5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

WW2航空決戦 統合スレ

1 :名無し三等兵:03/07/03 01:24 ID:SK7KGM6c
WW2戦闘機スレが乱立してますが、総括的にWW2主要国の航空機
を戦闘機でも爆撃機でも、その開発生産史と戦跡について冷静に
学問的に比較検討してみませんか。

http://page.freett.com/updat2ch/030429-1033953992.html
http://page.freett.com/dat2ch05/030514-1047183672.html
WW2傑作戦闘機を論じる 8・9
http://www.danshistory.com/ww2/
第二次世界大戦・主要国航空戦データベース
http://www.au.af.mil/au/afhra/wwwroot/aafsd/aafsd_list_of_tables.html
第二次世界大戦 米陸軍航空データベース
http://www.history.navy.mil/download/nasc.pdf
第二次世界大戦 米海軍航空データベース
http://www.skalman.nu/third-reich/luftwaffe.htm
ルフトヴァッフェについて
http://maisov.oops.jp/oss/nif3.htm
ドイツ空軍の生産と編成
http://www.skalman.nu/worldwar2/su-airforce.htm
ソ連空軍
http://www.fiddlersgreen.net/aircraft/WWII/WWII.htm
第二次大戦欧州航空機全集
http://www.d-b.ne.jp/t-key/aircraft.htm
日本の名機・世界の名機・戦後の名機

2 :名無し三等兵:03/07/03 01:25 ID:SK7KGM6c
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053696941/l50
太り過ぎ戦闘機「雷電」
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1056515737/l50
太り過ぎでも愛される戦闘機「雷電」2
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1054919262/l50
陸軍二式単戦ファンクラブ!
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1056092249/l50
なぜ、陸軍の一式戦闘機は、海軍の零戦に劣るのか?
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1054128453/l50
★超傑作戦闘機サンダーボルトを語ろう!★
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1054775303/l50
一式陸上攻撃機について1から語るスレッド【1】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1054118863/l50
傑作戦闘機 F6Fヘルキャットを認める
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053677953/l50
零式艦上戦闘機についてゼロから語るスレッド【0】
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1055430003/l50
3式戦闘機「飛燕」を語るスレ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053551416/l50
WWII最優秀戦闘機は「P-36モホーク」
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1055740970/l50
97式重爆撃機ファンクラブ
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1056799634/l50
スピットファイア戦闘機

3 :名無し三等兵:03/07/03 01:42 ID:SK7KGM6c
http://page.freett.com/dat2ch06/030528-1041300891.html
WW2航空機エンジンテクノロジー
http://page.freett.com/dat2ch06/030529-1046066494.html
四式戦「疾風」を大東亜欠陥機とか言ってる奴殺すぞ
http://page.freett.com/dat2ch06/030529-1049600335.html
B29を迎撃するのに最適のレシプロ戦闘機 Part3
http://page.freett.com/dat2ch06/030528-1042189929.html
WWII最優秀戦闘機は「F4Fワイルドキャット」
http://page.freett.com/dat2ch06/030528-1043419797.html
隼は零戦に勝てないのか?
B29を迎撃するのに最適のレシプロ戦闘機
http://page.freett.com/datdat2ch/030429-1046510377.html
B29を迎撃するのに最適のレシプロ戦闘機 Part2
http://page.freett.com/datdat2ch/030429-1034548921.html
台南空の戦果、どこまで本当なのよ?

4 :名無し三等兵:03/07/03 01:50 ID:SK7KGM6c
http://hobby.2ch.net/army/kako/1010/10102/1010208700.html
WWU爆撃・攻撃・雷撃機について論じる
http://page.freett.com/tondat2ch/030430-1012368048.html
日本陸海軍機の防弾防火装置
http://page.freett.com/tondat2ch/030430-1025402326.html
日本の戦時中のエンジン技術
http://page.freett.com/tondat2ch/030430-1020569526.html
【最強】WW2傑作米軍機‥‥……━★
http://page.freett.com/tondat2ch/030430-1018421547.html
金星発動機について語ってみようか
http://page.freett.com/tondat2ch/030430-1022379324.html
紫電とか紫電改、あんなのだめです
http://page.freett.com/tondat2ch/030430-1019112534.html
日本軍に必要だった戦闘機はFW190じゃないの?
http://page.freett.com/datdat2ch/030429-1042769668.html
B29を迎撃するのに最適のレシプロ戦闘機
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1046754017/l50
【飛燕】日本液冷倶楽部【彗星】
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1051949327/l50
疾風、紫電改、五式戦、飛燕結局どれが最強よ
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1051739751/l50
五式戦が日本最優秀戦闘機である
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1053871922/l50
【一式】隼って優秀だったの?!【戦闘機】
http://academy2.2ch.net/history/kako/1051/10511/1051116777.html
零戦って優秀だったの?!

5 :名無し三等兵:03/07/03 01:51 ID:???
>>1
戦術システムもOKなのか?

6 :名無し三等兵:03/07/03 10:32 ID:???
よく回想録なんかですぐ敗戦の元凶のように描かれるヘルマン・ゲーリング。
自殺したから死人に口なしをいいことに、悪口の言われ放題。

名将とはいえないにせよ、個人の責任に押し付けるのはバカバカしい。
指導者が組織そのものの体質を象徴するというのは、どこでもそうだろう。
楽観的で自信過剰というのは、「電撃戦」の旨みが忘れられないルフト
ヴァッフェ全体の体質だったはずだ。

7 :名無し三等兵:03/07/03 11:33 ID:???
>6
だから「電撃戦」なんて幻
戦後の西ドイツ歴史学者(反マルクス主義派)の共同幻想だ

8 ::03/07/03 11:40 ID:???
>だから「電撃戦」なんて幻

フランスなどは、戦意がなかっただけともいえるしね。事実上の枢軸国。
同士討ちをやってたようなものだと、ヒトラーやカイテルさえも認めてる。

9 :名無し三等兵:03/07/03 20:32 ID:???
夜間都市爆撃って、戦略的にみてその貢献度はどうよ?

白昼爆撃ではB17でも護衛機なしではシュワインフルトみたくボコボコに
やられて作戦中止だった。なのに英空軍は基本的に護衛機なしで出撃してた。
それでも損失率自体は米空軍と同じくらいだった。

単にラクな方法で点数稼ぎしてただけって気もずるのだが・・・

10 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/03 20:44 ID:q3JQzX+J
熟練工が死ぬのと防空戦力が分散されるので効果はある
厭戦気分も高まるし

ランカスターとB17ではコストも乗員数も違うので
ランカスター一機の損失とB17一機の損失はイコールではない

11 :名無し三等兵:03/07/03 21:00 ID:???
>9
当の英空軍も効果は疑問視してなかったっけか?

爆撃を受ける側だったシュペーアは、産業上のアキレス腱に攻撃を
集中していたほうがよっぽど痛かったと言ってるな。

12 :名無し三等兵:03/07/03 21:04 ID:???
>単にラクな方法で点数稼ぎしてただけ

点数稼ぎでも味方陣営の士気鼓舞にはなったと思う。ドイツの街
が次々と味方空軍の爆撃で破壊されていくことで、自分たちの国
の輝かしい戦争貢献を世界中にアピールできる。

大した規模ではなくても、ドーリットルは対日初空襲で一躍英雄となった。

13 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/07/03 21:11 ID:???
>>10
>厭戦気分も高まるし
 いや、そんな事はなくて、爆撃に対して怒りをもつようになり、また、爆撃で私
財を焼かれるモンだから、現行政府に依存せざるをえなくなって、逆に団結してし
まうらしいよん。
 邦正美 著『ベルリン戦争』を読む事をお勧めする。

14 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/03 21:15 ID:q3JQzX+J
あらま、奇遇にもロンドン爆撃の時と同じじゃないの

さすればベルリン市民も「当店は本日より駐車場を拡張しました」
とかいったジョークをやってたのだろうか

15 :名無し三等兵:03/07/03 21:16 ID:???
>>10同程度のエンジン積んで同じだけ搭乗員を必要とするんだから大して変わらん。
若干の生産コストを除けばランカスター1機の損失とB17一機の損失はイコールだ。


16 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/03 21:24 ID:q3JQzX+J
乗員数はランカスターが7人でB17が9人

17 :名無し三等兵:03/07/03 21:25 ID:???
ホーホー卿が悲しんでます。

18 :打通さん:03/07/03 21:32 ID:???
>点数稼ぎでも味方陣営の士気鼓舞にはなったと思う。

士気鼓舞ちゅうても、自己満足的要素が強いのだがな。

日本でも重慶空襲をやって、海軍航空隊の晴れ舞台として米内大臣ら
海軍関係者を大いに喜ばせた。しかしながら戦略的には反日悪宣伝
の材料に使われただけ、打通作戦の四式戦部隊の足元にも及ばない。

19 :名無し三等兵:03/07/03 21:34 ID:???
ランカスタ−をはじめとする英軍爆撃機は大量の電子装置を積んでたから案外高いんじゃね−か?

