実に怖かった。


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/28 10:34
>>95
(((((((麦)))))))))ムギムギブルブル


97 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 19:19
蛇か、性悪な生き物ですね。
これほど忌み嫌われる生き物も、余りない。
輪廻転生があるとすれば、前世は何をやったんでしょうか。

太平洋戦争真っ只中の事です。アメリカ軍は、日本本土上陸を決行しました。
沖縄です。激戦でした、悲惨な戦闘の代名詞になってます。

沖縄に上陸する米海兵隊の間でも、恐れられていた事があります。それは毒蛇です。毒蛇に咬まれたら
咬まれた所を切り落とすか、死ぬしかない。毒蛇の中でも、特にハブは恐れられていた。

スチーブン一等兵も、上陸の際には、上官から毒蛇ハブにはくれぐれも注意する様に教育されていた。
そして上陸後、民家の石垣から蛇がニョロニョロと頭を出した。
スチーブン一等兵は、ビックリして、思わず英語で聞いた。

「おまえ、ドク持ってるか。」 :ENGLISH

ヘビが答えた。「イエス、 アイ ハブ。」

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:28
老婆は朝食の支度を急いでいた。
七歳になる孫がいつもより早く目覚めたのか目をこすりながら老婆に問い掛ける。
「おばあちゃん、今日はなんの味噌汁?」
「今日、フの味噌汁」

恐怖の味噌汁・・ぎゃあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:30
男はいらつきながら街をさまよっていた。
パチンコ屋の前で立ち止まると吐き捨てるように呟いた。
「開くの10時か・・」

悪の十字架・・ぎにゃあぁぁぁぁぁぁ!!!!

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:31
100get!!

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:38
子供が輪になって遊んでいた。
無邪気にはしゃいでいる様子が微笑ましい。
子供「わーい」
子「わーい」

こわーい話・・ぐげらぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:42
老婆は七歳になる孫に尋ねた。
「おなかすいたかえ?」
「うんなんかちょーだい」
「ゆでたまごをたべる?」

茹でた孫を食べる・・あんぎゃぁぁあぁあぁぁぁぁ!!!

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:43
誰かつっこみやがれ

104 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/29 20:44
駄洒落スレになってるw
こういう子供っぽい駄洒落けっこう好きだなぁ

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 20:46
>>103
ごめん、笑ってた

106 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 20:58
あるところに おじいさんと おばあさんが住んでいました。
おじいさんは山へしば刈りに おばあさんは川へ 洗濯に行きました。

おばあさんが 川で洗濯をしていると 川上から 大きなモモが
ドンブラコッコ エッサッサ ドンブラコッコ エッサッサと流れてきました。

おばあさんが モモを お家に持って帰って 切ってみると、
中から桃太郎が あらわれました。、、、 とさ。


え〜〜〜〜〜!! モモの中に ももたらう がいたんけ。 植物の桃からに・ん・げ・んが〜〜〜
キキキキキ、、、、、キモ〜〜〜〜、キモイでつ。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 22:16
しかも服着てんだよね。
たぶん誘拐されたあと桃の中に入れられたんだと思う

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:13
ももを割ったら中の桃太郎も「さっくり」と割れていました
つーのをしらんかえ??

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:20
今上天皇がディスコ(伝聞ママ)に行きました。
陛下はノリにノラれ、フィーバーしまくってます。
侍従が痺れを切らして「もうそろそろ帰りませんか」といいました。
陛下は答えました。

「今ノってんのぉ」 =今の天皇

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:24
昭和天皇がショーパブに行きました。
しかし時既に遅く、店はもう閉まってます。
陛下は残念そうにおっしゃりました。

「ショー終わってんのぉ」

111 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/29 23:28
「ポン!」  :膝を打つ音
なーるほど。そーゆう事でしたか。
そこまでは、わたくしめも考えが至りませんでした。

イヤ〜〜、これはパパ一本取られちゃったなあ、あっはははは、、、、、はぁ〜ぁ。


112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:31
大正天皇が魚釣りに行きました。
立派な鯛が1匹釣れました。バケツに収まりきらないほどです。
陛下は鯛を抱えると背中に背負い、答えました。

「鯛しょってんの」

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/29 23:35
明治天皇が部屋に篭もられ、何やらモゾモゾやっています。
案じた侍従が「お上、何をなさっているのですか」と尋ねました。
陛下は答えました。

「目いじってんの」

114 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/29 23:39
く、くだらね〜w

115 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 00:27
最近の都会に住んでいる人達には、「コメ、ヌカ、ミソ」が不足しています。

なーんでか? よいこのみんなには、ちょっと難しいかな!!


116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 00:43
>>115
つづきは?

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 00:49
どうせくだらないオチなんだろう。…ツヅキボンヌ。

118 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 00:51
>>116
えっ!
だ、だから なーんでか?って、、、

タイムリミットは、6/30の20:00まで。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:03
>>118
質問です。
それまでにこのスレが埋まってしまったらどう責任をとるのですか?


120 :いい人:03/06/30 01:08
な、何だろ??
えーっと、みそが無いから、NOみそ(脳みそ)とか?
んなわけないよね??
ちょ、ちょっと待って、ヒントまだ出さないで!!

121 :いい人:03/06/30 01:12
こめない・ぬかない・みそない・・・。
ああ〜駄目だぁ!!!意味が全然通らない!!

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 01:59
クラスのなかでいじめられっこの女の子がいた。このこをA子とする。
直接いじめていたわけではないが、いじめを見て見ぬ振りをしたり、笑ったりしていた女の子がいた。このこをB子と呼ぶ。
ある日B子が道を歩いていると、A子がマンホールの上で

「きゅー!きゅー!きゅー!」

と叫びながら楽しそうに飛び跳ねていた。
「あんた、なにしてんのよ」
「きゅー!きゅー!きゅー!」
「ちょっと!なんとか言いなさいよ!」
「きゅー!きゅー!きゅー!」
あんまりA子が楽しそうに飛び跳ねているので、B子は思った。

いつもうつむいて唇をかんでいるA子が、とても生き生きとして見える。
マンホールの上で「きゅー!きゅー!きゅー!」
と叫びながら飛び跳ねることは、実はとても楽しいことなのかもしれない。

「ちょっと!あんたどきなさいよ!あたしがやる!」
「…」
「どきなさいって!」

そしてB子は元気良く飛び跳ねた。
「きゅー!きゅー!きゅー!」

次の瞬間、目にも留まらぬ早さでA子はマンホールのふたを開けた。
もちろんB子はマンホールのそこへまっさかさま。

すばやくふたをしたA子は、ふたたびマンホールの上で、楽しそうに飛び始めた。
かけ声が変わった。

「十!十!十!」

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 02:07
まむしが出てきた。
「おまえ、毒もってんのか!?」
「イエス。アイマムシ」

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 03:53
( ´Α`)

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 04:11
>>122
改悪
>>123
馬鹿


126 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 08:24
>>119が「いい質問」をした。

オレも、地元の町内では、「仏の山さん」と呼ばれて、ちっとは名が知れた男でとおってる。
このあいだも、お年寄りと道で会うと、オレの後姿に手を合わせて拝んでいるじゃあねえか。

「じっつぁん、 そんな事をしちゃあいけねえ、オレは人様から拝まれる人間じゃあねえよ。」
そう言って、オレはじっつぁんをおんぶして送って行った事があった。

なあ、「仏の山」と言われたオレが、こうやって頭を下げて頼んでいるんだ。
今夜の20:00までの辛抱だ。
20:00になったら、おめえもオレもドーッと大笑いよ、腹の皮がよじれるぜ。楽しみだなあ。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:07
あと10時間か。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:16
>>16
ブラックジョークスレに、友人の目玉をくり抜いたとかいうベストつまらん話を書いて話を修正
されてたアホだな。
最後に大騒ぎすれば面白いと思ってるアホ

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:19
 ∧ ∧  
( ・ v ・ )
(___)          ワクワク

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 10:22
>>23
すげえな。尊敬。
松ノ木とかもいいが、歴史的事実をいろいろ聞きたいね。
宗教的なお話は信者の方々に伝えてあるのだろうから、一切(w お聞かせ願えなくて結構。
当時の生活習慣とかを知りたいから、一ヶ月間当時と同じ生活して見せていただきたいなー。
山小屋と鉈くらいは提供するから、そこから当時と同じ生活をはじめてみてほしい。
当時の口語も、今の日本語と同じだったか知りたいから、当時の話し方もしてみてほしいね。

131 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:42
>>116.117.119
回答です。

都会の人たちに不足しているのは
「こめ、ぬか、みそ」と言う事でしたね。

では、モニター見ながら、声に出して言ってみましょう。ハイ
「こ〜め〜、にゅ〜か〜、みーしょー」

次ですよ
「こお〜めい〜、にゅ〜け〜、みーしょう〜」

ハイ、最後になります。大きな声で
「こぅ〜みぃ〜にゅ〜けぇ〜しょん」

そーです
「コミニュケーション」です。都会の人には足りないですね。
もう大爆笑です。う〜〜腹が痛いでつ。


132 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:43
>>131

ワッ、ワッ、ワッ、ワアーーー。すごいです、!
友達にすぐ電話して、教えて上げなきゃ、、、。

感激したです。これから「師匠」って呼んでいいでつか。
洒落を作るコーディネイトは、こうでねえといけないんですね。勉強になります。


133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 19:45
>>131

思わず拍手してしまいました。いま、友人が転げまわって笑ってます。
わたしも「師匠」と呼ばせて下さい。


134 :よ〜し、パパも書いちゃうぞ!:03/06/30 19:46

ははははは。君たち「師匠」と呼ばせてくれだなんて、困ってしまうなあ。
でも、せっかくそういうのだから、次回作からは「師匠」にするよ。
いやー、ほんとに、まいったなあ。


135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:14
>>131

いい。
いままでのにちゃんには見られないセンスです。
現代の都市空間に対する社会性も盛り込まれていて感心します。
次の講演使わせて頂きます。
次第にこのスレもアカデミックになってきましたね、喜ばしい事です。


136 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/06/30 20:24
>>131
素晴らしいセンスですね。。まさにオカルトです。。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/30 20:51
>>131
正直がっかりしました。
ありがとう、>>131!!

