5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「扶桑」「山城」を活躍させやがれ!【乙弐型】

1 :七試艦攻:03/05/21 16:40 ID:v17brUNg
前スレが触雷爆沈した模様です。
燃える仮想戦記で悲運の戦艦「扶桑・山城」を激しく戦わせるべし!

2 :名無し三等兵:03/05/21 16:41 ID:???
砲戦再開!テーッ!

3 :名無し三等兵:03/05/21 16:48 ID:???
前スレ115までログあります。うpしますか?

4 :七試艦攻:03/05/21 16:52 ID:???
>3
感謝。おながいします。

5 :戦艦太郎:03/05/21 19:19 ID:???
>>1
乙!

6 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/05/21 20:38 ID:???
一応手元に全編保管してはありますが、どうしましょうか?
>>3殿がUPして下さるのであれば保留しますが。

とりあえず、結論が出るまで次回掲載は待ちます。
順番がややこしくなってしまいますので……

7 :名無し三等兵:03/05/21 20:57 ID:???
祝!復活。

8 ::03/05/21 21:08 ID:???
前スレ、かちゅ〜しゃでのログです。
ttp://banners.cside.biz/cgi/img-box/img20030521205312.lzh

9 :七試艦攻:03/05/21 22:59 ID:???
3殿、ありがとうございます。敬礼。
「暁のデッドヒート」よーそろ。ごーあへー。

10 :暁のデッドヒート:03/05/21 23:05 ID:???
 山城に限界の時が迫りつつあった。
 既に中央部の砲塔二基を粉砕され、直撃弾を受けた煙突と後檣は炎の中に融け崩れ
ようとしている。
 隊列の先頭に位置していた彼女には、メリーランドとウェストバージニアからの
砲撃が集中した。十数分間に渡る砲火の応酬の末、彼女はメリーランドに十五発を
超える命中弾を与えてその上構の過半を廃墟に造り替えていたが、自身もまた十発
近い十六インチ砲弾の直撃を受けていた。
「三番主砲火薬庫、温度上昇止まりません!」
 火災は貫通孔を穿たれた上甲板から中甲板に拡大し、ヴァイタルパート内部を次々
と侵食していった。内務班が駆けつけて放水を開始したところに次の砲弾が飛び込み、
消火に従事する人間もろとも区画を吹き飛ばす。
「注水はどうした! さっき命じたはずだぞ!」
「ポンプが動かんのです! 散水器もだめです!」
 新たな十六インチ砲弾が着弾。高声電話の応答が途切れる。篠田艦長は、通話器を
叩きつけた。
 中央部の艦内は、もはや区画が意味をなしていなかった。隔壁の断面を晒していた
破孔がさらに抉り取られ、三番砲塔のバーベットが歪む。下層甲板まで貫いた爆風は、
続いて周囲に存在した可燃物を片っ端から炎上させていった。
 さらにもう一発。今度は中央部の横腹が抉られた。短遅動信管によって砲弾が炸裂
したのは、注排水区画のど真ん中。水線付近の船殻が内側から弾け飛び、続いて海水
の流入が始まった。

11 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/05/21 23:09 ID:???
>>8
お疲れ様でした(敬礼

次回掲載は、早ければ週末にはできるはずです。
以降、また暫くペースダウンする予定ですが、
7月には何とか完結に持って行ければと思っています。

12 :山崎渉:03/05/22 01:00 ID:???
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

13 :名無し初年兵:03/05/22 02:08 ID:???
武蔵は、武蔵はまだ見えぬか。


14 :カーネル・サンダース:03/05/22 14:28 ID:???
乙彼様です。 >1,8

15 :名無し三等兵:03/05/23 00:01 ID:tqHGbEDy
Z武二型ですか?

16 :名無し三等兵:03/05/23 18:22 ID:???
↑機雷発見。放置よーそろ。

17 :暁のデッドヒート:03/05/23 23:26 ID:???
 昼戦艦橋の高声電話が再び鳴る。相手は中央部で応急作業の陣頭指揮に当たってい
る運用長だった。
「隔壁を開くだと!?」
『幸か不幸か、海水がすぐ隣まで来ておるんです。ここの水密を解けば、三番の火薬
庫は助かります!』
「それは」
 篠田少将は絶句した。閉鎖中の水密扉を開き、隣接区画ごと三番火薬庫に注水する。
確かに有効な手段ではある。それはそうだが。
『ポンプもスプリンクラーも駄目です。火勢が強くて人力じゃ追いつきません。これ
しか方法が残っておらんのです!』
 運用長が切迫した声で訴える。篠田は唇を噛みしめると、凄絶なまでに強張った
表情で言った。
「……わかった。やってくれ!」
 運用長の覚悟が尋常のものでないことは、篠田にはよく解かっていた。水密扉を
開くには、人力しかない。水圧の掛かっている扉を開放すれば、取り付いていた人間
は一堪りもなく鉄砲水に飲み込まれてしまうだろう。
「だんちゃーく! 命中一、二……!」
 戦場音楽に負けじと張り上げられた見張りの声が響く。
 篠田は、内心に湧き上がる何かに必死で耐えていた。
 三番火薬庫付近の区画からひっきりなしに寄せられていた危機の情報は、止まって
いた。
 高声電話で連絡がくることも、二度となかった。

18 :名無し三等水兵:03/05/24 08:39 ID:???
>>17
前スレの113以降に、本スレの>>10との間の続き部分はあるのですか?

19 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/05/24 10:40 ID:???
>>18
連続しております。
場面転換が判り辛くて申し訳ない。

20 :名無し三等水兵:03/05/24 12:09 ID:???
>>19
ありがとうございます。
>>3さんと同様に前スレの115まではログを持っているので、間が抜けている
かどうか確かめたかったのです。

21 :暁のデッドヒート:03/05/25 16:38 ID:???
「扶桑、前に出まーす」
 浸水で速力の落ちた山城に代わり、扶桑が隊列の先頭に踊り出る。
 いっぽう当座の危機を乗り越えた山城は、健在な八門の主砲を用いてその間に三回の
斉射を行った。三発、二発、三発と、まとめて発生する命中弾。メリーランドの船首楼
は既に海水に洗われていた。前檣楼は倒壊寸前。艦上の過半を炎に覆われてもいる。
 それでもメリーランドは、沈黙することを拒みつづけていた。連装四基八門の十六
インチ四五口径砲は、設計上与えられた限界速度のままに、融けたグリスとともに重量
一トンの鋼鉄と火薬の塊を撃ちだした。自他共に認める旺盛な敢闘精神を誇る日本海軍
の将兵をして戦慄せしめたほどの底力だった。
 だがそれは、艦を救うために払われるべき努力が砲戦の継続に振り向けられているが
ゆえの成果でもあった。応急の徹底を指示するべき人々は、先ほど艦橋に叩き込まれた
三式弾が放った炎の中で、一握りの炭と化していた。
 そして、三十発を超える巨弾の打撃に耐えてきた彼女の命数は遂に尽きた。扶桑が放
った十四インチ砲弾が二発、水線直下の舷側を立て続けに抉り取った。一発は改装によ
って増備されていたバルジを突破して艦内に踊り込み、甲板二層を貫通して爆発。キー
ルを前三分の一ほどのところで叩き折った。もう一発はY砲塔のバーベットと後部機械
室の中間で爆発し、衝撃で発電機を半壊させた。
 この一撃によって、それまでメリーランドを救うために現場レベルの判断で行われて
きた応急の努力は一瞬のうちに無意味となってしまった。折れたキールが艦底を突き破
って対処の難しい浸水を引き起こし、それを食い止めるべき排水ポンプが動作をとめて
しまったからだ。
 さらに、推進軸用の電動機も左舷側の二軸が停止。なおも動いていた右舷の二軸が発
生したモーメントによってメリーランドは左舷に回頭を始めたが、そこに扶桑と山城の
斉射が同時に降り注ぎ、既に原形を失っていた艦首を完全に吹き飛ばした。
 次の瞬間、キールを折られて強度が失せたメリーランドの船体は、A砲塔とB砲塔の
中間から目に見えるほどの速度で捻れ始めた。一刻も早く総員退艦を開始すべき状況
だったが、その指示を出すべき人間はこの事態を確認できるレベルには存在していな
かった。

22 :名無し三等兵:03/05/25 18:09 ID:???
メリーランド・・・敵ながら天晴れ!

敬礼!