20 :名無し三等兵:03/07/03 21:37 ID:???
三光作戦も反日悪宣伝の材料

単に精神的作戦
連日連夜来られたら 夜も寝られん

21 :名無し三等兵:03/07/03 22:02 ID:???
東京大空襲や原爆投下をはじめとする対日爆撃の場合はどうなんだろう。

ルメイら米航空司令官なら「日本軍国主義産業システムを撃破した」
とでも言いたいのだろうが、狙われたのは専ら木と紙の民間家屋・・・

22 :名無し三等兵:03/07/03 22:05 ID:???
兵士一人殺すのと(武装している)子供一人殺す(何年か後の兵士)ときの労力 

23 :名無し三等兵:03/07/04 05:00 ID:???
>21
空襲された日本の軍や政府首脳には大都市から地方都市までが次々と
焼け野原にされたのが敗戦に直結したという認識があったようだ。

24 :名無し三等兵:03/07/04 07:25 ID:???
>>23
それは仕方ないと思う。
サイパン陥落で、東条内閣あぼーん時に降伏出来るだけの冷静さも無かった。
日本は負け方を知らない、戦争音痴。

25 :パヴロフ2等兵:03/07/04 07:37 ID:ph4R5Xpi
ドイツのように力の限り戦い抜き、圧倒的な敵軍相手にものすごい損害を与え、
首都陥落で降伏もクソもない状態にしてしまうのが、最も立派な負け方だろう。
ドイツ軍は不滅だ、彼らに「敗北」の文字はなかった。だからこそヤルタ協定で
決められたように赤軍は戦後長らく東ドイツを占領下に置く国際的義務を課された。

私はときどき名無しカキコでドイツ軍兵器技術を褒めて日本を貶めている。
つまり「ドイツ軍の精強さ」をダシに取ることで、それを倒してベルリン入り
を果たした、ソヴィエト赤軍の世界史的貢献が浮き彫りになってくるのである。

26 :**********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/08 07:11 ID:???
ドイツ軍の兵器技術・作戦指揮は優秀だった?

なら何で負けたの、しかもいくら負けても国が分断されるってどういうこと?

・・・って言いたくなるよな。

27 :名無し三等兵:03/07/08 19:47 ID:???
>その開発生産史と戦跡について冷静に学問的に比較検討してみませんか。

野原茂とか、内藤一郎とか、三野正洋とかの方が発想がユニークで面白い。

具体的史実だとか、学問的検討なんてつまらなすぎ。

歴史家に求められるのはやはり、想像力と独創的発想だ。

28 :名無し三等兵:03/07/08 19:52 ID:K/1h3Aot
兎に角、「疾風」が好きだ。
それだけだ。

29 :名無し三等兵:03/07/08 20:10 ID:???
イスパノやルノーを生んだフランスなのに、戦争に弱かったのはなんでだろ。

http://www.sky.sannet.ne.jp/mfumio/newmenu.htm
第二次世界大戦フランス空軍史

30 :名無し三等兵:03/07/08 20:23 ID:???
ファミコンやウォークマンを産んだ日本だって戦争に弱いぞ

31 :名無し三等兵:03/07/08 20:43 ID:???
民間機さえ航空操縦士の免許なんてそう簡単に取れるもんじゃない。

メカの性能より搭乗員の技量のほうが決定的要因たりうる。零戦だろうが
Bf109だろうがP-51だろうがそんな感じだろう。最初零戦に完敗したとさ
れるアメリカが、たちまち巻き返してしまったのも搭乗員の差が大きい。
P-51は航続性に優れるが、空戦性能は初期のP-40に勝るわけじゃない。
P-40のほうが頑丈で落ちにくかったとの敵味方の証言も少なくない。

32 :名無し三等兵:03/07/08 21:09 ID:t1cvfQPl
>>31
P-51は航続性に優れるが、空戦性能は初期のP-40に勝るわけじゃない。

1 バカ
2 煽り 
3 釣り

さてどれでしょう?

33 :名無し三等兵:03/07/08 21:11 ID:???
答えはバカが釣ろうとした結果、煽りになったものと思われ

34 :名無し三等兵:03/07/08 21:19 ID:???
釣りだとしたら、乗せられて罵倒レスつけてしまったやつも同類だと思う。

梅本弘氏の著作だと、確かに空戦では意外とP-40が手強かったとある。
ビルマだけでなく、北アフリカ航空戦の主力もこれだったはずだ。

35 :ソース不明だが・・・:03/07/08 21:29 ID:???
P-38よりもP-51のほうを好む人がずっと多いことは認める。P-51はたしかに
良い飛行機なので、皆が好む理由も理解できる。 けれどもね、P-51よりも
P-40が好きだったパイロット達が存在したのも事実だ。 325中隊で飛んで
いた人たちと話したことがあるが、連中はそれまでのP-40をP-47に換える
ことになったとき、おおいに残念がったそうだ。そしてさらに、P-47を
P-51に換えての最初の出撃で、本当にイヤになってしまったパイロット
がいたということだ。 P-51なんて、サンダーボルトに比べたら、
すごくひ弱に思えたのだという。

http://www.warbirds.jp/BBS/den/petit.cgi
[670] P-38の評価 投稿者:デューク 投稿日:2003/07/02(Wed) 07:32:16

36 :打通さん:03/07/08 23:39 ID:???
帝国陸軍の飛行機が、工作精度が付属装備がどうのこうのとケチを
つけたければ、いくらでもつけるがいいさ。隼の馬力が、四式戦の
稼動性が悪いと批判したければ、いくらでもするがいいさ。

陸軍航空は、敵航空基地覆滅大陸打通作戦のエアカバーを続行したのだからな。
カイロ宣言米中同盟なぞ、単にゴロツキが用心棒を雇ってみただけのことだ。

37 :打通さん:03/07/08 23:56 ID:???
わが大陸打通航空隊エース・若松幸禧中尉の撃墜認定記録は十八。

太平洋方面と比べれば何分の一かだ。しかしながら撃墜記録だけで
航空戦力の価値が決まるわけじゃない。アメリカだって撃墜記録は
ドイツの十分の一程度だろう。しかしながらその航空戦力としての
価値は「ヤーボー」の名をほしいままにする程だったはずだ。
大攻勢作戦を成功させる鍵は、やはり航空戦力にあった。

ま、日本の場合はいくら大規模攻勢とはいえ相手が文明の「ぶ」の字も
無い汚物の吹き溜まりであったから、その分は差し引く必要があろう。
これだけ産業レベルが低いと、航空基地の運営さえも困難を極める。

38 :名無し三等兵:03/07/08 23:57 ID:???
広大な中国戦線では、南太平洋の空戦ほど濃密な戦いが始終繰り
返されていた訳ではない。空戦の濃密度で言えば両軍とも押しては引き、
引いては押しての牧歌的な戦線だった。
打通作戦の実施時期でもまた然り。

39 :名無し三等兵:03/07/09 08:41 ID:???
>広大な中国戦線では、南太平洋の空戦ほど濃密な戦いが始終繰り
>返されていた訳ではない。

南太平洋は中国よりさらに広大だが、制海権があれば飛行場の運営は
比較的楽になるからな。サイパンの米20空軍など、米陸軍機の活動
も増えたのは制海権が米側に渡ったことの二次的効果であって、
それは「海戦で決着がついていた」ということだ。

奥宮正武氏をはじめ、陸軍航空が太平洋に回されなかったことを非難
する旧海軍関係者も多いが、太平洋の制海権が確保できなかった責任
は陸海どちらにあったか。何のための「連合艦隊」だったのか。

40 :名無し三等兵:03/07/09 09:39 ID:???
航続距離ってのは、燃費効率が大きく関係するんだろうな。燃料を沢山
積めばいいってもんじゃない。へたをすると燃料だけで機体総重量を
はるかに越えてしまったりもする。燃費効率を良くするのも航空技術力
の一つだろう。少ない燃料で長く飛んでいられる飛行機はいい。

41 :名無し三等兵:03/07/09 10:19 ID:???
http://dat2ch10.free-city.net/030704-1046754017.html
【飛燕】日本液冷倶楽部【彗星】
http://page.freett.com/dat2ch10/030709-1034572260.html
ドイツ空軍主力戦闘機がFw190なら…
http://page.freett.com/dat2ch10/030708-1047491846.html
零戦撃墜王★岩本徹三
http://dat2ch10.free-city.net/030704-1034941416.html
WWU最優秀ジェット機はMe262A-1aです
http://dat2ch10.free-city.net/030704-1044296236.html
WWII最優秀戦闘機は「P−38ライトニング」
http://dat2ch10.free-city.net/030704-1053696941.html
太り過ぎ戦闘機「雷電」
http://page.freett.com/dat2ch10/030708-1030706320.html
ユンカースJU88!
http://page.freett.com/dat2ch10/030709-1053677953.html
零式艦上戦闘機についてゼロから語るスレッド【0】
http://page.freett.com/dat2ch06/030528-1051949327.html
疾風、紫電改、五式戦、飛燕結局どれが最強よ
http://page.freett.com/dat2ch06/030528-1051739751.html
五式戦が日本最優秀戦闘機である