138 :師匠:03/06/30 21:43
あーよかった、安心安心。大成功だった。
正直ホッとした。

バカ、うぜえ  なんて言われて、石ぶつけられたら
どーしようかと思たよ。
にちゃんで、話を引っ張って、んこ厨房の逆鱗に触れたら、
理由もへったくれもなく、ポアされちゃうからね。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 00:55
>>138
おもしろかったんですけど
師匠、調子に乗るのもエエ加減にして下さい。


140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 04:53
師匠に勇気を出して一言(;´Д`)ノ

  ひ ね り す ぎ

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 12:46
このスレ。良いスレ。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:40
ジョン 「ヘイ、サム、君の家の前に戦車が止まってるけど、一体何が起こったんだい?」
サム 「オー、ジョン、あれはミーのワイフだよ」

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:58
>>122
今、ようやく意味がわかった。
それなりに怖いな。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 14:59
洒落にならん位寒い話だ。



嫌じゃないけどさ。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 15:25
実際にはマンホールの蓋はひどく重いので、少女が持ち上げることなど
できないよ。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 18:18
>>145
特注カーボンのマン穴蓋なんだな・・・これが

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 20:58
>>143
つかあの話は元ネタがあんねん…とマジレス。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 21:53
男は、黒社会の大物だった。
彼の指令ひとつで、何人もの血が流された。
人は彼のことを「死神」と呼んで恐れた。
そして男は、警察や、彼をつけねらう殺し屋の魔手を避け、
完全に地下に潜伏していた。
彼は日々居場所を変え、彼と連絡をつけられるのはごく限られた側近だけだった。
ところがその日、彼の秘密の潜伏先で電話が鳴った。
馬鹿な! ここに自分がいることは、まだ誰にも教えていない!

男はおそるおそる電話に出た。
「もしもし」
「・・・ですか?」
先方は自分の名前を知っていた。
「どうして・・・ここがわかった?」
男は、震える声で訊いた。携帯電話を握り締めて・・・。


149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:35
マトリックスみたいだな。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 22:36
>>145
10倍海王拳使えば持ち上げられるよ。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:18
侍従の方より伺いました話によりますと、
今上陛下はたいへん英邁におわし、
開明的なお考えの持ち主でいらっしゃるとのことでございます。
湯浴みなどをなされます時も、お付きの者が湯殿にてお世話をいたしますのですが、
けしておごり高ぶるような振る舞いなどはなされません。
つねに周囲をお気遣いあそばします。
「陛下、前のほうをお流しいたしましょう」
「朕は、自分で洗う」


152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/01 23:31
>>147詳細キボンヌ

153 :(@'ω'@) ◆n.qWqfl1rs :03/07/01 23:48
>>148
ブラックな人柄なのにまぬけなとこにワラタ!!


154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/02 01:43
>>152
147じゃないけど漏れもどこかで読んだ。新耳か超怖だったっけ?

155 :熱血漢 ◆4VKAoQd01U :03/07/02 03:42
>>152
黒人が白人を落とすバージョンが元ネタじゃないかな。
>>154
ブラックジョークのスレにあったと思う。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 19:08
父から実際に聞いた話です。

木工職人だった父が夜遅く作業場の片づけをしていると、
背後で人の歩く足音がします。
オガクズを踏みしめるさく…さく…という音がはっきりと聞こえます。
こんな時間に人が来るなんて。不気味に思った父が振り返るが誰もいない。
足音も止みました。
そしてまた片づけを始めると足音が。
振り返ると誰もいない。
何度かそれを繰り返しているとだんだん面倒くさくなってきました。
いくら足音がしても振り向きません。
そのうちに相手もしびれを切らしたのか
今度はかりかりと木を爪で引っ掻くような音がします。
そこで父親が振り向くと、どう考えても背が届かない高さの窓に、
男の顔がのぞいていました。
父が、「なんだお化けか」と言うと
「なんだとはなんだ」と怒られてしまったそうです。

繰り返しますが実話です。
その後父は特に変わったこともなく先日は釣りに行ってミツバチに刺されました。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/03 20:58
最後の最後でワロタ

158 :**********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 12:00
『なんだとはなんだ』キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!!

159 :師匠:03/07/08 19:08
遊歩道の途中から、沢へ降りる細い道が伸びている。いわゆる獣道のようなもので、
地元の山菜採りか、岩魚の穴場狙いの竿師しか通わない道である。既に日は暮れかかっていた。
滑るのを気を付けながら30分ほど降りていくと、川の水が流れる音が聞こえてきた。
やっと沢へ辿り着ける。これで冷たい渓流の水で顔を洗って、一息つけるな、とホッとした。

何気なく足元に目をやると、カエルとナメクジとヘビが歩いていた。でも、どこか様子が変だ。
歩いてきた跡に、ところどころ鮮血がポタリポタリと落ちている。三人の内の誰かが怪我を
して血を流している。
誰が怪我をしているのだろう。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 20:46

蛇の道はヘビ

161 :師匠:03/07/08 21:36
ブ〜〜〜、です。
あと もーいっかい回答できます。

162 : :03/07/08 21:50
山菜採りのおばさんの生理の血


163 :師匠:03/07/08 22:12
ピンポ〜〜ン、にしたいのですが、
土地のおばさんは、葉っぱみたいのしか食ってないので、栄養不良で
とっくに生理が上がってた、とさ。

当たったら、ガセネタでないほんまもんの心霊写真をうpします。

164 :  :03/07/08 22:19
じゃあ竿師のサオからの流血


165 :師匠:03/07/08 22:38
う〜〜ん、すばらしいセンスをお持ちです。

「竿師のサオ」なんてセリフは、並たいていの学問で言えるセリフじゃあ
ありません。
仕立て屋だからいとなむ、傘屋だから張りなむ、竿師だからサオです。

で、回答です。
「ヘビ」です。

へー、ビー、チー、デー、、、、、なんちって、ははははは、大笑い!!!
(A,B,C,D)


166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/08 23:17
私は、以前このオカ板に来て、あるスレを立てました。
それ以来、頻繁に私の周りで奇妙な事が起こりました。
たまりかねて、お寺の住職さんに、事実関係を話し徐例して下さいと電話で
依頼しました。返答は
「うちの宗派では徐霊できません、あなたの気の迷いです。」と言われ、
「もし、あなたの気がすむのであれば、似たような事はします。」
と言われました。そして「本気で徐霊する意思があれば、神社を教えます」
と言われました。早速その神社を教えてもらい、最後に「おか板の他のスレット
から影響されている」と言われました。今まで住職さんが言っていた事とは、
矛盾する発言で驚きました。
明日、教えられた神社で徐霊してもらう事にしました。


167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 07:53
昭和初期、戦争の影は、演芸の世界にまで押し寄せてきた。
落語界では、当時、時局にそぐわないとされた数々の噺が、
寄席にかけることを禁じられ、東京では噺塚と言われる塚に葬られた。
言論統制はこういうところまで、徹底して行われたのである。
禁止ネタの多くはバレ噺、つまり男女の情交を描いた色っぽい噺であり、
とりわけ間男を扱ったネタなどは、出征兵士の帰りを待つ妻が多い時局柄、
洒落にならんということで弾圧された。
ところが上演禁止にされたネタの中には怪談噺も含まれていたそうである。
上方ネタで、歌舞伎役者・坂田藤十郎を主人公にした噺だが、
噺が著しく不道徳、かつグロであったことから禁演となったものらしい。

男色家でもあった藤十郎が、ある夜、男娼との情交ののち、片膝に大きな腫瘍ができる。
それはやがて人の顔のようになり、口のようなところから大量に血膿を吐き出すようになる。
刃物で何度切り落としても、顔はその痕に浮き出してきて、さらには全身に転移する。
藤十郎は悶え苦しみながら狂死していく…という内容であったらしいが、
実際の藤十郎伝にそのような記録はなく、
脱疽で手足を切った江戸の役者沢村田之助が
モデルではないかと言われているが、詳細は不明である。
上演が禁じられた噺には、戦後になり解禁されたものが多いが、
この噺はもともと演ずる者が少なかったことから伝承者がおらず、
今日ではまったく聞く事ができない。


168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 07:55
戦前に上方の桂萬紅(代数不明)という噺家が持ちネタにしていたということであり、
彼の速記の一部が残されている。問題の噺の断片らしきものもあるので検証してみよう。

