5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

編成について語るスレ3

1 :名無し惨倒弊:03/05/22 22:27 ID:???
地味ながら名スレ復活希望。

*2までは小学六年生のおにいちゃんとか四年生のお嬢さんとか
海軍に予算圧迫されて書物が買えない陸軍さんとか(笑)が濃ゆ
い論議をしてくれる名スレでした。後継としてお使いいただけ
るとありがたい。

*うかつにチャチャ入れるとキレて暴れだすコテもいるので書き
込みは慎重に。されど萎縮して沈黙もイクナイ!大胆かつ慎重に。

*今更言うまでも無いことですが最近の小学校は守秘義務が校則
で定められていますので保全に注意。また周囲の大人は間違って
も聞き出そうとしない事。


2 :名無し三等兵:03/05/22 22:28 ID:???
もちろん自営業阻止。

3 :ms682:03/05/22 22:39 ID:YZgMCDhL
>>1 乙〜
僭越ながら、ご協力をば

編成について語るスレ
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/army/1028476832/

編成について語るスレ2
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1032063255/
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=army&key=../dat9/1032063255&ls=50

4 :名無し惨倒弊:03/05/22 22:39 ID:???
編制スレ1
http://choco.2ch.net/army/kako/1028/10284/1028476832.html

編制スレ2の残骸
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi?bbs=army&key=../dat9/1032063255&ls=10



5 :ms682:03/05/22 22:40 ID:???
>>4
スンマソ、かぶっちまったようで(汗

6 :名無し 惨倒弊:03/05/22 22:43 ID:js6V0xp8
ケコーン(*^^*)ヤサシク シテネ

7 :名無し三等兵:03/05/23 00:19 ID:???
それでは早速
・SBCT(ストライカー旅団戦闘団)についての一提案をアーマー誌2002年1月号から
拾ってきて皆で話してみる
・スナイパーチームが2人編制から3人編制に変わっている?ことについて
皆で話してみる
などはどうでしょうか。

8 :名無し三等兵:03/05/23 01:09 ID:???
>>7
複数の話題が並行して進んでもよろしいかと。
とりあえずそのネタについて振ってみては?あとはそれへの食いつきが良いか悪いか。

9 :名無し三等兵:03/05/23 01:32 ID:???
h ttp://www.ausa.org/www/armymag.nsf
それでは
まず2003年5月号のMobile Gun Systemについての開発現況です。
Soldiers Armedのコラムで書かれているんですが、初期低率生産が
スケジュールどおりに決定されれば、2005年4月にMGSを装備した部隊が出て来ると
されています。それまでは、掩体壕破壊TOWを装備した対戦車ミサイル搭載型車両で
代替するということです。

つぎに6個旅団をSBCT編成するという当初の企図のうち予算化されているのは
3,4個です。以上を念頭に置いて第2機甲騎兵連隊(軽)をSBCT化する際の
編成の提案が昨年のアーマー1・2月号に掲載されていたので紹介してみようかなと
思います。
h ttp://www.knox.army.mil/center/ocoa/ArmorMag/jf02/1benson02.pdf

こちらがその記事です。

10 :名無し三等兵:03/05/23 11:28 ID:???
編成する目的
あらゆる形態の戦闘に、戦力を節用しつつ対応できる部隊の創出
具体的な例としてはコソボのような、小規模だが高強度の紛争
状況によっては、唯一の地上部隊として紛争に対峙することがありえる
つまり、連隊長は地上軍司令官直下となるか、統合軍司令官直下となる
       
編制
 騎兵連隊
  2個騎兵大隊
  指揮統制大隊
  航空騎兵大隊
  砲兵大隊
  支援大隊


11 :名無し三等兵:03/05/23 12:17 ID:???
騎兵大隊
 大隊本部及び本部中隊
  UAV小隊
 騎兵中隊3個
  騎兵小隊3個
  迫撃砲班(120mm迫×2)
 竜騎兵中隊1個
  竜騎兵小隊3個
  迫撃砲班(120mm迫×2)

装備定数
 歩兵車両12両 迫撃砲搭載車両8両 偵察車両29両 火力支援車両5両
 指揮車両10両 救急車両4両 MGS22両 UAV4機

#竜騎兵中隊とは、歩兵中隊のこと。SBCT中隊の場合 
 本部(歩兵車両×2 トレーラー牽引ハマー2両 トレーラー牽引トラック2両)
 SBCT小隊3個 MGS小隊1個 迫撃砲班1個(120mm迫×2)衛生班(救急車両×1)火力支援班(火力支援車両×1)
 狙撃班(狙撃手3名)
 SBCT小隊は歩兵車両4両 MGS小隊はMGS3両から編制
 されることがFMに記載されているので
 竜騎兵中隊は
  中隊本部 指揮車両2両?
  竜騎兵小隊3個 各歩兵車両4両 で歩兵車両12両はここで使われる
  MGS小隊1個 MGS3両
  迫撃砲班 迫撃砲搭載車両2両
  衛生班 救急車両1両
 問題は騎兵中隊の編制が良く分からないことです。  

12 :名無し三等兵:03/05/23 12:31 ID:???
>11
乱筆となっていますがお許しのほどを。また連隊の車両定数合計から
砲兵大隊の編制表と装備定数がある程度分かります。それから指揮統制大隊
の編制もかなり分かります。(下に軍事情報中隊、工兵中隊、防空中隊 対戦車中隊有り)。
レスが付くようでしたら載せます。レスが付かなかったら他のネタを探します。
   

13 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/23 12:40 ID:???
>>1
>名無し惨倒弊 さん
スレ立て乙です。そしてms682さんと御幸せに。

>>7さん
ネタふりサンクスです。(出来たら捨てハンでいいからつけてくらさーい・・・)
SBCTは軽歩兵師団から導入されていくと聞いてましたが、今回は騎兵ですか。
MGSは意外と血走った構想の車輌で、積極的かつ迅速に(そりゃ、あの装甲で
モタモタしてたらマズいですわな)脅威を排除する事が求められています。
うーん。敵機甲とは絶対ハチ合わせしないんだという決意が滲み出た編制ですな。


14 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/23 13:02 ID:???
>>1
スレ立てあるがとうございます〜
ありがたく活用させていただきます〜
感謝、感謝〜

>>9
SBCTは私も興味あります。
しかし、ストライカーは如何なものかと・・・
LAVで良いのではないか?と常々・・・

さらにストライカー砲車に関しても・・・
ある程度の高強度の戦闘に投入される可能性がある以上、
砲車よりもM1の配備が不可欠ではないか?とも思います。

ただ、M1における被輸送性の大幅な低下が、
緊急展開部隊として大問題になるのも事実ですが・・・

解決策としては、現在進んでいる輸送機の更新があれば、
中隊規模のM1をSBCTに加える事は
さほど難しくはないように思えてるんんですが・・・

そういえば砲兵大隊はHIMRASと牽引155mmの混成みたいですね。
HIMARSが全般支援として
155mm12門、各中隊6門で大隊支援でつね・・・
6門・・・ちょい寂しいかな?でもHIMARSが全般支援で付くし航空騎兵もあるから
その程度でも良いのかもしれませんね

しかし、主要な近接戦闘部隊が2個大隊では予備部隊として拘置しとく分がありませんね〜
(航空騎兵は予備というより、支援兵科ですし・・・)
あと1個戦車大隊あれば、美しい3単位編制になるのになぁ・・・(笑

15 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/23 13:08 ID:???
そういえば 11-12氏は旧「【超】機甲戦術研究スレ」の住人さんでつか?

あ、SBCTの砲兵にシーザーってのは、私も有望だとか思いますです。はい

16 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/23 13:10 ID:???
ちょっと御気楽モードで騎兵中隊の編制。

機甲騎兵の軽量版とみて好いのではないですかね。
・中隊本部(指揮x2、偵察x1)
・騎兵小隊2個(各偵察x4)
・機動砲小隊2個(各MGSx3)
・迫撃砲斑(重迫x2)
上3個と竜騎兵中隊を差し引いて残る偵察x2、MGSx1は大隊本部でしょうか。


17 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/23 13:20 ID:???
あ、いや。騎兵小隊3個となってますが。
小隊は偵察x3、MGSx2の混成なのかしら。

>牽引砲
今次イラク戦の教訓として、牽引砲の不活発さが挙げられます。
イラク相手でも、米軍がカウンター・アーティラリーを警戒せざるを得なかった
という事のようです。
いや、進撃速すぎて砲兵陣地布いてるヒマ無かったんちゃうん?という疑問も
拭えませんが。


18 :装輪太郎:03/05/23 14:54 ID:???
>15
 仰るとおりです。あちらで騎兵中隊の中身を色々計算してみようとしていたら
 鯖が飛びました。それで人の多いこちらにお邪魔しております。
>16,17
騎兵中隊の編制については、予算の制約(他軍種でもDD-21、FA-22などが予定
されている)は9・11テロ後も続いており、偵察車両と戦車を1対1で更新することは
不可能だと言っているところがありますので、どちらも従来編制よりも
軽量化していることは確実だと思います。
 
また、SBCT中隊の本部車両は歩兵車両なのにこちらでは指揮車両になっている点に
ついては各大隊と連隊は衛星通信システムを持ち、場合によっては中隊にも
予備から衛星通信システムを回すという記述があり、作戦範囲も100km×100kmと
しているので、上級単位の持つ情報を即時に取得しつつ作戦する能力を
重視している現われだと思います。
MBTが編制に見えないことについては、偵察車両は全てレーザー目標指示器を
搭載して、精密兵器投射能力に期待するということになっています。
また、SBCTは車両は4両の点ではブラッドレーに、下車歩兵班の編制は
3個分隊+武器分隊で、軽歩兵に似ており、戦車小隊などと戦闘団を構成する
こともあるとしています。ともかくMGSについていい噂が掛からない点が
問題です。

19 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/23 16:11 ID:???
SBCT騎兵連隊の近接戦闘大隊が2個という事は、交互躍進を旨としている事を
示唆しているのでしょう。
情報の優越を利して「予備の無い(要らない)戦い」を思い描いているのでは?
とも思いましたが、大隊はしっかり3単位に編制してるので、上のように考えます。
まともな正規部隊から、ある地域を固守するという考え方は薄いように思いますね。
MGSの存在価値は「鳥(戦車)無き里のコウモリ(MGS)」に過ぎず、対抗部隊の
機甲兵力には、航空やスタンドオフ兵器で対処というのは御指摘の通りでしょう。
まぁ試案なんで、なんとも言えない部分はありますが、実に攻撃的な編制なのでは
ないかと思います。

しかしこういう軽量部隊の構想をみるにつけ、大戦間のタンケッテの流行を思いますな。
まぁ今度こそタンケッテの時代なのかもしれませんが。


20 :装輪太郎:03/05/23 17:23 ID:???
>13
現在、2個旅団がワシントン州フォートルイスにて改編中です。
一つは第25師団なので軽師団ですが、もう一方は第2歩兵師団なので
大型の機械化歩兵師団の旅団から改編されていることになります。
つまり、この旅団が編成完結して作戦投入が可能になったらば
朝鮮半島で事あらば、シアトルの港からSBCT旅団が韓国向けて旅立つことに
なる可能性があります。さすがにこれについては異論があり、
GLOBAL SECURITYでは、欧州で1個編成される予定のSBCT旅団と交替させる
のではないかという話を紹介しています。