23 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/05/25 19:11 ID:???
勢いでもう一話書けてしまったので、前倒しで掲載行きます。

24 :暁のデッドヒート:03/05/25 19:12 ID:???
「メリーランド、針路変更しました!」
「畜生、やられたか」
 戦術行動としては明らかに不自然な転舵だ。ウェイラーは状況に見当をつけた。
 指揮系統にとどめを刺されたか、操舵機能をやられたか、あるいは片舷の推進器が
止まったか。外見から正確なところは掴めなかったが、どのみち結果は一緒だ。
「ペンシルバニアに合流急げと伝えろ!」
「さっきからやっとりますが──今、傾斜復旧に成功したそうです」
 ウェイラーは不満気な唸り声を発した。遅い。
 ウェストバージニアは、長門の艦命を賭した猛射を受けた際にA砲塔とY砲塔を粉砕
されている。いくら問答無用の威力を誇る十六インチ砲とはいえ、たった四門では二隻
の戦艦を相手取るには火力が足りない。
 あるいはここが自分たちの墓場となるか。
 ウェイラーが観念しかけたそのとき、艦橋から連絡が入った。
「敵戦艦、転舵! 反対舷で砲戦中!」
「どこのどいつだ。ジェスの本隊か?」
「いえ、駆逐艦です。フレッチャー級が三隻……なんてこった、少将旗を掲げてる!」
 続いて通信が入った。
『われスリガオ方面部隊旗艦ルメイ。これより戦闘加入す──』
 追伸の文面を目にして、ウェイラーは自分の涙腺が熱くなるのを感じた。



 ──ウェイラー、あとひと踏ん張りだ。諦めるな。

                             バーケイ

25 :名無し三等兵:03/05/26 14:55 ID:???
保全

26 :名無し三等兵:03/05/27 05:06 ID:Hd1JhxMi
保全

27 :暁のデッドヒート:03/05/27 21:25 ID:???
 左舷に指向した扶桑と山城の副砲が、雨霰と六インチ砲弾を浴びせてくる。だが、
照準が定まっていない。
「よし、効いているぞ!」
 連中は動揺している。バーケイ少将は確信した。
 旗艦シュロップシャーを最上との相討ちで失った彼は、指揮官のカワード大佐が負傷
したことによって宙に浮いていた第五四駆逐隊旗艦のルメイに将旗を移し、残存艦の中
で戦闘可能なものを率いて全速力で北上していた。
 彼に従うのは、旗艦ルメイ以下マクデルマットとバッシェのみ。少将の身でありなが
ら、麾下の戦力は駆逐艦三隻に過ぎない。
 だが、彼の戦意は却って燃え上がっていた。火災による投棄で雷装を失ったバッシェ
を先行させ、襲撃行動をとらせたのだ。日本軍の戦艦は、まんまとこの欺瞞に引っかか
って隊列を乱した。
「バッシェを後退させろ。マクデルマットに連絡だ。突撃! 友軍を救え!」
 二隻のフレッチャー級駆逐艦は、大きくうねる海上を三五ノット以上の全速で突進し
た。艦中央では、右舷を指向した五連装魚雷発射管が発射の瞬間を待っていた。
「一〇〇〇〇ヤードです!」
「つかまえたぞ! 主砲撃ち方始め!」
 五インチ両用砲が唸る。扶桑の舷側に、幾つかの命中の閃光が走った。しかしこの
軽い打撃はあくまで牽制。本命は必殺の二一インチ魚雷だ。
「九〇〇〇ヤード!」
「右舷雷撃用意!」
 だが、そこで後方から轟音。
「マクデルマット被弾しました!」
 艦尾から火を噴いている。
「くそっ、ここまで来ておきながら……何!?」
 バーケイの目が丸くなった。
「バッシェが……!」
 見張りが驚いた声を上げる。
「あの莫迦、退避しろと言ったはずだぞ!」
 牽制役のバッシェが、そのまま五インチ砲を放ちながら敵戦艦に向けて接近を続けて
いた。

28 :名無し三等兵:03/05/27 21:42 ID:FVaUD2oi
あげ

29 :山崎渉:03/05/28 15:52 ID:???
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

30 :名無し三等兵:03/05/29 18:06 ID:???
保守よーそろ

31 :名無し三等兵:03/05/30 21:10 ID:???
保守

32 :名無し三等兵:03/05/30 21:16 ID:???
バーケイ少将の部隊って文字通り最後の盾だったような。
あと、輸送船しか残ってないんじゃないか米軍?

33 :名無し三等兵:03/05/31 13:14 ID:???
ナッシュビルが残ってるような(w

34 :名無し三等兵:03/05/31 14:43 ID:???
ライバルスレッドに負けるな!

35 :名無し初年兵:03/05/31 15:43 ID:???
>347
ライバル・・・何処?

36 :名無し三等兵:03/05/31 18:50 ID:???
もう一つの軍事小説スレッド
先生方の小説では読めないようなマイナー艦が活躍しています
ロンドン条約制定後の世界で中型戦艦がガンガっています

37 :名無し初年兵:03/05/31 21:51 ID:???
>>34
情報dクス。
なるほど。なんというか、戦艦天国という感じですな。
個人的には、こちらのスレの作品が好みです。
“死闘に継ぐ死闘”という感じで・・・。

38 :暁のデッドヒート:03/06/01 23:11 ID:???
「副砲、左舷砲戦! 接近させるな!」
 阪少将が叫ぶ。
 扶桑と山城の副砲火力は、内懐にまで飛び込んできたバッシェに集中された。六イン
チ砲弾が降り注ぎ、小癪な駆逐艦の上構を次々と毟り取っていく。だが、自艦の数倍の
火力に晒されているにもかかわらずバッシェは果敢だった。四基の五インチ単装砲が、
片っ端から火柱を上げて爆砕されながらも、高角砲ならではの速射率で撃ちまくる。
扶桑の舷側に数発が集弾し、ケースメイト一基が砲身を根元から折られて沈黙した。
 だが、バッシェにできたのはそこまでだった。後部に三発がまとめて命中し、艦尾砲
を爆雷投下軌条ごと千切り取った。バッシェはなおも四十ミリ機関砲まで振り上げて
扶桑に攻撃を加えたが、山城からの六インチ砲弾までが直撃するに及んで、ついに罐室
が全滅し、バッシェは火柱と水蒸気に包まれてその場に停止した。
「よし、これであいつは黙らせた──」
「左舷雷跡!」
 ──くそっ、残りの奴か。
 阪少将は舌打ちすると、回避を命じた。
「山城の左舷に水柱っ」
「おのれ、逃がすな!」
 扶桑の副砲指揮所に怒声が沸き、六インチ砲が猛然と吼える。
「敵戦闘艦に命中!」
 退避コースに乗っていたルメイに命中弾。後甲板から火の手が上がった。
「雷跡、艦尾かわった」
 どうやら扶桑には被害は出なかったらしい。そう思った矢先。
「──な、何ッ」
 強烈な衝撃を感じたと思った次の瞬間、艦橋の床がひっくり返った。
 雷撃の騒ぎに紛れて五五〇〇ヤードまで突っ込んだウェストバージニアが至近距離で
放った十六インチ砲弾が、扶桑の前檣楼を直撃。上部三分の一が蹴飛ばされた積み石の
ように転がり落ち、残りが轟音を立てて倒壊した。
「ばかな……こんなところで!?」
 狼狽する間もあらばこそ、阪少将の意識と肉体は、昼戦艦橋になだれ込んで来た爆風
の中に消えた。

39 :名無し三等兵:03/06/03 19:05 ID:???
あげときましょう.

40 :名無し三等兵:03/06/04 00:09 ID:???
なんか 扶桑も山城も活躍することなく消え去りそうだな。 (´Д`;)


41 :名無し三等兵:03/06/04 13:52 ID:???
「超AI戦艦大和」というトンデモ系火葬戦記で、山城と扶桑がちこっと活躍
してました。レイテ湾に突入して、大和とともに湾内を火の海にしてました(^◇^;)

42 :動画直リン:03/06/04 13:52 ID:WWa+rPXB
http://homepage.mac.com/hitomi18/

43 :名無し三等兵:03/06/04 14:02 ID:???
戦歴でハイメ一世に負けそうだ

44 :名無し三等兵:03/06/04 14:03 ID:oL99mKvj
モナーのぬいぐるみを作ってみました。
  画像、詳細はこちらの専用掲示板に乗せてあります。
  http://jbbs.shitaraba.com/travel/1823/

45 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/06/04 17:42 ID:???
>>40
実は私も困っていたりします(ぉぃ
大和を暴れさせすぎたせいで、残るは大破状態のウェストバージニアとペンシルバニアのみ。
あぁっ、こんな連中蹴散らしても見せ場にならんっ(汗

まあ、手を変え品を変え可能な限り演出するつもりではおります。
どうもスレの主題からは離れてしまったような気もしますが……

46 :名無し三等兵:03/06/04 18:00 ID:???
>>45
本命の輸送船団とナッシュビルが残ってます。

47 :名無し三等兵:03/06/04 19:39 ID:???
>>45
いやいや、最後まで頑張ってください。
毎回毎回楽しみにしていますし、この怒涛の展開は涙ものですTT

>>46
扶桑・山城がそれ食べちゃったら武蔵は何を(PAM!PM!

48 :名無し三等兵:03/06/04 22:17 ID:???
>>47
>扶桑・山城がそれ食べちゃったら武蔵は何を(PAM!PM!

ハルゼーの機動部隊が残っていますが。


49 :予備政治士官 ◆MVChfC0L7Y :03/06/04 22:17 ID:???
大和が(大破した鉄屑とはいえ)沈んだという描写がまだ無いので、何気に第三砲塔が復活しないかと今まで待ってしまってましたが・・

50 :名無し初年兵:03/06/04 23:18 ID:???
>49
血と海水をたらふく飲み排水量7万トン以上になった船体で、タックル&ボディープレスを敢行。

51 :名無し三等兵:03/06/04 23:21 ID:???
>>50
残念ながら、艦橋から前がなくなっているので排水量はむしろ減っていると思われ。

52 :名無し三等兵:03/06/04 23:28 ID:c9H8phNK
もちろん、クルリと第三艦橋が(PAM!PAM!