「と・・・藤十郎様! い、いったいそのあさましいお姿は?!」
「おお、佐吉か。見ての通りの有様や。
わての身体中に巣くった人面瘡が、夜な夜な血ぃと恨みの言葉を吐きよる・・・」
「お・・・おいたわしや――っ!!」
「親の因果が子に報いたんか・・・わてが踏み台にしてきた女どもや、
役者どもの恨みが積み重なって、繰り言恨み言を言わせるんか・・・。
いずれにしても役者としての藤十郎はしまいや・・・」
「藤十郎様・・・そないに気をおとしはったらあきまへん」
「しかし、このざまではわてはもう舞台にはあがれんのだぞ、佐吉」
「そうや、ひとつ冷たい蕎麦でも食いに行きまひょ。
何ぞええことでもあるかもしれません」
「何? 冷たい蕎麦とな、そりゃまたどういうこっちゃ?」
「よういうやおまへんか。『じんめんそーめん冷やそーめん』て」

なお萬紅は、終戦直後、酔っ払って進駐軍のジープにはねられて死んだということである。


169 :師匠:03/07/09 12:30
落語に造詣が深く明るい。わたしなんか聞きかじった程度で実に暗い。どこかで提灯でも借りてこない
とまともに歩けません。

「あーめん そーめん 冷やそーめん」
遠ーい昔に聞いた事があるような、懐かしいはやし言葉です。ノスタルジーがあります。
わたしは落語の語り口が好きです。冗長なようでいて、一元半句の余分な言葉のない研ぎ澄まされた語
り、絶妙の間、二言三言の言葉で、登場人物の人となりが目の前にぱーっと広がってくる語り口は見事
です。

「人面瘡」の萬紅さんは、進駐軍のジープに跳ねられたのですか、合掌です。
戦後の新作落語の雄であり「純情詩集」で熱狂的な人気を得た「歌笑」という方も、銀座で、アメリカ
兵のジープにはねられて即死してます。

「おでき」を扱った噺には、「なめる」というのがあります。男が、大家のお嬢さんに芝居小屋で見初
められるという事になって、見知らぬ寮に連れ込まれて、お乳の下のおできをなめてくれと言われる。

「じつは、あたくしの、、、、、あのう、、、、お乳をなめていただきたいのでございます。」
「え?  お嬢さまのお乳を? 、、、、、へえ、、、あのオッパイをでござんすか? このあっしが、
、、、。」

この噺、なめるのは女陰であったという。なんかその方が面妖な風情があっていいように思うのだが、
、、。
その「なめる」を念頭において書いたのが、本家「死ぬ程洒落にならない恐い話パート43」の>186〜
>187だ。


170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 13:13
なんだこの糞つまらない捨てコテは。
マジ勘弁。

171 :師匠:03/07/09 14:22

>>170
「マジ勘弁。」だって、ぷっ!!!
どっかで拾ってきたようなセリフを言いやあがって、「大物」ぶってるのかおめえは。
いかにもにちゃんのお目付け役って格好つけてるな。
このスレなんかだーれも見てねえぞ、おまえだって分かってるだろうが。

それなのに、「マジ勘弁」だって、笑わせてくれるなあ!!
こんな小さいだーれもいないような板で、大物ぶって『マジ勘弁』だって!!
こんなとこでしか荒らせねえか、常連コテハンの前に行くとマジびびっちゃうか!
男なら、荒らし甲斐のあるところをやってみそ!

情けね〜〜、おまえみたいなヤツの事を『お・と・こ・の・ク・ズ』という。


172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 15:26
何やら取り込み中のところのようですが・・・
ここでいいかな??
昨晩「オカルトだ・・・」って体験しました。
ラブホ行ったのね?なんか緑にライトアップされてて。
で、普通に部屋番号押したらキーが出てきて
部屋に行ったの。311号室の案内に何故か
「アイスコーヒー」と書いたプレートが下がってて
「なんだろ?くれるのかな?」って。
で、部屋をあけたらエアコンはガンガンに効いてるのに
本当に何も見えないぐらい真っ暗闇。
電気どこどこ??ってそれすら見えない。
携帯の撮影用ライトで照らすと、電話が見えたので
彼がならすもフロントがでない。
ここで「しまった!玄関あくか?!」って言われて
慌てて携帯で照らしながらドアに・・・
「開いた!開いたよ!!」「よし出よう」と出たの。
フロントに降りても誰もいないの。
鍵を置いて逃げたよ・・・怖かった!
不思議だったのが車もあって、利用者もいた感じ。
何だったんだろう・・・本当に怖かったんです。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 15:54
↑狐に騙されたんちゃうの?

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 15:58
↑タヌキでしょ?

175 :172:03/07/09 16:06
>>173
狐に騙されたってこんな状態?!
狐でもたぬきでもいいけどもうご免だよ
今も震えてるよ

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/09 17:12
age

177 :´l`布い:03/07/09 18:43
集中力が無く優柔不断な人は化かされ易い。

178 :桂萬紅:03/07/09 19:16
>>169
あんなあ師匠。167-168 はネタでっせ。
本気にせんといてください。

179 :師匠:03/07/09 23:03
>>178 桂萬紅

ネ、ネ、ネタでつか、、、、。恐れ入りました。

枕もあって、上手い噺です。
「萬紅」は、字面にそこはかとない格調があって、短命の卦が出てます。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 23:21
晒しアゲ

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/10 23:32
月日は流れ長崎幼児殺害事件の少年は大人になり結婚をし、息子もでき父親になった。
世間の人はもちろん、本人もこの事件のことは忘れていた。
父親となった少年は、家族みんな仲良く、ごく普通の幸せな生活を送っていた。
息子が4歳になった誕生日に、父親は息子と二人で大型玩具店へとプレゼントを買いに行った。
抱えきれないほどたくさんのおもちゃを買ってもらった息子は、
早く家に帰りたくて立体駐車場にとめている車へとはしゃぎながら走っていった。
父親があとから車の所に着くと、息子は後ろを振り返りこう言った
「今度は落とさないでね」



182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 01:09
「夢十夜」でつね。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/11 07:37


184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 10:07
亀だが、
チューブ式の味噌が出ない理由は見た目ではない。
味噌は発酵するので、密閉容器に入れると容器が膨張して破裂してしまうからだ。






・・・いや、オチなんて無いっスよ?
何も無いです何も。ログ読んでたら気が付いたから突っ込んだだけ。そんな目で見ないで。

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 11:11
>>184
ふたつきの売ってるよ
出汁入りのヤツ
マルコメかどっかで

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 11:58
>>184
マジレスすると、発酵する味噌としない味噌があるので50点

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 12:13
昨日、彼女とドライブにいったのさ
先輩から教えてもらってたデートスポットに入ってみた
湖のそばなんだけどね
一昨日から振りつづけてた雨がシトシトと降ってるのさ

まぁ少し怖いフインキしてたんでCDかけてたのよ
彼女と下らない話ばっかりしてたけど
段々と蛙の鳴き声が大きくなってきたのさ

ゲコゲコゲコゲコ クワックワックワ

もう大音響・フルオーケストラという感じ
こりゃ〜たまんねぇ
CDのボリューム上げようと思って手を伸ばしたのさ
その時彼女がボソリ

か え る の お ん り ょ う

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 12:41
>>187
味噌の話がどこにも入ってないですよ

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 23:12
age

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 23:18
>>188
先輩から教えてもらってたデートスポットに入ってみた
湖のそばなんだけどね

入ってみた
湖のそば

みた
そば




191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/12 23:22
みそばたー

192 :師匠:03/07/13 00:03
「淵」
わたしが浄蓮の滝の近くで淵を見付けたのは偶然ではない。なにか得体の知れない物に導かれていた
ような気がする。

それは三年前の事だった。わたしは始めての天城縦走に挑んでいた。真夏の皮膚に刺すような日差し
が、容赦なく照りつけていた。リュックが肩に食い込んで、疲れと暑さで頭がくらくらする。天城縦走を始
めて三日目、浄蓮の滝がもう間近だ。

昼を過ぎた頃、汗を拭きながら潅木の茂みに目をやると、腰の高さ程の下草が、丁度そこに一本の細
い道が通っているように生えていた。
あんなところに道が通っている。きっと道なりに下って行けば、沢に出て冷たい水に出会えるかもしれな
い。行ってみようか、どうしようかと迷っていた。迷っていたはずなのに、足は既に動いていた。
斜面をずるずるずると滑り降りて、人一人通れるかどうかの細い道に出ていた。
歩みは更に勢いを増して道を下っていった。まるでそこに淵がある事が分かっていて歩いていくという
感覚だった。一時間余り歩いただろうか、鬱蒼と垂れ込めた潅木の向こうに明るく開けた空間が見えた。


193 :師匠:03/07/13 00:05
切り立った山腹の下にそれほど大きくはない淵があった。生き物の気配はなく、淵は透明度が高く真っ
青な水を満々と湛えていた。岩の上から見るとかなりの深さがある事が分かる。
汗を流して、身体を冷やすには丁度いい。わたしは着ている物を脱いで裸になると、淵に入っていった。
よく見ると、淵の山側の底はえぐれている。
そのえぐれた窪みからチラチラと白いものが見える。わたしはその白いものに向かって潜って行った。
途中まで潜った所で、その白いものは窪みにすっと入ってしまった。

その時である、水が恐ろしく冷たい層に変わった。氷水の中に手を浸けた時の痺れるようなジーンとした
冷たさが顔を襲った。その冷水槐に全身がどっぷりと浸かったところで底に着いた。
先程の白いものがチラチラしていたくぼみの中を覗いた。