42 :名無し三等兵:03/07/09 10:32 ID:???
1941年10月、独空軍はFw190A-2の実戦化をうけて、Bf109F-4との比較試験を実施した。
目的は両機の配備比率の検討で、結果は、速度と上昇力でBf109F-4が勝り、降下と操縦
性でFw190A-2が勝った。同時にBMW801エンジンの信頼性不足が問題となった。
Fw190A-2はBMW801Cを装備していたため、BMW801Dを装備(A-3型以降)すれば、速度は
同等に、上昇力は-25%程度まで向上することが予測されたが、Bf109もDB605装備(G型)
が計画されていたため、今後ともより速くより高く戦えるのはBf109だろうとの結論が
下され、配備比率は50:50とすることが決定されたと言われている。

43 :名無し三等兵:03/07/09 10:36 ID:???
空軍の技術局長はメッサーシュミットに対してBf109は速度は完全に要求を満たして
いるがこれに上昇力と大きい航続距離を加えた戦闘機が必要と指摘しています。
その時にメッサーシュミットは
「あなたの望む物は早い戦闘機なのか?それとも”納屋の戸”なのか?」
とどなったといわれています。
メッサーシュミットは優秀な速度と長大な航続距離をあわせもつ戦闘機は作れないと
いう事を言いたかったという事です。
2年後、その両方を満たしたP-47が登場し、技術局長がメッサーシュミットに
「ほら、そこに君の言った”納屋の戸”が飛んでいるぞ」
と言ったそうです。
ドイツ空軍は長い航続距離を持った戦闘機が欲しかったのだがメッサーシュミット
に言いくるめられたという事です。

資料は「メッサーシュミットBf109戦闘機 M・ケイディン著」です。

44 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/09 22:51 ID:y8Zfq4Vi
英空軍に志願してスピットファイアで闘ったある米国人のエースパイロットは
後に米陸軍に編入されてP-47を支給されたとき
「こんな鈍重な戦闘機に乗せられるのなら米軍に来るんじゃなかった」
と文句を垂れたそうな


45 :Matterhorn作戦:03/07/10 00:01 ID:???
>打通作戦の実施時期でもまた然り。

B-29 losses to accidents, enemy interception, and to Japanese air
attacks on the Chengtu forward bases soon came to be prohibitive,
and by the end of 1944 had reached 147.
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html

Over 1,180,000 tons of supplies and equipment and 1,380,000 troops
were transported by air. The air movement over the "hump" between
India and China attained a peak rate of 71,000 tons in 1 month.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/USSBS-PTO-Summary.html

46 :Matterhorn作戦:03/07/10 00:19 ID:???
The last raid out of China was flown on January 15, 1945, which was an
attack on targets in Formosa. The 58th Bombardment Wing then withdrew
to its bases in India and was redeployed to the Marianas in February.

During Operation Matterhorn, 49 separate missions had been flown
involving 3058 individual aircraft sorties. Only 11,477 tons of bombs
had been dropped. In spite of the massive effort involved in Operation
Matterhorn, only insignificant damage had been done to targets in Japan.

#中国大陸における米陸軍作戦は投入資材と損害の割りに、成果は乏しかったと。

47 :名無し三等兵:03/07/10 00:52 ID:???
During the Marianas operation, a total of 25,500 individual
aircraft sorties were flow, and 170,000 tons of conventional
ordnance had been dropped. A total of 371 bombers had been lost.
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html

#中国大陸からのものも含めれば、B-29の全損失は147+371=518機にも上る。

48 :名無し三等兵:03/07/10 01:22 ID:???
B-29の実戦化は米陸軍航空軍にとって自らの将来を賭けた重大事であったという。
戦域最高司令官の指揮権を排除して航空軍司令部直属の戦略爆撃部隊を設置した以上
1944年の可能な限り早い段階での実戦投入と対日戦への影響力発揮が求められた。
航空軍幹部たちはB-29の対日戦での働きが空軍独立の成否を決定すると考えていた。

49 :名無し三等兵:03/07/10 06:32 ID:???
結局アーノルドとルメイは市民無差別殺戮というイカサマ博打に出て、
国内的にはこれがもう大当たり。この旨みがずっと引きずられて後の
ベトナム戦争の枯葉剤作戦に繋がっていく。しかしながらベトナムの農村
をいくら荒廃させても、それが米国自身の勝利には結びつかないという
ことを思い知らされるハメに。市民を標的とした殺戮が却って敵の団結
を固めるというのは、独ソ戦でも証明されていたはずだった。

だが太平洋戦争にしても大勢の米国民の期待とは裏腹に日本を降伏に追い
込んだのは原爆ではなくて、ソ連の参戦であったはずだ。長い間、西側の人々
は共産主義を嫌うあまり第二次大戦におけるソ連の役割を軽視し続けてきた。

50 :名無し三等兵:03/07/10 07:11 ID:???
プリラー大佐のHPで米英側記録との比較も載ってる。かなり詳しいサイトだが、
それでも敵味方共にわずかな時間の編隊戦闘で誰の撃った弾が何発当たってどの
機が落ちたかを特定するのはやはり不可能に近いだろう。

http://www.luftwaffe.cz/priller.html

51 :名無し三等兵:03/07/10 07:29 ID:???
>>43
仕上がり工作精度などは輸入ドイツ機の方がよくできていていたそうだが、
だからといって零戦がクソになるほど羨ましいものだったとは思えない。
遠方戦線での航続性や整備性を欠き(スターリングラード空輸作戦など)、
「電撃戦」時代のワクを超えるものではない。

そしてその「電撃戦」にしても相手の戦意不足に助けられてた面も強いし。

52 :名無し三等兵:03/07/10 07:43 ID:???
爆撃機は護衛無しでは弱くて当たり前だ。護衛無しで昼間爆撃続行
なんてどだい無理な話。1943年10月のシュヴァインフルト爆撃なんて、
「戦闘機無用論」の為せるわざとしか思えない。

 力強さを謳われたB17は、爆弾を積むように設計されたはずである。
だが、ことはそう簡単に運ばない。爆撃に飛び立ったB17はたしかに
四トンの爆弾を積み込んでいるが、その三倍近くの燃料、十一トンを
同時に腹に入れている。さらに五〇ミリ口径の機関銃弾が一・三トン。
そのほかに乗組員と、彼らのための装備で、また一トンか、それくらいにはなる。
(第二次世界大戦 あんな話こんな話  J・F・ダニガン)

53 :名無し三等兵:03/07/10 12:01 ID:???
>遠方戦線での航続性や整備性を欠き

世界の傑作機かで、戦中に日本に輸入されたFw190をテストした結果の問題
点として・・・

・どうもオーバーヒート気味(高温多湿の日本ゆえ?)
・ちょくちょくつまらない故障が有る。もっともドイツ的な考えでは多少
 の故障はこの手の機械では当たり前で、故障部品の交換に手間がかから
 ない機体構造が重要なのだか、物資不足の日本では通用しない話だった。

何かこれって、現代における日本製の自動車と、ドイツ製の輸入車の比較に
共通するような気がして笑える気が。

54 :名無し三等兵:03/07/10 13:19 ID:???
航続距離があればいいってもんじゃない。多くの燃料を載せれば運動性が落ちる。
343航空隊のパイロットの証言にも燃料が残り30分くらいが一番運動性かよかったとある。


55 :名無し三等兵:03/07/10 13:37 ID:???
ソ連軍機は、「物量で押しただけ」ってのもどうかと思う。

いくら飛行機それ自体沢山作っても、前線で稼動させるのはそれとは別で、
いろいろと問題が出てくるはずだ。飛行場や輸送施設をやられたら部品や
燃料が届かなくなる。1944年以降のルフトヴァッフェがそうだったように。

勝って進撃前進している時期ならともかく、バグラチオン作戦のように総
崩れになって敗退している時期に撃墜記録なぞまともに取れるはずはない。
最初の頃なら進軍しながら落ちた残骸を数えるということも可能だったろうが。

56 :名無し三等兵:03/07/10 17:07 ID:???
>>55
攻撃に侵攻した場合の方が、撃墜した機が敵地に落ちるために戦果確認が難しくなる。
防御戦闘の場合は撃墜した機は味方支配地域に落ちるために地上軍が確認し易い。
実際に多くのエースは独ソ戦初期に誕生している。

57 :名無し三等兵:03/07/10 17:20 ID:???
>実際に多くのエースは独ソ戦初期に誕生している。

ハルトマンの場合は主としてクルスク以降じゃなかった?