53 :戦艦太郎:03/06/04 23:49 ID:???
彼女達がはなばなしく活躍する必要なし!
可憐に散るのがよろし>>某虚仮


54 :戦艦太郎:03/06/05 00:03 ID:???
咲いてこそ 分かる命も あればこそ

 散るもまたそれ さだめなるかな

55 :名無し三等兵:03/06/05 00:16 ID:???
文字通り太平洋から戦艦という名のつく艦を
消し尽さんばかりですな。

まだハルゼーが6隻もってたか

56 :名無し三等兵:03/06/05 00:32 ID:???
>>55
いや、それ真っ先に全滅してる……

57 :名無し三等兵:03/06/05 00:47 ID:???
>>56
Σ(゚д゚lll)忘れてた!

58 :名無し三等兵:03/06/05 03:17 ID:???
>>45
楽しみにしてますので、ちょっと逸れた所でかまいません。
それに、戦争はこれで終わりではないし、
終わったあとが有るじゃないですか。

59 :名無し三等兵:03/06/05 07:40 ID:???
みんなでオマハビーチに突っ込めー!
TATATATA
あわびゅっ!

60 :名無し三等兵:03/06/06 00:05 ID:???
今までの戦闘経過はこんな感じでいいのかな。

第一次エンガノ岬沖海戦(10/24昼)
栗田艦隊 武蔵小破
小沢艦隊 天城沈没、雲龍中破、千歳小破
西村艦隊 満潮小破
ハルゼー艦隊 プリンストン沈没、バーミンガム大破?、インディペンデンス・サンジャシント中破(戦線離脱)、ワスプ小破

サンベルナルジノ沖海戦[前半](10/24深夜)
栗田艦隊 榛名・鈴谷・筑摩・鳥海・能代・早霜・雪風沈没、武蔵・金剛中破、大和・長門小破
リー艦隊 マサチューセッツ・アラバマ・ワシントン・アイオワ・ニューオーリンズ・ヴィンセンス・駆逐艦3沈没、ニュージャージー・サウスダコタ中破

サンベルナルジノ沖海戦[後半](10/25未明)
橋本艦隊 金剛・島風沈没、武蔵・妙高大破(妙高・秋霜戦線離脱)
リー艦隊 ニュージャージー・サウスダコタ沈没

スリガオ海峡海戦(10/25早朝)
西村艦隊ほか 最上・満潮沈没
バーケイ艦隊 シュロップシャー・メルヴィン・モンセン・デイリー・魚雷艇複数沈没ほか

サマール島沖海戦[序盤](10/25早朝〜)
栗田艦隊 長門沈没、清霜・野分大破ほか
オルデンドルフ艦隊ほか テネシー・ミシシッピー・ボイス・ガンビアベイ・ホワイトプレーンズ・駆逐艦1沈没、フェニックス・ポートランド大破ほか

サマール島沖海戦[中盤]
栗田艦隊ほか 熊野・那智・青葉沈没、大和沈没寸前、扶桑・山城大破?ほか
オルデンドルフ艦隊ほか カリフォルニア・フェニックス・ジョンストン・バトラー沈没、メリーランド沈没寸前、ウェストバージニア・ペンシルバニア・ファンショウベイ・セントロー・カリニンベイ・キトカンベイ・バッシェ大破?ほか

もうわやくちゃですね。小沢艦隊及び一航艦と米機動部隊の戦闘はどうなっているのでしょうか。

61 :名無し三等兵:03/06/06 00:19 ID:???
>>60
おつかれ。
よくまとめたなぁ。

62 :名無し三等兵:03/06/06 00:36 ID:???
サマール島東岸は漂着した瀕死の日米将兵がさまよい歩いているのかのぉ

63 :名無し三等兵:03/06/06 00:40 ID:???
>>60を参考に被害総計

帝國海軍
     沈没 大破 中破
戦艦  3   3   0
空母  1   0   1
巡洋艦 7   1   0
駆逐艦 4   2   0
アメリカ海軍
     沈没 大破 中破
戦艦  9   3   0
空母  2   5   2
巡洋艦 3   0   0
駆逐艦 11  1   0

アメリカの方間違ってるかもしれん
しっかし、よく沈んでる
最後まで残るの何隻だろ・・・

64 :名無し三等兵:03/06/06 14:32 ID:???
>>60
ポートランドと矢矧も沈んでた筈……

65 :名無し三等兵:03/06/07 03:27 ID:???
>>64
矢矧は見落としてましたが、読み返した限りでも沈んだとは断定できない
ように思います(戦闘能力は残ってないでしょうが)。ポートランドも同様。
あと米軍の駆逐艦で名前も出ないまま撃破されちゃったの何隻か省略しました。

66 :名無し三等兵:03/06/07 08:26 ID:???
圧倒的じゃないか。我が軍は。はっはっは……。

67 :暁のデッドヒート:03/06/08 03:43 ID:???
 脳髄を失った扶桑は、梯子を滑り落ちるように戦闘力を失っていった。転がり落ちた
前檣楼上部は二番砲塔を真上から直撃して叩き潰し、続いて打ち込まれた十六インチ
砲弾が三番砲塔と五番砲塔を相次いで爆砕した。まるでこの戦場で最後まで無傷を保っ
てきた幸運の揺り戻しが一気に襲ってきたかのように、彼女の艦内のあちこちで致命的
な被害が続出した。
 そして指揮系統の混乱を見て突っ込んできた駆逐艦三隻が、両舷から包み込むように
魚雷十五本を発射。対する扶桑はこの一番致命的な場面に来て、生まれ持ったその最大
の欠陥である対被害抗甚力の低さをまともに露呈していた。上甲板から中甲板に及ぶ
大規模な火災の延焼によって、放棄せざるを得ないケースメイトが多数あらわれていた
のだ。駆逐艦たちはまともな妨害を受けることもなく、腰溜め同然に必中距離まで踏み
込んで魚雷を放った。
 回避機動もままならない扶桑に対し、三本がほぼ同時に中央部へ、続いて後部に二本、
前部に一本が命中。爆圧で崩壊した中甲板から、可燃物が雪崩を打って防御区画内に滑
り落ちた。
 さらに、この一撃で中央部の電源が一斉に落ち、細々と続けられていた被害対処作業
が完全にストップ。応急作業の停止と隔壁崩落による艦内通気の開通という二つの要因
に助けられた火災は、驚くほどの速さで三番砲塔の弾薬庫に及んだ。
 被雷から数分後、急速に炎に包まれた扶桑は船体中央部で大爆発を起こして二つに
分断された。後半部は、仕掛花火のように次々と吹き上がる火柱と衝撃波によって自ら
を爆砕し、瞬く間に波間へと没した。
 だが、前半部はその直後、誰もが驚愕するような挙動を示した。一番砲塔から二発の
十四インチ砲弾を放ったのだ。照準など定めようもない一撃だったが、このうち一発が
奇跡的な確率でウェストバージニアのX砲塔前楯に命中。衝撃で砲耳が破損した右側砲
が俯角位置にまで落下した。
 そして一矢報いたことに満足したかのように、前半部船体もまた右舷側へ倒れ込み、
艦首を突き上げて沈んでいった。

68 :名無し三等兵:03/06/08 09:43 ID:???
扶桑の勇戦に敬礼! 〆;;)

69 :最南端 ◆3C2dPQ.Pl2 :03/06/08 09:53 ID:???
扶桑よ、安らかに…

比島海域の海底で互いの戦没艦が酒を酌み交わしている夢を見ましたよ…

70 :暁のデッドヒート:03/06/08 23:59 ID:???
 扶桑の最期は山城からも目撃されたが、山城ではそれに構っているどころではなかっ
た。豪雨のように降り注いでいた十六インチ砲弾に加えて二本の魚雷まで叩き込まれた
彼女の艦内では、僅かな予備浮力を必死で遣り繰りして戦闘能力と航行能力を維持する
ための作業が続けられていた。
 そんな内務班の挺身の努力に応えるかのように放たれた十四インチ砲弾が、三五〇〇
ヤードまで接近したウェストバージニアに次々と炸裂。X砲塔の二本の砲身が相次いで
折れ飛び、舷側を貫通した一撃は両用砲弾薬庫の隣接区画に大火災を引き起こしてダメ
コンチームを慌てさせた。
「だんちゃーく……命中! 一、二、三……!」
「よし!」
 修羅場と化した山城の昼戦艦橋に、久方ぶりに明るい声が響いた。
 ウェストバージニアの前甲板に直撃が集中し、大きな火柱が吹き上げていた。

「A砲塔、電源が落ちました! 旋回・発砲ともに不能!」
 ダメージ・レポートが届けられたウェストバージニアの艦橋に絶望的な空気が流れた。
「復旧の見込みは!?」
「全く不明です! 原因が掴めておりません!」
「畜生、ここまで来て!」
 砲術長が悲痛な罵声を上げる。ウェイラーは状況表示盤を睨みつけた。山城は、沈黙
したウェストバージニアに目もくれず、レイテ方向に遠ざかりつつあった。奴の進撃を
止めようにも、山城に対抗可能な戦力であった自分の乗艦は、完全に攻撃力を失って
しまった。
 そのとき、ウェイラーは不意に気付いた。ジャップの戦艦は脚を引き摺っている。
「艦長、本艦の速力はどうなっている?」
「は……全速二〇ノットを発揮可能ですが……まさか」
 そこまで言った艦長の顔色が変わった。
「そのまさかだ。牧童の義務を完遂するにはこれしかない。アポート、両舷全速!」
「しかし、それでは相討ちに」
「構わん! 奴さえレイテに入れなければ俺達の勝ちだ!」
 放てる砲弾を失ったウェストバージニアは、自らの船体を最後の徹甲弾と化し、山城
の艦尾に向けて突進を開始した。

71 :名無し三等兵:03/06/09 04:53 ID:???
>>63
沈没したとはっきり書かれている米軍巡洋艦はニューオーリンズ、ヴィンセンス、ボイス、フェニックス、シュロップシャーの5隻かな?
大中破はもう何がどうなっているか…(汗


72 :名無し三等兵:03/06/09 20:46 ID:???
よし!
ここで武蔵の登場!

