5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日露戦争物語【日清戦争編】

1 :吉野:03/07/13 02:16 ID:SPZede2U
豊島沖海戦始まっちゃったのに、誰もたてないないんで。
この漫画、また日清日露の間はむちゃくちゃ引っ張りそうなんで
とりあえず、日清だけ。


2 :吉野:03/07/13 02:21 ID:SPZede2U
===== 両国の軍備 =====
       日本陸軍 清国陸軍
動員兵力   24万     98万

        日本海軍 清国海軍
軍艦     28隻     82隻
水雷艇    24隻     25隻
総トン数   59,000t    85,000t


3 :吉野:03/07/13 02:22 ID:SPZede2U
「豊島沖の遭遇戦。」

日本海軍の第一遊撃隊(巡洋艦「秋津洲」「浪速」「吉野」)と、
清国北洋艦隊の「済遠」「広乙」が遭遇し、清国側が実弾発砲、
海戦となる。「済遠」は逃走、「広乙」は自ら座礁する。
「浪速」は「済遠」を追う途中、清国兵を満載した英国船「高陞号」に
停船を命じ、ついに二時間後撃沈した(これらの措置は国際法上合法
であったため、一旦沸騰した英国世論もやがて収まった)。

4 :名無し三等兵:03/07/13 02:24 ID:0xo5w4W9
その時の艦長は東郷平八郎ってなんだコノスレは。

5 :吉野:03/07/13 02:39 ID:SPZede2U
意味がわからん、、、浪速じゃなねーって事か

ところで鋼鉄艦同士のドンパチは、南北戦争が初?
あれは半潜行艇?


6 :名無し三等兵:03/07/13 03:07 ID:???
>>5
あれはモニターだからなぁ・・・っつか日露戦争物語って何?

7 :名無し三等兵:03/07/13 03:17 ID:???
江川達也の漫画は余所でやってくれ
普通の日清戦争スレとしてFRAMできるかな

8 :名無し三等兵:03/07/13 03:39 ID:???
ではまず、なぜ日本軍は防疫システムを確立しておかなかったのか?から

9 :名無し三等兵:03/07/13 03:43 ID:???
>>8
島国だからさ。現代においてもSARSはこなかった。
意識が甘いのだ。

10 :名無し三等兵:03/07/13 04:46 ID:???
外国人軍事顧問が防疫学を教えていそうなもんだが。

11 :吉野:03/07/13 16:28 ID:???
日清戦争の戦死、戦傷死1,530名に対して、
なんと戦病死は10,480名で、ほとんど戦地での伝染病。


12 :名無し三等兵:03/07/13 16:42 ID:fg/6MhYS
へぇー

13 :名無し三等兵:03/07/13 18:33 ID:???
やったー、100円獲得だー(しょぼーん

14 :名無し三等兵:03/07/14 07:36 ID:JMzlLfbT
脚気の予防では文豪、森鴎外軍医総監が大活躍だったそうだ。

15 :名無し三等兵:03/07/14 08:15 ID:cSLSpqp+
>>14
おいおい(w ネタだろうが…
むしろ鴎外は脚を引っ張った方だろ。

16 :名無し三等兵:03/07/14 08:23 ID:???
戦地での防疫は、後の太平洋戦争に至るまで不充分。
けど、戦地から内地に対する防疫は、後藤新平・児玉源太郎の逸話なんかが有名だと思うぞ。

17 :名無し三等兵:03/07/14 08:47 ID:???
>>16
防疫以前に補給がなってねぇからな、帝国陸軍は。(涙
南方作戦よかマシだったって所かねぇ?

18 :大陸浪人:03/07/14 09:48 ID:SiSd0vJI
♪泥水すすり草をはみ、荒れた山河を幾千里、
♪背もとどかぬクリークに三日も浸かっていたとやら十日も食べずにいたとやら、
♪既に煙草はなくなりぬ、頼む燐寸も濡れ果てぬ、飢え迫る夜の寒さかな、
補給がなんだ。



19 :名無し三等兵:03/07/14 09:57 ID:???
実はオレも麦飯が結構好き。
でもそれを外で言うと「懲役帰りか?」とキモがられる。
そりゃ確かにオレの顔はコワイしミリタリールックでビシッっと決めてるが...