防御戦とはいっても東部戦線は都市防空とは違うのでは。境界線は
激戦地区であって、呑気に残骸なぞ数えていられたとは思えない。

58 :名無し三等兵:03/07/10 19:41 ID:???
Fw190のサイトということで…
ttp://fw190.hobbyvista.com/Index.html

それぞれの機体の運命(一機単位)を調査したリスト
が載っているが、A-9ですら搭乗員の戦死者続出

59 :名無し三等兵:03/07/10 20:02 ID:2sVWdAx6
>激戦地区であって、呑気に残骸なぞ数えていられたとは思えない。
まさに敵味方混交している最前線ならね。
そうで無ければ機体の調査やパイロットの生死確認をしたりするために
地上部隊が狩り出されている。
敵地に落ちたほうが戦果確認は難しいので、スコアが甘くなったのではと思う。

60 :名無し三等兵:03/07/10 20:15 ID:???
Fw190の液冷エンジン化は配備開始当時から空軍当局から指示されていました。
それは1941年夏に実戦化したA-1と同年秋に実戦化したA-2が装備したBMW801Cが
あまりにも不安定だったからです。唯一のFw190装備部隊であるJG26の報告によれ
ば、BMW801Cの運転耐用時間はわずか25時間で、DB601系の300時間に対してあまり
にも信頼性に欠けるものでした。

61 :名無し三等兵:03/07/10 20:32 ID:???
http://www.luftwaffe.cz/gallanda.html
ガランド中将の撃墜記録

ガランド中将の場合、比較的よく敵側損失の具体例が確認されてるようだ。
1944年からは米空軍相手に現役復帰したものの、スコアはあまり伸びてない。

62 :名無し三等兵:03/07/10 20:40 ID:???
 十九年春〜二十年初めに実行された一号作戦は、国軍に前例のない大規模
のものであり、陸上戦略指導としては大成功と感じられるものである。しかし
B−29の本土空襲は阻止できず、太平洋方面における我が主作戦の敗勢を救う
べくもなかった。この間における中國航空作戦は、数質ともに次等の戦力で
よく靭軟な奮闘を続けた。中國方面に有力な米陸空軍部隊を吸引牽制し、
しかも彼我主力の決戦方面に対し、その決定的な攻撃威力を及ぼさせなか
ったことは、わが中國方面空地作戦の隠れた戦略的成果と評価すべきである。
 しかし問題は、中國方面にあった陸軍戦力を、国軍主力の決戦作戦方面に対し、
より有効に直接参加させる戦略方策の有無であり、それは更に深刻な別途の研究
にまたねばならない。
 これを要するに、陸軍航空の基本的体質に大きな影響を与えた中國航空作戦は、
支那事変間と大東亞戦争間とにおいて、その様相が著しく変化した。前者は敵が
弱体な中國空軍であり、後者は敵が強力な米陸空軍であり、航空撃滅戦、
制空権の獲得に最大の努力を傾注しなければならなかった。

中国方面陸軍航空作戦 / 防衛庁防衛研修所戦史室‖著 / 朝雲新聞社 ,
1974 ( 戦史叢書 ; [74] 591ページ)

63 :名無し三等兵:03/07/10 23:52 ID:???
http://www.sun-inet.or.jp/~ja2tko/jap/jap.b29/b29.html
・・・超空の要塞 B-29の追憶・・・B-29:米空軍重爆撃機
http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ww2aaf.html
第二時大戦に於けるアメリカ陸軍航空軍戦闘日誌
http://www5b.biglobe.ne.jp/~s244f/
陸軍飛行第244戦隊 調布の空の勇士たち
http://www.mars.dti.ne.jp/~matumoto/47/47.htm
陸軍飛行第47戦隊


64 :名無し三等兵:03/07/11 15:08 ID:???
>南太平洋の空戦ほど濃密な戦いが

戦域が広いわりにインフラが未整備ってのは、中国大陸も太平洋も同じでは。
日本側は本土と満州、連合側ではオーストラリア沿岸くらいなものだ。

濃密な航空撃滅戦というなら何と言っても欧州方面。連合国では英ソだけだが、
枢軸側ではドイツとフランス、それには及ばずともオランダ・イタリア・スペイン、
それにチェコなどの東欧諸国と、インフラ区域が非常に濃密で多い。特に西部戦線
でのフランスの役割は、どちらに転んだ場合も大きかった。

65 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/11 21:26 ID:jJF93jX5
フランス空軍の飛行場は未舗装で地盤が軟弱な場合が多かったと聞く
ドイツ占領下で多少インフラ整備は進んだかと思われるが
ノルマンディ上陸後、フランスに展開した連合軍航空隊が
穴明き鉄板を敷き詰めた急造滑走路を多用したことを考えると
インフラはさほど進んでなかったか、あるいはドイツ軍が徹底的に
破壊して撤退したかのどちらかと思われる
また鉄道網なども度重なる戦闘爆撃機の攻撃で
ズタズタになっていたのではないか

66 :名無し三等兵:03/07/11 23:29 ID:???
>ドイツ軍が徹底的に破壊して撤退したか

 フランスにおける大敗走と堕落の光景についての恥ずかしい話がヒトラーの
耳に届いた。ある地区では五つの別々の師団に属する五つの混乱した隊列―が
東に向かって同じ道路をベルギーもしくは西部防壁に向かって流れ下っている。
別の地区では将校がピストルで脅して自分の自動車を橋の隘路を通させているし、
あるいはかけがえのないレーダー装置や砲や弾薬が敵の手に落ちるのに、空軍の
トラックが家具や掠奪物をのせて基地から出て行く、その間敵の飛行機はこの隊列
を一〇〇フィート上空からずっと機関砲や機関銃で悠々と掃射している。
(D・アーヴィング「ヒトラーの戦争」)

67 :名無し三等兵:03/07/11 23:47 ID:piG2wVuV
シュトルモービグって、36000機も造られたんだよね。

航空対地攻撃が何より重要だったのと、消耗してはまた次と、どんどん使い捨て
にされたからだと思う。ベルリンまで攻勢作戦を継続させたのはこの方法だ。

68 :名無し三等兵:03/07/12 00:09 ID:???
大祖国戦争のソ連死者は2600万。これだけ死ぬと人員が枯渇して
しまって再起不能になってもおかしくなさそう。戦争の勝敗と犠牲
人員は関係ないのかと思える。

69 :名無し三等兵:03/07/12 00:10 ID:???
>シュトルモービグって、36000機も造られたんだよね。
「コンクリートで出来た爆撃機」と呼ばれるくらい撃墜され難かったと
言われているが、本当はかなり撃墜や事故で失われておりソ連側
パイロットからは「鉄の棺桶」とも呼ばれていたんだよ。

70 :名無し三等兵:03/07/12 00:22 ID:???
Il-2を撃墜するにはコツがあって、後下方に占位して胴体下面の冷却器を狙い撃つ。
メルダ−スはこれの名人で、戦闘機総監になってからも前線視察の傍ら実演して見せた。

71 :名無し三等兵:03/07/12 03:57 ID:???
低空地上攻撃をかける側にとって最大の脅威は対空砲火なので
対戦闘機対策は二の次だったのだろう

72 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :03/07/12 07:45 ID:???
>71
 んにゃ〜 初期型は単座だったんだけど、後ろから戦闘機に攻撃にされて、よく
撃墜されたもんで、その対策として、後部座席をつけて、機関銃手を乗せるように
なったんだそうな。
 
 でも、機関銃手も良く死ぬ……

73 :名無し三等兵:03/07/12 10:26 ID:???
物資についてはいくら失われても占領地区が増えれば十分ペイできる。
傀儡枢軸諸国をドイツから離脱させて吸収してしまえば、彼我の得失
はすごいものになる。

74 :名無し三等兵:03/07/12 13:32 ID:???
Me262ってそんなに凄かったの、ねえ野原茂先生?
・・・・と煽ってみるテスト。
By the beginning of April 1945 the Luftwaffe had accepted more
than 1,200 Me 262s. The month saw the high point in the fighter's
deployment, yet at the peak fewer than 200 of these aircraft, or
about one in six of those built, served with combat units.
Serviceability remained poor, hovering around the 60 per cent mark.
The largest number of Me 262 day fighter sorties flown on a single
day, only 57, was on 7 April 1945."
http://www.greenhillbooks.com/gbn/104/defeat_of_LW.html

A major drawback of the Messerschmitt jet in scenarios is range.
The range of the 262 can be extended significantly by reducing
throttle. At full throttle, the 262 only has 35 minutes of fuel,
yet it can stay airborne for upwards of 80 minutes at 50% throttle
at high altitude while maintaining sufficient speed to run away
from any piston engine fighter.
http://home.nycap.rr.com/airwarrior/ME262.html

75 :名無し三等兵:03/07/12 14:08 ID:???
http://hobby.2ch.net/army/kako/1010/10102/1010208700.html
WWU爆撃・攻撃・雷撃機について論じる
http://yasai.2ch.net/army/kako/996/996404499.html
☆WWU 優秀な双発爆撃機をマターリと語ろう
http://yasai.2ch.net/army/kako/986/986385228.html
WWU最良(最強)の艦上攻撃機について問う
http://yasai.2ch.net/army/kako/1000/10002/1000204468.html
九六式陸攻
http://yasai.2ch.net/army/kako/1008/10085/1008558243.html
ソードフィッシュについて語ろう。
http://yasai.2ch.net/army/kako/995/995506610.html
最後の艦爆 流星
http://yasai.2ch.net/army/kako/1007/10079/1007910875.html
★★★POW & レパルス撃沈60周年★★★
http://yasai.2ch.net/army/kako/994/994942702.html
二式大艇(二式飛行艇)
http://yasai.2ch.net/army/kako/991/991929194.html
☆◆銀河の何が悪いんだよ!?◆☆
http://yasai.2ch.net/army/kako/997/997590576.html
http://yasai.2ch.net/army/kako/996/996107722.html
一式陸攻