73 :名無し三等兵:03/06/09 22:02 ID:???
ageるよ
下がりすぎだ

74 :名無し三等兵:03/06/09 22:25 ID:???
今だ!皆で呼ぶんだ!

「三笠ぁ〜!」

75 :暁のデッドヒート:03/06/10 01:48 ID:???
 ウェストバージニアの猛追に山城が気付いたのは、二隻の距離が二五〇〇ヤードを
切った地点だった。慌てたように急旋回した後部砲塔が、十四インチ砲弾を水平射撃で
送り出す。
 両舷至近に水柱。それを意に介さず、ウェストバージニアは相対速度十ノットで突進
を続ける。
 距離一五〇〇ヤード。左舷を向いたまま機能停止していたA砲塔の右側面に直撃弾。
ターレット天蓋が吹き飛び、砲身が砲架から転げ落ちる。
「総員、対衝撃防御! 艦首区画は退避急げ!」
 通常の戦闘配備とは異なる指示が次々と飛ばされる。前檣楼頂部に命中。最早無用の
長物と化した射撃管制レーダーが主砲射撃指揮所とメインマストごと微塵に爆砕され、
中央部甲板に向けて落下した。
 一〇〇〇ヤード。山城が取舵に変針を開始した。だが、遅い。浸水と速力低下のため
に彼女の回頭性は極端に悪化していた。ウェストバージニアからの衝突回避コースには
乗れていない。
「捉まえたぞ、ジャップ!」
 ウェイラーが叫ぶ。行かせてたまるか。このうえレイテに戦艦の突入を許した日には、
合衆国海軍は世界海戦史上に永遠に消えない汚点を刻み込まれてしまう。自分がそんな
愚行の掉尾を飾るわけにはいかない。距離八〇〇ヤード。もはや、戦艦ではなく戦車の
交戦距離だ。
 その直後、文字通りのゼロ距離で放たれた十四インチ砲弾が真正面からウェストバー
ジニアの艦橋を直撃。CICの直上で二発続けて炸裂した。ウェイラーを含めた要員の
肉体は、この一撃で周囲の内装機器ごと砕け散り、続いて落下したCICの天井によっ
て圧搾された。
 だが、ウェストバージニアはもう止まらなかった。
 速力を落とすことなく最後の五〇〇ヤードを走破したクリッパー型の舳先は、山城の
後方右舷八度方向から、悲鳴のような破砕音と共に彼女の船体に深々と突き刺さった。

76 :名無し三等兵:03/06/10 12:07 ID:???
・・・
死闘。
正に、死闘。

77 :名無し三等兵:03/06/10 19:00 ID:???
日本海軍稼動戦艦無しか?
伊勢型の時代がついに来たぞ。

78 :名無し三等兵:03/06/10 19:43 ID:???
>>77
武蔵が頑張ってる。

79 :戦艦太郎:03/06/10 19:46 ID:???
しにぎわを しるもしらぬも なかなかに

 まじることこれ いくさびとかな

 戦艦太郎

80 :名無し三等兵:03/06/10 20:29 ID:???
扶桑と山城が居なくなってしまったら、このスレの存在意義が・・・

いや!まてまて、まだ山城が沈んだとは、一言も書いてないぞ!

81 :名無し三等兵:03/06/10 22:35 ID:???
>>80
活躍&生還を期待するのは皆同じ。
俺はそこをすばらしい裏切りかたする作者(策者?)方に感心+感謝。

82 :名無し三等兵:03/06/11 07:21 ID:???
大丈夫だ、扶桑山城は船体が半分になっても戦える。
これからは「半裂き」の別名を…。
PAMPAMPAM

83 :名無し三等兵:03/06/11 13:37 ID:0248xbSP
艦尾がブチ折れても、船体の2/3が残っていれば曳航して帰れる!!


84 :名無し三等兵:03/06/11 17:05 ID:???
「ウェストバージニアを、喰ってる」

85 :名無し三等兵:03/06/11 17:38 ID:???
「16インチ砲を……、じかに取り込んでいる……」

86 :ウェイラー:03/06/11 22:58 ID:???
「悲しいけど、これ戦争なのよね!」

87 :予備政治士官 ◆MVChfC0L7Y :03/06/11 23:43 ID:???
扶桑と山城のニコイ(PAM!

88 :名無し三等兵:03/06/14 18:48 ID:???
ここで輸送船団叩けなかったら、作戦が艦全に裏目に出たことになる訳で、
神大佐更迭になるか?

89 :名無し三等兵:03/06/14 21:43 ID:???
>>88
更迭よりもなによりも・・・

日本から軍艦籍にあるフネが消滅する勢いだぞ

90 :名無し三等兵:03/06/16 01:27 ID:???
保全?

91 :暁のデッドヒート:03/06/16 02:22 ID:???
 山城の艦尾に突っ込んだウェストバージニアは、不気味な沈黙を守っていた。甲板上
は瓦礫と炎に覆われて生者の気配はなく、前方を指向している火器も残っていない。
 いっぽうで山城の状況は、どう控え目な表現を用いても「絶望的」と言うべきもの
だった。艦尾付近からのし掛かるように突入したウェストバージニアの艦首は、右舷
二軸の推進軸と左舷内側の一軸を完全に踏み折り、残る一軸にも大きな損傷を与え、
とどめに舵を舵機室ごと踏み抜いていた。
「被害報告!」
 床に投げ出された篠田艦長が起き上がりざまに怒鳴ったが、全艦にわたって船体の
構造材が歪むほどの衝撃が走り、電源まで落ちた状態では、伝令の移動も思うに任せな
かった。

 散発的に届いた報告を聞いて、篠田少将は山城の命運が尽きたことを悟った。
 先ほどからの砲戦によって各所で発生していた火災は、未だに鎮火の目処がたってい
なかった。おまけに衝突の衝撃によって消火用の送水配管が各所で寸断され、注排水
系統も壊滅状態。これでは応急の余地すらない。
「これまでか……」
 篠田少将はしばし瞑目すると総員退艦命令を出し、自分は艦に残ると宣言した。副長
が説得を諦めて退出した後に、まだ残っている人影。
「私も残ろう。せめてもの責任を果たさねばならんからな」
 西村中将だった。さすがに篠田艦長も、これには否とは言えない。
 だが、彼等が末期の杯を交わしている時間はなかった。
 甲板上で「わぁっ」という声が挙がったように聞こえた直後、山城は先ほどの衝突に
劣らぬ激しい衝撃と轟音に見舞われた。突き刺さったままのウェストバージニアの前部
弾薬庫が誘爆したのだ。
「うぉっ!?」
 大きく傾いた昼戦艦橋の外壁が衝撃で丸ごと剥がれ落ち、その向こうから海面が眼前
に迫ってきた。羅針儀に身体を縛り付ける間もなかった。二人は、そのまま海中へと
投げ出された。

92 :暁のデッドヒート:03/06/16 02:22 ID:???
「山城も沈没した模様──!」
 悲痛な声で寄せられた報告に、利根艦長の黛大佐は「ふむ」と声を上げた。
「水雷戦隊の掌握を急げ。大型艦の残存はどうなっている?」
「足柄もやられました。重巡以上で健在なのは本艦だけです」
「足柄もだと……あれか」
 右舷後方に、妙高級重巡の形をした鉄屑が浮いていた。誘爆を繰り返すそれに向かっ
てペンシルバニアがしつこく砲撃を浴びせ続けている。
「容赦がないのぉ」
 砲術長が呆れた声を上げた。
「魚雷が残っていれば、やっつけてやるところなんですが」
 水雷長も悔しそうにしている。先ほど敵重巡の隊列に殴りこんだ際に、利根の魚雷は
全て撃ち尽くしていた。見たところ、米戦艦の方もダメージは相当なものだ。上構の
うち装甲化されていないものは大半が崩れ落ち、中央部では時折誘爆まで発生している。
主砲塔だけが防御力に物を言わせて健在ぶりを示しているが、軽快部隊で足元をかき回
してやれば仕留められるのではないか。
「ない物ねだりをしても始まらん。……それに、主砲も相当まずいことになっとる」
 黛大佐は表情を険しくした。正確にカウントしていたわけではないが、砲術で飯を食
っている者のたしなみとして自分が命じた斉射の概数は記憶している。あまり携行数が
多いとはいえない重巡の主砲弾は、そろそろ底を尽いているはずだ。
「阿武隈から連絡! 『我、艦隊指揮をとる。各艦状況知らせ』」
「一水戦? すると木村さんか」

93 :名無し三等兵:03/06/16 07:54 ID:???
ヒゲのショーフクキターーーーーーーーー!!