追記:ICVは歩兵車両と訳していましたが、正確には歩兵輸送車両です。
軽歩兵に地上での足と正確な状況認識を可能とする情報を与えて行動させる
のが主眼だと思います。
MGSについては、M1の主砲を背負い式に積んでいても用途は歩兵支援
T-55にあったら自衛ができる程度だと思います。

21 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/23 19:53 ID:???
>19 攻撃における予備の必要性

本格的な戦闘前進としての交互躍進には

前進→戦闘(攻撃)→再編成

の手順が必要と思いますので、本当に戦闘を行いながらの躍進ではローテーションで3分割が必要ではないかと・・・

A部隊が攻撃
その突破口をB部隊がA部隊を超越し突破前進

B部隊が次のラインにぶつかっり、そこを撃破した時
次に超越するのはR部隊・・・
(この時、A部隊は再編成と続行前進中のはず・・・)

で、R部隊が次にぶつかったときに超越するのがA部隊・・・

突破後に、次にぶつかるまでに時間があれば、R部隊(すなわち予備部隊)はいらないんですが・・・

つまーり、常に超越前進を継続するには、どうしても予備部隊が欲しいと・・・

こうなる訳ですな・・・

(ああ、今度は逆に陸上戦スレ向きの話題に往ってしまったです・・・)
(やっぱり編成と作戦術は、密接に関係しますなぁ・・・)

ちなみにA/B/Rと書いたのは・・・
米軍機甲師団が昔、連隊戦闘団をA戦闘団/B戦闘団/予備戦闘団としてたので・・・それを例えに・・・(w
(Rはリザーブ・・・予備のRです。)

22 :装輪太郎:03/05/23 21:43 ID:???
騎兵中隊の騎兵小隊について
SBCTの大隊偵察小隊を見ると、偵察車両4両に車両班9名(操縦手+車長+小隊長)
下車班15名(5人編制の偵察班3個)で編成されています。

#この通りの編制を騎兵中隊でもしているならば、騎兵大隊の戦闘力は
MGS小隊と竜騎兵中隊に大きく依存していると思います。
どうしても軽歩兵が居るところに竜騎兵中隊を送り込み、他は騎兵中隊が
広くカバーする形で運用されるのではないかと思います。こうなると
第3歩兵師団の先鋒を務めた騎兵大隊と同様には考えられないかもしれません。

23 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/24 15:04 ID:???
>装輪太郎さん
そうそう、GlobalSecurityにもありましたね。
「戦車の代替では無い」と断った上で、迅速かつ致死的な直協火力を歩兵に
提供するのを役目とする、と書いてありました。
これに対して何故105mmTKGなのか?大口径機銃とATMではいかんのか?という
疑問もあったんですが、このへんがMGSというよりSBCTの性格を測る鍵でしょうか。

>第3歩兵師団の先鋒を務めた騎兵大隊と同様には考えられないかもしれません
今次イラク戦の戦訓の反映が、如何様にされるかが興味深いところです。

>Lansさん
>本格的な戦闘前進としての交互躍進には
本格的なのをやるつもりが無い、という事なのではないかと思います。
各スコードロン内のローテーションで対処出来る程度の脅威しか想定してない、と。
MGSの主砲弾携行数は18発(だっけ?)で、これからも想像がつきますね。
攻撃前進は、航空/アウトレンジで徹底的に「消毒」してから、という思想が
見てとれると思います。
それでも騎兵連隊が衝力を失う敵と接触するなら、その時前に出るのは
Rスコードロンではなく主力部隊、という事になるのでしょう。


24 :名無し三等兵:03/05/24 20:32 ID:???
>>21
予備はなにもしないわけではない。必要な時にうごけないようでは予備
ではない。射撃支援、対遊撃、対空挺翼援護、後方警戒、対逆襲などの任務もある。
逆説的に言えばこれらを補うことができれば予備はいらない、
また、予備は同一種類の部隊でなければならないということはない。


25 :装輪太郎:03/05/24 22:14 ID:???
>23
 なぜ105mm砲なのかについては、敵のATMの射程外から掩体壕・機銃座・狙撃陣地
などを破壊するのを考えているためだと思います。現在、ATMの射程はTOWで3750m
ジャベリンで2000mとなっているので、敵の殲滅地帯に踏み込まずに破壊する
のを考えて射程の長いものを選択したということだと思います。
 また、120mm砲に換装されたM1の105mm砲を流用すれば開発費も低く抑えられるはずです。

それから竜騎兵中隊の編制はMGSが4両のMGS小隊でもいいかもしれないです。
3両編制は予算の制約だという噂があるので、2班に分けて機動と火力を
地形を生かしつつ発揮することを考えれば4両の方がいいでしょうし。

それにしても攻撃的編制という言葉がまだ分からないです。
これは直接に機動する第一線の部隊を手厚くした編制ということでしょうか。
教えて頂けると幸いです。

26 :趣味の人:03/05/25 10:47 ID:???
>13
第2騎兵連隊はハマー装備の軽装部隊です。
第2騎兵連隊 
騎兵連隊
 3個騎兵大隊
 航空騎兵大隊
 支援大隊
 工兵中隊、憲兵中隊、化学戦中隊、防空中隊

  騎兵大隊
   大隊本部及び本部中隊
   騎兵中隊×3  各12.7mmMGハマー×10、40mmGLハマー×10、TOWハマー×8、120mmRT×2
   対戦車中隊×1 TOWハマー×12
   砲兵中隊×1  M198×8

   騎兵中隊
    中隊本部
    騎兵小隊×2  各12.7mmMGハマー×5、40mmGLハマー×5
    対戦車小隊×2 各TOWハマー×4
    重迫班×1   120mmRT×2

27 :趣味の人:03/05/25 10:49 ID:???
3つめのSBCTは第172歩兵旅団(独立)。これも軽装部隊。
重装部隊で改編に名前が上がったのは今の所第2歩兵師団第3旅団だけと思います。

第2歩兵師団はもともと重軽混合の特殊編成です。
韓国配備の2個旅団に戦車2個大隊・機械化歩兵2個大隊・軽歩兵2個大隊、本国配備の1個旅団が重編成。
SBCTに改編中なのは本国配備の1個旅団です。
韓国という地形が錯綜した戦場への増援をSBCT化とは本気か?と思うのは当然でしょう。

>25
攻撃的編制というのは揶揄でしょう。
常に一方的に攻撃する立場でいなければいけない。
常に手に負えない相手を潰す支援兵力が必要。
守勢に回ったりまともな正規部隊に鉢合わせたりした瞬間終わりと。

MGSの105mmは軽量・低反動砲ですから、M1から下ろした105mmは流用できません。
そもそも、換装からもう10年たつのに砲身残ってますか?


28 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/25 12:08 ID:???
>装輪太郎さん
そのように思います。案外SO-122なんかに近い車輌なのかもしれません。
ただストライカーの車台では、アウトレンジすると精度が出ません。有効交戦距離は
おそらく1500m〜2000mまたはそれ以下。
MGS小隊の4輌化もそうですが、制圧効果が大きく、レスポンスの良い大口径機銃
搭載車を組合わせてやる必要を感じます。
攻撃的編制の意味は、趣味の人さんのおっしゃる通り。揶揄半分といったところです。

>趣味の人さん
第2は軽装甲騎兵。今次イラク戦スレでも話題になってましたな。
騎兵中隊から対戦車小隊が消えて、連隊指揮統制大隊にATGM中隊が1個。
まぁ現軽騎兵の編制の、機甲騎兵の戦車小隊をそのままTOWハマーに置き換えた
カタチにも疑問はあったんですが。(近接戦闘無理ですし)
ところで今次イラク戦の記事が米国雑誌に載りはじめてるそうで。
その話をして下さった方によると、航空支援については「アパッチマンセー、A-10素敵ぃ
JDAMうんこ」という論調(?)なのでそうです( ̄▽ ̄;
全般に航空支援はキメの細かさにおいて不満があり、だからSBCTは現状、RMAへの期待が
先走ってる観がありますな。


29 :名無し三等兵:03/05/26 17:28 ID:???
>27
M1の主砲の流用うんぬんについては調べ不足でした。てっきり州兵などには 
M1を使っている部隊がいるとばかり想像で書いていました。

>28
航空支援については、アナコンダ作戦についての第10山岳師団長のインタビュー
が同じ調子でした。タリバンの迫撃砲をどうして米国の砲兵は潰せなかったのか
という話が出てきまして、対砲迫レーダーを展開できる場所がないことなどを
指摘する記事なども同号に載っていました。

30 :名無し三等兵:03/05/26 17:52 ID:???
h ttp://www.fas.org/man/gao/nsiad-00-162.htm
長くて全部見ていないのですが、第4歩兵師団と共に訓練している
カリフォルニア州兵の第40歩兵師団はM1IP(105mm砲)を使用していると
あります。リポートは2000年に出されているので最近までは105mm砲搭載M1も
居たことになります。とはいえ、MGSの砲とM1の砲が同一かはまだ確認
してないです。メーカーのパンフレットのようなものがネットに置かれていたのを
見たきりなのであいまいな記憶だよりです。

編制の話だと、かたやデジタル化の実験師団、かたや105mm砲搭載のM1では
訓練も共にやりづらいと思うんですが。


31 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/26 19:13 ID:???
>24

>21で書いたのは、あくまでも「攻撃」時にも予備は欲しいという意味で書きました。
この攻撃時に、敵の反撃が加えられた場合には、
それこそ対空挺翼援護、後方警戒、対逆襲に、その予備は投入されるものと思います。

今回、私が言いたかった部分としましては主要近接兵科部隊が2個編成のSBTCは
通常の運用(攻撃で防御でも)に使用した場合、予備が足りなくて不安ではないか?