20 :名無し三等兵:03/07/14 10:28 ID:???
>>14
脚気の予防で指導的役割を果たしたのは、海軍の高木兼寛軍医総監。
陸軍軍医総監の森林太郎(鴎外)は、高木説を認めなかったばかりか、
高木に対する個人攻撃を繰り返すなど、ほとんど2chのDQN並の行動を
とっている。

21 :名無し三等兵:03/07/14 11:08 ID:4fKDcgTN
ロシアのどんな将軍・要塞・新兵器よりも
森鴎外が倒した日本兵の方が多いそうだ。


22 :名無し三等兵:03/07/14 11:36 ID:???
そりゃ、一人で3万人も殺しちゃあなあ。
薬害エイズなんぞ足元にも及ばぬ医療スキャンダルなんだが。
やはり文学者としての実績に遠慮して、皆余り叩かないのか?

23 :名無し三等兵:03/07/14 11:52 ID:???
>>22
歴史学ってのは、歴史上の人物を「叩く」ことが目的ではないですから(^^ゞ
そういうのは評論家とかジャーナリストにでも任せておけばいいのでふ。

24 :吉野:03/07/14 13:16 ID:???
おやまぁ、戦闘より、
防疫についての話になってますな、、
ちょっと調べてみますわ。

漫画の方は、広乙の体当たりがスカった( ´_ゝ`)


25 :吉野:03/07/14 17:01 ID:???
字間違えているっぽい

26 :名無し三等兵:03/07/14 18:02 ID:hcE+PqcL
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ    軍医森鴎外が26getだ!
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、     >>27陸軍は米食でやらないか? 
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、  >>28カロリーたっぷり米食でやらないか?
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ. >>29米食ったら  や ら な い か?
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /


27 :名無し三等兵:03/07/14 18:08 ID:???
>>21
ロシア軍にもっとも貢献した男って陰口が叩かれたって話しは聞いた事あるな。>鴎外
どこまで本当なのかはわからんが、陰口の一つも言いたくなるだろうよ。

28 :名無し三等兵:03/07/14 23:56 ID:qRlDbIDk
>>22
医者としての森林太郎は、相応に叩かれてます。大体陸軍自体が明治41年から
兵隊に麦飯の支給を開始してますから、その頃には森の言うことなんぞ陸軍すら
聞いちゃいなかったという事です。森の上司でやはり脚気細菌説だった石黒忠悳や、
脚気菌発見(勿論間違い)をした緒方正規でさへ、後には自説の誤りを認めたのに、
森だけは最後まで誤謬を訂正しませんでした。
それと、森は医者としては、その経歴・職歴の割には学問的業績が皆無と言う
当時としては珍しい人でした。母校(東大医学部)に研究員として残ることも、
卒業試験の席次が悪すぎて叶わなかったという人ですから、寧ろ軍医総監は
出世しすぎで、いっそ三十路半ばで文学者を専業とした方が、本人も含めてナンボか
幸せだったでしょう。






29 :名無し三等兵:03/07/15 00:15 ID:???
文豪にして軍医総監、軍医としての経歴は晩節に汚したが
天才であったのは間違いない。

30 :名無し三等兵:03/07/15 00:46 ID:???
んー、森鴎外は孔明だから格好のターゲットになるけどね、
高木が医学博士ではない、言わば畑違いの研究者だってことに起因する、
日本の医学界の閉鎖性が根本原因だからねー。
もし森がいなかったとしても、同じ展開にしかならなかったとと思うけどな。

学閥が容易にできないよう、教授が頻繁に移動する制度を作っておかなきゃならなかったんだけど、
それって今もできてないしねー。

薬害エイズの問題一つ取ってみても、明治時代から何一つ改革されてないんだよねー。

31 :名無し三等兵:03/07/15 00:51 ID:???
それから、日清・日露の頃は補給体制はそんなに酷くなかったという話を聞くけど、
どうなんだろうねー。
何しろ戊辰戦争で補給に苦労した連中が、軍の指揮を取ってるからね。