ぼやーとした視界に移ったのは、花柄のワンピースを着た長い髪の女だった。仰向きに窪みの天井に
くっつくように横たわっていた。わたしが手足を動かすたびに、長い髪が海草のようにゆらゆらと揺れた。
その時、真っ白い腕がわたしの方にふわーと伸びてきた。細く長い指がわたしの目の前に迫った。
瞬間わたしは水をがぶりと飲んで、足で底を蹴っていた。夢中で水をかいで水面に向かった。
わたしは岩の上に上がって、もう一度淵の底を見た。白い手は、まだちらちらと揺れていた。
わたしを呼んでいるに違いない。わたしに来てくれといっているのだ。



194 :師匠:03/07/13 00:07
直ぐにでも逃げ出したい気持ちと、もう一度事態をはっきりさせたい気持ちもあって、暫く岩の上に佇ん
でいた。
わたしの頭には、女の顔が強く印象に残っていた。ぼやけた視界ではあったが、面長で鼻筋がすーと
通った端正な美しい顔立ちであった。そして目は開いたままだった。
わたしは意を決して、もう一度潜る事にした。

そして再度潜っていった。心臓が止まるのではと思うような冷水槐に身を浸して女に近づいた。底の窪
みに半身を入れるようにして女を見た。眠っているような穏やかな表情をしていた。女の視線は窪みの
天井の遥か向こうを見つめていた。
わたしは二の腕にそっと触れてみた。意外にも柔らかかった。本当に眠っているだけなのではないかと
思った。胸の膨らみにも手を伸ばして、掌で包む込むように触れた。乳房独特の柔らかさと張りが感じ
られた。

その時である、女の身体がスーと底に沈み始めた。しかし数十センチほど降下すると女の身体は止ま
って、大きな戸板を引っくり返すように、ゆっくりと正面をこちらに向けてきた。まるで、スローモーション
を見ているような緩慢な動きであった。
わたしは女と向き合った。すると女の目が動いて、わたしに視線を合わせた。
わたしは思わず仰け反った。その拍子に後頭部を窪みの天井にぶつけた。鋭い痛みが後頭部を襲い、
鼻の奥で火薬の臭いがした。
わたしは慌てて底を蹴ると浮上した。頭に手をやると、ヌルっとした感触があった。切れていて多少の
出血があった。


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 00:08
おあとがよろしいようで。

196 :師匠:03/07/13 00:10
わたしは淵から出ると、岩場や周りの叢をくまなく探した。あの女の持ち物があるのではないかと思った
からだ。暫く探したが何も見つからなかった。諦め掛けた頃に、淵から少し離れた木下に、半分埋まる
様にして籐で出来たバッグを見つけた。朽ち果ててぼろぼろだったが、土の中からは真っ赤に錆びた
口紅を始めとした小間物が数点出てきた。これがこの女の持ち物だという確証はない。わたしは錆び
た口紅をリュックに仕舞うと、残りの小間物をまた埋め戻した。

このバックが女の持ち物だとすると、小間物の外観から判断して、数十年も前のものだ。
わたしはこの女に愛着を覚えた。こんな山奥の誰も来ない淵で、たった一人で数十年も過ごしてきた
のかと思うと愛しささえ募った。

わたしは、もう一度潜る事にした。
わたしは冷水槐の中で震えながら、息の続く限り、その女の手を握っていた。女の長い髪は、ゆらゆら
ゆらゆらと気ぜわしく漂っていたが、わたしが手を握ると間もなく動きが止まった。もうこれ以上息が続
かないなと思ったところで、女の腕を手繰り寄せて、女をそっと抱きしめた。そして、また窪みの奥へ戻
した。


197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 00:20
おわったとおもったw

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 01:06
正直余所でやれと

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 03:57
師匠さんてすごいですね

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 04:48
すごい空気読めない人ですね

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 05:00
ちょー暇な時に、2chに長時間入り浸っていると
たまにだーれもカキコしない『空虚な時間』がある。
さっきまでみんなレスばんばんだったのに、
ふとした瞬間から何回リロードしてもスレが流動しない
一瞬怖くなる。(w

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 07:20
師匠て人は、最近2ちゃんを始めたんだろうな・・・

それで、住人の、暇つぶしの誉め言葉をまともに受けて。。。

心中、お察しします。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 07:24
2ちゃん住民は、素人を持ち上げておいて、
いきなりはしごを外すなんてこともやっちゃうからな。
叩かれて受けるダメージのほうがマシだろうなあ。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 07:48
感動しますた。

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 09:04
>>203
チーコも得意だ

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 09:57
>187
パタリロ何巻だっけ?その話。

207 :師匠:03/07/13 10:43
>>205

チーコも得意だ ってか。

クズが、自分のバカさ加減を晒してうれしいか、
調子に乗って、いい気になってるなよ、

>198以下のクズは、コピペクズなの、頭の中は空っぽなの
いま説明してやるから待ってろ。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 10:47
とりあえずサンプルムービーで逝っときなさい
http://www.k-514.com/sample/sample.html

209 :師匠:03/07/13 11:02

>>202 のクズよ  >心中、お察しします。 だってか、、

掲示板なんだから、少しは自分の言葉で煽ってみたらどうだ。能無しが!
相変わらず、どっかで聞いた事があるコピペを貼り付けてやがる。

この前も言っただろう、いかにもにちゃんの常連ぶって格好つけてんじゃあないって、

おまえのおっかさんが、パートでいじめられてやっとこさ稼いだなけなしの金で買って貰ったパソコンでやってる事が、
友達にも話せないようなにちゃんのゴミレスか、情けねえ。

本家筋の「洒落44」では、崩壊寸前になんとか持ち直して、今では厨房が頑張って仕切ってるから、おまえらみたい
なコピペ専門のクズは、完全スルーで相手にされない。
それで、こっちに流れてきたのか。
常連のクズは、にちゃんの変化にまるで気付かない。他の板でも、次第にしっかりした板が増えてきている。一生懸命
自分たちの板を築こうとしてるとこが目立っている。そういう変化に気付きもしないで、相変わらずのコピペ煽りの荒らし、
煽り荒らしに進歩が無い。オリジナリティーが無い!

言ってみれば、「バカのひとつおぼえ」なんだよ、おまえたちのは。
「せんずり」教えたサルといっしょなの、死ぬまでやってやがる。


210 :師匠:03/07/13 11:06
いい加減に、自分が人間のクズの役立たずだって事に気付けよ。
いい年こいて、恥ずかしくねえ、クズが!

おまえらクズ(>>198,199,200,202以下の)は、

基本的な読解力がないから、小話なんか読むと頭が痛くなる。
読解力が無いって事は、にちゃんの楽しみであるROMが全く出来ない。
当然、「気の利いた一行レス」なんてとても書けない。
家庭が凄く悪いから、親に似て性格が歪んでいる。特に人が楽しんでいるのを見ると、無性に腹が立って、陰で邪魔を
する、これは自分ではもう抑える事が出来ない。
でも、にちゃんが気に入ってる。

すると、どーなるかっていうと、ゴミ箱の底をあさる様にして、腐ったレスを拾ってきて、さも自分がにちゃんの常連大物
であるかのように腐れレスをコピペして存在を誇示する。
だって、そーでもしなければ、ゴミにもなれない。
それで、「きょうもコテハン煽ってやったよ、ざまあねえ、」って自己満足に浸るか、
笑わせんじゃあねえ、『人間のクズ』が!

おまえらは向上心がまるで無いから、自分で何とかなろうって事は絶対やらない。じーと引きこもって、人のやってる事
を邪魔して、人をおとしめるだけ。

おまえらみたいな貧乏人の子せがれの人間のクズは、黙って引っ込んでろ。
それがイヤなら、『死ね』。


211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 11:09
何かにぶつかり…山形新幹線に遅れ

 12日午後10時20分ごろ、JR奥羽線天童−乱川間で、東京発新庄行き山形新幹線つばさ127号の運転士が、衝撃を感じ、臨時停車した。
 現場付近の確認を行い約70分遅れて出発。後続の普通列車一本も67分遅れるなどした。

 JR東日本山形支店によると、運転士は何かにぶつかったような衝撃を感じたといい「人と思った」と話している。天童署が付近を調べている。


http://www.sankei.co.jp/news/030713/0713sha009.htm

いったい何があったんだろうな。スピード速いと粉々になるとはよく言うが。

212 : :03/07/13 11:16
すばらしい「自己」分析だなw

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:08
          ☆ チン

       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ ___\(\ ◉∀◉)<おまえのオマンコ激しく臭いよ! 
            \_/⊂ ⊂  )_ \______
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . |
       |  和歌山みかん|/



214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:12
          ☆ チン

       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヽ ___\(\ ✡∀✡)< >>213目がきもい! 
            \_/⊂ ⊂  )_ \______
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . |
       |  和歌山みかん|/



215 :師匠:03/07/13 12:22
(´・ω・`)ショボーン

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:28
怪談だよ…同人って非常識っつーかサイコが多いのか?

http://jbbs.shitaraba.com/computer/bbs/read.cgi?BBS=1872&KEY=1057712965&LAST=100

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:31
>>215 師匠
(´◕ฺω◕ฺ`)ショボーソ


218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:42
ass

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:43
師匠
話し終わったんなら
おあとがよろしいようで
っていわなきゃネ

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:47
きょうもコテハン煽ってやったよ、ざまあねえ

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 12:50
>>207
チーコ知らないの?
( ´,_ゝ`)プッ

222 :O塚:03/07/13 12:54
http://elife.fam.cx/a005/





223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 16:24
>>132
自作自演ですか?