と言いたかったのです。

この予備に廻せる部隊が極めて少ない事から、あくまでも威力偵察部隊のバリエーション
もしくは、その延長線上にある部隊ではないか?とか思っています。
(だから、編成母体が軽タイプの機甲騎兵なのでわないか?と・・・)

>23 対潜臼砲殿

よって
>それでも騎兵連隊が衝力を失う敵と接触するなら、その時前に出るのは
>Rスコードロンではなく主力部隊、という事になるのでしょう。

これこそ、威力偵察以外の何者でもないって事じゃぁ・・・

単体で派遣しうる強力な威力偵察部隊・・・

(そういえば、SBCTって旅団戦闘団なのに・・・いつのまにか連隊規模になてる。。。)


(・・・シンセキさんの嘘つき(w

32 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/26 19:17 ID:???
>24
中の人殿でしょうか?もしくは、同列の方とお見受けします。ご教授ありがとうございます。

33 :装輪太郎:03/05/27 03:36 ID:???
>31
とりあえず太郎でも答えられる範囲でレスを付けますと
いまの米軍師団の編制は3個大隊で1個旅団、3個旅団と航空旅団に砲兵旅団
師団支援司令部で1個師団(工兵が大隊規模か旅団規模かはちと忘れました
調べられれば後ほど探して参ります)となっています。

連隊はどうも名称上のものとなっており、兵科雑誌の著者略歴などをみても
○ー○○連隊で紹介してます。つまり実際にはいつどこの大隊で何をしていたかを
綴る方向で書いてます。

2ACRの著者はハイチ派遣の話なども書いてます。そこいらの経験がこの編制の
下地になっているのかもしれません。

34 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/27 10:57 ID:???
>33
あ、現用米軍師団の編制は了解済みです。
(ちなみに工兵は大隊規模で各旅団内に配属だったと思いました=重師団の場合)

まあ、旅団戦闘団といいつつ、内容と名前が連隊規模って文句は、たんなるネタなので。。。
(マジに答えなくて良いですぅ・・・(汗

ただ、師団が基本的に3単位以上であるのは、上記で書いたような理由があると思いますので
もし、SBTCがなんらかの独立的に投入を期待されているのならば
もう1個ほど大隊を追加して、近接3単位の体制を保持して、内容的にも旅団戦闘団に恥じない体制に
した方が良いのではないか?という疑問はありますが・・・

しかし、SBTCが、あくまでも基本に師団を派遣し、その支援として追加派遣を行うような運用を
行うような想定がなされているならば、現状でも、大きな問題はないんでしょうとも思えます。
(威力偵察部隊の師団増派って感じ)

また、単独派遣の場合、1個大隊(戦車/機械化)の追加配属とか行って、これまた旅団戦闘団としての体裁を
整えるつもりなら、それもそれでOKかと思いますが・・・

うーん、そうなのかな?
やはり便利な派遣用基幹パッケージという形と捉えていいんでしょうかね?=SBTC
(それでも3単位+支援の形の方が美しいなぁ)
(基本的な編制はオールマイティの方が良いと、私は思っていますんで・・・)

基本にオプション追加で1セットの考えじゃなくて
基本はオールインワン、そこに、さらに特化したい部分を追加の考え

上が今回のSBCTで、下が従来の師団になるのかな?
うーん、うーん。。もうちょっと考えてみます。
(なんか、企画倒れだった、WW2の独装甲旅団みたいになりそうな気がしてならない=SBCT)

それか、派遣治安維持ONLYか・・・(最近は治安維持でも中強度くらいの戦闘はありえるし・・・)

35 :名無し三等兵:03/05/27 11:04 ID:???
>28
グローバルセキュリティによるとSO-122
出現当時の西側呼称でM1974 ソヴィエトでは2S1。
122砲D-30をMT-LBに搭載したもので、直接照準射撃の最大有効射程は1000m。
自動車化歩兵師団の砲兵が中隊から連隊に拡充される時期に導入され
牽引砲にかわり攻撃時の教義に適合した砲兵火力を提供。

アフガンでは2S9とともに自動車化歩兵、空中強襲部隊の支援火力として最適
だった。大抵、中隊か大隊で運用された。襲撃に先立ち、空中、目視、砲兵偵察に
より決定した目標に3〜5分間砲撃。ソヴィエト軍の襲撃に対してムジャヒディンが反撃してきた場合
彼らが撤退する前に交戦すべく、1,2発距離を測定するため射撃した後、射表により
制圧、または確定破壊に達するまで集中砲撃。ムジャヒディンは撤退に際し追撃を遅らせるため大抵
後衛を残した、後衛は砲爆撃を避けるためソヴィエト軍から200〜300mに留まろうとした。
この場合、ソヴィエト軍の前進観測者はムジャヒディンの後方およそ200mに初弾を落し
そこから近づけていく方法をとった。

弾種にもフレシェット弾があり、これはMGSでも開発される可能性があります。
他に面白いところではセミアクティブレーザー誘導破片榴弾Kitolov-2Mが含まれて居ます。

36 :名無し三等兵:03/05/27 11:28 ID:???
>34
SBCT旅団についてですが、現在第2師団第3旅団が演習中で大量に情報発信してます。
NTCとかJRTCだと旅団丸々が演習しているのかもしれないです。
h ttp://www.lewis.army.mil/Arrowheadlightning/

編制についてはこちらが概要です。
http://www.lewis.army.mil/Arrowheadlightning/What%20is%20a%20SBCT.pdf
歩兵大隊3個 RSTA大隊(騎兵大隊)1個 砲兵大隊1個 前方支援大隊1個
工兵中隊1個 対戦車中隊1個 軍事情報中隊1個 通信中隊1個 本部中隊です。
2ACR私案と異なり、自前の航空部隊、対空部隊がないです。
RSTA大隊のRSTAは直訳で、遠隔捜索目標捕捉です。無線探知システムをハマーに
搭載したのや、UAVやらを扱う部隊と騎兵部隊が組み合わさっています。


37 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/27 11:34 ID:???
>SBCT
いやね、これって前スレで私が妄想してた「L機動連隊構想」に近いものも感じるんですよ。
派遣に便利な戦闘団パッケージを用意し、必要な部隊や戦域に増派するって感じだと・・・

で、私の場合は、それを機甲騎兵を参考に、重戦指向の戦車/機械化主体で妄想してた訳ですが・・・
(その分、ヘリがないですが・・・(w
(さらに、兵站の簡略化も兼ねて普段は各師団内に常駐させて、必要時に抽出派遣な感じ(w
(これにより、普段のオールマイティ性を維持しておく)
(派遣時は兵站も分派、もしくは派遣先の上級部隊に依存)
(我ながらせこいなぁ・・・/と言っても、兵站の強化自体が、まだまだ夢な罠)

ああ、書いてて気がついた。

陸自と違って米軍の場合、派遣先の師団が既にして、十分以上に重戦能力はあるから(w
重戦部隊の転用増強より、軽部隊の転用/派遣 増強の方が必要なのかも・・・
(場合によっては、各旅団に機甲騎兵的な威力偵察部隊を配属したいとか・・・)

その為の軽/中パッケージなのか、SBCT、そうなのか??

米軍重師団、3個旅団、1個機甲騎兵があるから、後2個SBCTを派遣増派すれば残り2個旅団にも十分に強力な威力偵察部隊を付与できる。
前回の湾岸、今回のイラク戦を見ても「強力な」威力偵察部隊の効果は証明されたのではないか?と思いますので・・・

また、戦後の治安維持なら、重部隊より軽い装輪部隊の方が維持も安いし、長期の駐留なら整備も軽くなるので、便利でしょうし・・・
(装軌車両の整備維持の苦労は・・・これが派遣駐留先では、さらに苦労が倍増すると思いますし)
さらに、この時は、本体の師団が帰って、SBTCだけが残留し治安維持・・・

安くて イイ! (・∀・)/
(残留戦力が足りなければ、本体師団の後送に合わせて、SBCTの増派でOK)
(それでも正規師団の駐留派遣に比べて段違いに安いはず)

って訳ですかい?ええっ、シンセキさん
低コスト戦争で、あっちこっちでドカンドカン出来るぜって訳ですかい(w

38 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/27 11:46 ID:???
>36

2ACR私案とSBCT

結局、どっちがいいか試験運用してみようって事ですかね?
(編制の重さ調整、航空も含めて・・・)

39 :装輪太郎:03/05/27 11:50 ID:???
>37
SBCTの任務
 従来言われている話では、初期投入戦力、例えば82空挺や101空中強襲が
空港を確保したあと、C-130で増援として命令後96時間内に送り込まれ、空挺堡を
確保、拡張するというのが言われていました。
 しかし、欧州派遣軍では、173空挺旅団とIRFを組み合わせていたりします。
毎年ボスニア、コソボで空挺演習をしていたります。その実戦での例が
イラク戦争でのクルド人自治区への空挺降下と第1装甲師団の部隊の増援だったの
ではないかと。こうなるとSBCTの意味合いはどこいらにあるのかということに
なるわけですが。

師団騎兵の代用になるのかは多少微妙な戦力のような気もします。
何しろ、イラク戦争で第3歩兵師団の先鋒を務めた第7騎兵連隊第3大隊は
http://www.globalsecurity.org/military/agency/army/3-7cav.htm
によるとM1戦車が27両 M3騎兵戦闘車が39両 OH-58Dが16機です。
車両数から考えるとSBCT旅団のほうが随分多いわけですが、各車両の装甲と
砲が不安です。

<シンセキ大将
36のこの演習でSBCT旅団の作戦能力が評価されてシンセキ大将の花道を飾る
わけですね。

40 :名無し三等兵:03/05/27 11:56 ID:???
>38 間違いAGEごめんなさい。

SBCTに自前の航空部隊をっていう主張は他にもしている記事をどこかで
見かけましたが、現在のところ編制には入っていません。
多分、82空挺とか101空中強襲が先着しているので増援してもらえると考えている
のだと思います。2ACRの編制に入っている理由についてはハイチ派遣の経験を
元にした編制の話を筆者が別に書いてましてそこの経験が下地だと思います。
こちらはのちほどの材料でとっておこうと思っていました。
 

41 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/27 12:17 ID:???
>39
それでも、2ACRに比べて、かなりの重装化ですし・・・

うーん、従来の師団機甲騎兵(軽)の強化型と、
重派遣型(こっちが本来のSBCT)と
実は2本立て?SBCT

どっちもSBCTとか言うとるから混乱しるのか(泣
2ACR改・・・SRCTと名乗らんかい!

(SRCT・・・それはそれで、2〜3個独立編成しといて、派遣配属できたら便利そう(w

本来のSBCTは3個大隊で、バランス良いし・・・
これが、1個大隊が戦車(もしくは各大隊、1個中隊が戦車)なら・・・なおの事・・・ミニ師団イイ! (・∀・)/
とか思ってしまいます〜
(それこそ、航空は状況によって派遣でいいでしょうし・・・)

42 :中の人:03/05/27 12:47 ID:???
>>41
1つだけ
戦車を入れるとSBCTは無意味化。
装輪主体で、空輸による緊急派遣ができなくては。
単純なミニ師団なら騎兵連隊再編でいいでしょう。
また師団騎兵大隊や、軍団所属の騎兵代用ではなく、国家としての機動予備と考えるべきと思います。

43 :装輪太郎:03/05/27 13:12 ID:???
イラク戦争にSBCTが派遣されていたらどんな使い方がされたかを考えてみると
82空挺などは、トラックとハマーで移動していたわけでそのかわりに
装甲車で移動できるのは何かと便利だと思います。

戦車については、ナシリア近郊で陸軍の弾薬整備中隊が伏撃を受けた際
T-55が2両だったか出てきたという話があります。航空機で運べる戦車だと
M8とかM551シェリダンなどになってしまうのですが。ソヴィエトだと2S25
でしょうか。M1もC-17なら運べるのですがストライカー旅団はC-130で運べる
のに自前の機甲部隊がC-17で運ばれていて、遠く離れた後方の飛行場から
自走してくるのでは問題かも。

44 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/27 13:54 ID:???
>Lansさん
それぞれの部隊を、その前身と相対的に見ようとしても間違えるだけでしょう。
ストライカーの能力は、民兵私兵なら安全に圧倒出来、三流陸軍相手なら
自衛出来るという程度のものですから、これを絶対値としてみれば自ずと企図は
見えると思います。