太平洋戦争の頃は、「科挙」で選ばれた官僚的将校が補給を担当するようになってから
酷くなったと、何かの本で読んだけどね。

32 :名無し三等兵:03/07/15 00:58 ID:???
>>31
ま、太平洋戦争も半島経由で補給線が確保されていた大陸は南方程は酷くなかったらしいですから。
やはり、辻ーんが・・・牟田口が・・・全ての元凶かと。

33 :大学生:03/07/15 01:37 ID:???
>>19
「徴兵帰り」とは・・・
自分の祖父と同じくらいの世代の方ですか?

34 :名無し三等兵:03/07/15 06:27 ID:X2mc1iHE
最初はしょーも無い漫画かなと猜疑心を持ちつつ読んでいたが、
最近は自分的には評価が赤丸急上昇。

今週は飛んでくる砲弾の描写にシビレタ。

当時の戦争について、新たなる発見が多い。
江川も少しは勉強をしているようだ。

作者は日比谷焼き討ち事件まで書きたいそうだが、
マスコミに踊らされた庶民をどのように描写するのか、興味がある。

彼は連載の後半になるとグダグダになる癖があるので、
今のままで書き続けることを心から願う。

BE FREE!以来の名作になるのであろうか?

35 :名無し三等兵:03/07/15 07:38 ID:???
>>32
大陸で補給がどうにかなっていたのは、「現地調達」のせい。
同じことを農作物の収量の低いところでやろうとしたから、ガ島やニュー
ギニアではひどいことになった。

36 :名無し三等兵:03/07/15 13:56 ID:???
日本海海戦の秘密の1つ、日進は艦橋要員すべてが戦闘不能になり、アルゼンチンの観戦武官ガルシア大佐が指揮をとっていた。
というのが描かれているのかな。


37 :名無し三等兵:03/07/15 14:10 ID:???
>>34
え? 「発見」って……。

このスレに書き込むか、自分で調べるかして、裏を取ったほうがいいと思うぞ。
いや、マジで。

38 :吉野:03/07/15 14:42 ID:Nw5PZ8Sv
>33

実は、日本人じゃなかったり、w

それにしても石炭えっほえっほ入れて増速ってのもなかなかイイね、


39 :吉野:03/07/15 14:43 ID:Nw5PZ8Sv
>38

日露のWebサイトはけっこーあるけど、日清のは少ないね、、
あと、清国軍の軍制、、、複雑というかんというか、、、(汗

40 :名無し三等兵:03/07/15 15:29 ID:???
>>30
>高木が医学博士ではない、言わば畑違いの研究者だってことに起因する、


高木兼寛は、日本で最初に医学博士号を授与されたメンバーの一人なんだが・・・・・


41 :名無し三等兵:03/07/15 15:44 ID:???
司馬史観(死姦か)に立て付く奴を弾圧する司馬財団の圧力をいかに撥ね退けられるかは、編集者にかかっているな。


42 :吉野:03/07/15 18:01 ID:OHZWGJe1
財団ですか、、そういえば、乃木ネタは日本史板とかでもけっこう
荒れますよね、、、

43 :名無し三等兵:03/07/15 19:21 ID:???
3年かかってまだ日清戦争が始まったところか。
日比谷焼き討ちまで何年かかるんだろう。

44 :名無し三等兵:03/07/15 19:23 ID:???
森林太郎を含む一派は、当時主流だったドイツ医学。
高木兼寛は、少数派のイギリス医学ってことも大きかったらしい。
あと、途中から森vs高木と言うより、陸軍vs海軍になってしまったし。