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 16:43
>>223
ここまで誰も突っ込まないから
そういう芸風なのかと思ってたよ。
なんだ、自己認定なのか、「師匠」

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 16:51
>>131
コミニュケーション
|
| ∧∧
|(´・ω・`)
|o   ヾ  そ〜〜・・・
|―u'   コミニュケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
| ∧∧
|´・ω・`)
|oュo
|―u'   コミニ ケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

|∧∧
|・ω・`)
|o ュo.   スス…
|―u'   コミ((ニケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
|
|
| ミ
|     コミュニケーション
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

226 :師匠:03/07/13 22:25
>>212〜225 十束まとめて

なんだ、 おまえらまだウロウロしてるのか。
おまえらまだ俺らに相手にして貰えると思ってるのか。

クズは、どこまで行ってもクズだな。人としての誇りが無い。

以後、放置!!
いつまでもキャンキャンほえてろ!  バカが、『死ね』

能無しのクズは、この掲示板をよく読んで勉強しろ。
http://www.union-jp.net/home/yukino-t.html


227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:38
おいおまいら。バカコテは放置汁。
ただでさえ粘着サイコが多い板なんだから、
犯罪者予備軍の背中を押すようなマネをしてやるな。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:49

>>227 おまい恥の上塗りだな。とろくさい香具師。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 22:50
早く
おあとがよろしいようで
っていえよ師匠様!

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 23:46
>>227

おいおい、なんなんだ、みっともない事かいてるなあ。

おまいらで散々クソコテ煽っておいて、挙句の果てに返り討ちにあって、
「放置」だなんて先に言われちゃったもんだから、

あわてておまいらも放置汁だって、  もー、 大笑いさせてもらったYO。

もっと粘着して煽れ煽れ、 ガンガレYO、馬鹿は馬鹿なりに。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/13 23:50

>>229

雑魚は黙ってチンコでもにぎってろ。邪魔、シッ、、、。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:00
★メディアが報じない「えひめ丸」事故にも匹敵の大事故★

7月2日、巻き網漁で停泊中の日本漁船にパナマ船籍の韓国貨物船が衝突。
貨物船の見張りは「認知はしていたが、よけてくれると思った。」と証言。
全く減速もせずに激突し、そのまま漁船は沈没しました。
被害は死亡1名、行方不明6名。重軽傷者8名。
見張りの航海士1名は逮捕されましたが、行方不明者は見つかっていません。

その4日後、行方不明者を捜索中の水産庁取締船「からしま」が
別の韓国貨物船に衝突され沈没。重軽傷者数名を出しました。
しかも、その場からは2隻の不審船が立ち去るのが確認されています。

これ程の連続した大事故であるにも関わらず、
不思議なことに、TVや全国紙ではほとんど報道されません。

ネットでしか語られない真実が下記にあります。
やはりにちゃんねらが一番頼りになる味方になると思います
ぜひ皆様のお力とお智恵をかしてください。

http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1058056796/l50 ←本件スレ、「宣伝見て来た」って言えば歓迎されます
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1983/
flash http://www.kokueki.com/swf/genkai.htm

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:05

>>229

231だ。言い忘れたことがある。

おまいの改行とか言い回し読んだだけで
ちょっと知能障害を持った子だなって分かるぞ、

いわゆる精神薄弱児だ。早くお母さんに薬を飲ませてもらえ。
ほっとくとまた癲癇の発作が起きるぞ。


234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:10
知障が熱くなってまいりますた

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:36
>>233
お前は
おあとがよろしいようで
言い忘れてるぞ
癲癇もおきるぞ
師匠様
精神薄弱です
それで




236 :師匠:03/07/14 00:43
おまえらはばかだ
ねこだいすき
がまんにもげんどがあるぞ
いいきになるなよ
いまによくないことがあるからな
じっとしてるとおもうなよ
つきよばかりじゃないんだ
てきにまわしたことをこうかいさせてやる

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:45
誰だよこのバカ持ち上げたヤシ
電波を調子付かせるなよ



そしてまたオカ板に、糞コテが一人加わった…

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:49
ねこだいすきキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:54
┏━━━━━━━━━━━┓
┃簡易電波測定結果報告書┃
┃       被験者:師匠   ┃
┃                      ┃
┃       測定結果       ┃
┃電波レベル■■■□□.  ┃
┃         低      高   ┃
┃電波帯域 . ■■■■□.  ┃
┃         守      攻   ┃
┃電波振幅 . ■■■■■.  ┃
┃         現      妄   ┃
┗━━━━━━━━━━━


240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 00:57
俺「釣り」とか「釣り師」っていうのは、
   釣り師→ ○  /|←竿
          ト/  |
          │.  ~~|~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          八   §←餌(疑似餌)     >゚++<

の組み合わせだと思ってたんだけど、
最近自称釣り師がダイレクトで自分の本音を攻撃されて「釣れた!」とか
言ってるの多いよね。
 これは、どっちかというと、

      ..釣れたよ〜・・・│
      ────y──┘
 
       ・゚・。 ○ノノ。・゚・
    ~~~~~~~~~~│~~~~~~~~~~~~~~~
           ト>゚++< ミ パクッ
     ジタバタ  ハ
         ノ ノ


241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:06

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   もしや!  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__   「師匠」の存在=洒落になるくらいの怖い話では!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_  
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:23
>>241
ハズレ。
洒落にならない上に、怖くも無く面白くも無い。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:30
>>241
な(略

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 01:31

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   もしや!  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  失敗したのでは!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_  
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../


245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 02:06
師匠щ(゚Д゚щ)カモォォォン

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 06:01
何のお師匠さんですか?

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 06:59
>>246
電波

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:37

一人恐ろしいぐらいの「粘着」がいるな。
しかし、イタイ事にリサイクルコピペばっか、、、アホカ!

前レスも読んだが、2,3分おきに必死になって書き込んでる。
かつてのバスジャック、猫虐殺気違い男のパターンそっくり。
たぶん、自分では気が付いていないはず。
ピュアな情緒障害を持っている。

その腐った臭いを嗅ぎ付けて、馬鹿どもがわらわら集まってるな。
荒らしAAまで貼ってあって、もはや板としては一人前。

こういうのがいるからオカ板はやめられないなあ。
おもしろい、クソコテよ黙っててないで、もっと煽ってやれ、



249 :age:03/07/14 08:41

板 ・・・・> スレ

スマソ

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:52
>>248
師匠がんばってるね(・∀・)ニヤニヤ



251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:52
ツマンネ

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:56
>>248

禿同

ところで>248よ、ニュー速板でお祭りが始まろうとしてるの知ってる、
12才の少年のホムペの書き込みを晒した香具師がいる。
このキテガイ少年も2,3分おきに書いてるな、>>235の真性気違いと同様の症状
まだあぼ〜んされてないはず、いってみ

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Bass/6678/bero.html

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 08:56
おまえらクソスレageんなよ。
邪魔だから。
なんだと思って見ちまったろ。

254 :age:03/07/14 09:01
>>253

馬鹿は見るだけ

アホは荒らすだけ

黙ってみてろ、いちいちうぜえカスが。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 09:03
>>254
かっこいいな自演電波

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 10:40
あはは!まだ続いてる。w
花火あげちゃいたいくらい。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 11:08
hanabiage

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 11:50
hanageage

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 12:38
今日一発目に見たスレがここ。

駄コテの腐臭を嗅ぎ付けられるようになった折れは一人前ですか?

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 12:42
偉い!エライな!

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 18:49
おうおう、それでも結構かかってるな。 雑魚6匹

じゃ、次のエサ   ほれ!

>>255  10文字

>>256   25文字

>>259   おまえが最初に見たいと思ったのが、こんなクソ板なのかよ
       自分の馬鹿を世間に晒してうれしいか、 ゴミが。          

>>260   8文字

情けないくらい文章力がない。しかも使い古されたコピペばっか、
なんか拍子抜けしちゃった。
最初に荒らしたクズは逃げたか、戻って来い!!

もっと、ガツンとくるような煽りをいれてみろよ、





262 :師匠:03/07/14 20:59
>>261
なんか偽者がいるみたいだな。
そんなんじゃ全然駄目だぞクソがw

263 :師匠:03/07/14 21:01
>>261
おまえこそなりきるなら日本語勉強しろや、このクソ三国人が!

264 :師匠:03/07/14 21:22
>>261-263
お前らこそ偽者ッ!
雑魚は雑魚なりに、スーパーの安売り刺身にでもなって
売られてしまえッ!!!


265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:25
どうでもいいけど洒落になる位の怖い話してくれ。

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:50

はいはい、四匹 バカ雑魚ね。

明らかな厨房の口げんかみたいなのばっか、あ〜〜ぁつまらん。

次のエサ投下  ほれ!

>>264 かっこつけて、こんな時にsage だって、笑わせるな、クズが。
>>265 てめえが書け、書けるもんならな、
     いつも くれくれ君の貧乏人の小せがれが!!

まあ、こいつらは今はコピペで人の感情を切ったり刺したりしてるが
いずれ、12才少年と同じ様に、ハサミで幼児のチンコを切ったり刺したり
するようになるな。
そうゆう前兆予兆が、スレにありありと出ている。

劣悪な家庭環境で、一度も優しくされたことが無い、暖かい言葉を知らない。
だから、心の中が真っ暗闇。
人を傷つける事が、止めようとしても止められない状況だな、、、

図星だろ、クズが!



267 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 21:55
今日、金魚買ってきたよ。

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 21:57

ダヌル、、、てめえ

ややこしくなるから、あっちいってろ。

269 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 21:59
ごめん。

でも和金って安いんだね。
10匹で450円だった。

270 :師匠:03/07/14 22:01

ダヌル?ただのバカ雑魚だろ。

まあ、こいつのような奴がどんなにあがこうと
使い古されたコピペを張るだけのクズと変わらないな。

社会の底辺に生まれて愚痴をこぼす無能め!