ミニ機甲師団としては3ACRという優れた編制の部隊があります。
2ACRがSRCT化される意味は、中の人氏ご指摘の通りでしょう。

>装輪太郎さん
むしろクルド自治区に降りた173Bdの方が興味深いのでは無いですかね。


45 :装輪太郎:03/05/27 14:13 ID:???
>36 訂正です
RSTAは偵察、捜索、目標捕捉でした。
h ttp://www.lewis.army.mil/Arrowheadlightning/SBCT%20unit%20fact%20sheets.pdf
ここが員数と装備定数まででていて詳しい編制表となっています。
MGSの代わりに対戦車ミサイル車両型、NBC偵察車両型のかわりにフクスが使われている
とのことです。

>44
北イタリアからC-17で飛来、あらかじめ確保されていた飛行場に夜間空挺降下し
数不明のM1が増援されたようです。どうも欧州派遣軍にはSBCTと別の考えがあり
中東軍にうちのこの部隊を使えっと強く言ったのかもしれません。(妄想)
173旅団のその後の活動も今一つはっきりしないです。173comだったがあるので
そこで調べるとはっきりするかもしれません。

46 :政治委員:03/05/27 18:23 ID:???
>>35
>>28においてSO−122が上げられたのは、西側的自走砲としての運用ではなく、自動車化狙撃連隊等において、直接照準射撃を主体とする火力支援車両としてしばしば運用されたことを指すものと考えます。
その観点から、例示された件では、初心者にその用法を読み取るのは困難でしょう。
運用の実態を考えると、おそらく適切な例を挙げているものと考えますが。
実運用としては2S9、2S25、それにBMP3(それに戦車も)も同様に運用される機会は多いでしょう。

ちなみに2S1が型式名で、SO−122は122mm自走砲という程度の意味であり、軍内部ではそう呼ばれることがあるようです。
愛称はグヴォージカ、花のナデシコ、カーネーションを意味します。


47 :中の人:03/05/27 20:04 ID:???
>>46は名前ミス

流れと違う事を質問して申し訳ない。
日米露以外の偵察部隊/騎兵部隊(に相当するもの)の編制・編成についてご存じないでしょうか。
最近調べているのですが、良い資料が見つからなくて困ってます。
現在でなくとも、70年代以降のもので有れば参考になります。

48 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/27 21:31 ID:???
>47
とりあえず、今、手元に湾岸時の英機甲師団の主要装備数ならありますた。
その中で偵察部隊はと・・・

第16/5クィーンズ・ロイヤル槍騎兵連隊
シミターx40
スコーピオンx24
ストライカーATMx16
(ストライカーATMはスコーピオンファミリーのATM型です)

定数から、なんとなく編制が見えそうな感じですが(w

他も含め、もっと資料調べてみます。

49 :装輪太郎:03/05/28 02:07 ID:???
>47
h ttp://orbat.com/site/toe/index.html
h ttp://orbat.com/site/toe/toe/uk/uk_toe.pdf

下の資料の一例です。
装甲偵察連隊 (SDR以後の編制)
RHQ 8 Sultan, 3 Spartan, 2 Land Rover FFR, 1 Samaritan
HQ Sqn
LAD REME 1 Sultan, 1 Spartan, 1 Sampson, 1 wheeled recovery vehicle
Sqn HQ 2 Sultan, 1 Spartan, 2 Land Rover FFR, 1 Samaritan
Recce Troop x3 4 Scimitar
GW Troop 4 Striker
Support Troop 4 Spartan
Recce Sqn x4
REME 1 Sampson, 2 Spartan

#LAD、REME、GW等の略語が不明なため分からないのですがこれが
戦略見直し後の編制だそうです。

上の資料のUKのところだと
偵察装甲大隊
 大隊本部中隊 サルタン×4 スパルタン×4 ランドローバー×2
  4個偵察中隊
   中隊大隊本部小隊 ランドローバー×2 サルタン×2 スバルタン×1
   3個偵察小隊 シミター×4
   支援小隊 ストライカー×4
   2個補給分遣隊 サムソン×1 スパルタン×1

#Regimentを大隊 Squardronを中隊 Troopを小隊と訳しています。
他にドイツ、スペイン、インドなどにも出てきますが定数までは不明だったり
します。

50 :装輪太郎:03/05/28 10:41 ID:???
フランスの例
OOBに示されていた野外教範公開サイトのURL
ttp://www.cdes.terre.defense.gouv.fr/
フランス軍のだと思います。

全旅団下の阻止、偵察大隊(士官4名 下士官28名 兵102名)
 大隊本部班(士官2名 下士官7名 兵26名)
  指揮(士官2名 下士官2名 兵3名) 補給(下士官1名 兵1名)
  総務(下士官2名 兵7名) 通信(下士官1名 兵5名)
  需品・燃料?(兵2名) 整備(下士官1名 兵4名) 衛生(兵1名)
  Pat?(兵3名)
 
 3個戦闘班(士官1名 下士官4名 兵20名)×2
      (下士官5名 兵20名)×1
  指揮(士官1名 下士官1名 兵4名)
  小隊×2(VBL ミラン搭載)(下士官1名 兵5名)
  小隊×2(VBL Aplia搭載)(下士官1名 兵5名)
  小隊×2(VBL 12.7mm搭載)(下士官1名 兵5名)
 All?gement (兵1名)
 
 レーダー班RASI?(下士官8名 兵16名)
  指揮(下士官2名 兵2名)
  2個小隊 レーダー×2 (下士官3名 兵7名)   
 
#軽機甲連隊や機械化歩兵旅団の偵察班などもあります。 

51 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/28 10:53 ID:???
>偵察

仏軍第6軽機甲師団(湾岸時)に配属された偵察部隊の主要装備

第1外人部隊騎兵連隊
AMX-10RC x35

第1スパッヒ連隊
AMX-10RC x35

第1パラシュート軽騎兵連隊(の1中隊)
ERC-90S x12
(緊急行動軍第11空挺師団から戦時増強)

第9海兵歩兵偵察連隊(の2中隊)
AMX-10RC x12 (x2中隊)
(緊急行動軍第9海兵師団から戦時増強)

以上の記述から
1中隊=装輪装甲車x12 を基本とし
1連隊=装輪装甲車 3中隊を中核にその他部隊が付随しているのではないか?と推測してみます。
(つまり、湾岸時には計3個連隊相当の装輪装甲車偵察部隊が投入されたのでわないか?と)




52 :装輪太郎:03/05/28 11:07 ID:???
フランス軽機甲連隊(AMX-10装備)(士官37名 下士官161名 兵491名)
大隊本部(士官17名 下士官85名 兵155名)
 参謀(士官5名 下士官1名 兵7名)
 連隊指揮及び連絡(士官6名 下士官4名 兵8名)
 通信(下士官6名 兵14名) 人事(士官2名 下士官3名 兵1名)
 総務及び財務(士官1名 下士官8名 兵8名)整備(士官1名 下士官42名 兵46名)
 衛生(下士官5名 兵9名) INFRA(隊施設?)(下士官2名 兵4名)
 指揮及び補給(士官2名 下士官6名 兵16名)需品及び弾薬(下士官4名 兵23名)
 防護及び阻止(下士官4名 兵19名)

4個戦闘大隊
 大隊本部(士官2名 下士官6名 兵20名)
 4個小隊(士官1名 下士官3名 兵16名)
  AMX-10 ×3 Aplia搭載VLB ×1 12.7mm搭載VLB ×1 
  intell(情報収集?)VBL ×1
 
 
#実はERC-90装備の山岳軽機甲連隊なんてもあります。
Apilaについては調べてないです。ミストラルでもミランでもホットでもない何か
で車載の兵器ということでしょうけども。また、本部下の各班についての訳は
適当です。


53 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/28 11:08 ID:???
>偵察

独(2000編制時の21Pz旅団の場合)

装甲旅団直轄:装甲偵察中隊
主要装備:ルクス/フェネクx32

---------------------------
独(80年代)
装甲師団直轄:装甲偵察大隊
主要装備:ルクスx31 レオパルドIIx31
(うお、もの凄い重いぞ・・・)

独(80年代)
装甲旅団直轄:装甲偵察小隊
主要装備:ルクスx12(2輌づつ6班で編成)

(装甲旅団の偵察が、80年代は小隊だったものが、2000年代では中隊に増強されているようです)

----------------------------
後は、所有の89/90ミリタリーバランスに各国の師団直下の偵察部隊の規模はありますが・・・
(大隊規模か、中隊規模か、それか独立して編成されていないか・・・など)
その編成詳細や主要装備定数などはありませんんですた・・・




54 :名無し三等兵:03/05/28 11:30 ID:???
山岳軽機甲連隊(ERC-90装備)

本部大隊(参謀 連隊指揮及び連絡 通信 人事 総務及び財政 整備 衛生
     隊施設 指揮及び補給 需品及び弾薬 防護及び阻止)
戦闘大隊×3 (戦車13両)
 本部群
 小隊×4(戦車3両)
  
捜索、阻止及び対戦車大隊×1
 本部群
 小隊×3 (ミラン搭載VBL×4 12.7mm搭載VBL×2 情報収集VBL×2) 

#人員定数を削って見やすくなるかためしてみました。微妙にランスさんの
あげたのと被ってます。
表記ではAMX−10RCは戦車でないけど、ERC-90は戦車として扱われています。
とはいえ、仏語→英語→日本語という重訳なので正確さは不明です。

55 :名無し三等兵:03/05/28 11:44 ID:???
空挺機甲連隊(ERC-90装備)
 指揮及び補給大隊(# 傘下は前二つと同様のところは省略)
  コマンドー小隊×1(士官2名 下士官14名 兵4名)
   チーム×2(士官1名 下士官7名 兵2名)
 機甲大隊×3(各大隊に戦車13両)
  本部群
  小隊×4(各小隊に戦車3両)
 捜索、阻止及び対戦車大隊×1
  指揮
  小隊×4(各小隊に ミラン搭載VBL×4 12.7mm搭載VBL×2 情報収集VBL×2)
 
  


 
   
 
#大隊下の小隊は、士官が指揮するもの3つと下士官と兵のみのもの1つで
編制されています。中隊最先任軍曹のような役職があり小隊の指揮をとっているか
准士官は下士官に入れられているかなどが考えられます。

 
 
  

56 :趣味の人:03/05/28 11:51 ID:???
>49
これは素晴らしいHPを有難うございます。
REMEは整備班でしょう。REcovery, Maintenance and Equipmentでしょうか。
GWはGuided Weapon。下の古い編成にあります。

以下は全部Scorpionのファミリー車。8t〜9tの装軌車で、C-130に2両積めます。
 Sultan コマンドポスト
 Spartan APC
 Samaritan 救急車
 Sampson 回収車
 Scimitar 30mm砲搭載車
 Striker ATM搭載車

即ち、意訳すると,
装甲偵察連隊
 連隊本部 コマンドポスト×8、APC×3、救急車×1、ランドローバー×2
 整備班  コマンドポスト×1、APC×1、回収車×1、レッカー車×1
 偵察中隊×4
  中隊本部   コマンドポスト×2、APC×1、救急車×1、ランドローバー×2
  偵察小隊×3 30mm砲搭載車×4
  誘導兵器小隊 ATM搭載車×4
  支援小隊   APC×4
  整備班    回収車×1、APC×2

連隊装備定数 
 コマンドポスト×17、APC×32、救急車×5、回収車×5
 30mm砲搭載車×48、ATM搭載車×16
 ランドローバー×10、レッカー車×1