45 :名無し三等兵:03/07/15 21:06 ID:PCYRcrvy
確かに「脚気の原因」については森の間違いなんだけど、じゃあ高木兼寛は開明的な
ヒューマニストだったかと言えば、これも大違い。高木は東京市中の公衆衛生に
ついて、「東京から貧乏人を駆逐して、富裕層の専住地域にして公衆衛生の目的を
達成すべき」などという暴論を、盟友の松山棟庵と一緒に唱えていたりする。
この点については、森は「そもそも公衆衛生における優先度は、財産によって
自衛のできる富裕層ではなくて、貧困層の救済が先んずる」と真っ当な反論をしている。
森は病的な負けず嫌いで、しかも西洋的合理主義の伝道という、妙な使命感が
あったせいか、脚気論争では大いに味噌をつけたけど、明治の知識人なんて
公平にみれば、誰も彼も一長一短かもしれないね。



46 :名無し三等兵:03/07/15 21:07 ID:qiwMFuFM
日清戦争って清対日本というより李鴻章軍閥対日本軍と言う感じなのか?
北洋水師以外動いてない艦隊もあるし、清朝廷が無関心すぎる、当事者意識が感じられない
王朝はあっても国家はないのか?



47 :吉野:03/07/15 21:24 ID:/Vq30QiJ
>46
中国には国民国家意識って、、いまも、あるんかな、、(汗

48 :名無し三等兵:03/07/15 22:51 ID:v8oVPmh/
>>45
判断の間違いと、人道意識を、必ずしも混同してはならないという事だな。

49 :名無し三等兵:03/07/15 23:14 ID:???
司馬は「技術軽視と陸軍を批判するが技術を知らない」と言うのが現実らしいね。
ついでに、実戦経験もない。


50 :名無し三等兵:03/07/15 23:14 ID:???
>46
国民国家以前の段階だからな。
清朝側から見ると、幕末の長州・薩摩みたいな感覚では? < 北洋軍閥。


51 :名無し三等兵:03/07/15 23:24 ID:???
>>46
西太后が、海軍予算流用して離宮作ったのは有名な話だしね。

どうでもいいが、ATOK、「せいたいこう」だと変換しないのに、
「せいたいごう」だと一発変換って、どういうことよ?
ありゃ、映画のタイトルだろ? 大抵の辞書の見出しは
「せいたいこう」だぞ。

52 :名無し三等兵:03/07/16 01:02 ID:???
>35
湾岸戦争でもイラク戦争でも米軍の補給計画は狂いっぱなしだったくらいで、
補給の目算が狂うことはよくあることみたいなんだけどね。
それを素早く修正するシステムを、日本はとうとう持つことができなかった
ということじゃないかな。


53 :874:03/07/16 02:45 ID:???
>>31
>「科挙」で選ばれた官僚的将校
「科挙」って,シナ軍の将校の話か?

54 :名無し三等兵:03/07/16 02:47 ID:???
旧日本軍に「補給」の概念なんてありません
つか
アメリカ軍の「補給」と日本軍の「補給」の間には
アメリカ軍の「師団」と日本軍の「師団」の戦力差と同じくらい
隔たりがあります。

55 :名無し三等兵:03/07/16 03:37 ID:???
その代わり重錨(字あってるかな?)があった。

56 :吉野:03/07/16 03:40 ID:???
それで、メッケルなんかは補給の概念を教えてくれなかったんか、、、?


57 :名無し三等兵:03/07/16 03:46 ID:???
>>55
モ前、それは輜重「しちょう」のことか?


58 :吉野:03/07/16 03:55 ID:???
でもしょっちゅう食料不足だったんじゃ、、、

59 :名無し三等兵:03/07/16 04:02 ID:???
>>58
藻前は漫画だけじゃ無くて本も嫁。
圧倒的に知識不足。

60 :名無し三等兵:03/07/16 05:32 ID:???
>>54ならどうして旧日本海軍に潜水母艦や補給艦が存在したんですか?
羊羹製造機まで装備していた間宮は(・∀・)イイ!!

61 :名無し三等兵:03/07/16 07:31 ID:???
>60
ところで、陸軍は『〜蝶々蜻蛉も鳥の内』だが、海軍の補給艦の格はどんなもの?
駆逐艦長とどっちが上?