76 :名無し三等兵:03/07/12 18:02 ID:???
んでさぁ。

・・・航空評論もいいけど、航空評論家評論専門スレも欲しいな。

「野原茂、内藤一郎、三野正洋、最強はどれだ?」なんてね。

77 :名無し三等兵:03/07/12 19:41 ID:???
>また鉄道網なども度重なる戦闘爆撃機の攻撃で
>ズタズタになっていたのではないか

戦略物資そのものはドイツは凄く豊富にあったろうが、補給線をやられては
どうしようも無かったんだな。南方資源地帯を押えても制海権失ったらどう
にもならなかった日本と同じだろう。

78 :名無し三等兵:03/07/12 20:13 ID:fM8rwX1t
ノモンハンでも捕獲したソ連機は、驚くほど乱雑な造りだったという。
逆に輸入したドイツ機は、日本機より丁寧な仕上がりだったと。

兵器は性能じゃない、過酷な戦場でどれだけ使用に耐えられるかだ。

79 :打通さん:03/07/12 21:30 ID:???
本当に優秀な戦闘機ちゅうたら、やっぱ「隼3型」に限るよな。
梅本弘先生がその著書で証明している通りだ。

特に水メタノール噴射装置が革命的威力だった。四式戦のいいところを
取り入れて改造したのだ。エンジン馬力の大小なんて、殆ど問題じゃない。
最も重要なのは稼動性と旋回運動性で、この二つがずば抜けて凄い隼3型は、
他の欠点を有り余って最後まで世界一線級の実力だった。

論より証拠、戦後東南アジアでは帝国陸軍航空機がどこでも引っ張りだこ。

80 :名無し三等兵:03/07/13 10:51 ID:???
>Over 1,180,000 tons of supplies and equipment and 1,380,000 troops
>were transported by air. The air movement over the "hump" between
>India and China attained a peak rate of 71,000 tons in 1 month.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/USSBS-PTO-Summary.html

これは確かレンドリース代金15億ドルとは別物だったんだよね。
まともにレンドリースなんて受け取ったらあの苦虫ジョーがうるさくなる。
レンドリースはスチルウェルのビルマルートのみと決まってたはずだし。

81 :名無し三等兵:03/07/13 11:02 ID:KODXEE1P
とりあえずサンプルムービーで逝っときなさい
http://www.k-514.com/sample/sample.html

82 :名無し三等兵:03/07/13 12:13 ID:aIh/B3JW
航空決戦と言えばボーデンブラッテ作戦だよね?

83 :名無し三等兵:03/07/13 12:16 ID:???
むふう、泣かせる指摘だ。
Fw-190G萌え〜

84 :名無し三等兵:03/07/13 14:38 ID:???
奇襲攻撃は一応成功したが、Bf109G〜Kの短い航続距離と
着陸の難しさが帰投する多くのパイロットを殺した

85 :名無し三等兵:03/07/13 15:10 ID:???
味方の高射砲に撃ち落された機もあったような

86 :名無し三等兵:03/07/13 19:57 ID:???
>>85
攻撃出発時に撃たれ、帰還時に撃たれ
なんつうか、ドイツの対空砲火は優秀だったんでしょうかねぇ

87 :名無し三等兵:03/07/13 20:22 ID:???
ルフトヴァッフェの出撃がそれほど久々であったってことだろう。

ドイツ上空を飛んでるのは敵機と、ずっと前からそう決まってたから。

88 :名無し三等兵:03/07/13 20:49 ID:???
>>79
性能が敵機より少し有利でもろくな防弾装置のない機体では
物量・人員に勝る軍隊を相手にしては勝てないよ。
どんな優秀なパイロットでも100%相手からの攻撃を避け
きれるのは無理だからな。

89 :名無し三等兵:03/07/13 20:54 ID:???
水メタノール噴射なんてどこの国でもやってるが

90 :名無し三等兵:03/07/13 21:05 ID:???
ボーデンプラッテ作戦の連合側損失は諸説あるが、何はともあれ
戦局には何らの影響も無かったらしい。

As the bulge was compressed, the Luftwaffe attempted one last
effort to reduce the effectiveness of Allied fighter-bombers.
In a dawn raid on 1 January 1945, Luftwaffe aircraft attacked
Allied airfields in Belgium, Holland, and France-operation
Bodenplatte (Base Plate).65 The Luftwaffe and the German command
had once again achieved surprise. However, poor tactical execution
and planning cost the Luftwaffe more than 300 of their attacking
aircraft.66 More important, they lost 232 pilots--of which 18 were
unit commanders and 59 were leaders; this was the life's blood of
the Luftwaffe. As a pitiful epitaph, German flak gunners shot down
as many as 100 of their own returning Luftwaffe aircraft.67
In contrast, the Allies replaced the 127 aircraft lost on the
ground in less than a day, and the skies of 1 January 1945 saw
the second largest Allied sortie rate of the battle.
http://www.airpower.au.af.mil/airchronicles/apj/apj89/carter.html

91 :名無し三等兵:03/07/13 21:34 ID:qrnnQ8PB
三野正洋とか、内藤一郎とか、野原茂とかが、発想が個性的かつ独特で面白い。

いちいち具体性のある史実だとか、史料検証だとか、そんなこと言ってたら自由
な想像ができなくなってしまう。個人が思ったこと、それが「歴史」なのだから。

92 :名無し三等兵:03/07/13 22:09 ID:???
え〜?

93 :陸軍航空・比島戦線について:03/07/13 22:39 ID:???
 タクロバンの混雑 栗田艦隊が後退したとき、日本軍は絶好の機会を失った。
レイテ橋頭堡は危険状態にあり、二十五日朝第七艦隊の軽空母二隻が沈没、
残りの半数以上の軽空母は作戦不能の状態にあった。
 日本軍機は二五日一二〇〇〜一六〇〇の間一二回レイテに来襲し、
タクロバンで上陸用舟艇二隻を撃沈、倉庫を破壊、桟橋に損害を与えた。
 日本軍の勇敢な一機は夕闇にまぎれ、着陸前の米軍機数機の最後尾から
着陸進入を装いながら接近して、突如大型上陸用舟艇を爆撃、炎上させた。
この艇はのち沈没した。
 日本軍はこの夜の間に、増援部隊を載せた最初の輸送船団(五〜九隻
の駆逐艦と五隻の貨物船)をオルモックに上陸させた。我々はこれを阻止
する処置を執らなかった。
 二六日、日本軍は合計一五〇機を使用し、一二回の空襲を行った。
最初は〇五一五で、一発の爆弾がマッカーサー大将の宿舎の邸の端にある
比島人民家に命中し、一二人を殺し一〇人を負傷させた。他の一発は
従軍記者の宿舎に命中し、記者一人が死亡し四人が負傷した。
 タクロバン飛行場では、日本軍機の執拗な妨害を受けたが、一五〇〇までに
鋼製マット一、〇〇〇呎を敷き詰めた。日本軍の攻撃のうち四回は全然警報が
でなかった。我々は壕を入ったり出たりした。これらの飛行機は超低空で
進入して滑走路に沿って飛びながら掃射とともに破片爆弾を投下した。
爆弾の四分の三以上は爆発しなかったが、そうでなかったら我々は大打撃
を受けたことであろう。(注 「タ」弾攻撃と考えられる)

比島捷号陸軍航空作戦 / 防衛庁防衛研修所戦史室‖著 / 朝雲新聞社 ,
1971 ( 戦史叢書 ; [48] 巻末の連合軍公刊戦史からの抜粋)

94 :名無し三等兵:03/07/13 23:07 ID:???
爆撃機出身の指揮官によって実行されたボ−デンプラッツ作戦は、
独空軍のレシプロ戦闘機戦力を擦り潰すだけの結果に終わったが、
これに強硬に反対した戦闘機総監ガ−ランド中将は、ゲ−リングと
衝突、ついに解任された。この解任劇に反発する戦闘機部隊幹部達
は連名して抗議運動を起こした。
戦闘機隊の反乱と呼ばれる騒動に発展した裏には、開戦以来、長年
に渡って冷遇酷使されてきた戦闘機パイロットの不満があった。

95 :名無し三等兵:03/07/14 10:34 ID:???
>これに強硬に反対した戦闘機総監ガ−ランド中将は、

ガ−ランド中将は対地攻撃よりも航空迎撃を優先させる考えだったのだろう。
確かに夜間都市爆撃に対してはかなり健闘してた。ランカスターなどは
Me262の「絶好のカモ」であったに違いない。ガーランドの意見が通れば、
英空軍は再び夜間空襲一時中止にしたかもしれない。

96 :名無し三等兵:03/07/14 10:48 ID:???
>>13
英国はドイツ打倒第一を口にしながら、フランス上陸にも消極的で、
夜間都市爆撃作戦に固執した。アメリカからのレンドリースに頼りきり
の英国にとって、少ない損害で戦争貢献の点数を稼ぐにはこれしかない。
しかしそれでさえもフランス上陸作戦なしでは独仏共同防空体制に
阻まれて継続はしばしば中断されたとか。