57 :名無し三等兵:03/05/28 12:10 ID:???
フランス軍の編制
人員定数表 車両装備定数表 武器装備定数表などがあります
フランス語の単語が分かれば読めるはずなのですが歯が立ちません。

h ttp://membres.lycos.fr/France40/doc/BMeca.pdf

>56
 こういう風にかかないといけないなぁと反省しました。
>55を書き改めると

空挺機甲連隊(ERC-90装備)
指揮及び補給大隊
 コマンドー小隊×1(士官2名 下士官14名 兵4名)
  チーム×2(士官1名 下士官7名 兵2名)
機甲大隊×3(各大隊に戦車13両)
 本部群
 小隊×4(各小隊に戦車3両)
捜索、阻止及び対戦車大隊×1
 指揮
 小隊×4(各小隊に ミラン搭載VBL×4 12.7mm搭載VBL×2 情報収集VBL×2)

連隊装備定数
 ERC-90(90mm砲搭載装輪車両)×39両
 ミラン搭載VBL(対戦車ミサイル搭載軽装甲車両)×16両
 12.7mm搭載VBL(12.7mm重機関銃搭載軽装甲車両)×8両
 情報収集VBL(偵察用?軽装甲車両)×8両

58 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/05/28 12:33 ID:???
>49
ええサイトですなぁ(萌
英軍TOEのあたりは、まさに萌えます。
郷土部隊の偵察連隊あたりはランドローバーとトラックONLYのようですね。

面白いです。感謝感謝

(ギコナビだと、下手すると、長い間新書き込みに気がつかない場合が・・・)
(気がつかないうちに、詳細が次々と(w

59 :名無し三等兵:03/05/28 12:46 ID:???
>54 訂正と書き直し
山岳軽機甲連隊(ERC-90装備)
〜本部大隊(参謀 連隊指揮及び連絡 通信 人事 総務及び財政 整備 衛生
〜〜隊施設 指揮及び補給 需品及び弾薬 防護及び阻止)
〜戦闘大隊×3 (戦車13両)
〜〜本部群
〜〜小隊×4(戦車3両)
捜索、阻止及び対戦車大隊×1
〜本部群
〜小隊×4 (ミラン搭載VBL×4 12.7mm搭載VBL×2 情報収集VBL×2)

連隊装備定数
〜ERC-90 39両
〜対戦車ミサイル搭載軽装甲車両 16両
〜12.7mm重機関銃搭載軽装甲車両 8両
〜偵察軽装甲車両 8両

ERC-90はFASによると、90mm砲搭載6輪装甲車 副武装は7.62mm連装機銃
(機銃については、諸説あり 1門が同軸、1門は対空というHPもあり)


60 :政治委員:03/05/28 12:56 ID:???
皆さん、情報有り難うございます。
活用させて頂きます。

勝手をいって申し訳有りませんが、追加要望があります。
1)ロシアの偵察部隊(全般)に関する情報
2)長距離偵察部隊/隠密偵察部隊に関する情報
3)戦場監視レーダ・通信情報等の電子的手段による偵察部隊

「活用」の内容・結果についてお知らせするのが本来なのですが、
個人的研究の資料と言うことで…
戦術スレで形を変えてお返しします。

61 :名無し三等兵:03/05/28 13:01 ID:???
>60
1)はOPFORの編制をFMから引っ張ってこられます。
2)は75レンジャー連隊の編制ならあるかもしれません。
3)はストライカー旅団戦闘団のRSTA大隊の中隊が該当すると思います。


62 :山崎渉:03/05/28 15:54 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

63 :名無し三等兵:03/05/28 16:20 ID:???
>>60
2)に関しまして、
「FM7-93 Long-Range Surveillance Unit Operations」
という本がライマー将軍のデジタル図書館にありますが、どうでしょうか。

64 :政治委員:03/05/28 17:51 ID:???
>>61
2)、是非お願いします。

>>63
宜しければアドレスを願います。

>>60、少し補足します。
1)偵察部隊の編制・編成の「実情」、特に長距離偵察中隊の状況とBRMの配備状況
3)米国「以外」の電子的偵察手段による偵察部隊
を中心に捜しています。

65 :政治委員:03/05/28 18:41 ID:???
>>63
FM−7−93、確認しました。
情報、有り難うございました。

66 :AIKI:03/05/28 21:45 ID:Tz+4Tcc/
REMEは、ROYAL ELECTRICAL AND MECHANICAL ENGINEERSです。

Yeomanryは、正規部隊の削減もあって、The Royal Yeomanryなどは、
以前から比べると重装備化しているようです。
皮のベスト(袖なしジャケットという人もいる)は健在のようですね。



67 :名無し三等兵:03/05/30 00:22 ID:???
>60
FM7-85の第2章と付遺Aからの要約です。
連隊(1853名)
〜連隊本部及び本部中隊(128名)
〜〜連隊本部 ハマー2両
〜〜〜指揮(15名) 参謀(S1〜S5)
〜〜本部中隊 重機関銃2丁 ハマー4両 0.75tトレーラー4両
〜〜〜通信小隊(30名)
〜〜〜偵察小隊
〜〜〜〜小隊本部(4名)
〜〜〜〜偵察班×3(各4名)
〜戦闘大隊×3(各 士官41 准士官3 兵531) 
〜〜大隊本部及び本部中隊(119名)
〜〜〜大隊本部14名 本部中隊5名 砲兵観測班31名 参謀29名
   衛生15名 支援2名 通信13名 糧食10名
〜〜歩兵中隊×3(各152名)
〜〜〜本部班(11名)
〜〜〜歩兵小隊×3
〜〜〜〜小隊本部班(3名)
〜〜〜〜歩兵班×3(各9名 班長+2個射撃班4名)
〜〜〜〜機関銃班(班長+3個機関銃班3名)
〜〜〜武器小隊
〜〜〜〜小隊本部班(3名)
〜〜〜〜迫撃砲分隊(8名)
〜〜〜〜〜迫撃砲班×2(60mm迫撃砲)
〜〜〜〜対戦車分隊(10名)
〜〜〜〜〜対戦車班×3(ドラゴン又は90mm無反動砲)

#ドラゴンが編制に出て来るあたり、資料としては古いかも。
軍医が連隊本部に1名 連隊本部中隊に衛生班あり。

68 :名無し三等兵:03/05/30 00:48 ID:???
上の付けたし
 人員内訳については、元の資料の士官と准士官で食い違いがあるので
 総人数をおおまかにみて規模を推測する足し程度にお考え下さい。 

ソヴィエトのBRDMを装備した偵察部隊について
特に実情となると、ロシア軍が大規模に作戦しているチェチェン関連か
書籍が出ているのでいえば、アフガン関連かを探さないといけないかと。

それにしても、ソヴィエトの偵察部隊の陣容次第ではストライカー旅団でも
友軍の前衛として遮蔽幕の機能を果たせることになるかもしれません。
湾岸戦争の戦記にも、旅団偵察部隊はハマーへ装備転換したという話が
でてきました。

>66
 REME、ご教示有難う御座いました。

69 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/05/30 12:39 ID:???
出る幕あらへん・・・・・・(笑)
情報収集能力の低下を嘆く今日この頃です。
装輪太郎氏御紹介のサイトは、この週末にでも堪能させていただきますです。

>68さん
今日の陸戦兵器の高性能化は、軽装甲車輌による威力偵察を困難にしつつあると
考える事が出来るでしょう。
第2世代後期以降のMBT、またはそれに準ずる戦闘車の初弾撃破能力の前では、
MBT以外の車輌は生残が困難です。
湾岸戦争においても73イースティングの会戦で、前面に出たブラッドレイが
撃破されたケースがあったと思います。
どうせ正面からぶつかれないなら、小さくて静かなハマーの方が適している、
と判断されているのでしょう。
「ハマーでも出来る」ではなく「出来ないならハマーで十分」なのではないかと。


70 :名無し三等兵:03/05/31 18:43 ID:???
>64
ランド研究所やCSISからチェチェン戦争についてのリポートが出ています。
しかし、長距離偵察中隊について書かれているかについては不明ですが
ともかく読んでます。長くかかりそうですし、あまりに狭い範囲の話題になっては
不本意ですし、手軽に見られる話題をOPFORから引いてこようかと思います。

71 :流石に・・:03/06/01 15:06 ID:???
一回上げ!

72 :名無し三等兵:03/06/01 18:38 ID:yZYnHWJ+
うーん、どうもわかんなくなってきたんですが、
section>squad>team
の訳語って
分隊>班>組
ですよね?
個人個人で表記にばらつきがあるみたいなんで・・・

73 :名無し三等兵:03/06/01 18:56 ID:yZYnHWJ+
因みにこれで訳すと、こうなります。

機械化歩兵小隊(ブラッドレー装備)
BFV分隊(section)x2
機関銃分隊(section)x1
歩兵班(squad)x2

*歩兵班は2個組(team)からなる。

74 :名無し三等兵:03/06/01 19:03 ID:???
>>36
ストライカーオタにはたまりません。
あのごちゃごちゃした姿最高です。
やっぱ陸自も装備シル。

75 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/06/01 19:15 ID:???
>訳
混乱の根本的な原因として、各国の表記と規模と呼称がまちまちであることがあるかと・・・

陸自と米軍からしても、
米軍呼称の一般的訳と陸自での同様規模部隊の呼称表記でさえ、違っていますから
(特に小隊以下・・・但し、陸自の連隊は実質大隊じゃねーかとかいう突っ込みネタは、編成当時の米ペントミック師団と比べれば解消されちゃうので、予め却下(w

なお
section>squad>team
は一般的な米軍訳としては
小隊>分隊>班
であると思われます。

陸自は
小隊>班>組

(本日、休日出勤なり・・・あ、上陸全3巻購入しますた・・・まだ月初めだってのに予算消滅なり)
(さらに、予備戦力がWTMに・・・)

>政治委員殿へ、敵発見報告
WTMの大戦略バージョンが発売中。
内容は6月末発売予定の第4弾自衛隊バージョンから
90式/74式/AH-1を選出して、部分改装を行い限定発売

74式(低姿勢状態)のドーザータイプは、この限定版だけと思われます(w
(正規発売シリーズはドーザーなしとの情報)
ちなみに90式は車長付、AH-1は米軍カラーがあったりしまつ

ぜひ、購入して兵棋演習に導入を(w

76 :名無し三等兵:03/06/01 19:50 ID:yZYnHWJ+
>>75
どうもです。
>なお
>section>squad>team
>は一般的な米軍訳としては
>小隊>分隊>班
>であると思われます。
うーん、すると小隊(platoon)の下に小隊(section)が所属することになってしまいますが・・・^^;

fasに(www.fas.org/man/dod-101/army/unit/index.html)よれば米軍は
platoon/detachment>section>squad>team/crew
の四種類の部隊記号を使い分けてますから、
小隊>分隊>班>組
でなければ訳として、原文の意味(部隊記号の階層)が保持できないと思われるんで、
こうするしかないかと思います・・俺訳になっちゃいそうですが・・・

というのも、今回例に挙げたFM71-1ブラッドレー小隊では
●●●(platoon)の下に●●(section)x3と●(squad)x2
となっており、
仮に●(squad)を分隊(●●)と訳すとこの編成図の元の意味がわかんなくなっちゃうと思ったわけです。
www.globalsecurity.org/military/library/policy/army/fm/71-1/711-ch1f.htm#fig1-4
(そういやこの図、FM7-7Jと違って機関銃分隊が入ってますね・・どこに乗ってるんだろうw)