62 :名無し三等兵:03/07/16 07:52 ID:???
>>60
間宮クラスの運送艦なら、連合軍はそれこそ何十隻も持っていたんですが。
間宮と伊良湖の2隻しかなかったって時点で、補給力の差は圧倒的。

63 :名無し三等兵:03/07/16 09:56 ID:???
>>62
連合軍が圧倒していたのは確かだとしても、太平洋戦争に参加した
日本海軍の「給糧艦」は間宮、伊良湖以外に杵埼、早埼、白埼、荒埼、野崎、鞍埼
等がいる。




64 :名無し三等兵:03/07/16 10:05 ID:???
>>61
間宮の艦長は大佐。その意味では駆逐艦より格上。


65 :名無し三等兵:03/07/16 10:13 ID:???
参考までに

間宮 15,820t
伊良湖 9,570t

杵埼
早埼
白埼
荒埼 それぞれ920t
※上記は肉類輸の冷凍船

野崎 640t
鞍崎 2,371t

66 :名無し三等兵:03/07/16 12:55 ID:cqfA9CC/
太平洋戦争>>>>>日露>>>日清>西南戦争
動員兵力が大きくなりすぎて、輸送距離も長くなって追いつかなかったんだと思う

67 :名無し三等兵:03/07/16 14:03 ID:???
>「科挙」って,シナ軍の将校の話か?

試験に対する皮肉を込めていると思われ。

68 :名無し三等兵:03/07/16 20:14 ID:???
久々に読んだんだが、中々面白かったよ。
と言うか、漫画ってつえーなと思った。
新進気鋭の小説家が日露(日清戦争)について書いても、好事家が読む程度だけど、
漫画なら、清王朝って何?日本勝った?負けた?程度の香具師でも読むだろうし。

江川嫌いだけど、この連載だけは終いまで書けよな。
したらブクオフで買ってやる。

69 :吉野:03/07/16 20:58 ID:???
>59
すまぬ、逝ってくる

70 :名無し三等兵:03/07/16 21:47 ID:???
>>63
艦隊随伴能力があるのは、間宮と伊良湖の2隻のみ。
他の給糧艦はいずれも後方基地←→前線基地の輸送を担当しただけ。

71 :名無し三等兵:03/07/16 22:43 ID:???
>>70
だから勝手に省いて良いという事は無いわけだが。


72 :名無し三等兵:03/07/16 22:49 ID:???
>>70
艦隊随伴が少ない?
うん少ない。が、日本の主要活動範囲では、艦隊随伴艦が少ないのは致命傷ではないと思うが。
高速タンカーの方が重要だろうな。

>後方基地←→前線基地の輸送を担当しただけ。
それが主任務だもん。
艦隊随伴よりも、そっちが方が億倍大事だよ。

73 :名無し三等兵:03/07/16 22:52 ID:y809RJfx
WW2当時の日本陸軍はそれなりに補給について意識しているよ
師団ごとに輜重兵連隊保有しているし、軍、方面軍レベルの補給システムも
整備されている。

しかし、米軍と比べるのは酷だろう
師団レベルの火力だけでも、75mm以上の火砲を師団平均36門程度の日本軍と
105mm以上で70門以上あり、155mm軍団砲兵の支援も贅沢な米軍とは比べものにならない


74 :名無し三等兵:03/07/16 22:57 ID:???
>>73独軍と比べても戦車以外は圧倒しているのですが

75 :名無し三等兵:03/07/17 00:44 ID:???
>>73
>>師団ごとに輜重兵連隊保有しているし、

現地調達かよ。

76 :名無し三等兵:03/07/17 01:09 ID:???
現地調達部隊じゃなくて
輜重連隊は非自動車化師団なら人員3400名、馬匹2600頭
自動車化師団(といってもノモンハンで壊滅した23師団ぐらいの準機械化師団だけど)だと
人員600名、トラック100両程度の後方輸送部隊だよう(ノД`)
本土決戦用に編成された貼り付け師団・決戦師団だと師団輜重隊(400名・馬匹200頭)まで
縮小されてる