271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:03
このように、夏は近付いてきているわけで。

272 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:03
>ダヌル?ただのバカ雑魚だろ。

違うよ、買ってきたのは金魚なんだよ。(笑)


273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:04

    ↑

そんなこと言ってるおまえが

バカ雑魚でクズで無能だって事に気が付けよ!!!

いい年こいて、そんなことも分からんか。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:05
>273は

>270へだからね

275 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:08
>273
気に障ったらごめんよ。

んで、10匹のうち2匹は背中に黒い斑点があってさ。

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:13
>>275

だから、さっきも言っただろ ダヌルが来るとややこしくなるって

まず、緊張感が薄れて、闘争本能が萎えるの、

てめえの毒にも薬にもならねえレス見てると。

277 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:14
>まず、緊張感が薄れて、闘争本能が萎えるの、
>てめえの毒にも薬にもならねえレス見てると。

そうか。

じゃ、一緒に肉まんを買ってきた話は控えたほうがいいのかな。


278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:15
師匠が支障を来しております。
おあとがよろしいようで。。


279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:15
>>277

せっかくだから、それだけ話してけ。許す、

280 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:17
>279
でも、金魚の話がまだ途中なんだ。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:19

>>280

だろ、、、俺もそう思ってたよ、聞きましょう。どぞ、

282 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:28
>281
ただ、スレの流れを邪魔しちゃ悪いし・・・。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:33
>>282

いいの、まあいまのところは取り込み中なんだけど、、、

こういう取り込み中は、スレの流れなんかすぐに戻る、
どっかのバカ雑魚が書き込めばそれで即戻。

早く書けYO!

284 :ダヌル・ウェブスター:03/07/14 22:37
じゃあ、どうして何の変哲もない和金を買ったか、そのへんから
書くね。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/14 22:37
師匠とダヌルが馴れ合いはじめますた。



















キモッ

286 :森文彦:03/07/14 22:48
なんだかオレに似た野郎が居るじゃねーか、ダッシャアッ!!!
嫁のまんこ舐めてから寝るぞ、ダッ!!!

287 :山崎 渉:03/07/15 08:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 12:38
とりあえず師匠が話を書け。ダヌルはそれからだ。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 14:58
>>288
192から読めますよ。読む側の顔が真っ赤になるほど恥ずかしい駄作が。

290 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 22:34
10匹のうち、1匹死んじゃった。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 22:58

きょうは、バカ雑魚二匹、、、

ほれ、きょうのエサ

>>288  というフレーズも、どこかで聞き覚えがある。今一ピンと来ない。

>>289  中途半端な煽り、具体的な指摘に欠けるので迫力が無い。
      「や〜〜い、や〜〜い、おまえの母さんデベソ」と小学生が囃しているのと同レベル。

      もっと、構成や展開の脆弱さをビシっと指摘してやればいいんだよ。
      駄作なんだから、簡単にいくつでも見つかるぞ、
      やってみろ、出来ないか、やっぱおまえもバカ雑魚の仲間か!!!

      しっかりしろよな、






292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:00

>>290 ダヌル

ばたやろ〜〜〜うぜえ!

おんなの腐ったのみたいに、いつまでも 金魚の一匹や二匹で うじうじうじうじ してやがって

もういいから二度と来るんじゃあねえ。 帰れ養護院へ! 


293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:02
わりかしダヌルのまったり加減が好きと言ってみる。

294 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:03
>もういいから二度と来るんじゃあねえ。 帰れ養護院へ! 

でも、そうしたら金魚の世話を誰がみるんだい?




295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:03
ダヌルにはあまい師匠

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:04
師匠なんかちんこ臭そうだねw

297 :師匠:03/07/15 23:04
や〜〜い、や〜〜い、おまえの母さんデベソ

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:06

>>294

近所のネコに 呉れちまえ、

どうせ おまえには 飼えない。

299 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:12
>298
いや、逆にそのネコも飼っちゃおうかな。

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:16

>>299

ネコを飼ったら 金魚を食われるだろうが そういう矛盾が おまいには分からないか?

自分の中での論理の破綻に気が付かないか

病気がそこまで進行しているのか? 

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:17
ダヌル叩きもうおもしろくないんだけどー。。。



叩かれて一番楽しいのはダヌルなんじゃないかと思うと、心が痛い。(w

302 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:17
>病気がそこまで進行しているのか? 

そうなんだろうな。(笑)


303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:22

>>302

じゃあ、薬飲んでから おいで。

304 :ダヌル・ウェブスター:03/07/15 23:24
看護婦さんに座薬を入れてもらうのは、楽しいねぃ。

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/15 23:46
とっとと洒落になるくらいの怖い話しやがれ

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 01:12
うんこ苦い

307 :288:03/07/16 08:03
やれやれ、単純に話が見たかっただけなのだがな。
もう誰が師匠で誰が知障なのか訳分からん。
本物はトリップつけろ。

308 :師匠 ◆adhRKFl5jU :03/07/16 08:14
つけたぞ。
これでいいか、馬鹿どもが。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 14:40
それでいい。
つけたなら、さっさと話を書き込め!屑!!

310 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 20:39
なんで和金を買ったかっていうと、やっぱこれから暑くなってくるから、
まるい大きな金魚ばちに水をいっぱい入れて、そのなかをゆらゆら泳ぐ金魚を見て涼をとろうかと思ったからなんです。
まるい金魚ばちの底には白い丸石を敷いて、あばら家の模型も沈めました。
程よい量の緑鮮やかな水草がゆらゆら揺れて、青い空気の泡がゆらゆら上がっていく中を
紅い金魚がゆらゆら泳いでいる様子は、見ていて実に涼やかな気分になります。

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 21:16
いやおまえじゃなくて( ´д`)

312 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 21:24
(´・ω・`)

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 21:29
このスレ読んでると、少しダヌルが好きになる














でも他のスレ逝ってホスィ

314 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 21:48
Σ(゚д゚lll)

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:20
小学校の頃の話。 
学校の怪談のたぐいで音楽室にあるベートーベンの絵の目が光る
というものがあった。
好奇心旺盛なオレたちは肝試しに放課後音楽室へ。
3人くらいでみてみるとマジに光っていた。
びびりまくったオレらは一斉に逃げ出した。
次の日音楽の時間おそるおそる絵を見てみると・・・







目に画鋲がささってました。



316 :師匠 ◆adhRKFl5jU :03/07/16 22:23
>>315
つまらんなあ
もっとひねってかきこめよ


317 :315:03/07/16 22:25
すまんいっぱいいっぱい。。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:27
だぁってぇーほんとなんだもーん、誰が文句を言えようかぁ。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:32
つーか師匠えらそうだな。
なんだおまえ。

320 :ダヌル・ウェブスター:03/07/16 22:33
>310
和金を買った理由を説明してくれてありがとう>ダヌルちゃん

ついでに肉まん購入の理由についても説明してほしいね。(笑)

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:37
つーか師匠とダヌルはウザいから消えてくれ。

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:42
とりあえず師匠きえろだな

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/16 22:55
面白半分に持ち上げたら調子に乗った間抜けな夏房=師匠

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 00:26
ダヌル氏の金魚の描写には感銘をうけてしまった。
才能の使い方まちがってるよ?

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 01:05
          ダヌルワッシヨーイ!!
     \\  ダヌルワッシヨーイ!! //
 +   + \\ ダヌルゥンワシヨーイ!!/+
                            +
.   +   ∧_∧   ∧_∧  ∧_∧  +
      ( ´ω` ∩(^ω^∩) ( ´ω` )
 +  (( (つ   ノ(つ  丿 (つ  つ))  +
       ヽ  ( ノ ( ノ |   ) つ )
       (_)し'  し(_)  (_)_)


326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 04:00
師匠氏ねよp

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 04:05
ダヌル好みのあばら家が気になる

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 05:01
携帯にまつわる怖〜い話してやろうか?これマジ怖いよ

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 05:31
聞きたくないなら別にいいけど・・・

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 06:10
俺は別にいいや。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 07:15
聞きたい。

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 08:54
◆ 山崎渉板ができました!(^^) ◆

            ∧_∧
     ∧_∧  ( ^^  )   これからも僕を応援してくださいね(^^)・・・っと。
     (  ^^ ) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  山崎  / .| .|____
      \/       / (u ⊃

山崎渉@2ch2掲示板(^^)
http://bbs.2ch2.net/yamazaki/index2.html

山崎渉板(^^)
http://www.bs1.net/noa/

333 :胡椒:03/07/17 10:07
俺のは中学校の時の話になる。
やはり音楽室の肖像画の目が光るという話はあったんだ。
どこにでもある話で、もう完全にネタじゃねぇか・・・といいたいところだが、うちは違った。
ベートーベンの目がマジで光る。
光の反射なんて物ではなく、なんていうのか、眼光?光を出しているというレベルでだ。
部活や行事なんかで夜遅くまで学校にのこってる奴はよくそれを見たし、俺も見ちまった。
暗闇の2つの光点がうっすらと顔の輪郭を浮かばせて怖い怖い。
アレは確かに、何も知らん女の子だったら失禁する罠。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 10:11
画鋲

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 10:24
蛍光塗料

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 10:36
何度もバカ雑魚ほざいてるバカがいるな・・・
ガキの喧嘩みたいに雑魚雑魚言って恥ずかしくないんかな?
人にいい年してとかほざいてるけど
お前こそいい年して雑魚雑魚わめいてんじゃねぇよ
「雑魚」って言葉そんなに好きか?
ああ、オレは好きだったな リア厨の頃はな(w
ああみっともねぇ はずかし〜 みてらんねぇ〜 みてて痛々しいよ
哀れ

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:03
「いい年」って・・・
師匠はまだ中学生だYO!