>陸自は
>小隊>班>組
分隊ないんですか^^;分隊=班なのかな?
自衛隊の末端(に限りませんが)の装備編成はまったくドシロートなんで、もしよろしければ
何か参考になる文献等ありましたらご教授くださいませ・・・

77 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/06/01 19:54 ID:???
>分隊よか
訳は難しいですねぇ。
個人的には

Regiment=連隊
Battalion/Squadoron=大隊/騎兵大隊
Company/Troop=中隊/騎兵中隊(Troopは単に兵員という意味で使われる事があるので注意)
Platoon=小隊
Section=斑(半小隊という訳語を見た事あり)
Squad=分隊
Team=組

と呼ぶようにしてるんですが、脳内決定しちゃうとこれがまた誤解の元に(苦笑)
自衛隊の場合ペントミック型に改編の折、小銃分隊(9名)→小銃斑(11名)になった
経緯があるんで規模としては斑>分隊と言いたいところですが・・・・・・
さぁどうしたものでしょう。(Team Leaderを組長と呼ぶのもナニですし)

>49の装輪太郎氏の訳は、訳語の正確さより部隊規模を表す事に留意したものと思います。
(誰も誤解してないでしょうが)


78 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/06/01 20:26 ID:???
蛇足

SectionとSquadは、ともに小隊の下級部隊です。
WW2の米軍ではライフル小隊の下はRifle Squad、機関銃小隊、迫撃砲小隊の下は
Macihine Gun Section、Motar Sectionでした。
後二者はSpecilist(特技兵、まぁ特に訓練された兵、くらいの意味で良いでしょう)が
運用する兵器の部隊である事が関係するのでしょう。
現代では(も?)伝統の継承や、士官のポストの絡みで一概には言えないですが。


79 :名無し三等兵:03/06/01 21:11 ID:yZYnHWJ+
>>78
おお、ほとんど一緒です。
班>分隊
ですかなるほど・・
ここらへんは自衛隊の組織がわかってないとよう踏み込んで訳せないところですね^^;

>team leader
組長・・・でも組頭よりはいいかとw
組指揮官ということでお茶を濁すのもよさそうですな

>WW2の米軍ではライフル小隊の下はRifle Squad、機関銃小隊、迫撃砲小隊の下は
>Macihine Gun Section、Motar Sectionでした。
なるほど昔からそうだったのですか・・現代でも歩兵小隊はrifle sectionx3ですね

>特技兵
特技兵・・・specialist略してSPECですね。
最初見たときは何の略かと・・Specialist-4から6まであるんでしたっけ
階級なんですよねこれとにかくヤヤコシイ!

Team違いなんですが、このteamてのもくせものです。
Teamとつけば、何とナシに意味が変わるようなので、訳すときには悩ましいところです。
日系部隊の442RCTで有名なregimental combat teamも連隊戦闘「団」と
訳されるのが一般であるようですが、company teamなんぞは訳しようがないw
小説のチームヤンキーのチームが中隊チームのことを意味する
と気づいたのは最近でして^^;
まさか中隊団と訳すわけにもいかんのでcompany team「中隊戦闘群」
とこじつけ訳してます。

役職・階級の訳も時々どうやくしたらいいのかわからなくなります。
supply sergeantとかもう、補給軍曹としか・・・

80 :名無し三等兵:03/06/01 21:15 ID:???
訂正^^;
×>現代でも歩兵小隊はrifle sectionx3ですね
●現代でも歩兵小隊はrifle squadx3ですね

81 :SL:03/06/02 02:44 ID:???
英軍では分隊をセクションと表記してますね。

82 :政治委員:03/06/02 07:28 ID:???
呼称問題
陸自公式訳は>>77の通りです。
部隊の種類により、小隊内に班もしくは分隊があります。
ただ、Teamの訳は>>79にあるとおり、場合によります。
>>75
情報有り難うございます。しかし既に
「演習第1戦車中隊、戦車16両、支援航空機4機、編成完結!」
です。




83 :名無し三等兵:03/06/03 21:15 ID:???
hoshu

84 :名無し三等兵:03/06/03 23:31 ID:+KYPN2lR
hosyu

85 :名無し三等兵:03/06/03 23:33 ID:???
常々思ってるんですが、ロシア式の軍隊の指揮能力って引くかないですか?
東側(死語かな)の旅団長の指揮能力=西側の中隊長の指揮能力
であるような。
理由は、ロシア式のほうだと中隊・大隊が旅団長のこまでしかなく、
権限がほとんどないと思うからです。

86 :270式:03/06/04 20:50 ID:QBl0dBix
うちは班の下に2個分隊と考えてくれていいです、
実際は充足とMG不足ではありますけど。

87 :名無し三等兵:03/06/05 23:31 ID:???
 なんか死んだ子供の年を数えるようで気が進まんのですが、陸自のコンパクト化はもう少し
何とかならなかったもんなんですかね。部隊数を削減するのはいいとして私個人としては
人員を減らさずに各普連に削減された部隊の人員をまわし11普連のような大型連隊に改変
してほしかったなぁと思っています。現状の普連はコア部隊というアキレス健を抱えています
し。これでは限定的で小規模な侵略に対処できる能力という建前すら実現できない。結局歩兵
は数がないといかんともしがたいですからね。

88 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/06/06 12:59 ID:???
>85氏
臼砲の赤軍(をい)の知識は、ソ連時代で止まってる上に、それが例の
「第三次世界大戦」に寄掛ってるんで、ステロな事逝っちゃいそうで
アレなんですが。
当事彼らは、大隊を中隊のように、中隊を小隊のように使う、とか
言われてました
師団の運用も、極端な話、無補給無停止で突進し、衝力を失ったら
第二波の師団が超越前進していく、といった具合で、西側軍隊とは
ドクトリンが違います。
だから一概にロシア式の指揮能力が低いとは言えない・・・・・・という
時代はあったんですが、冷戦が終わって規模が縮小した事、西側の
軍事技術が進歩していった事もあって、欠点が目立つんでしょうな。
と、ツッコミどころを提供してみる <予防線ばりばり( ̄▽ ̄;

>87氏
臼砲は、新旅団は「軽装甲騎兵旅団」なのだと思えば嬉しいかもしんない、
とか思うようになりました。
臼砲的に大不評だった7名分隊も、車輌組2名、降車組5名の偵察斑だと思えば
頼もしく見えるから不思議です(苦笑)
軽装甲機動車の大量配備が成る事を祈るのみですね。KBCT(小松旅団戦闘団)
という、名無し土方氏が血塗れのツルハシ持って迫り来るような略称も
思い付きまちた(^▽^y-oO


89 :政治委員:03/06/06 18:21 ID:???
>>85
対潜臼砲氏が既に指摘したことの繰り返しになりますが、
指揮能力というより、各級部隊に期待する事項が違います。
部隊運用の要領、特に諸兵科をどのレベルで連合させるか、どの規模の部隊にどの程度の独立行動を期待するか、という問題を考察すると、「大隊を中隊のように、中隊を小隊のように」という表現が成立します。
また、師団以下では、下級部隊を駒にあえて留めることにより指揮官企図を徹底するようになっています。独自性を求めるのは軍以上の部隊。

戦史等に見ると、第2次大戦時、特に師団以下の部隊においては全期間を通じて指揮能力に問題があったのは確かです。
一方、方面軍規模で見た場合、戦争後半においてはその指揮能力はドイツを越えていたと言って良いと考えます(特にマンシュタイン・クライスト解任後)。
冷戦期については何とも評価しがたいですが、概ね同様であった、ただし方面軍規模の指揮能力については硬直化して弱体化していたと考えています。
冷戦後については…
チェチェンを見る限り、部隊運用は紛争の性格もあって、西側的になっているようです。
無用の損害等の原因は指揮能力というより、全レベルにおける訓練不足が原因と考えられます。


90 :名無し三等兵:03/06/07 00:54 ID:???
聴音機とかの索敵能力の向上によって、敵の攻撃意図を早期に探知できるから、小人数編成でも先回りできて大丈夫ってことなんでしょか
あるいは、重火器の装備によって制圧正面を広くすることを意図している?
いずれにせよ、警戒行動中の負担増えるんで、余り嬉しくないですね
警戒行動の場合はセンサーの数=人間の目なんで、対人に関しては警戒能力が低くなって浸透されそう

米軍式のコンパクト師団って攻勢にはともかく、守りになったときにどう機能するか未知数ですね
特に地元住民の協力が得られなかったとき

91 :名無し三等兵:03/06/07 02:02 ID:???
落ちそうなのでage

92 :85:03/06/07 02:22 ID:OpfN5JC1
>臼砲どの
>政治委員どの
確かに、そうですね。各級で期待されてることが違うのは理解できます。
指揮能力が低いといったのは、西側の中隊長の方が考えることも覚えるこ
ともはるかに多いんではないかとの理由もあります。
つまり現実にですね、ロシア式のドクトリンで中隊を指揮する場合には指揮官
に決心することが要求されていないんではないかと。
比較すると、西側なら中隊クラスで諸兵科連合する場合もあるし、決心も求め
られる。CGSCのマニュアルやフィールドマニュアル(以下FM)をよんでみたかぎり
ではそう感じました。

>WW2のソ軍
全縦深突破ともいわれるソ連軍のドクトリンですが、私は個人的には
攻撃するに当たっては、ドイツ的な主攻への戦力集中よりも全縦深突破の
ほうが、殴り合いでは有利なのかとは思います。
ただし、戦力が相手を圧倒していればの話ですよ。
指揮の単純化は戦理に適いますし、評価はします。
しかし、上述の理由でひらたくいえば、ロシア式の方が、指揮官は「楽そう」
だと思います。

93 :政治委員:03/06/07 12:38 ID:???
>>92
中隊長に要求されるレベルについて
仮に西側の中隊長の「職責リスト」をつくって、その内でソ連(ロシアは切り替え中ですので、明確化のためこのように呼称)の中隊長は何をするかのリストを作れば「楽」に見えるでしょう。
しかしソ連では下士官層が西側に比して弱体であり、西側では下士官の職責とされる部分が将校の職責とされていることを忘れては成りません。また西側で有れば「先任曹長」の職務の一部は、政治担当副指揮官(西側では政治委員と呼ばれることが多い)の職務です。
軍隊のシステム自体が異なるからそう見えるのであって、「仕事が楽」なわけではありません。

>決心することが要求されていないんではないか
「決心」については、その側面はあるようです。
冷戦時のソ連地上軍の教育内容から判断すると、隷下部隊への任務付与は西側のような包括的任務付与ではなく、より明確な物であったようです。
独立的に行動する連隊級部隊の図上演習想定を見たことがありますが、攻撃要領(攻撃開始時間、攻撃方向)が師団命令に示してありました。
西側では下級部隊に「行動の目的、達成すべき結果」を任務として示して行動要領は大枠に留め、当該部隊指揮官はそれに基づき自らの部隊行動を決心し、次下級部隊に同様の任務付与をします。
ソ連では下級部隊に「行動要領の細部」を合わせて示すようになっていたと判断されます。
自由度は少ない代わりに企図の徹底容易で、迅速な実行に適します。