輜重連隊がどんな戦争をやっていたかは「インパール兵隊戦記」なんか参照に

77 :名無し三等兵:03/07/17 06:32 ID:YYcUkc1G
>>73を読んでなんで「現地調達」と読めるのかわからん。

78 :名無し三等兵:03/07/17 23:39 ID:???
ただ輜重隊があればいいってもんでは無いんだが・・


79 :名無し三等兵:03/07/18 01:43 ID:???
>>51
映画のタイトルとして辞書登録されてるのでは?>せいたいごう

せいたいこうは「せい」と「たいこう」で文節を区切って変換してくれとか。
東郷提督とか乃木大将とかも文節区切るから。

どっちにしろ日本語読みなんで一般的な言い方が優先じゃないかな?

80 :名無し三等兵:03/07/18 16:37 ID:???
>78
結局洋上補給線を確保できたかできなかったかが、
日清・日露と太平洋戦争の違いということでしょうな。


81 :名無し三等兵:03/07/18 23:31 ID:???
アサピーは「日比谷焼き討ちの成功」で味をしめて、「朝鮮人の暴動」とか虚報による煽動を繰り返し行うようになったみたいだね。


82 :名無し三等兵:03/07/19 01:06 ID:???
┐(´〜`)┌ハイハイ

83 :名無し三等兵:03/07/19 07:39 ID:/dj97QMv
印度まで攻め込むとは想定外だったろうに。

84 :名無し三等兵:03/07/19 09:48 ID:???
>>83
印度人もビックリ!しますた。

85 :名無し三等兵:03/07/19 14:33 ID:???
印度まで攻め込むことを想定して、開戦2年目の前半に印度開放を行えば勝てた。


86 :名無し三等兵:03/07/19 19:01 ID:???
確かに、ボーズのINAを先頭に、印度に侵入していれば、
現実とは異なった結果になっていただろう。

結局は負けてしまうのかもしれないが。

87 :名無し三等兵:03/07/19 21:52 ID:???
そういや、日清戦争では反清朝軍みたいな連中を使ったりはしていなかったのかな?

88 :****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/21 10:48 ID:???
教育評論家って、教員資格のない予備校講師がNHKに出るときよく使う肩書きだな。


89 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 13:08 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

90 :名無し三等兵:03/07/22 23:51 ID:3+uZ1F4F


煙も見えず雲も無く風も起こらず波たたず鏡のごとき

91 :名無し三等兵:03/07/23 11:14 ID:???
>>85
そしてゴラン高原で独逸軍との大戦車s(Dokokokoko!

92 :名無し三等兵:03/07/23 13:13 ID:NbC284nA
一          . 二
煙も見えず 雲もなく          . 空に知られぬ いかずちか
風も起らず 波立たず          . 波にきらめく いなずまか
鏡のごとき 黄海は          . 煙は空を 立ちこめて
曇り初めたり 時の間に          . 天津日影も 色くらし
     
三          . 四
戦い今や たけなわに          . 弾丸の砕片の 飛び散りて
勉め尽くせる丈夫の          . 数多の傷を 身に負えど
尊き血もて 甲板は          . その玉の緒を 勇気もて
から紅に 飾られつ          . つなぎ止めたる 水兵は
     
五          . 六
間近く立てる 副長を          . 副長の眼は うるおえり
痛む眼に 見とめけん          . されども声は 勇しく
声をしぼりて 彼は問う          . 「心安かれ 定遠は
「まだ沈まずや 定遠は」          . 戦い難く なしはてき」
     
七          . 八
聞きえし彼は 嬉しげに          . 「まだ沈まずや 定遠は」
最後の微笑を もらしつつ          . その言の葉は 短きも
「いかで仇を討ちてよ」と          . 皇国を思う 国民の
いうほどもなく 息絶えぬ          . 心に長く しるされん


24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)