94 :名無し三等兵:03/06/16 20:12 ID:???
この状況でまともな指揮系統が残っていたことに、ちょっとした感動を覚えた。

95 :名無し三等兵:03/06/18 11:42 ID:???
緊急支援age

96 :名無し三等兵:03/06/18 11:43 ID:???
中型戦艦スレッドに負けたな。主役を沈めちゃ駄目だろう

97 :名無し三等兵:03/06/18 12:27 ID:???
この海戦、後世の歴史家を悩ませそうだな……戦闘詳報を残せる艦の方が少ないんじゃないか?

98 :名無し三等兵:03/06/18 12:51 ID:8TvmapuZ
アノ海に出撃した者はだれも帰ってこなかった、、、、

99 :_:03/06/18 12:51 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

100 :名無し三等兵:03/06/18 16:38 ID:???
後に水木しげる辺りが妖怪漫画にでもしそうだなあ、この戦闘は・・・・・。
おばけ戦艦山城、とかね(w

101 :名無し三等兵:03/06/18 18:12 ID:???
黛はやっぱり水中弾は有効だったとか、命中率三倍論を唱えるのだろうか(w

102 :名無し三等兵:03/06/18 18:16 ID:???
>>101
そもそも今後の展開で黛大佐が生き残るかどうか・・・・・・・。

103 :暁のデッドヒート:03/06/18 19:49 ID:???
 どうにもならなかった。ペンシルバニアの砲力を軸に、米軍はよく連携された阻止
砲火ラインで日本側の水雷戦隊の活動を封じていた。巡洋艦同士の潰しあいで戦力を
消耗した軽快部隊に、デンバーとコロンビアの六インチ砲弾の嵐が襲い掛かる。曙と
潮が果敢に肉薄雷撃を試みたが、返り討ちされて二隻とも爆沈の憂き目に遭った。
 なおも荒れ狂う砲火の嵐。日本側の戦艦を全て仕留めた米艦隊は嵩に掛かっていた。
ミネアポリスを筆頭に、三隻の巡洋艦と五隻の駆逐艦が水雷戦隊を追い立てる。隊形
を崩したところをペンシルバニアが狙い撃つ。圧力にたまりかねて米戦艦の主砲射界
に踏み込んだ鬼怒が、上構に二発の直撃を叩き込まれて吹き飛んだ。
「やれやれ、たまらんな」
 艦橋を根こそぎにされて火達磨の状態で沈んでいく鬼怒を見て、木村少将は溜め息
をついた。あれでは殆どの者は助からんだろう。
「利根より通信です。『第七戦隊残存は本艦のみ。只今発揮しうる最大速力二五ノッ
ト、主砲弾の残弾僅少、魚雷は全て射耗』」
「すると、残るは利根と本艦、それに四駆、一七駆、一八駆、二七駆、三二駆、それ
に浦波……駆逐艦九隻か」
「いえ、八隻です……今、時雨が沈みました」
 木村は困った顔になった。これでは勝負にならんじゃないか。
「先任参謀、どう思う?」
「引き返すのが至当でしょうな。戦艦と甲巡があわせて四ハイもいる中に、正面から
突っ込んでもレイテには行けません。それに……」
「弾薬も残り少ないと来るか。レイテに行けたとしても、輸送船何隻沈められること
やら」
 そして旗艦阿武隈の見張り員が、撤退の決断を迫る最大の要因の到来を告げた。
「敵機来襲! 二時方向、戦雷連合およそ一五! まだ他にいますっ」
 トーマス・スプレイグ、スタンプ両護衛空母隊の艦載機が、悪天候を衝いて救援に
駆けつけたのだ。

104 :名無し三等兵:03/06/18 20:29 ID:???
>96
これだけ戦えば扶桑山城といわず、帝國海軍水上部隊の価値は文字どうりその意図
のとうり燃焼しつくしたと言っていい。
>98
このキャンペーン艦が沈むと帰れなかった例多いよね(殆ど戦死までいれたら武蔵
や扶桑山城に筑摩とかきりが無い位ある)。

どういう結末を迎えるか期待してマス。



105 :名無し三等兵:03/06/18 20:34 ID:???
武、武蔵は・・・

106 :名無し三等兵:03/06/19 00:22 ID:???
>>105
通信がやられてて、阿武隈と連絡が取れず、
状況的に沈んだと思われているのではないかと。

あとはもう、3艦隊しか残ってないよなぁ。


107 :戦艦太郎:03/06/19 19:46 ID:???
>>96
彼女が鬼神のように動き、米軍をなぎ倒すのを待っているんじゃない。
我々が求めているのは彼女の「活躍」の場だ。
いうなれば「生き恥」を晒さないための。

死に場所を求めているといっても過言ではない。

そうだよね、みんな。

108 :名無し三等兵:03/06/19 20:49 ID:???
>107
とりあえずペンシルバニアだけは沈めて欲しい・・・

109 :名無し三等兵:03/06/20 00:00 ID:???
>>107
まず、最初に某虚仮氏の作品は大変面白く読ませてもらっており、
感謝していることを前置きします。いつもありがとう。
「活躍」を求めているというのは同意しますが、死に場所云々には同意しかねます。
私個人としては、同じ沈む話としても、死ぬ為の戦いで沈んだと言う話より、
何者かを生かすための戦いで、生存の努力を為したけど、それでも
力及ばず沈んだという話の方を求めております。
例えば、船団護衛に駆けずり回った挙句、敵艦艇一隻も沈めることなく、
柱島で着底、戦後解体、という話でも、私は面白いと思います。
長文すいません。

110 :名無し三等兵:03/06/20 04:12 ID:???
このスレッド(過去スレを含めて)では、
これまでに複数の作者の方が作品を発表しています。
活躍の形については、それぞれの作者に、まかせた方がいいのでは。
というより、あなたが書く新作に期待しています>>109

111 :戦艦太郎:03/06/20 19:18 ID:???
>>109
え〜、まぁ、気にしないでください。
私も21世紀に彼女達がヒトカップ湾に係留されているというようなことを夢想してたりしますし。

112 :名無し三等兵:03/06/21 10:53 ID:???
戦場保全

113 :名無し三等兵:03/06/21 12:30 ID:???
今何が残っていたっけ?
話の展開が早すぎて、わからなくなってしまった・・・

そういえば、伊勢と日向はどうしただろうか?

114 :名無し三等兵:03/06/22 22:18 ID:???
日向と小次郎は……(ターン)

115 :暁のデッドヒート:03/06/22 23:08 ID:???
 戦場海域に飛来したのは、FM−1が七機とTBMが十機。機数こそ少なかったが、
彼らは護衛空母部隊の航空隊をまともな飛行隊らしく行動させるために乗せられていた
貴重なベテランばかりだ。眼下で戦っている艨艟たちに比べれば微々たる戦力に過ぎな
かったが、それでも「騎兵隊」としては十分だった。
「左舷、雷撃機二、突入してくる!」
「面舵三〇!」
 逃げるしかない、木村少将はそう決心した。飛んできたのは、近傍に存在する空母部
隊の艦載機に違いない。これはつまり、今まで自分たちの味方となってきた天候が艦載
機の発着が出来る程度にまで回復していることを意味する。ここからレイテまでの距離
を考えると、突入の成就は絶望的だ。
(レイテは、遠かったか……)
 そのとき、見張りが「あっ」と声を上げた。
「反跳!」
「なに!?」
 突入してきたのは確かにアヴェンジャー艦攻だったが、雷撃ではなかった。銀灰色の
翼が翻り、四発の五〇〇ポンド爆弾が次々と投下された。元々雷撃に備えて転舵して
いたために投影面積は小さかったが、それでも一発が阿武隈の艦尾を飛び越えて上構前
半部に直撃し、艦橋を中破させた。
 衝撃でなぎ倒された艦橋要員を、駆けつけた衛生班員が助け起こして歩く。弾片を
受けて倒れた木村少将の脳裏を、一年前のダンピール海峡の光景が過ぎった。
「司令、手当を行いますので医務室へ」
「莫迦者、この艦隊に残った将官は儂一人だぞ。負傷したからといって持ち場を離れ
られるか」
 木村少将は衛生兵の手を振り払って自力で立ち上がると、艦橋の窓から外を睨んだ。
幸いにして、味方の回避運動は的確だったようだ。藤波が上構から黒煙を吹いている
ほかは、損害らしい損害は出ていない。
「敵駆逐艦三隻、向かってきます!」
「水雷戦隊、迎撃せよ。全艦砲戦用意!」

116 :名無し三等兵:03/06/24 14:59 ID:kBqwIF29
先の岩手県議選に初当選した覆面レスラー、ザ・グレート・サスケ氏(33)が社長を務める
「みちのくプロレス」(みちプロ)は14日、サスケ氏が社長を退任し、所属レスラーの
新崎人生氏(36)が新社長に就任したと発表した。
盛岡市内で会見したサスケ氏は「リング外では議員に専念するために退任します」と説明。
社長としての約10年間を振り返って「みちプロは一つのブランドとして認知されたと思う」と話した。
新崎氏は「地域の人々との結び付きを大事にしながら、プロレス界にとどまらず
社会全体に目を向けた活動をしていきたい」と抱負を述べた。
ttp://www.nikkansports.com/ns/battle/f-bt-tp0-030614-0008.html

週刊ポスト マルチ商法の広告塔、代理店問題
http://www.weeklypost.com/jp/030523jp/brief/opin_4.html
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1054975077/2-10n



117 :名無し三等兵:03/06/26 19:02 ID:???
戦場保全

118 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/06/26 23:14 ID:???
毎度お待たせしております。
ようやく研究のほうが一段落ついて、今週中は時間が出来ました。
最低限、金曜と日曜の掲載を目指しておりますので、今しばらくお待ちください。

119 :第4南遣艦隊(待機中):03/06/27 08:33 ID:???
夏コミ抽選漏れしました。まさかセラムンジャンルで仮想戦記出したから
ではないと思いますが、10数年活動していて落選ははじめてです。
印刷屋の〆切を気にする必要がなくなったので、ちょいとゆっくり扶桑の
守備隊救出作戦について資料集めを始めますか……。

120 :名無し三等兵:03/06/27 13:15 ID:4LJFIm35
>>119
ていうか十数年やってて初めて落選って、結構すごいんですが。

121 :ビアク:03/06/27 13:36 ID:???
キターーーーーーーーーーーーーー!!の?