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:09
中学生って・・・
師匠は落研で孤立して三流大学行かなくなったリアヒキだYO!

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:11
自分の事を面白いとでも思ってるかのような口ぶりがキショイです>師匠

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:11
かんかはするな

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:14
>>340
心配するな。全部師匠のジエンだ。

342 :師匠 ◆adhRKFl5jU :03/07/17 11:14
>>340
一緒にカンカンノウ踊るべ

ちなみに俺は偽者の方ですよ
師匠#baka

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:26
本物の師匠は、文章に電波が滲み出ているのですぐわかる罠。

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 11:34
師匠も煽ってる荒らしももうやめようよ。
2ちゃん歴がどうこう言ってる人とかいるけど
それ何の自慢にもなってないし、みっともないよ。
>>339
あんたとかも自分の書き込みをまず読みなよ。
すげえきしょいよ。
師匠も「持ち上げて→落とす→踏む」っていうのに
腹立ったんだろうけどちょっと切れすぎ。

ケンカするんじゃないお前ら!
このスレすげえ面白いんだからな!

345 :キバ香具師 :03/07/17 11:42
ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

ちょっとまて、いま読み返して気がついた事があるんだが・・・。これを見てくれ。


320 :ダヌル・ウェブスター :03/07/16 22:33
>310
和金を買った理由を説明してくれてありがとう>ダヌルちゃん

ついでに肉まん購入の理由についても説明してほしいね。(笑)

346 :縄ヤ:03/07/17 11:43
            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ
      i.    /          ̄l 7
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/    !!!!・・・・これは・・・
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l     さり気なく、ダヌルも2人いる!!
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /
      /`゙i u       ´    ヽ  !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /
 .! \     `‐、.    `ー;--'´
  ヽ \     \   /

347 :その他:03/07/17 11:44

  /ミヽ,,,〃ヽ.   ヽ      ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!         /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
/|/    u   ヽト、│       cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・        //`'ー---‐''´⌒ヽ.   ヽ
==ッ   r===:|ヽ!      __    _                               _      /'   u       ヽ  !
         │    、-‐ヽ``v'´ /-‐z                    <.⌒ヽr'´/-‐;z.._   |r===   r===  /   |
─‐-     -─ |   ∠⌒         >    ,. -───‐- 、     <⌒`         <.   r===__r====t=r‐ 、 |
    !  l     |   /   NヽNヽl\l\N 、ヽ    / ,r‐-、_  ,. -‐、ヽ.  ∠,.   , ,イ. lヽ. .    ヽ   l (´_・ [二{ __・_) l || r、.! !
 u  |   |   |   i  ゞ -─‐-  -─-ト!   i /     ̄  u ヽ ! ∠-ァ ∠|/u ヽ!-ゝl\   !   ! ー--イ  ̄ ト---‐'´ || レ,リ |
,r一' ー-‐' ー-、 |   | .r‐;、===  ===.|   |〈. -─‐   ─‐- .〉|   /イ´,:==   ==、 | r‐、|   |    l   l  u  |!_ン |
二二二二二) l !   ! {6|| `‐゚-1  ト゚-‐' |   i⌒!|. (  ̄。  。 ̄ ) |i⌒!  |.( 9    9 } !|f',リ|   |...........`ー-‐' .................|ヽ   |
   ___    /   :| ヽ_|!L._   L.___」 u イ  ヽ_|!   ̄ / ヽ  ̄  lLノ   |  ー l  | ー ' u |!ン |  l:::::(二ニニニ二)::::::|. ヽ !
    ̄ ̄   /、   |  /|  r;ニニニニニつ |    | u   ー-‐'     |      | u' (  )     |ヽ.│   !:::::::::::ー一:::::::::::::::::l   ヽ|
─────'  l  /ヽ/ !. ヽニニニニニソ |   /l.  ⊂ニニニニ⊃ l\    ! ⊂ニニニ⊃  l ヽ|\. ヽ、:::::::::::::::::::::::::::;ノ    /ヽ
     / │  |`''ー-、 \. \   ー一  /,.. -‐'! | |\  ー  ./1 |`'ー- 、\  ー一  /  /  |`ー-/ ̄l ̄ ̄ ̄ _,,. ‐''´  ,,.ゝ

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 21:21
>>347
確かにダヌルは複数いますが、それがなにか?

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/17 21:25
ダヌルとぼるじょあは複数意識の集合体であって個人ではありませんが、それが何か?

350 :キバ香具師:03/07/17 22:33
 ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

      俺だって・・・既知の事実を知らないときもある・・・

351 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/07/17 23:04
(・3・) アルェー 誰か呼んだー?

352 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/07/17 23:34
(・3・) エェー 呼んだけど呼んでないYO−

353 :もこ :03/07/18 13:23
第1章 もこの体験した怖い話 「夜釣り」

高校の友人と夜釣りに行くことにした、仮にその友人をAとする。
ある日突然Aから電話がかかってきた。「あ、もこ?俺だよAだけど
明日夜釣りしにいかん?」
もちろん承知した最近誰とも遊んでなかったもこはその友人の誘いに
ありがたく便乗することにした。ひさしぶりのイベントで心が高鳴ってきた。
翌日の夜の10時、Aと待ち合わせした場所につくとAがいた。「よお、
もこ早かったじゃん」Aは懐かしそうな様子で俺を見た。
それから俺らは小型の漁船をチャーターし沖に出かけた。ここではおいしい
アナゴがつれるらしい。俺は釣り道具一式に手伸ばそうとしたその時、岸の
ほうからなにやら・・・

354 :もこ:03/07/18 13:24
さわがしい。「なんやろもこ?」「わからん」
大勢の人達がにぎやかに騒いでる感じで、
中には笑い声もまざっていた。
俺とAは懸命に岸の方向を見ようとしたが暗闇で何も見えない。
しかしまだにぎやかな声は聞こえていた。
「もこ、てめえ船頭さんに聞いてこいよ!」
「わかった」
俺はぶっ飛ばされると困るので船頭さんの所まで聞きにいった。
船頭さんには声が聞こえてないらしく、声のことを話すと驚いた様子だった。
「お客さん、声が聞こえちゃったのかYO!メェン!」船頭さんはそう言いながら、
ガクガクブルブル震えだした。「もう一人のお客さんが危ないZE!チェケラ!」
俺はそれを聞いてAのもとへと急いだ・・・

355 :もこ:03/07/18 13:24
おれはAの隣にもどったが、別段変わったところも無く
ただ、向こう岸が騒がしい事もあり魚は思ったようには(というか全然)釣れなかった。
こちらも先ほどからイライラしてたし、気分転換に餌を付け替えようと
「まいったなぁ・・・」と進退窮まった自分に言い訳するような気持ちで呟き、餌箱を見た。

大体の海釣り好きがそうなように、俺も疑似餌は嫌いで釣りの度にイキのいいのを調達する。
Aもその辺りの趣味は同じで、つまり今日は生餌のハコが2つ、のハズだった。
しかしそこには3つめの箱があったのだ。
俺はAに聞いてみた。
「なぁA、お前、今日餌箱2つ持ってきたか?」
「ウッセーボケ。1コしか持ってきて無ぇよ。慣れなれしい口聞くな。もこの分際で。」
無論俺も1つしか餌箱は持ってきて無いし、船に乗ったときは何も無かったから
もとから船にあったとも考えられない。俺は3つ目の餌箱が気になりフタを開けようと手を伸ばした。

その時船頭が叫んだ「Yo!メン!ナイスグルーヴ!お連れの方気をつけな!」

356 :もこ:03/07/18 13:26
船頭の声に驚き俺は一瞬固まったが、どうしても餌箱が気になった。
その瞬間、船の上の空気が明らかにこれまでと変わり重く張り詰めた。
Aも空気が変わったのが分かったらしく、顔が凄い形相になっていた。
「もこ、餌箱捨てろ!海に投げ捨てろ!速くしろ!」
Aは必死になって叫ぶが、俺はその餌箱にどうしても触れる事が出来なかった。

その時だった。いつの間に近づいたのか船頭がすぐ側に立ち餌箱を手に取っていた。
船頭はなんのためらいもなく餌箱を開けて中を覗き込んだ。
その瞬間、岸から聞こえていた声が怒声に変わり一斉に叫び始めた。
俺とAの位置からは餌箱の中は見えなかったが、船頭は中を確認すると
蓋を閉めて海に向かってトルネードで投げ捨てた。
「お客さん、このことは早く忘れなYo!チェキッコ!」
船頭はそう言うとまた仕事に戻っていった。
しかし岸からの叫び声はまだ聞こえていた。

その時だった!