97 :名無し三等兵:03/07/14 11:28 ID:???
夜間都市爆撃の戦争貢献度だが、欧州戦はフランス制圧が継続可能の条件
だったし、太平洋戦は日本近海の制海権が完全に握られてからの出発だ。
防空体制を剥ぎ取ったものが前者は陸軍、後者は海軍なわけだ。

それが戦争終結をもたらした決定打であったとするのは、空軍関係者
の戦果誇張とホロコーストの言い訳なのかも。

98 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/14 22:12 ID:???
Me262を夜間迎撃に回すとなれば昼間迎撃に回る数は当然削減され
戦力分散の目的は果たせるわけだ

99 :名無し三等兵:03/07/14 22:16 ID:???
夜間迎撃ならHe219が適任だと言ってみるテスd。

100 :名無し三等兵:03/07/14 22:20 ID:???
普通の夜戦ですらそれなりに運用には制限というか面倒があったということを考えるとMe262の本格的夜戦投入には問題が多そうだな。
ただでさえ離着陸に不安のある機体に夜間離発着。
足が短い、つか滞空時間が短いから双発レシプロ夜戦みたく夜明けまで飛んでることも不可能。
限定的な夜戦運用であれば選抜された高度な搭乗員を使えるけど大規模に夜戦投入する場合、当然錬成不足によるトラブルも増える。

急激な消耗を招きかねない気がする。
で、その結果得られるのは見た目の割に効果の今ひとつな夜間爆撃。
引き替えにドイツ国土をカタストロフィに陥れていた米軍昼間爆撃に対抗する戦力の損耗。
分が悪そうだなー。

101 :名無し三等兵:03/07/14 22:30 ID:???
>>99
そしてHe219よりはJu88のほうが適任だと言ってみるテスト。
遙かにサイズの大きなJu88に匹敵するほど高価。
いつまでたってもバグだらけのエンジン。
型を重ねても改善が進まない空力的洗練。

ハインケルが嫌いでなくても現状立派に役目をこなしてるJu88に取って変える気にはならない…
そもそも生産、配備のシフトを行う余裕すらないのが末期ドイツ。


102 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/14 22:35 ID:???
Me262夜戦を大規模に戦線投入するなら
連合軍は対抗策として大量の送り狼を投入することも可能だな
ただそうなるとランカスターは囮に成り下がってしまうわけだが

103 :名無し三等兵:03/07/14 22:38 ID:???
>>101=シュペーア

104 :名無し三等兵:03/07/14 22:44 ID:???
モスキート落とすのにはいいんだがな〜>He219


105 :名無し三等兵:03/07/14 23:37 ID:koiWXePD
>ランカスターなどはMe262の「絶好のカモ」であったに

ソ連なんてシュトルモビグだけで36000機も作ってる、航空機は
どこの戦線でも地上軍支援こそが戦局を左右する最重要任務だった。
戦略都市爆撃に固執した英国は、連合軍としての役割は小さかった。

そういう中でヒトラーが対地攻撃機を強く欲したのは当たり前。
旧国防軍関係者の言は負け惜しみが多い。

106 :打通さん:03/07/14 23:54 ID:???
帝国陸軍では歩兵こそが戦場の華で、戦車や飛行機は歩兵支援の
従属物と見なされていた。だから大規模戦車機甲部隊の編成はなく、
また航空部隊も海軍のような撃墜エースは出なかった。

しかし機関銃に対抗するための戦車、進軍中の敵機来襲に対抗
するための航空機が必要だったのは、自明なはずだ。

フライングタイガーズの援助で機関銃と航空機を豊富に持つ相手に、
連戦連勝進撃を続けられたのは、チハ車と隼のおかげだ。

107 :名無し三等兵:03/07/15 00:45 ID:???
http://webs.lanset.com/crazy17/jp/air/essay.htm
冬空の燕:川崎キ-61 三式戦闘機「飛燕」
最後の翼:中島キ-84 四式戦闘機「疾風」
ブレーメンの食肉鳥:フォッケウルフ Fw190
傷だらけの英雄:カーチス P-40 ウォーホーク
それは彗星のように:デハビランド D.H.88 コメット、D.H.98 モスキート
全速飛行テスト、無期限延期中…:九州飛行機 J7W 震電
ゼロの伝説:三菱 A6M 零戦
空飛ぶ竹輪:カプロニ・カンピーニ N.1
トンビが産んだタカ:レジアーネ Re2005
バイエルンの騎士:メッサーシュミット Bf109

108 :名無し三等兵:03/07/15 05:44 ID:???
>>72
被害率の高さを認識して、ちゃんと手は打ってるようですよ

ソ連空軍にあった懲罰部隊
配属先はシュトルモビクの後部座席…

109 :名無し三等兵:03/07/15 11:48 ID:???
>>101
He219とJu88の大きさは殆ど同じだよ
全長はHe219の方が長いし
値段はHe219の方が随分高価
WW2ドイツの最多生産双発機と価格で比較するのは酷かもしれんが
型をかさねたってHe219-Aのままだし、空力的問題を認識していたのか疑問

110 :山崎 渉:03/07/15 11:58 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

111 :名無し三等兵:03/07/15 19:52 ID:???
朝鮮半島に派遣された人民解放軍を指揮した彭徳懐元帥は、
「制空権の無い状況下での戦争がこんなに苦しいとは思わなかった」と語り、
人海戦術の放棄を訴え、近代化の最先鋒になります。
近代化が遅れたのは、文革による彭徳懐の失脚と、
毛沢東と林彪が政治的野心のために、近代化を先送りして、
党の尖兵として使いまくったことにあります。

112 :名無し三等兵:03/07/15 20:24 ID:???
He219の方が総合的にいい

113 :名無し三等兵:03/07/15 20:52 ID:???
>>112
スペックでどう上回ろうと信頼性がお粗末な時点で総合的にはダメダメかと。
他でもない夜間「迎撃用」戦闘機だぞ。

114 :名無し三等兵:03/07/15 21:22 ID:???
>>113
でも初日からランカスターを5機落としてるし、
一番モスキートを落としたのもHe219だったじゃない。

115 :名無し三等兵:03/07/15 21:40 ID:???
>制空権の無い状況下での戦争がこんなに苦しいとは思わなかった

国共内戦の場合は、飛行機もまとめて共産軍に寝返ってくれたからな。
人民解放軍なんて大半が蒋介石の軍隊だ。毛沢東はそこんとこを考慮せず
「アメリカ帝国主義に対する勝利」などと叫んでたりもする。米国との
正面衝突では、寝返り効果なぞ全く期待できはしない。

116 :名無し三等兵:03/07/16 17:58 ID:???
>114
乗っているパイロットの腕が半端じゃない。
He219に乗っていたのはほとんどがベテランという点を忘れずに。

117 :名無し三等兵:03/07/16 18:29 ID:???
まあBf110の失敗は大きいと思うわけだが

118 :名無し三等兵:03/07/16 20:40 ID:???
>まあBf110の失敗は大きいと思うわけだが

護衛なしの長距離重爆なら、シュワインフルトのごとくボコボコに
叩きのめして作戦中止に追い込むことも可能だったわけだがな。

119 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/16 20:45 ID:???
同じことを考えてMe210、Me410と続くわけだが結果はご存知の通りだ

120 :名無し三等兵:03/07/16 21:12 ID:???
後半のドイツ空軍で萌えるのは、やっぱ夜間迎撃戦だな。

ランカスターがバタバタやられてその度に英側は出撃見合わせ、
米陸軍がフランス防空網を払いのけてから、やっと出撃継続。

しかしながら戦局の推移を決めたのは米ソ空軍でした、と。

121 :名無し三等兵:03/07/16 21:19 ID:???
重要なのは、「撃墜数」でなくて「撃墜率」ではないかと思う。

損失率が10%代なら作戦は即刻中止となるが、1%代なら問題なく継続だ。
前者の場合、無理に作戦を継続すれば、たちまち手駒がゼロになってしまう。

122 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/16 21:28 ID:???
米英とも生産能力が高いので実際10%台でも作戦続行している
米陸軍第9空軍のように一回で壊滅判定のケースは
確か50%くらいの損失だったように記憶しているがソースは忘れた

123 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/16 21:31 ID:???
第9空軍じゃなくて第9航空軍ね
粘着がいるから訂正しとくわ

124 :名無し三等兵:03/07/16 21:31 ID:???
>>117
夜戦としてのBf110は失敗してないでしょ。
大戦末期に大量の電子装備に小さな機体が耐え切れなくなったのはいたしかたない。
だからこそのJu88やHe219なわけだからなあ。

125 :名無し三等兵:03/07/16 21:43 ID:???
あと地味,でも欠かせないtころで意外な活躍をしている。
BofBより前の、開戦直後の英軍によるドイツ空襲。
この時期、夜間戦闘に必要な十分な滞空時間を持つ戦闘機と言ったらBf110しかない。
爆撃する技術も迎撃する技術も双方未熟だからどちらも存在がたいしたこと無い、割と
地味な戦いだったけど、ともかく迎撃を出せて「手も足も出なかった」という状態は回避
できた。
国民の士気を考えると決して小さな働きじゃないと思う。

126 :名無し三等兵:03/07/16 21:47 ID:???
>米陸軍第9空軍のように一回で壊滅判定のケースは確か50%くらいの損失

最高でも26.5%だってば、いくらなんでも。半分でも継続はできまい。

The culminating point of this backfiring plan was the second
bombing raid on Schweinfurt, which occurred on October 14, 1943.