122 :戦艦太郎 ◆ZYEMgbhZg2 :03/06/27 21:19 ID:???
あらら。

123 :_:03/06/27 21:19 ID:???
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

124 :暁のデッドヒート:03/06/28 00:11 ID:???
 追撃を掛けてきた米駆逐艦に砲撃を浴びせながら、日本艦隊の残存はスリガオ海峡方
面に針路を取った。
「おっと、そうは行くか!」
 先頭を行くルメイの露天環境で、バーケイ少将が不敵な笑みを浮かべる。
「駆逐艦から全艦隊を指揮か。こいつはとんでもない先例になるな」
 TBSの通話器を握り締めたバーケイ少将は、自分の乗艦よりも五倍以上は大きな
麾下の艦に向かって指示を送り始めた。
「巡洋艦は右翼に先行、敵の側面に回れ。ペンシルバニアは無理をするな。駆逐艦は
ジープ共の生き残りの救助だ。マクデルマットはついてこい!」
 数時間前の姿から見る影もなく勢衰えた日本艦隊の最後尾から、数隻の駆逐艦が分
離して向かってくる。
「骨のある奴が居やがる。連中、まだ潰走しているわけじゃなさそうだ」
 バーケイ少将はにやりとすると、砲戦用意の号令を掛けた。

「面舵、右舷砲戦!」
 撤退する日本艦隊の殿軍を務めるのは、比較的損傷の浅い朝雲と山雲だった。
「畜生、年貢の納め時か」
「年貢の納め時? 莫迦を言うな!」
 砲術長が悔しがるのを見て、朝雲艦長の柴山中佐は語気を荒くした。
「まだ、お前らに酒を奢っておらんだろうが!」
 艦橋内の時間が一瞬停止し、次の瞬間笑い声と歓声が弾けた。
 自分たちは絶対に生きて帰れる。根拠もなく、そんな確信が生まれていた。

125 :暁のデッドヒート:03/06/30 02:50 ID:???
 西村中将と篠田少将は、裏返しになった救命筏に掴まって波間を漂っていた。黒い
英字が刻印してあるところを見ると、米艦のものらしい。
「不思議なもんですな。死ぬ覚悟を固めたつもりでも、一旦助かってしまうとなかなか
思い切れない」
 重油にまみれた顔で、篠田少将が溜め息をつく。山城の艦橋から海中に投げ出された
ときは無我夢中で手近な漂流物にしがみ付いていた彼らは、その後何度か入水を試みた
ものの、重油を浴びたことによる浮力と無意識の生存本能に阻まれて果たせずにいた。
「私も驚いていた。我々の覚悟とは所詮この程度のものだったのか、と」
 西村中将が同意したとき、
「ジャップか?」
 救命筏の反対側から英語の声が飛んできた。重油の塊のようになった頭を海面から
突き出して、一対の青い瞳が彼らを見つめていた。
「大したもんだよ、お前らは。おかげで俺も、乗艦を沈められてこの有り様だ」

 最初は一時的に緊張が走ったが、争いは起きなかった。ゴム製の救命筏は、三人が
しがみ付いてもびくともしないほどの浮力を有していたし、溺者同士で戦っても意味は
なかったからだ。
 だが、救助にやってきた米軍の駆逐艦に引き上げられたとき、二人は同舟していた
相手の正体に仰天した。
「ようこそ、駆逐艦ホエールへ。君たちには捕虜としての正当な待遇を保証する」
 ジェス・オルデンドルフ少将は、顔にへばりついた重油を拭いながら疲れた笑顔を
浮かべた。
 もっとも、数分後に驚くのはオルデンドルフ少将も同じだったのだが。

126 :名無し三等兵:03/06/30 21:27 ID:???
史実で沈んだ艦と生き残った艦は今回では全く関係ないのね。
ホエールが残っていたのは、意外でしたしなんかうれスィ。
そういえば、西村さんもね。

127 :名無し三等兵:03/06/30 22:02 ID:???
あわわ,こういう展開になるとは予想外.将に呉越同舟.
ただ,オルデンドルフ少将の『ジャップ』という呼び方はチョイと気になるかな.
ハルゼーなら似合うんだけど,将官級だと下品な印象も.
『日本人か??』でも流れとしてはむしろ自然というか,アトの『〜へようこそ』
が活きる気がするのだが・・・・・・ (重箱の隅ツツキでスミマセン)

128 :名無し初年兵:03/07/01 02:54 ID:???
>>127
・・・うむ。
好みの問題やも知れませんが、オ少将は戦闘>撃沈>漂流で気が立っているので、乱暴な口調になったのではないかとか思ってますた。横レスでスマソ。

129 :戦艦太郎 ◆ZYEMgbhZg2 :03/07/01 19:30 ID:???
素直な表現だと思われる。
むしろ、愛称とでもいうべきか。
嫌味な感じはしないのだが……。

130 :故 某スレ209:03/07/02 15:52 ID:???
1944年10月25日現在、この物語に沿った場合に日本海軍に残されている軍艦。
(敷設艦 水上機母艦 潜水母艦 等は省略)

<航空母艦>
瑞鶴・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
雲龍・・・大破、速力低下  現在地・エンガノ岬沖
隼鷹・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
瑞鳳・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
龍鳳・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
千代田・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖

葛城・・・停泊中      現在地・瀬戸内海
神鷹・・・停泊中      現在地・瀬戸内海
海鷹・・・停泊中      現在地・瀬戸内海

信濃・・・竣工間近 (於 横須賀工廠)

<戦艦>

武蔵・・・大破、速力低下  現在地・レイテ湾口
伊勢・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
日向・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖

131 :故 某スレ209:03/07/02 15:53 ID:???
<巡洋艦>

高雄・・・大破、退避中   現在地・比島近海
妙高・・・大破、退避中   現在地・シブヤン海
羽黒・・・中破、戦闘可能  現在地・レイテ湾口(武蔵に随伴)
利根・・・戦闘航海可能   現在地・レイテ湾
大淀・・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
五十鈴・・戦闘航海可能   現在地・エンガノ岬沖
多摩・・・台湾へ回航中   現在地・バシー海峡
阿武隈・・戦闘航海可能   現在地・レイテ湾

木曾・・・新型電探試験中  現在地・マニラ湾
北上・・・改装中      現在地・佐世保工廠
八十島・・改装完了間近   現在地・佐世保工廠
香椎・・・輸送部隊随伴中  現在地・本土近海
鹿島・・・輸送部隊随伴中  現在地・本土近海
八雲・・・停泊中      現在地・瀬戸内海
出雲・・・停泊中      現在地・瀬戸内海
磐手・・・停泊中      現在地・瀬戸内海

酒匂・・・竣工間近 (於 佐世保工廠)

・・・だと思う。

132 :名無し三等兵:03/07/02 22:26 ID:???
我らが栄光の「準鷹」はいまどこに、、、、?

133 :名無し三等兵:03/07/02 23:12 ID:???
す……。水上機母艦は……?

134 :名無し三等兵:03/07/03 03:24 ID:???
>>130-131
激しく乙。
大淀残ってたか。


135 :名無し三等兵:03/07/03 05:57 ID:???
>>130-131
お疲れさま〜〜
なんか,残存全力で真珠湾もぉ一回ヤルとか・・・・
いや,数合わせとしては南雲艦隊並みかなぁ,と. 

136 :名無し三等兵:03/07/03 11:20 ID:???
>132
準鷹は現在、P-38ムスタング戦隊と共にバジル作戦に参加中であります、サー!
なお、これに関しては一切の公的記録を残してはならないとの命令が出ております!

137 :名無し三等兵:03/07/03 21:03 ID:???
>>136
黒海からボルガをさかのぼって、スターリングヤードに参加しているという噂も耳にしたが?

138 :名無し三等兵:03/07/03 22:13 ID:???
可哀想に消されるぞ・・・

139 :名無し三等兵:03/07/03 22:59 ID:???
フィンランド…

140 :**********************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/08 15:01 ID:???
下がりすぎているので支援上げ

141 :名無し三等兵:03/07/08 23:29 ID:???
140 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 00:44 ID:???
もしかしてこのまま行くと、あの「幻の小沢ターン」こと、
『レイテで反転した小沢艦隊』が見られるのではないか?!

141 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 00:46 ID:???
伝説の奴が来るのか??恐ろしい事だ

142 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 09:55 ID:???
741キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

という日も近いのか?