357 :もこ:03/07/18 13:26
水面から、腕が出てきたのだ。
左手ばかり。それも無数に。
その腕はすべて餌箱を持っている。
船は先ほどから動いていない筈だが、声がどんどん近くなってきていた。
だんだん何を言っているのか聞こえてくるようになった。
「お前が捨てた餌箱はコレかえ?」
「コレかえ?」
「コレかえ?」
「早く選びなしゃんせ」
「早く」
「早く」
「船を沈めちまってもよいのかえ?」
「早く船を沈めなっせ」
「沈みなっせ」

俺は本当に怖くなった。船頭に助けを求めようにも目をそらすことが出来ない。
その時釣りざおを持ったままのAが叫んだ。
「そんな餌箱オメェ等にやるよ!とっとと失せろ!死人の分際で釣りの邪魔すんな。負け犬が!」
すると無数の左手たちは餌箱を持ったまま、帰っていった。
対岸からの声は鮮明さを増し、脳に直接響くような声で語りかける
「解りゃんした。道中お気をつけなっせ。」
「沈みなっせ。」
「食われなっせ。」
と・・・。
そして、今度は右手が、先ほどの左手の数以上に水面から伸びてきた。

358 :もこ:03/07/18 13:28
冬なのにタンクトップ姿の船頭さんはもうあてにならなかった。船の舳先で
縮こまって動かない。その間にも迫りくる右手に俺立ちは一瞬顔を歪めた
なんとその手にはひしゃくが握られていたのだ、そのひしゃくで船に水を入れる
ことで沈めようとしているのだ。「おい!もこ、てめー何とかしろ!」
俺は慌てていたがふと死んだおばあちゃんのことを思い出した。
「もこや、よくお聞き、世の中には不思議なことがあってなー。夜船で
沖へ出ると船幽霊がでてひしゃくで船を沈めてしまううんだよ。」
「黙ればババア」
「その対策法はなぁ・・・」
「もういいよ、あっち行って!」

肝心なところを聞いてなかった。俺はとりあえずひしゃくを取り上げようと試みた。

359 :もこ:03/07/18 13:32
俺はすぐ目の前にある手からひしゃくを取り上げようとしてみた。
だが手を伸ばすとすぐに別の手がひしゃくで俺の手を殴ってきた。
Aの方を見るとAもひしゃくを取り上げようと奮闘していた。
仕方なく船頭に助けを求めようと振り返ると、
船頭は舳先に座って夜食の弁当を食べ初めていた。
「Aやばいよ!船頭の奴、弁当食っとる!」
「うっせーボケ!お前がコンビニで買ってくるの忘れるからだ!」
Aはおかしくなってしまったのか、俺が弁当を買って来なかった事に腹をたてていた。
やばい!どうしよう!婆ちゃん助けて!俺が心の中で必死に助けを求めていた時だった。
「もこや・・・もこ・・・」
目の前に婆ちゃんが現れたのだ。
「婆ちゃんごめんよ、俺が悪かったよ!」
「カァ〜〜〜〜〜ペッ!」
婆ちゃんは唾を吐くと消えていってしまった。

俺は泣きながらひしゃくを持った手と格闘していた。
何時の間にか弁当を食べ終わった船頭が俺の方に脇に立っていた。
「お客さん泣いちゃってるじゃんかYO!手を貸すYO!ゲロッパ!」

360 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/07/18 18:48
(・3・) アルェー 長いしつまらないYOー

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 20:06


age

362 :新宿歌舞伎町発:03/07/18 20:13

@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@新作@
人気爆発新作ベスト5 入荷
 白石ひより SNAPSHOT 岡崎美女 POISON 宝来みゆき パンドラ
 持月真由 水中SEXのAQUASEX 超売れ筋 無修正DVDなら 新宿歌舞伎町直送
  店頭販売の売れ筋のみ厳選してみました 安心の後払い
      http://no1.to/first
   白石ひとみ 小森詩 山田まり 長瀬愛
@@ 及川奈央 レジェンド @@ 堤さやか 東京バーチャル 依然大好評
     http://fry.to/first
  サンプル画像充実  見る価値あり  最高画質

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@       


363 :三村:03/07/18 20:13
よんだにかよ!

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 20:32
1年前、機械音痴の妹がバイブを買った。
どうやら嬉しいらしく、あえぎながらいろいろと使ってた。
何日かして電池が切れたらしく
「どうすればいいの?」と遠慮気味に相談してきたが、
「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
さらに「つまらないものばかりオカズにしてるからだろ!」
とも言ってしまった。

そしたら「・・・ごめんね」と一言。

そんな妹が先日嫁にいった。
実家の部屋整理してたらバイブが出てきて
何オカズにしてたのかなあと中身を見たら
俺の寝顔が写ってた・・・
射精が止まらなかった。


365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 20:40
そのコピペがどうした?

366 :ぼるじょあ ◆VBGo3bjTdQ :03/07/18 21:10
(・3・) エェー 師匠ともこよりは面白かったYO−

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:05
ダヌル、もこ、ぼるじょあの(悪)夢の狂宴だねぇ。
師匠、たすけて!!

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:08
↑師匠襲来

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:09
師匠の頭のいい小話聞きたいなー

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/18 23:17
俺は師匠じゃないYO!

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 05:14
ここがIDでる板だったらよかったのになー。
師匠素人っぽいから気付かず堂々と自演しそう。

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 06:34
師匠、おねがいかまって

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 06:35
まちがえた いじって

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 07:18
師匠

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 07:27
うりうり

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 08:39
俺も師匠になろうかなー

377 :師匠:03/07/19 16:06
師匠光臨だテメーら!!クソコテどもに一斉砲火!!

>>ダヌル
クソぬるい一行レスなんかどうでもいいんだよ、ボケ!
さっさと長文で情景描写しやがれ!!

>>胡椒
一味違うってか(プッ
じらしてねーで早く落とせ!もったいぶってんじゃねーぞ、脳内故障野郎!

>>ぼるじょあ
お呼びじゃねーんだよ!このチンカス!
クソくだらねえこといってねーでテメェもなんか話してみろや!!

>>もこ
ガイシュツ舟幽霊話か?おめでてーな。
まあしかしあのノリは好きだ。さっさと続き書き込めよ、ノロマ!!

>>師匠
さっさと降臨して話書き込め、クズ!!
それともこのまま逃げるのか?負け犬が!かかってこいや!!!

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 16:25
コワイ話かい?知ってるぜ。

ある朝、起きたら僕の彼女がシャワーを浴びていたんだ。
なぜだかわかるかい?

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/19 23:05
アアヵいあいきy7rrfyyいいぴぴ;pっぴいぃぃっぉ・・・うぅぅうううm

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 04:52
もこってリアルでも蔑まされてるんだな

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 17:43
これは私が体験した真の体験です。
学生時代に彼女(元モデル(爆)とふたりで歩いていました。
すると前方から、なんと形容すればいいやら、
例えるなら暗黒の騎士とでも言おう存在が突進してきました。
私は無我夢中で彼女を突き飛ばし、「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」と
無意識の内に叫んでいたそうです(彼女・談)
すると私の身体から光のモヤみたいなものが飛び出し、
うーん、これも形容しづらいんですけど、白き翼をたたえた騎士、とでもいうような形に成りました。
白の騎士は暗黒の騎士を光りの剣のようなもので断ち切り、私に向き直り
「真の勇気、しかと見届けた」と呟き、消えさりました。

5年経った今でも、はっきりと覚えています。
あれは私の守護精霊のようなモノだったのでしょうか?

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 17:44


340 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/07/17 11:11
かんかはするな



383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/20 17:50
>>381
何回見ても名作だな。完成度高過ぎ。

384 :******************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 11:26
地震、大火事・・・悲惨な事件は実はある時間帯をはずして起こることになっております。
東ではその昔、関東の大地震が昼時、最近ではオウムの地下鉄サリンは朝8時過ぎ。
西にまいりますというと、阪神淡路の大震災も朝方でしたし、
記憶に新しいところではミナミは道頓堀中座のガス爆発は未明のこと、
天ぷら屋から火が出て法善寺横丁が灰になりましたのが、午前11時の火災です。
午後のおやつの時間には起こらしません。

惨事は三時には起こらない。
これはつまり、ある駄洒落を言わせんがための謀りごとやと思います。
そして、118人が亡くなった昭和47年の千日前デパート火災が夜の11時前・・・。

「11時に起きても、『だいさんじ』とはこれいかに?!」


385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 11:33
世界陸上の槍投げ、金メダルがかかった一投。
選手の投げた槍は高々と弧を描き、地上に落下・・・
おっと! 審判員を串刺しにしてしまった!
しかし、これは世界記録だあ!

「やりィ!!」

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 14:38
師匠キター

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 16:09
師匠...。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 16:13
このスレを初めから一気によんで思ったこと
馬鹿を調子に乗せちゃいけない

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 18:51
師匠!
新しい芸風もおもしろいですね!!
最高です!
もっともっと僕たちを楽しませる小噺をしてください!!!

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/21 19:44
隣り合う家同士という間柄でございますが、
親御さんの仲がえらい悪うて、愛を確かめ合うことのできない男女がおりました。
ロミオとジュリエットみたいなもんですな。
ところがこの男がえらい立派なイチモツの持ち主でございまして、
おのれのイチモツをおっ立てて、お互いの2階の窓と窓に、
橋にして渡しよりました。

さあこのナニを渡って来て、ナニをしようよ、というわけです。
女は喜びいさんで男の部屋へ行き、二人はその夜めでたく結ばれたんですが、
あいにく少々支障がありまして、
女は自分の部屋に帰りつけず、2階から落ちて死んでしまいました。


391 :なまえをいれてください:03/07/22 13:19
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 22:41
アメリカは好き勝手に戦争できていいね〜

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/22 23:43
Q.中国人と韓国人とフィリピン人が車に乗っていました。運転しているのは誰?

A.警察

394 :age:03/07/23 15:46
age

130 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)