>戦力が相手を圧倒
攻撃正面に圧倒的戦力を集中するのがソ連式の指揮官の能力というものです。
スターリングラード反攻などを見ると、ソ連の攻勢作戦は適切な戦力集中、というか攻勢正面での戦力優越確保の努力の成果に思えます。

続ける場合、指揮官に期待する能力は編成の内?なので、ここで続行。ドクトリンは作戦・戦術スレに移動が適当かと。


94 :669式:03/06/07 12:51 ID:???
鳥居順氏の指摘によれば、
「ソ連の連隊長は、達成すべき任務を中隊長に下達し、中隊長は、損害にかかわらずそれを達成すればよい、とされた」
のだそうな。

 逆にいうと、支援調整などは、中隊長の上のレベルで行うべき、と考えているのでは?といってみる。
 西側の中隊長は、「上部指揮官の意図に貢献するよう任務を達成するため」その必要な要素を、進言したり、あるいは自らコーディネートする能力を求められているのではなかろうか。


95 :名無し三等兵:03/06/09 10:25 ID:???
hoshu

96 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/06/09 11:43 ID:???
>ソ連指揮官

最終的に旧ソ連式では、戦力の圧倒的優位を準備する事が、最前提にあると思います。
(すなわち、全縦深突破の実施にあたっての必要事項として)

これは、すなわち西側に比べて、より多くの部隊を大規模集中するという事であり
故に、その大部隊を円滑に動かす為には、指揮の簡潔化が必要であったのだと思います。

そして、そのような大部隊の集中では、各個部隊規模での独断が多いと、
作戦自体が混乱しかねず、それゆえに、詳細な作戦命令が必要とされ、
それゆえに、各級指揮官の判断範囲も抑制されていたのではないでしょうか?

全ては、部隊の過剰とも言える集中と、その集中された部隊の行動を維持する為ではないかと・・・

よって、その編成においても、それを実施すべく、戦闘団編成方式よりも、
正式な編制内で連隊規模で予め、諸兵科連合部隊として組み、その場に応じた対応よりも、
全てが自動的に流れるような方向になっていたのではないかとも思います。

しかし、冷戦が終わり、ソ連が崩壊し、大規模軍縮により
過去のような圧倒的な大規模集中作戦が難しくなり、またかける相手もいなくなった今
正規戦よりも、臨機応変が中心の、紛争レベルが局地制圧戦が中心になった事もあり、
現ロシア軍も西側的に下級指揮官の決心を必要とするようになってきた
という事ではないでしょうか?

えー、つまり、過去のソ連軍は
大規模なマスゲームを行うにあたっては、個人は考えてちゃイカンと・・・
その間にも、どんどん進まないと、後が詰まるぞ・・・と・・・
(考えるよりも、実行に専念しろと)

そして編制さえも、それに合わせて構成されていったと・・・思うのです。

97 :669式:03/06/10 10:01 ID:???
>>96
いや、それをコーディネートするのが、連隊長だ、と鳥居氏は言いたかったのでは、と思うが。
それを実現するために、損害を軽視しても、目的を達成せよ、と。

98 :政治委員:03/06/10 12:48 ID:???
部隊の配属要領を見ると、ソ大隊長=西中隊長という印象があります。
砲迫火力をどの単位で握っているか、上級部隊からの配属部隊の運用等を見ると、大隊長レベルでは諸兵科の運用を求められています。
「コーディネート」をどのように定義付け、解釈するかによりますが。

少し論点が違いますが、冷戦期、或いはRMA以前の西側の部隊と比較した場合、攻撃計画の作成・調整に必要な時間は3分の1以下と聞きます。
これは下級部隊の行動を定型化した効果です。

99 :669式:03/06/10 13:15 ID:???
イズビーのソ連陸軍によれば、接触戦の最小作戦単位は連隊らしい(またあいまいな言葉を使ってしまったが)。
連隊の目標は、作戦レベルで、大隊は連隊の戦術単位であり、中隊は戦術目標を達成する、と勝手に解釈したのだが…

100 :政治委員:03/06/10 17:53 ID:???
>>99
>接触戦の最小作戦単位は連隊らしい
その意味するところは「独立して行動し得る最小単位の部隊は連隊」という意味です。
私が過去に使ったことのある「独立『的』に行動」とは意味が違います。
状況により、「策源からの兵站も含めて独立的に構成する能力を有する」という点が違います。
もちろん、師団以上の部隊の一部として行動する場合、それらの組織の内で行動するわけですが。

ちなみにロシア語では「部隊」を意味する単語が規模によって違い、能力が区分出来ます。連隊以上?だかは使い分けてたはず。
確認出来たらまたその時に。

101 :669式:03/06/11 10:19 ID:???
>独立、独立「的」
 了解。これだ!と説明できないものの、いいたいことは判ってる気がする。
 要するに、連隊は、師団の作戦計画の中で、師団の一部として戦闘するのだが、その所掌にあたっては傘下部隊を良いように(また、あいまいな…)運用できる、と。
 独立「的」とは、たとえば「○○領域へ進出し、軍団の進出を援護せよ」のように、その行動計画を枠内で自律できるもの、
 と、理解しているが…

 つか、単なる質問的コーナーにしてしまったよ。すまんです。

102 :名無し三等兵:03/06/12 00:48 ID:???
hosyu

103 :名無し三等兵:03/06/13 11:57 ID:???
保守しておきます。
シンセキ大将が退役して、後任は特殊作戦部隊出身の退役将官とのことです。


104 :政治委員:03/06/13 18:39 ID:???
>>101
独立「的」はその解釈でよいでしょう。
「軍団の進出を掩護」とあるよう、上級部隊の大枠計画で律せられ、兵站等において支援を受けつつも、いつ、どこで攻撃するかについて有る程度の独立性を有しています。
これは別に連隊級でなくても、小隊程度でもあり得ます。

編制/編成から離れてきましたが、ま、関連問題と言うことでお許しを。
>>103
イラク戦争の「成功」は、米陸軍内部に多少の波乱を巻き起こしているようですね。
ヒトラーとドイツ参謀本部の関係を連想させます。
私も興味を持ってフォロー中



105 :名無し三等兵:03/06/16 22:00 ID:???
hoshu

106 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/06/19 11:07 ID:???
あああああ
仕事が地獄状態、うひー
という事で 保守
(すまぬ、皆の衆・・・いまはROMが精一杯)
(といいつつ、レゲーに出入りしてるのは、あっちはその本業が絡む訳であり・・・)
(それに比べて、こっちは勢いや雑談だけで書けるスレじゃないから(自爆

107 :名無し三等兵:03/06/22 15:07 ID:???
hosssu

108 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/06/23 18:32 ID:???
すびばじぇん。
臼砲も御仕事であっぷあっぷなのです。
密かに統合軍ネタを、米軍をモデル・ケースに振ろうと思ってるんですが。

スレ参加者がソース共有出来る、詳しいサイトも探してるんですがあうあうあー。


109 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/06/26 14:06 ID:???
保守ついでに(w

最近、空軍野戦師団とかHG師団とか調べてました。

しかし、2個連隊(各2個大隊)=4個大隊、で師団砲兵が2個中隊って・・・
これでも師団と呼んで良いんだろうか・・・

一応、88や各種FLAKは陸軍に負けない数をもってたらしいが・・・
(しかし、それも陸軍移管時に88は空軍として分離没収・・・駄目駄目じゃん)

他にもヘルマンゲーリング師団で混乱してましたが、こちらはなんとか・・・判明
降下装甲師団へルマンゲーリング第1(シシリーやイタリア戦線で有名)
降下装甲擲弾兵師団へルマンゲーリング第2(末期に東部戦線に存在)

は全くの別モノなんですねぇ
えーい、第1とか第2とか、しかも、装甲と装甲擲弾兵で通し番号つけんじゃねぇ(w
(ちなみにHG装甲師団はシシリーでは戦車2個大隊のうち1個は突撃砲装備だったとか・・・なかなか末期的で楽しい編成)
(でも、突撃砲、シシリー、イタリアの遅滞戦闘では、かえって効果的だったかもしれませんね)

え?なんで、そんなモノ調べてたかって?
それは秘密です(w

110 :名無し三等兵:03/06/26 15:29 ID:???
突撃高射砲兵師団も調べれ

111 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/06/26 17:25 ID:???
>110
高射砲兵師団は・・・
あれは、臨時編成として上級司令部(例:軍規模)に配属される空軍高射砲大隊を纏める為の組織のようです。
その為、どうも建制としての編制はないようでして・・・
(高射砲軍団も同様)

陸軍の高射砲部隊(88mmや128mm)は空軍からの派遣というのが基本です。
これも、あのデブ元帥が兵力を手放さず、少しでも多くの方面に関わり、
自己の国家的発言力を増大したいというアホさから始まってるので・・・

時期/場所/師団ごとに毎回変化してるものを調べるのは、ちょっと厳しいですぅ(泣

112 :名無し三等兵:03/06/27 10:25 ID:???
>>111
ノルマンディには、なぞの空軍高射砲兵がいた、という伝説があった(90年代には解決したらしいが)

113 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/06/27 10:27 ID:???
>112
それを言ったら、アルンヘムのなぞのロケット砲も・・・

114 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/01 17:26 ID:???
流石に保守

115 :SL:03/07/02 15:22 ID:???
>113
フリーガ-ファウストだったらおもしろい・・・

116 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/03 21:06 ID:???
>115
残念ながら、ちゃうようです(w

なんでも、試験用のロケット砲部隊(対戦車や対空ではなく、一般的な面制圧タイプまたは臼砲タイプ)が
いたようで、独英両軍に、ロケット独特の発射音を聞いた将兵の証言と、それに支援されたという
独側野戦指揮官の証言があるにも関わらず、書類上は見当たらない部隊があったらしいと・・・
ジョン・トーランド「遥かなる橋」には記載されてます。

でも、トーランド氏は、時に大ミスをやらかす事もあるので、余計に謎(w

さらに、マーケットガーデン作戦自体が、連合軍側の負け戦(特にアルンヘム地区)
独側でも、フランス大撤退直後の混乱期という事もあり、さらに資料調査が難しく・・・

謎が謎呼ぶロケット部隊・・・
これの真相って判明したんでしょうかね?