小沢「我々の艦隊は、あと何隻残っているか?」
貝塚「瑞鶴,瑞鳳以下空母6隻です」
小沢「そうか。もはやこれまでだな。撤退しよう」

「長 官 、 逃 げ る ん で あ り ま す か」

「このまま戦っても全滅するだけだ。 撤 退 す る 。」

143 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 12:52 ID:???
>>142
741じゃなくて761ですがな。

144 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 14:27 ID:WbCWYcFL
下がりすぎているので支援上げ

145 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 14:47 ID:???
乙武弐型?

142 :名無し三等兵:03/07/08 23:30 ID:???
146 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 19:25 ID:???
>>133
瑞穂と日進は,時期的に既に沈んでいる.秋津島も.
残ってるのは能登呂と神威のみ・・・・と,思う.


147 :名無し三等兵 :2003/07/05(土) 22:25 ID:???
>142

「全艦、反転180度!」

「お、おい待て!それは待ってください。そういう事はね、したくっても我慢するのが長官なの!」


148 :142 :2003/07/05(土) 22:51 ID:???
>143
そうでした。
回線切って地雷原に突入してきまつ・・・・・・天皇陛下万歳



149 :名無し三等兵 :2003/07/06(日) 03:06 ID:???
25日といえば、神風特別攻撃隊敷島隊の出撃日ですな
ところで、基地航空部隊(1AF/5FGB・2AF/6FGB・4FA・T部隊)はどうなってましたっけ

143 :名無し三等兵:03/07/08 23:30 ID:???
150 :暁のデッドヒート :2003/07/06(日) 22:01 ID:???
 小沢艦隊は壊滅しようとしていた。雲龍と隼鷹の姿は既に海上になく、千歳と龍鳳も
大傾斜を生じて炎上している。
 事態がここまで悪化した原因は、第一航空艦隊との連絡の失敗にあった。彼らは、
一航艦が未明に攻撃隊を出していたことを掴んでいなかったのだ。
 無論、一航艦は攻撃隊の発進とその戦果を伝える電文を発していたが、これを肝心の
旗艦瑞鶴が受信できていなかった。その結果、日の出と同時に米艦隊が攻撃隊を繰り出
してくるものと考えていた直掩隊が交代するまさにそのタイミングで、遅れて発進した
ハルゼー艦隊からの攻撃隊が飛来した。
 日本側にとっては、前日仕掛けた時間差フェイントを、そっくりそのまま返された
格好となった。さらに、初動で隼鷹に直撃が集中したことも災いした。隼鷹は、直掩隊
第一波の半数近くの整備補給を引き受けていたのだ。
 一〇〇〇ポンド爆弾三発の直撃によって給油中の搭載機が次々と炎上し、格納庫甲板
からその二層下にかけて大火災が発生。ここで彼女が本来の意味での正規空母であるか、
あるいは攻撃機を搭載していない龍鳳以下の他空母であればまだ生残の目もあったの
だろうが、不幸にも隼鷹はそのどちらでもなかった。さらに、客船から改装されたとい
う隼鷹の経歴がまともに裏目に出た。軍艦にあるまじき良好な艦内通風性に助けられた
火災は、瞬く間に弾薬庫へと延焼。内務班が手を回す間もなかった。
 戦争中期以降の第三艦隊の屋台骨を支え続けた殊勲艦は、立て続けに船体外鈑を引き
裂いて膨れ上がる火球に呑み込まれ、二十数機の零戦を道連れとして海上に四散した。

144 :名無し三等兵:03/07/08 23:31 ID:???
151 :名無し三等兵 毎晩楽しみにしていますsage :2003/07/07(月) 00:24 ID:???
見事に歴戦の幸運艦が波間に消えていきますね。。。


152 :戦艦太郎 ◆ZYEMgbhZg2 :2003/07/07(月) 00:28 ID:???
帝国海軍とともに巨砲巨艦の終焉というべきか。

ナムアミダブツ、ナムアミダブツ。


153 :名無し初年兵 :2003/07/07(月) 01:44 ID:???
・・・もしかして、武蔵は人知れずひっそりと沈没してたりしまつか?

145 :七試艦攻:03/07/09 07:35 ID:???
復旧ありがとうございました。敬礼

146 :名無し三等兵:03/07/10 20:59 ID:???
・・・あと、日本海軍が大量動員できるのは、潜水艦ぐらいか・・・


147 :名無し三等兵:03/07/11 07:36 ID:???
36センチ砲4門を搭載した潜水戦艦を建造しる!


148 :名無し三等兵:03/07/12 17:18 ID:???
sageで保守。

149 :名無し三等兵:03/07/13 10:02 ID:???
潜水駆逐艦。(意味不明)

150 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/07/13 17:14 ID:???
 第三艦隊の直掩機は、この日朝の時点で八〇機余りにまで目減りしていた。瑞鶴に
少数ながら積み込んでいた補用機まで繰り出しても、この数にしかならない。昨日の
航空戦は、それほどまでに熾烈なものだった。
 この残存のうち、直掩隊の第一波として上がっていたのが三七機。隼鷹は、このうち
十機以上を道連れに沈んだことになる。
 それを境に、小沢艦隊の防空体制は一気に破綻した。真っ先に、陣形から落伍しかけ
ていた雲龍が血祭りに挙げられる。損傷を受けて速力と運動性の低下していた彼女には、
ハルゼーが怒りに任せて送り込んできた戦爆連合一三四機の攻撃から逃れる術はなかっ
た。十一発の爆弾と七本の魚雷で嬲りものにされた雲龍は、初弾の命中から二〇分と経
たずに横倒しとなり、余勢を駆った米軍攻撃隊は護衛についていた霜月にも爆弾二発と
魚雷一本を撃ち込んで撃沈した。
 さらに、第二波として戦爆雷連合一二七機が飛来。三〇機足らずの直掩隊第二波に、
これを阻止する手立てはなかった。攻撃は、隼鷹の抜けた穴のために陣形の外翼で孤立
していた千歳と、もともと直衛艦の割り振りから漏れていた龍鳳に集中した。龍鳳に
向かった米軍機に対しては五十鈴が対空砲火を分火したが、これによって米軍機の攻撃
は五十鈴自身にも向けられる結果となり、彼女の行動は沈没艦を一隻増やすだけに終わ
った。
 それから一時間後に第三波一一三機が襲来した頃には、直掩機は一〇機そこそことい
うところまで減少していた。被弾によって使用不能となる機の多さに加え、回避運動を
強いられる母艦の中では補修作業が思うに任せなかったため、稼動機数は極端に低下し
ていた。

151 :某虚仮 ◆VDVqNOfj.c :03/07/13 17:15 ID:???
しもた、HNが……(爆)

152 :暁のデッドヒート:03/07/13 21:40 ID:???
 ほとんど妨害を受けなくなった米軍機の攻撃は、生き残りの空母ばかりでなく護衛艦
艇にも容赦なく向けられた。手始めに、第二駆逐連隊旗艦の初月に爆弾四発が命中。
後部弾薬庫と汽罐が爆発した初月は、二つに折れて波間に姿を消した。
 それとほぼ同時に、瑞鳳の左舷に魚雷五本が次々と命中。直衛にあたっていた秋月の
阻止砲火を強引に突破しての強襲だった。当然ながら、排水量一万トンの軽空母がこれ
だけの打撃に耐えるのは無理な話だ。艦尾から沈み始めた瑞鳳には、なおも一〇〇〇ポ
ンド爆弾二発が命中し、砕かれた船体もろとも退艦中の将兵を海上へと弾き飛ばした。

「瑞鳳、沈みます!」
「龍鳳より信号! 我、舵損傷」
 次々と寄せられる悲痛な報告。小沢中将は、じっと艦橋の窓の外を見つめていた。
「遊撃部隊からの連絡はまだか?」
「ありません。先ほど、レイテ突入準備完了の報を受け取ったまでです」
「四時間ほど前だったな」
 小沢中将は、油断なく戦況を確認しながら素早く計算を巡らせた。
 四時間前に突入開始の一報を送ってきたということは、突入そのものが成功したか
否かにかかわらず、戦闘の結果は出ているはずだ。にもかかわらず来援の要請がどこか
らも──一航艦からも出ないということはつまり、この戦場における第三艦隊の役割は、
すでに完遂されていると思っていい。
「そろそろ潮時か」
 そこに、上ずった声で立て続けに報告が飛び込んだ。
「対空電探に感! 新たな敵編隊、すくなくとも一〇〇機以上! 方位一五〇、距離
およそ五五〇〇〇!」
「同じく新たな編隊! 方位二六〇、距離五〇〇〇〇、およそ五〇機!」
「方位二六〇? 敵は南西側にまで回り込んだのか!?」

153 :山崎 渉:03/07/15 12:03 ID:???

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

154 :名無し三等兵:03/07/15 12:44 ID:???
寝てろ!