Of the 229 bombers that actually made it all the way to Schweinfurt,
60 were shot down, and 17 more made it home, but were damaged beyond
repair. This was a 26.5% battle loss rate for the Americans, while
the Germans only lost 38 airplanes the whole day, from all causes.
http://www.cpcug.org/user/billb/mustang.html

127 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/16 22:05 ID:???
>126
それは西部戦線の第8航空軍の話で
>122は第9航空軍が北アフリカからコーカサス油田を空襲した時の話
この作戦での第9航空軍の被害は甚大で、初陣で壊滅判定を受けている
この時の損失率が50%くらいじゃなかったかなーって話

128 :名無し三等兵:03/07/16 22:05 ID:???
>126
それは第八空軍の損失記録じゃないかい。
第九空軍の損失記録はなんたら油田にB-24が低空爆撃してボコられたときのだろう。
手元に資料がないので油田の名前も何%くらいの損失かもわからん。詳しい人よろ〜

129 :126:03/07/16 22:15 ID:???
「ワイルド・ブルー」によれば、1943年の油田爆撃で177機の爆撃機
が出撃して54機が撃墜されたとのこと。高度30メートルから90メートル
での奇襲攻撃だそうで、地上すれすれに爆弾投下する写真が載ってた。

誤記スマソ、最高損失作戦はこっちだったらしい。

130 :128:03/07/16 22:19 ID:???
>127
見事に被った上に油田の名前も書いてある(鬱

ところで「空軍」と「航空軍」の使い分けは、どっちが正解とかあんのかな。
当時の米軍では「陸軍航空軍」だったのでナンバ−空軍は「空軍」なんだと思ってたよ。

131 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/16 22:30 ID:???
それでも50%は行ってないわけですね
適当な情報で失礼しました

132 :名無し三等兵:03/07/16 22:34 ID:???
>>129
約30%ですか…
これでもやっぱすごいわ。
アメリカのパイロットには地獄だったろうね。

133 :名無し三等兵:03/07/16 23:56 ID:???
コーカサス油田じゃ無くてルーマニアのプロエシュティ油田爆撃でしょ。

134 :名無し三等兵:03/07/17 00:08 ID:???
むしろドイツは初期の送り狼的な英本土飛行場への空襲を続けるべきだったような気がする。
なのにヒトラーが、ああヒトラーが・・・

渡辺洋二「夜間戦闘機」参照

135 :名無し三等兵:03/07/17 02:06 ID:???
ベテッカー空襲なぞイラネ


136 :名無し三等兵:03/07/17 09:40 ID:???
Bf110とか、ランカスターとか、欧州夜間航空は日本にない機載レーダー
の普及もあって軍ヲタ的には興味深いな。相次ぐ損害でランカスター爆撃隊
が出撃見合わせってのも、他には見られないルフトヴァッフェの敢闘ぶりだ。
そのほかにもV1V2ロケット爆弾でロンドン空襲と、これまた画期的だ。

だが戦略的効果は非常に乏しく、世界政略を決めたのは殆ど米ソだったが。

137 :渡部昇一:03/07/17 10:06 ID:???
>欧州夜間航空は日本にない機載レーダーの普及

 第二次大戦に日本は負けはしましたが、機動部隊をつくり、十隻近くもの
航空母艦を率い、何百機の戦闘機を用いて戦争する日本の姿を世界中が見て
いたはずです。日本と同じレベルの軍事技術は、ドイツ、イギリス、フランス、
ソ連にはなかったんです。日本とアメリカだけが高度な軍事技術を持っていた。
その日本が戦う姿を、世界は三年間も見ていたわけです。

138 :名無し三等兵:03/07/17 12:01 ID:???
正式採用したての零戦が、十数機で中国空軍の旧式機をいじめて無敵だと言っていた頃、
ド−バ−を挟んだ英独空軍は、連日彼我合わせて一千機の大空中戦をしていたわけだが。

139 :名無し三等兵:03/07/17 12:22 ID:???
>>137
それは軍事技術のレベルの問題ではなく、単に軍備のリソース配分のさじ加減の問題なんだけど…
ひょっとしてネタにマジレスかな(^^;

140 :名無し三等兵:03/07/17 12:33 ID:???
渡部昇一先生の著書を読んでいるが、確かにそういうことも書いてあった。

軍備のリソース配分のさじ加減といったら、日本にも他の国にも全て当てはまる。
そうであったとしても、空母機動部隊の建設運用はやはり日本の独創だった。

141 :神軍平等兵:03/07/17 14:00 ID:???
でも、開戦後半年で、ほぼ壊滅ですね。
単に空母を集中運用しただけじゃ、、、

142 :名無し三等兵:03/07/17 14:29 ID:???
人員(組織)のレベルの差もあるがな。
上は司令クラスから下はパイロットまで。

143 :名無し三等兵:03/07/17 15:03 ID:???
>軍備のリソース配分のさじ加減の問題

欧州と太平洋・アジアでは地理的環境が全く違うから、何でも最強のアメリカと
何でも最低の中国を別とすれば、そんなに大きな優劣をつけられるものじゃないと思う。

144 :名無し三等兵:03/07/17 18:08 ID:???
ただの軍国少年の本やら戯言なんぞ、そう真剣に議論すんなよ

145 :打通さん:03/07/18 09:55 ID:???
>中国空軍の旧式機をいじめて無敵だと言っていた

軍国少年ではなく、打通少年ならどうだ。打通作戦のころの米中空軍
相手に航空支援を続けられたわが陸軍航空は凄かっただろう。



146 :名無し三等兵:03/07/19 00:48 ID:???
渡部先生の著作で、零戦の素晴らしさがよく分かりました。

147 :名無し三等兵:03/07/19 05:23 ID:???
>146
零戦について理解を深めるのなら、渡部先生より渡辺先生の方がいいですよ。

148 :打通さん:03/07/19 07:11 ID:???
零戦は、何と言っても爆装零戦52型神風特攻。

特攻の創始者・大西瀧治郎中将もその後を見届けて割腹自殺してる。

タリバンだって自爆テロをやってる、まして神風は純然たる軍事行動で、
国際法には全く違反していない。

149 :名無し三等兵:03/07/19 07:35 ID:???
陸軍マンセーしなくていいのか?>駄痛さん

150 :「某バニラ娘とその彼氏」の投稿者:03/07/19 21:13 ID:39qh6PgX
自分の無能のつけを部下にまわし(まあ、相手があまりにも強大すぎたのは事実だが)、
思考することを忘れて漫然と部下に死を強要し(志願ではあるが)、
戦争が終わった後は、通り一編の遺書を残して、
涙する遺族達の怒号と(当然である)、
非難する(戦時中は戦争賛美していた)マスコミのフラッシュから
敵前逃亡した卑怯者の、どこが名将なのやら。
私には、理解しがたい。百年経っても知り合いになどなりたくない。
彼は責任を果たしてなど居ないからだ。
どうせ自害するにしても、何故に特攻などという手段を執ったのか。
きちんと後世に残してから自害していただきたかった。

さて、戦闘機の存在意義は、
攻撃を行うにおいては、敵戦闘機の迎撃を排除して味方攻撃機の攻撃を成功せしむるにあり、
防御戦闘においては、敵直援機を排除して敵攻撃機の攻撃意図をくじくに有る。

で有るならば、敵戦闘機を撃ち落とす事を放棄した、爆装零戦など、
戦闘機としての存在意義を否定しているだけの存在ではないか?

最後にTさん、一言お願いします。

「敵機を墜とさない戦闘機に、意味はあるのでしょうか?」


追伸:
祖国の再興を信じ、最期の飛行に飛び立った若人達に、格別の配慮あらん事を。

151 :名無し三等兵:03/07/19 21:32 ID:/0fTvBkV
アリューシャン方面では、航空機の損害の87%が非戦闘要因だったそうだ


152 :打通さん:03/07/19 21:57 ID:???
>>150
海軍では大西瀧治郎中将に勝る凄い名将は居なかったと思うが。

山本五十六提督は、どちらかというと俗物だろう。最悪は栗田健夫。

ま、そうであったとしても同じ日本人同士であいつが悪いこいつが悪い
と内輪もめなぞしていては敵の思うツボだ。皆同じ天皇陛下の赤子だ。

153 :名無し三等兵:03/07/20 01:09 ID:???
俺の親は断じて朝鮮人などではないぞ

154 :名無し三等兵:03/07/20 08:26 ID:???
極最悪は部下を奴隷の様に使い、部下に特攻を命令して自分は逃げた
陸軍 富永恭次だろう

155 :***************************************************************************************************************************************打通さん:03/07/21 04:34 ID:???
海軍は戦果を過大報告して自分たちの立場を強調したが陸軍は譲らず
結局機材は陸海軍五分五分に分けることに決まった。

おかげで中国大陸へ陸軍航空を派遣できて、地上軍支援を続けることができた。
大幅強化された米中空軍に対する防盾となり、これで他の戦線では全く不可能な
帝国陸軍本来の大野戦が可能になった。洞窟に篭っての持久は制空権が無い場合
の非常手段であって、本来の帝国陸軍の戦闘方法ではない。

156 :くろしろ:03/07/21 04:37 ID:egkb84F9
前(新説★輪廻転生 〜 来世は過去に甦れ 〜)
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1057296789/

新説☆輪廻転生2
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1058500800/

あなたは生あるうちに魂に安息を与えることができるだろうか?

