5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【哀】切ない心霊体験【恋】

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/06/17 02:46

【浪江町・大堀の栗の木】

 浪江町大堀の共同墓地には、樹齢500年にはなろうという栗の大木があります。
秋になると実がいっぱいなり、熟して落ちてきますが、その栗の実のどれをとっても、
1つずつ歯形がついています。

 むかし、この里に「あき」という10歳位の女の子がいました。かわいそうに半年も
病気で床についたまま、いよいよだめだと言う時が来ました。
 そのいまわのきわになって、急に「あき」は生栗が食べたいと言い出したのです。
ちょうど初夏の頃で、栗の実などはどこにもなく、親たちは途方に暮れてしまいましたが、
死んでゆく娘の願いはなんとしてもきいてやりたい、その一心で山中をさがし歩き、
とうとう一本の栗の木の下に、土に埋まっていた栗の実をみつけました。
急いで家に持って帰り、「あき」の細い手に握らせてやると、うれしそうに栗の実に歯をあて、
そのまま息をひきとってしまいました。

 親たちは悲しみに暮れながら、「あき」のなきがらとともに栗の実を棺に入れて
ほうむりました。
 それから幾年かたちました。栗はいつの間にか緑の芽を出し、ついには今のような
大木になったのです。そして、不思議なことに、どの実にも必ず一つずつ歯形がついています。
 けれども、この栗の苗木を他の土地に植えてみても、
歯形のある栗の実はならないということです。


142 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)