こういう歴史って「なかったと証明する事が一番難しい」とか言われてますからねぇ・・・

117 :*********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/08 10:43 ID:???
ログが巻き戻された状態となっていますがドイツ砲兵つながりで。
FAマガジンの5,6月号(隔月刊行の雑誌です。発行元は米陸軍の砲兵学校)に
ドイツ砲兵総監の寄稿が載ってます。それによると
・ドイツ軍には軽砲や牽引砲はない。砲は全てM109A3GかPzH2000のみ。
・偵察能力の強調
自軍部隊前縁から40km先までリアルタイムで目標捕捉
 70km先までニアリアルタイムで指揮所、長距離砲部隊、後続部隊などを偵察
 150km先までを偵察 予備、指揮統制施設、補給施設など
・動員をせずに、小〜中〜大規模作戦に対応できる組織
(増強機械化師団1個を用いる作戦でも砲兵は動員無しで部隊を出せる)
動員するのは大々規模作戦時のみ

組織改編
・現役砲兵大隊は17個に PzH2000装備大隊が7個 (4個砲兵中隊および火力支援中隊1個)24両編成
 M109装備大隊が4個 目標捕捉大隊が6個 
・第100砲兵旅団の創設
 現役目標捕捉大隊6個 予備役目標捕捉大隊2個 予備役ロケット砲兵大隊2個
 予備役砲兵大隊5個からなる 
・目標捕捉機材は従来は砲兵大隊内の独立中隊にあったが大隊に纏めた
・ロケット砲兵大隊は24両編成(平時は3個編合砲兵中隊+1個即応砲兵中隊)
 即応時は3個即応砲兵中隊3個からなるロケット砲兵大隊を編成して対応
・将来のドイツ陸軍は5個機械化師団(各2、3個機械化旅団)で
各機械化旅団に固有の砲兵大隊1個
(図表では4個砲兵中隊 本文記事では3個砲兵中隊編成となっています)

118 :名無し三等兵:03/07/08 10:56 ID:???
>117 名前欄が妙な具合になっていて失礼しました。原因不明です。

上の記事ではロケット砲兵大隊の数は不明です。

119 :名無し三等兵:03/07/08 18:49 ID:???
消失ログから
>謎が謎呼ぶロケット部隊
Lans氏もご存知かもしれませんが、一つの説としては高橋慶史氏が
ラスト・オブ・カンプフグルッペの第9SS戦車師団史で上げているものがあります
高橋氏はライアン氏の下記の記述
「特大の迫撃砲弾を発射できる」
「多連装ロケット推進」
「ネーベルヴェルファーではない、この実験的発射機は4門しかなかった」から
車体はソミュアMCGに装甲を施したS303(f)、8センチ有翼ロケット弾用48連装発射機を
取り付けた8センチラケーテンヴェルファーS303(f)である、と推測しています。
(氏は「読者の皆さんはもう、おわかりであろう」としていますが正直ワカラム(;´Д`))
ttp://ww2photo.mimerswell.com/tanks/d/utl/fr/somua/02804.jpg
この写真のキャプションが8cm Raketen-Vielfachwerferですから恐らくこいつでしょうか。

戦車なき「戦車師団」がアルンヘムをいかに戦ったか、といった内容で、個人的には好きな話の一つです ,


120 :名無し三等兵:03/07/08 18:49 ID:???
暇なのでついでに転載
1944年9月17日時点でのホーエンシュタウフェン師団
 師団司令部
  *師団護衛中隊、3個警戒中隊、野戦憲兵小隊 戦車3両
 第19SS機甲擲弾兵連隊
  *2個警戒中隊 重装備欠
 第20SS機甲擲弾兵連隊
  *2個警戒中隊 重装備欠
 第9SS機甲砲兵連隊
  *2個警戒中隊 砲装備欠 砲兵の歩兵部隊
 第9SS機甲偵察大隊
  *3個偵察中隊 装甲車両30両
 第9SS戦車猟兵大隊 
  *1個警戒中隊 駆逐戦車2両、若干の対戦車砲を装備
 第9SS機甲高射砲大隊
  *1個高射砲中隊 対空ハーフトラック4両
 第9SS機甲工兵大隊
  *1個警戒中隊 重装備欠 工兵の歩兵部隊
他通信・衛生・補給段列などを加え総勢2500名(師団司令部警戒中隊には海軍歩兵部隊も含む)
ご存知のとおり、師団Iaのヴァルター・ハルツァSS中佐が指揮を執っていました。
第9SS戦車連隊はアボンなんでしょうか

重装備が戦車3両、駆逐戦車2両、装甲車両30両ほどの戦車師団・・・
44年夏から編制された独立戦車旅団の方がよっぽど豪華ですね ,

121 :Lans:03/07/09 17:43 ID:???
書き込めるかな?
ギコネコからだと上手くいかないみたい・・・

さて?

122 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/09 19:35 ID:???
今度は ギコからアタック(前回はIEから)

しかし、各員の状況は如何に・・・

>120(復活後No)

第9SS戦車連隊は、オランダに撤退する際に、
殆どの車両を他部隊に引き渡しており
残った人員により再編成中だったようです。

で、残ってた戦車はアルンヘム戦開始時、パンターが3輌(号泣

(ラスト・・・は私も所有。はい、あれはいい本だと思います)

123 :名無し三等兵:03/07/11 01:09 ID:ODDyKrzW
米、第3機械化歩兵師団と第4歩兵師団の編成を教えて

124 :名無し三等兵:03/07/11 01:17 ID:???
タダで教えるわけにはいかんな。

125 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/11 11:44 ID:???
F21編成 第4師団 主要部隊

師団司令部(本部付中隊/後方戦闘指揮所など)
 機甲旅団x1  (戦車大隊2/機械化大隊1/工兵大隊1/偵察中隊1)
 機械化旅団x2 (戦車大隊1/機械化大隊2/工兵大隊1/偵察中隊1)
 砲兵旅団x1  (機甲砲兵大隊x3、MLRS中隊1)
 航空旅団x1  (攻撃ヘリ大隊1/戦闘支援航空大隊1/機甲騎兵大隊1)
 防空大隊x1  (M6装備防空中隊3/アベンジャー装備防空中隊1)
 通信大隊x1  (エリア通信中隊2、通信支援中隊1)
 軍事情報大隊x1 (直接支援中隊3/全般支援中隊1)
 師団後方支援群x1(前方支援大隊3/全般支援大隊1/航空支援大隊1)
 憲兵中隊x1 (師団支援小隊2/前線支援小隊3)
 軍楽隊1(中隊とされている)

※各大隊は3中隊からが基本
※各旅団以下の司令部中隊/観測中隊などは除いてあります。
※各機動旅団の配備大隊は、固定ではなく、任務に応じて旅団間の融通がある。
  とりあえず、基本的な配属状況を表記

126 :名無し三等兵:03/07/12 01:42 ID:???
Lans さん ありがとー

127 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/14 23:47 ID:???
>126
いえいえ、この程度なら、いつでも〜
(本日、徹夜態勢のLansでしたぁ(泣

そういえば、

>108 対潜臼砲氏
>密かに統合軍ネタを、米軍をモデル・ケースに振ろうと思ってるんですが。
>スレ参加者がソース共有出来る、詳しいサイトも探してるんですがあうあうあー。

学研の新刊「アメリカ軍のすべて」が概要として便利かも
詳しいには程遠いですが、統合軍の概要を語るベース程度には・・・
ROM者の資料共有入手も楽そうですし・・・

しかし、この本でもストライカー旅団戦闘団は大きく取り扱ってますなぁ。

(といいつつ、私もその本、買ったはいいいが。。。まだ海兵3冊も読んでない・・・溜まる一方・・・)
(さて、まずは読みかけの「鷲は舞い降りた」から読破せんと(w

(おおっと、でも、その前にお仕事であーる(号泣

128 :山崎 渉:03/07/15 12:03 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

129 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/15 19:23 ID:???
対山崎保守

130 :名無し三等兵:03/07/16 02:05 ID:???
イラク戦争についての戦訓などを集めたサイト
h ttp://www.2ndbn5thmar.com/oif/oiftoc.htm
h ttp://www.urbanoperations.com/lessonslearned.htm

ご希望のものがあれば訳して見ますがどうでしょうか。

131 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/16 12:17 ID:???
>130
わ、楽しそうなサイト!

>訳して見ますがどうでしょうか

全部(・∀・)

というのは大変でしょうが(w
どれも面白そうでつね・・・
なんかダニガン氏のも混じってるし・・・

日本では報道の少なかった海兵廻りとバスラ英軍廻りとか読んでみたい所でつな・・・

132 :名無し三等兵:03/07/18 12:55 ID:???
U.S. Commander in Iraq Says Yearlong Tours Are Option to Combat 'Guerrilla' War
h ttp://www.nytimes.com/2003/07/17/international/worldspecial/17MILI.html?hp
・第3歩兵師団の残り2個旅団と第1海兵遠征軍の交代で苦慮
(第3歩兵師団の1個旅団は本国帰還中)
・編成完結したストライカー旅団か、増強州兵旅団の投入、海兵隊の投入を検討
・新たな国連決議によりインドなどからの部隊派遣を可能とすることも検討
・現在、現役旅団33個のうち、21個が展開 16個がイラク、2個がアフガン
2個が韓国、1個がバルカン

#陸軍では第1騎兵師団か、第1歩兵師団か、第2歩兵師団のストライカー旅団か
第25歩兵師団(軽)か州兵旅団かということになるんでしょうか。
ABCテレビでのインタビューの余波といえる記事です。

133 :Lans ◆xuWpzOS65c :03/07/18 18:34 ID:???
ストライカーキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!!

ついにストライカー旅団の投入ですかね。
ところで、もう編成完結部隊でてましたっけ?SBCT

もう第2師団のってのは完結済みなんでしょうか?
(とりあえず完成の遅れてるS砲車はATM車で代用って話は聞いたのですが・・・(汗



134 :対潜臼砲 ◆embTH1EblY :03/07/19 10:51 ID:???
遅まきがら〜

>127
>Lans氏
うみゅ。件の本は、確か立読みしただけでしたが、もっぺん覗いてみます。
詳しいといってもデティールではなく、考え方というか概念的な話をしてみたいと
思ってますのんで、それに耐えられればなんとかなるです。

>とりあえず完成の遅れてるS砲車はATM車で代用って話は聞いたのですが・・・
借りてる“チェンタウロ”をそのまま(・▽・b

100日ぶりに土曜のお休みもらえたですヽ(´▽`)ノ


135 :名無し三等兵:03/07/20 10:34 ID:???
Testing time for the Mobile Gun System
h ttp://www.janes.com/defence/land_forces/news_briefs/jdw030606_02.shtml
MGSについては設計変更しているようです。105mm砲の搭載には困難がある様子。

MGSの代替車両については
h ttp://sill-www.army.mil/FAMAG/
こちらの5,6月号では、ATM車両で代替としています。

編成完結についてはこちら
h ttp://www.army.mil/features/strykerOE/default.htm
第2歩兵師団第3旅団 作戦能力評価される
 
Inouye promises Stryker brigade
h ttp://the.honoluluadvertiser.com/article/2003/Jun/19/ln/ln10a.html
フォートルイスの第25歩兵師団の1個旅団、アラスカの第172歩兵旅団についで
ハワイのスコ−フィールドバラックスの1個旅団が改編されるのでは?
C-17も改編にあわせて8機ハワイに配備される見通しとのこと

136 :名無し三等兵:03/07/20 10:53 ID:???
ストライカー続き
NTCとJRTCで行われた旅団演習関連で大量に資料が出ています。
たとえば 工兵中隊は工兵車両をNTCでの演習の開始6週間前に受取ったなど。


137 :*******************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/21 20:16 ID:???
test

138 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 13:05 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

139 :名無し三等兵:03/07/23 00:41 ID:???
136と137の間に鯖の故障があったようです。
ちなみに138はコピペなのでご注意ください。

”アメリカ軍の全て” 見ました。ストライカー関連は枚数をもっと増やしてくれると
うれしいなと感じました。CG図は多少情報が古いようです。記事については
現在進行中の話なので多少の変動がその後あるのですがよく纏まっていたと思います。

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)