お布施も信心もいらない 神も宇宙も否定しないまま
輪廻転生から魂と物質の存在全てを解き明し
来世は過去に甦れ
   

157 :打通さん:03/07/21 04:42 ID:???
おれさまは「オリンピック作戦」になれば帝国陸軍が勝てたと確信してる。

硫黄島や沖縄と違って、神風特攻の飛距離が短く大量出撃できるから、
打通作戦に続く2度目の帝国陸軍本来の野戦攻勢作戦が可能になる。

これはおれさま個人の妄想ではなく、阿南大将がそう考えていたのだ。

158 :名無し航空兵:03/07/21 12:15 ID:???
阿南を斬れっ!!

159 :名無し三等兵:03/07/21 14:16 ID:???
ルメイは東京大空襲の戦果を誇っているが、殺された東京下町の住民
が帝国陸海軍の戦争遂行にいかほどの役割を果たしていたのだろう。

欧州でも英空軍が都市爆撃に拘ったためにその分の膨大な資材が浪費され、
またバルジ戦で独軍に西側に対する戦意と攻勢準備期間を与えることになった。
但しルフトヴァッフェが夜間迎撃に上がることによるロスはあったと思う。

160 :名無し三等兵:03/07/21 14:17 ID:???

そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、WAR BIRDSのHP行ったんです。WAR BIRDS。 http://www.warbirds.jp/index1.html
そしたらなんかアクセスがめちゃくちゃいっぱいで入れないんです。
で、よく見たらなんかURLが貼ってあって、A&Qコーナーとか書いてあるんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、A&Qコーナ如きで普段来てない戦鳥に来てんじゃねーよ、ボケが。
A&Qだよ、A&Q。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人でA&Qか。おめでてーな。
よーしパパ航空機で質問しちゃうぞー、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、漏れが回答してやるから回線切れと。
戦鳥ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
A&Qの常連コテハンといつ喧嘩が始まってもおかしくない、
慇懃な言葉でいつ侮辱されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと接続できたと思ったら、質問者が「素人ですが・・・」、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、「素人」なんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、「素人」だ。
お前は本当に「素人」なのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、素人って言いたいだけちゃうんかと。
戦鳥通の俺から言わせてもらえば今、戦鳥通の間での最新流行はやっぱり、
「自作自演煽り」、これだね。
自作自演して常連を煽る。これが通の楽しみ方。
自作自演ってのは自分で質問して自分で答える。そんでもって常連を釣る。これ。
で、慇懃な言葉で常連を挑発。これ最強。
しかしこれをすると次から管理人にアク禁されるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあ、1は、2ちゃんの軍事板でも荒らしてなさいってこった。




161 :名無し三等兵:03/07/21 14:45 ID:???
東部戦線の航空戦についてレポートキボン

162 :名無し航空兵:03/07/21 17:17 ID:???
 合衆国の戦略爆撃調査団あたりの報告によると、
戦略爆撃よりも、潜水艦&航空機による通商破壊や、
B29による機雷封鎖の方が、工業生産に与える影響は
大きかったという話だよ。

 でも、やはり日本人にとっての戦争観って、
消える飛行機雲をのこし、悠々と飛び去る銀色の機体であり、
燃える東京の炎で、その身を輝かせる空の悪魔であり、
原爆のキノコ雲な訳。

 米軍の戦略爆撃は、日本人の心にたたき込まれた
永遠の心理外傷で有るわけですな。

163 :打通さん:03/07/21 18:16 ID:???
>>162
根本的な敗因は日本近海の制海権が完璧に失われたってことだからな。

     連  合  艦  隊  こ  そ  へ  た  れ  

それを陸軍に責任擦りつけるなんて、バカバカしいよな。

164 :ジュリオ・ドゥーエ:03/07/21 19:22 ID:???
http://www.himeji-castle.gr.jp/JAPANESE/phoenix3.html
『来るべき戦争では、もはや戦闘員、非戦闘員の区別はなくなるだろう。
戦場で兵士が構える銃は女性が工場で組み立てる。農民の栽培した作物は兵士
の食料となり、科学者は兵器を開発する。戦場での目前の軍隊は真の敵ではない。
国家の中枢、軍事力の源泉こそが本当の敵なのである。敵の一般市民を攻撃する
ことによって彼らを恐怖に陥れる。これにより敵国家の社会構造は破壊され、
敵国民は自国政府に早期戦争終結を働きかけるであろう。軍隊よりも脆弱な民間人を
攻撃すれば、従来の長期消耗戦よりも早く決着がつき、かえって流血も少なくて済む。』

165 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/21 22:22 ID:???
本土決戦が回避されたのは都市部への爆撃の影響も少なくなかろう
日本側の抵抗が下火になると予告爆撃なんて舐めた真似もするようになり
軍民ともに大きな心理的ダメージを被ったことは間違いない

166 :打通さん:03/07/21 22:54 ID:???
それ言うなら大陸打通作戦こそ大都市占領で国民党政権を経済崩壊に追い込み
(物価は支那事変勃発時の2000倍になった)、中国人の抗日意欲を大幅に
殺ぎ落として、抗日よりも共産革命という方向に追いやったのだがな。

167 :名無し三等兵:03/07/21 23:09 ID:???
国民党政府時代ののハイパーインフレは
むしろ内戦本格化の47年〜49年に酷くなってますが

168 :167:03/07/21 23:23 ID:???
補足だが
国民政府の紙幣発行残高
45年・・・2兆元
46年・・・7兆元
47年春・・14兆元
47年夏・・16兆元
48年に登場した「金元券」によってさらにインフレは加速

169 :打通さん:03/07/22 00:15 ID:???
>>162
そしてそれに追い討ちをかけるように、東京裁判。

老若男女を問わず全日本人を殺戮戦果の標的にしておきながら、
悪いのは全て侵略戦争を発動した日本なのだという論法。

  過 ち は 二 度 と 繰 り 返 し ま せ ん (広島原爆碑)

傷口にトウガラシを刷り込むやり方だ。

170 :名無し航空兵:03/07/22 07:02 ID:zHnRRx7Q
陸軍と海軍でバラバラの航空機開発。
航空機銃も弾丸の互換性ゼロ。
海洋国家であるはずなのに洋上航法が出来ない陸軍航空隊。
夜戦を重視しているのに夜間飛行が出来ない海軍航空隊。
仮想敵国が陸軍と海軍で違うって・・・馬鹿?

二つの首が、相手を噛み合って、結局祖国を破滅させたわけだな。

どこの軍人だったっけ・・・「外交官は、軍人がやったことの後始末をすればよい」
などという妄言を吐いた奴って。

171 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 12:21 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

172 :名無し三等兵:03/07/22 12:40 ID:???
「バルジの戦い」における西側連合軍の混乱の原因として、戦略爆撃作戦
の過大評価が挙げられると思う。戦略爆撃でドイツは衰弱しているから
攻勢なぞあるまいと油断して奇襲され、撃退には成功したもののその
ショックでそれ以上の追撃を断念することになってしまったのだろう。

173 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 12:44 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

174 :名無し三等兵:03/07/22 18:52 ID:???
>>172
生産工場への戦略爆撃の対抗策として徹底的な疎開、分散化で対抗したが
反面、物流面において過密な鉄道ダイヤにさらに負担をかける事になった。
そのため、連合軍の目標が操車場、橋梁、列車等の交通網の破壊になると
復旧が追いつかなくなり、1945年には生産した戦車の30%以上がなんらかの
理由で前線に届かなくなっていた。

175 :名無し三等兵:03/07/22 20:47 ID:???
日本への戦略爆撃つーと、その大半が軍施設でなくて市民殺戮。

とくに原爆&東京裁判という組み合わせが、日本人のトラウマにしてしまった。
「ピースおおさか」なんてのがあって、原爆は日本のアジア侵略・虐殺が原因と。

176 :なでるくん ◆9fcB7hi0gQ :03/07/22 22:41 ID:???
>原爆は日本のアジア侵略・虐殺が原因と

侵略が原因ということに関しては別に間違ってはいない
不条理なのか自業自得なのかは意見が分かれるだろうけどね
あと虐殺を入れるか入れないかも

177 :名無し三等兵:03/07/22 23:08 ID:???
↑さてと、ここで自虐だコヴァだ論争が始まりますっ!

178 :名無し三等兵:03/07/22 23:21 ID:???
スレ荒らしは放置で

179 : :03/07/23 12:38 ID:???
ガタルカナルの向こう側にはどんな拠点があったの?
米陸上機の空襲を受けたことあったっけ?

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)