155 :暁のデッドヒート:03/07/17 02:47 ID:???
「次から次へと。まったく際限のない連中だ」
 伊勢艦長の中瀬大佐は、対空戦闘を号令しつつ毒づいた。
「艦尾噴進砲群、次発装填が未了です」
「仕方あるまい、装填待て。作業中に被弾して誘爆でも起こされてはかなわん」
 高射長が、むぅ、と唸る。
「左舷よりの敵、雷爆連合およそ三〇!」
「来よったか……しんどいのぉ」
 砲術長のぼやきを他所に、報告は続く。
「艦首方向、新たな編隊!」
「機種知らせ!」
 そこで、見張りが言葉に詰まった。
「どうした!」
「訂正! 正面の編隊は敵機にあらず!」
「なんだって?」
 中瀬艦長は、慌てて双眼鏡を構えなおした。視界に飛び込んできたのは、長年見慣れ
たシルエット。
「零戦だと!?」
 しかし、第三艦隊には追加の直掩機を上げられるほどの余裕はないはずだ。すると、
この味方機は……
「一航艦か……!」
 状況を悟った将兵の中には、目頭を押さえるものすら少なくなかった。

156 :暁のデッドヒート:03/07/20 01:15 ID:???
 既に、上空では熾烈な空戦が始まっていた。一航艦がルソン全島からかき集めて送り
出した戦闘機隊は、零戦三五機、雷電一四機、紫電九機。元々一航艦自体がこの作戦に
合わせて全国から技量優秀な搭乗員を選抜して編成されていただけあって、その戦いぶ
りは素晴らしかった。三倍の敵を相手に一歩も引かず、数に勝るヘルキャットを圧倒
していく。
 だが、七〇機をこえる攻撃機を全て阻止することは不可能だった。一航艦の戦闘機隊
に捕捉される前に突入を開始した編隊も少なくない。
「左舷前方、雷撃機三!」
「取舵三〇!」
 狙われた伊勢が慌しく回頭を始める。主要目標であった空母をあらかた片付けてしま
った米軍機は、四航戦の伊勢と日向にも食指を伸ばしていた。
「寄せ付けるな!」
 日向の飛行甲板から、装填が間に合った噴進弾が放たれる。先頭のアヴェンジャーの
鼻先で炸裂した噴進弾は、後続の一機まで巻き込んで叩き落した。
 この派手な一撃が注目を惹いたのか、四航戦にはそれまで以上に激しい攻撃が加え
られ始めた。手始めに、左右両翼から挟み込むように七機のTBMが来襲。しかし、
この攻撃は完全に及び腰だったために命中魚雷はなし。直後に伊勢の艦尾方向から機銃
を乱射しながら肉薄してきたF6Fがいたが、飛行甲板両舷に増設された機銃群の弾幕
に正面から突っ込み、堪らず退散していった。
 それとほとんど同時に中高度からヘルダイバーの一群が飛び込んできた。
「直上、急降下!」
 対空見張りの絶叫。これに対しては野村艦長の操艦が冴える。一二発が投下された
一〇〇〇ポンド爆弾を、日向は見事に躱して見せた。
 しかし、最後に思いもよらない番外が残っていた。伊勢を狙っていたヘルダイバーの
一機が高角砲弾の至近爆発で体制を崩し、一〇〇〇ポンド爆弾二発を抱えたまま日向の
前檣楼に激突したのだ。

157 :名無し三等兵:03/07/20 02:01 ID:???
>>156
伊勢もダメなのか……。
日向に頑張ってもらう他無いな。

158 :*****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************名無し三等兵:03/07/21 15:54 ID:???
158 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 03/07/20 21:32 ID:???
が 運良く不発弾だったとか
159 名前: 暁のデッドヒート [sage] 投稿日: 03/07/20 23:50 ID:???
 前檣楼に体当たりの直撃を受けた日向に、攻撃隊の各機は殺到していった。なにより
被害箇所がまずかった。二発の一〇〇〇ポンド爆弾と大量のガソリンによる爆発は、
日向の昼戦艦橋から上の軟構造部分をそっくり吹き飛ばしたのだ。これだけはっきりと
した損傷が発生していれば、上空から一瞥しただけでも被害状況は察しがつく。
 米軍搭乗員たちの予想通り、日向の指揮系統に発生した被害は深刻だった。艦長の
野村大佐以下、艦橋に居合わせた要員は軒並み即死。日向は対空射撃統制も回避運動も
不可能な状態だった。
 砲側照準で散発的な対空砲火を撃ち上げながら直進するしかできなくなった日向は、
それからさらに四発の爆弾と三本の魚雷を受けた。

「日向の速力は浸水のため四ノットが限界。舵も損傷を受け、操艦困難とのことです」
 参謀長の大林少将が、うーんと唸った。
「処分するしかありませんな……惜しいですが」
 機関、主砲ともに完全に生きている状態の戦艦を自沈させねばならないという事態は、
ソロモン海の比叡に続いて二例目だった。
「四航戦司令はどうなった?」
 小沢長官が尋ねる。
「松田少将は即死は免れたようですが……全身に火傷を負っており、助かる見込みは薄
いそうです」
 それから、と前置きして、通信参謀が電文を読み上げた。
「四航戦司令から直々の言葉です。『第三艦隊各艦の武運長久を祈る』」
 小沢中将は瞑目した。先の見通しも立つかどうか怪しい武運の長久などよりも、一人
の部下の無事のほうがどれほど有難いことか。
 瑞鶴の後方では、千歳が艦尾から沈んでいこうとしていた。

159 :名無し三等兵:03/07/21 16:50 ID:???
伊勢と日向間違ってた。恥ずかしい。

160 :名無し三等兵:03/07/21 18:20 ID:7puZlUBv
>158・159
なんだこいつ?

161 :名無し三等兵:03/07/21 18:24 ID:???
>>160
昨晩遅く,数時間鯖が飛んだらしいです.
その間に失われた発言を復元してくれたのではないかと・・・・・・

162 :名無し三等兵:03/07/21 18:25 ID:???
>160
現「158」は鯖落ちで消えた分を復帰してくれているんですよ。
「158」と「159」のレスが昨夜被雷して沈んだようです。

163 :162:03/07/21 18:26 ID:???
>161
こういう時は「ケコーン」と叫ぶんでしたっけ?

164 :名無し三等兵:03/07/21 20:17 ID:???
>>158
乙! 読めなかったので助かりますた…

>>161-162
どっちがウエディングドレス着るの?

165 :名無し三等兵:03/07/21 20:47 ID:7puZlUBv
>158
さんくすべりーまっち。

166 :名無し三等兵:03/07/21 20:47 ID:???
急速潜行!


167 :名無し三等兵:03/07/21 20:52 ID:???
ガイシュツ?
ttp://cgi.2chan.net/f/src/1058759100869.jpg

168 :名無し三等兵:03/07/21 20:55 ID:???
じぇんが思い出した…

つーか誰だこんなもん作ったのはw

169 :名無し三等兵:03/07/21 21:00 ID:???
>167
初めて見た。(激w

170 :名無し三等兵:03/07/21 21:15 ID:???
>>167
なんつーか、

一つ積んでは父のため

二つ積んでは母のため・・・


の石積みしているみたいだ。

171 :名無し初年兵:03/07/21 22:23 ID:???
>>167
極端なトップヘヴィーのバランスを取るため、じつは水線下部にも沢山の船体がガスガスぶら下がっているとか・・。

172 :わんにゃん@名無しさん:03/07/22 12:53 ID:???
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

173 :名無し三等兵:03/07/22 20:28 ID:???
>>167が見れません。

174 :名無し三等兵:03/07/22 23:40 ID:???
>>173
気にするな、見ないほうがいい。
見たら扶桑・山城の艦橋が倒壊するほどの衝撃を受けるぞ。

あれは、幻なんだ。

175 :暁のデッドヒート:03/07/23 02:16 ID:???
 第三八任務部隊の攻撃力は尽きかけていた。CAP任務の直掩機に労われるように
帰還してくる攻撃隊は、見る影もないほど疲弊している。
「畜生、あと一隻分あれば……」
 ハルゼーは歯噛みした。日本空母部隊へ差し向ける攻撃隊は、先ほど発艦した第五次
攻撃隊一二四機で打ち止めだった。ここに本来ならば、のべ機数でさらに七〇機余りを
加えることができたはずだ。それだけあれば、空母の一〜二隻程度は戦果に付け足すこ
とも可能かもしれない。
 だが、日本軍の最後の一撃は予想以上の痛手だった。
「デビソン隊より連絡。フランクリンの火災はさらに拡大、CIC付近および機関室に
まで火が回って手がつけられない模様です。司令部はエンタープライズに移乗しました」
 一航艦による最後の反撃は、デビソン隊の正規空母フランクリンに集中していた。
攻撃隊の未帰還率は七割に達したが、それと引き換えに彼らは、フランクリンに対して
爆弾三発、魚雷一本を命中させた。
 本来合衆国海軍が誇るダメージコントロールのノウハウが集約されたエセックス級中
期型に属する彼女は、この程度の命中弾で無力化されることはないはずだった。だが、
反跳気味に飛び込んできた三発目の五〇〇キロ爆弾が致命傷だった。この一発は繋止位
置に立ち上がっていた舷側昇降機を貫通して格納庫内部に突入し、爆装を解除している
最中のヘルダイバー四機の真中で炸裂したのだ。
「続報です。フランクリンは両用砲弾薬庫で誘爆が発生。先ほど総員退艦が発令されま
した」
 一番艦の就役以来不沈を誇ってきたエセックス級の神話が、ついに崩れ去った瞬間だ
った。
「全機収容にはどれくらい掛かる?」
「第五次攻撃隊まで含めますと……約三時間後の予定です」
「……よし。索敵機を今のうちに出そう。シブヤン海からサマール東方沖を重点的に
やる。生存者の捜索と救助は念入りにな」
 戦いはすでに、残敵掃討の段階に移ろうとしていた。レイテ沖海戦の通称で呼ばれる
一連の海戦が、実質的に終結した瞬間だった。

176 :名無し三等兵:03/07/23 02:53 ID:???
舷側エレベーターから爆弾突入というのはエセックス級のお約束だな・・・

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)